株式会社野坂建築設計

野坂建築設計

建て替えやリフォームはお住まいの雰囲気ががらりとかわるタイミングです。

光が差しこみ木のにおいに包まれた、あたたかいお住まい。
広いリビングに家族が集まり、笑い声がたえないお住まい。

ふくらむ空想は後をたちませんよね。
しかし、ふくらんだ空想はどこまで実現できるものなのでしょうか。

この種の空想はえてして抽象的な願いがこめられています。
株式会社野坂建築設計では、“空想”という容れ物を借りた、うちに秘められた“家族の願い”を、家という“かたち”にかえていく家づくりを手がけています。

本記事では、株式会社野坂建築設計の代表である、野坂尚康様へのインタビューをとおして、野坂代表の、自由な家づくりにかける思いをご紹介しています。

どんなことでも相談してほしい、地元の身近なよろずやさん

野坂建築設計

スタッフ

野坂代表は、どのようなお仕事をされているのですか。

野坂代表

建て替えでもリフォームでも、お住まいのことなら何でも対応しています。
実は独立する前は、リフォーム会社で働いていました。
リフォームでは、建て替えとは違った、家づくりの独自の視点があります。
ですから、建て替えにするのか、リフォームにするのかといったプランニングの段階から、ご相談に乗らせていただいております。

スタッフ

リフォーム会社で働かれていたのですね。
リフォーム会社ならではの、家づくりの独自の視点とはどのようなものでしょうか。

野坂代表

家づくりでは、家そのものももちろん大切ですが、毎日接する住宅設備も同じくらい大切です。
リフォーム会社で働いていた頃は、お客様から、キッチンやお風呂といった住宅設備に関するご相談を数多く受けていました。
リフォームは、建て替えと比べると、小さな規模で家に変化をもたらすので、お客様のご希望も自然と細かくなっていきます。
この頃の経験は、お客様の小さなご希望も見逃さない、いまの仕事のスタイルに活かされていると感じています。

スタッフ

家づくりというと、やはり家そのものの設計や施工が花形といったイメージがありました。
しかし、家づくりのこだわりは、細部にこそ宿るのかもしれませんね。
家そのものから、住宅設備にいたるまで、お任せできるお仕事の範囲が広がるのはお客様にとっても安心しますね。

野坂代表

お客様が安心して家づくりに専念できると、家づくりそのものが楽しくなっていきます。
お客様には、とにかく楽しんで家づくりに取り組んでもらいたいものですね。

野坂代表

いままでに経験がないようなことも、積極的に挑戦しつづけていたら、対応できることのバリエーションも少しずつ増えていきました。
お住まいのほかにも、保育園の改装にたずさわったこともあるのですよ。

スタッフ

保育園の改装も手がけられたのですね。
こちらのご経験も、家づくりに活かされているのですか。

野坂代表

保育園は、子どもがのびのびと過ごせるように、空間づくりや素材にも配慮しています。
保育園での経験に限らず、いままで培ってきた経験を活かして、より素敵な家づくりのアイデアをご提案していきたいですね。
長く暮らすお住まいですから、お客様の細やかなこだわりにも丁寧にこたえていきたいと思っています。

世代をこえて住みつづけられる家づくりをしたい

木造住宅

スタッフ

野坂代表は、家づくりで大切にしていることはありますか。

野坂代表

まずは、つくりが丈夫で、2世代3世代と長く住み続けられる家づくりをしたいですね。
昔といまとでは、お客様が持つ家づくりへの意識もかわってきています。

スタッフ

家づくりへの意識は、どのようにかわってきているのでしょうか。

野坂代表

一言でいうなら、耐震性や断熱性といった“家の質”が求められるようになりました。
家はもはや消耗品ではなく、何世代にもわたって受け継がれていくものになっています。

スタッフ

たしかに、家はけっして安い買い物ではありませんから、長持ちするのならずっと住み続けたいですよね。
“家の質”を守るために、どのようなことをされているのですか。

野坂代表

家づくりのはじまりである設計の段階から、構造や工法をしっかりと考えるようにしています。
たとえば、パッシブ工法とよばれる工法を使えば、結露が出にくくなり、家が腐らず長持ちするのですよ。
パッシブ工法とは
パッシブ工法とは、太陽光から取りいれた暖気を、室内に循環させる工法のことです。
室内が一定の温度に保たれるので、1年をとおして快適にすごせます。
また、空気が循環するので、結露が出にくく家が腐りません。
ほかにも、冷暖房をつかう頻度が下がるので、光熱費もカットできます。

参考 パッシブハウスとは • PASSIVE HOUSE JAPANPASSIVE HOUSE JAPAN

野坂代表

家づくりの構造や工法は、家を長持ちさせるためにはかかせません。
この部分のコストを削ってしまえば、近いうちに建て直すことになり、お客様にとっては、かえってご負担になってしまうケースも少なくありません。
ですから、家の安全性といった視点から、コストをかけるべき部分については、しっかりとご説明をさせていただいております。
そのうえで、お客様にとってより快適にすごせ、ずっと住み続けたいと思ってもらえるような家づくりのアイデアをご提案しています。

