株式会社アーツ&クラフツ建築研究所

家は生活においてとても重要な環境ですよね。

株式会社アーツ&クラフツ建築研究所の代表である杉浦様は、家は住んでいる人の生き様が現れなければならないから、どんな家でどんな生活を送るのかが重要だと考えてらっしゃいます。

一生暮らしていくかもしれないので、今だけでなく将来も見据えた家づくりを考えていかなければならないと思います。
また、杉浦様は子供の成長に対しての家の重要な役割なども真剣に考えていらっしゃいます。

この記事では、株式会社アーツ&クラフツの代表である杉浦様へのインタビューを元に家づくりにおける重要なことをご紹介していきます。

子供を中心に据えた家づくり


スタッフ

設計するときに特にこだわっていることはありますか?

杉浦様

家は住んでいる人の生き様が素直に出てくるのがいいんですよ。特に子供はどんな家で育つかが重要になってきます。だから自然と触れ合えることを大切にしています。


スタッフ

なぜ子供が自然と触れ合うことを大切にしているのですか?

杉浦様

やはり子供の免疫力が弱くなってしまうというのが一番ですね。
植物や昆虫は大人が避けたいものだと思うのですが、子供にとっては重要な環境だと思うんです。

スタッフ

最近だとやはり自然や昆虫を避ける設計を希望される方が多いですか?

杉浦様

設備重視で、敏感になりすぎていると思います。大人にとっては設備の充実は重要かもしれませんが、子供にはやはり自然に近い状態で育ってほしいと思っています。

スタッフ

打ち合わせの場でそういったご提案はされたりするのですか?

杉浦様

なかなかみなさんもお忙しいので、たくさん話し合える時間は実はそんなに無いんです。生活を押し付ける事もできないですから、どんな生活がしたいかを聞いています。
その中で、子供の変化などに対しての家をどう考えているか汲み取っていきますが最近は完成形をつくりたがる傾向にあります。

スタッフ

完成形を求めすぎない理由は何ですか?

杉浦様

将来家族が増えたり、自分の趣味が変わったりすると思います。だから今のうちに作り込みすぎて完成形をつくってしまわないほうがいいんですよ。家も環境などの変化に対応できたほうがいいです。

スタッフ

杉浦様はご自身の家を建てたときも将来のことを考えていらしたのですよね。

杉浦様

そうですね。シンプルに建てて、後から色々変えていけるようにしましたね。周りに自然があったので緑を楽しめるようにもしました。

面積が狭くても広く感じられる空間三原則


スタッフ

独立したきっかけは何かありますか?

杉浦様

もともとは大学卒業後、有名な建築家の元に10年勤めていました。そこでは公共建築ばかりで個人の住宅などは全く設計してなかったです。
たまたま個人の仕事が入ってきたタイミングで独立したんです。

スタッフ

独立後、仕事はどのように入ってきましたか?

杉浦様

最初に工場を1件やってからはご近所のみなさんが依頼してくれるようになって住宅の建築をはじめましたね。自分の家を建てたのですが、それが宣伝のような形になりましたね。その後雑誌などに掲載されて仕事が入ってきたりしました。当時はインターネットで掲載なんて無かったですからね。

スタッフ

順調に独立後もお仕事の依頼が途絶えなかったということですね。他には何か設計したジャンルなどはありますか?

杉浦様

20年ほど前から狭小住宅を設計し始めました。とても小さなスペースに家を建てるのですが、これが一時期、働く女性が増えてから流行したんです。大体9.4坪とかの広さです。

スタッフ

10坪いかないくらいのスペースでも家が建てられたんですね。

杉浦様

空間をうまく使えば広く感じられる快適な家が建てられるんですよ。私は空間三原則と勝手に呼んでるんですけど、透ける・抜ける・兼ねるというのが大事なんです。

スタッフ

例えばどういった感じで取り入れていくのですか?

杉浦様

1つの階にお風呂場と和室を置いたとき、この和室は脱衣所にもなるし寝室にもなるというように役割を兼ねていることです。抜けるの場合だと、吹き抜けを作ったりします。

杉浦様

他にも、スペースが小さいので玄関を作ってしまうととても狭く感じます。なので玄関は外につくることもします。これは庭と玄関を兼ねています。外も家の内ですね。


スタッフ

庭も使って、中の空間を広くする工夫を行っているのですね。

杉浦様

この狭小住宅の設計は普通の家を設計する際にも役に立ちます。やはり狭いスペースを広く見せようとするのはものすごく頭を使うので勉強になります。日本人の生活の知恵も活かしています。昔の日本人がつくった家は本当によく考えられていますからね。参考になりますよ。

スタッフ

最後に、杉浦様が大事にしていることはなんですか?

杉浦様

一番は自然を感じられることです。また住んでいて気持ちいいと感じられることや楽しめることも大切にしています。家は楽しんだほうがいいですからね。

まとめ

杉浦様は、お客様の将来のことまで見据えて設計されていますし、子供の成長における環境もとても大切にされています。一生住むかもしれない大切な家づくりは今だけじゃなくて将来を考えることが重要です。

インタビューの中で杉浦様の、子供の成長には自然が大切なんだという熱意が強く伝わってきたと思います。それくらい子供の健やかな成長を願ってらっしゃる方です。
また、株式会社アーツ&クラフツ建築研究所は営業マンがおらず全員が一級建築士の資格を持っています。

これから変わっていく環境や家族と快適に楽しく暮らせる家を理想としている方はぜひ株式会社アーツ&クラフツ建築研究所へご相談ください。

会社名 株式会社アーツ&クラフツ建築研究所
代表者名 杉浦 伝宗
住所 〒 215-0027
川崎市麻生区岡上1462-2
電話番号 044-455-6832
公式HP http://arts-crafts.jp/
営業時間 10:00~19:00
主な業務 建築設計及び設計監理がメイン
対応エリア 関東圏がメインですが依頼があれば全国どこでも