株式会社ヴァンクラフト空間環境設計

株式会社ヴァンクラフト空間環境設計

住まいはそこに暮らす人のライフスタイルそのものであり、昔とは違い単に生活するだけの場から楽しむ場へと変わってきています。
そんな住まいですから、“日常”“非日常”を味わえる家があったら素敵ですよね。

株式会社ヴァンクラフト空間環境設計さんではLDKや水廻りといった“日常”の空間と、地下室といった“非日常”の空間づくりにこだわりを持っています。
本記事では株式会社ヴァンクラフト空間環境設計さんの取締役、福嶋都美子さんの、空間づくりに掛ける想いをお伝えしています。

意外な組み合わせに驚く二世帯住宅をつくる

共用部分

スタッフ

株式会社ヴァンクラフト空間環境設計さんではどのようなお仕事をされているのですか。

福嶋さん

設計事務所ですから、住まいの設計を中心にご依頼いただいております。

スタッフ

株式会社ヴァンクラフト空間環境設計さんでは社名に「空間環境設計」といった言葉が付けられていますよね。
空間づくりにはやはり並々ならぬこだわりをお持ちなのですか。

福嶋さん

もちろんです。
1つ目のこだわりは、個性が共存する二世帯住宅をご提案する、ということです。

スタッフ

子世帯家族と親世帯家族が一つ屋根の下で生活するわけですから、きっとさまざまなご配慮が必要になるのでしょうね。

福嶋さん

もちろんお互いそれぞれのライフスタイルがありますから、一緒に暮らす上での工夫は必要になります。
例えばご子息が夜遅くに帰宅するようなお住まいでは、就寝中の親御さんを起こさないようにキッチンやお風呂といった水回りの位置を考えなければなりません。

福嶋さん

二世帯住宅では両家族が団らんできる共有空間が必要であるとともに、プライベートな空間も必要であることに特徴がありますよね。
ですから、お互いのご趣味や感性を盛り込んだ住まいを設計することが多いのです。
過去にはお住まいの外観はコンクリートの打ちっぱなしですが、中に入ると和の仕様が広がるお部屋を作ったことがあります。
コンクリートのクールな印象が、和の空間に静けさを与えさらに魅力的に変えています。

童心に帰る秘密基地のような地下室をつくる

地下室

スタッフ

他にもこだわりの空間づくりをお持ちですか。

福嶋さん

2つ目のこだわりは、趣味に没頭できる地下室をご提案する、ということです。

スタッフ

地下室をお持ちの方は少ないですよね。
わたしは地下室と聞くと、子どもの頃の秘密基地を思い出して“わくわく”してしまいます。

福嶋さん

そうですね。
地下室の設計はご主人からのご要望が多いですよ。

スタッフ

その地下室はどのように使われているのですか。

福嶋さん

お客様によってさまざまですが、地下室では近隣に音漏れがしませんから、ピアノやドラムといった楽器を演奏される方や、映画館のようにシアタールームとして使われている方もいらっしゃいますね。

スタッフ

地下室を作るときに特別に工夫されていることはありますか。

地下室

福嶋さん

地下室の周りに“ドライエリア”を設けるようにしています。
光も通気も取り込めるので、地下室ならではの暗さはありません。
地下室で快適に過ごすための工夫と言えますね。
また、大きな荷物の搬入路としての役割もあります。
ドライエリアとは
ドライエリアとは、地下室がある建物において採光・通風を目的として地面を掘り下げた空間のことです。
このドライエリアは湿気や閉塞感といった地下室の環境を改善するために設けられています。

毎日の生活を支える機能美を備えた住まいをつくる

リビング

スタッフ

地下室の設計はご主人に喜んでもらえそうですね。
奥様に喜んでもらえるこだわりもあるのでしょうか。

福嶋さん

それが3つ目のこだわりになります。
機能美を探究した住まいをご提案する、ということです。
毎日の家事動線や収納といった生活面での利便性を気にされる方は多いと思います。
わたしもそういった家事負担を軽減させたいと思っている一人なので、同じ目線でご提案するようにしています。

スタッフ

家事は毎日のことですから、どれだけその負担を軽減できるのかは、実際に家事をこなされる奥様やご主人にとって非常に大きな関心事ですね。

福嶋さん

ずっと暮らす住まいですから、細やかな配慮はしてもし足りません。
例えばキッチンを対面式にすれば、お子様の様子を見ながらお料理できるのはもちろん、お料理や洗い物を一旦置けるスペースができますよね。

福嶋さん

また、最近では浴室暖房乾燥機を希望されるご家庭が増えてきています。
共働きのご家庭でしたら洗濯も夜遅くになりますから、寝室がある階にお風呂場を設けることで洗濯物の持ち運びを簡単にできます。
一つ一つは小さなご提案ですが、毎日の家事をこなす方にとってはとても大切なことです。
洗濯の干場の位置やゴミ出しのルートは、家事をこなす方の動線をいかに短くできるのかを入念にご相談しています。

スタッフ

キッチンのお話が出ましたが、収納面はどのようになっているのでしょうか。

キッチン

福嶋さん

キッチンの収納は特に奥様の一番の関心事です。
食器や調理器具をキッチン内に全て収納しきるのはなかなか難しいと感じられる方も多いと思います。
当社では小さくてもよいのでパントリーを設け、鍋・重箱といった季節用品や乾物、買い置きなどを収納するスペースを確保するようにしています。
食器や小皿といった普段使う物はカウンター下に仕舞えるように引出スペースを作りたいですね。

スタッフ

最後にお客様に向けてメッセージをいただけますか。

福嶋さん

一つだけ守れるルールを作って実践し続けましょう。
わたしはシンクの中はいつもきれいにするのを心掛けています。
どんなに疲れていてもどこか一箇所でもきれいなところを作ることで幸せを感じます。
家族みんなが暮らす住まいですから、みんなで快適に過ごせるような住まいの形を考えてみてくださいね。

まとめ

住宅

キッチンやお風呂場といった“日常”の空間では、過ごしやすい利便性が大切になります。
一方で地下室といった“非日常”の空間では、“わくわく”する夢を見られると楽しいですね。

株式会社ヴァンクラフト空間環境設計さんではそこに暮らす人それぞれのこだわりを活かしきる空間づくりがありました。

会社名 株式会社ヴァンクラフト空間環境設計
代表者名 小杉卓
住所 〒164-0002
東京都中野区上高田5-47-12
電話番号 03-5345-6233
公式HP https://vankraft.co.jp/
営業時間 10:00~19:00
主な業務 意匠設計監理、コスト管理
対応エリア 関東圏
※それ以外の地域についてもお気軽にご相談ください。