お客様の自由な思いをかたちに、”フリーハウス”という名にこめられた理想

木造住宅

スタッフ

野坂代表は、お客様にどのような家に住んでもらいたいですか。

野坂代表

わたしは、ずっと住み続けたいと思ってもらえる家をつくってあげたいです。
ずっと住み続けたいと思ってもらうためには、その空間を快適に感じてもらわなければなりません。
そして、人が快適に感じるときは、決まって大好きなものに囲まれている瞬間です。
ですから、わたしは、お客様の細やかなこだわりも大切にして、お客様の大好きなものがあふれている家づくりをしたいです。

スタッフ

大好きなものがあふれている家がつくれるのなら、疲れて帰宅したときも楽しい気分にかわりますね。
株式会社野坂建築設計さんが掲げている、“フリーハウス”というコンセプトも、このような意味がこめられているのですか。

野坂代表

“フリーハウス”とは、“お客様の自由な思いをかたちにする家づくり”という意味になります。
わたしたちの仕事は、お客様一人一人の大好きなものから生まれる自由な空想を、具現化していくことであると思っています。
ですから、わたしは、お客様のこだわりに、家づくりの限界をもうけないようにしています。

スタッフ

お客様の細かいこだわりにもこたえられるのは、野坂代表が新しいチャレンジをし続け、豊かな経験を広げてこられたからかもしれませんね。

野坂代表

お客様の細かいこだわりにも、一生懸命に向きあうようにしてきました。
毎日暮らすのなら、小さな違和感であっても、大きな不満につながっていきます。
ですから、いかに細かいこだわりであっても、けっして見逃してはいけないのです。

スタッフ

本当にどのようなこだわりであっても聞いていただけるのでしょうか。

野坂代表

もちろん、法律や構造上対応できないことはあります。
しかし、家づくりでは、選択肢は一つではありません。
対応できないようなご要望であっても、そのご要望の底にあるこだわりをみつけて、さらに素敵なアイデアをご提案させていただきます。

スタッフ

お客様の細かいこだわりにこたえられるように、何か特別なことをしているのですか。

野坂代表

住宅に求められる価値は、時代によってかわりつづけます。
ですから、この仕事を続ける間は、常に学び続けなければなりません。
わたしも、全国の工務店さんとの勉強会に参加したり、全国のトップビルダーさんから技術やアイデアを取りいれて、お客様のご希望に少しでも近づけられるように日々の努力を怠らないようにしています。

建築資料

スタッフ

いままでにさまざまな種類の家づくりを手がけてこられたと思いますが、野坂代表が特に得意としている家づくりはありますか。

野坂代表

わたしは、無垢の自然素材を使った、あたたかみのある家づくりを得意としています。
無垢の自然素材をつかった建築は、手間がかかるうえに難しいので、腕に自信がある大工さんでないと、なかなか上手く建たないのです。

スタッフ

最近は大工さんの数も減ってきているようですので、無垢の自然素材をつかった建築をしっかりとこなせる方も限られてきているのでしょうね。

スタッフ

最後に、お客様にむけてお伝えしたいメッセージはありますか。

野坂代表

家づくりは一生に一度の大きな買い物ですので、少しでもご不安があると次第にそれが膨らんでいき、満足できるお住まいをつくれません。
理念や、性能、コストは建築会社さんごとに多様ですから、お客様には、さまざまな建築会社さんを見比べて、ご自身と価値観があった建築会社さんと出会ってもらいたいと思っています。
ぜひ、世界に一つだけのお住まいを手にいれてくださいね。

値段感と坪単価

坪単価:60万円~

木造なら、60万円から
木造でしたら、坪単価60万円から、ご相談いただけます。
コストを抑えたからといって、基本的な品質までさげることはありません。
細かいオーダーについても、お気軽にお聞きいたします。

まとめ

野坂建築設計

株式会社野坂建築設計では、幅広い経験から培われた、バリエーションにあふれた家づくりのアイデアをご提案しています。

家づくりにご不安をお持ちの方は、ご自身が“わくわく”する家づくりを選ぶのも良いのではないでしょうか。

ぜひ、皆さまの思い描いた空想をかたちにしてみませんか。

会社名 株式会社野坂建築設計
代表者名 野坂尚康
住所 〒226-0014
神奈川県横浜市緑区台村町1006-3
電話番号 045-500-9512
公式HP https://www.nosakakenchiku.com
営業時間 9:00~18:00
※お電話でのご相談でしたら、19:00までご対応いたします。
主な業務 建物企画、設計、監理、施工、施工監理
対応エリア 横浜市、川崎市、町田市
※他の地域についても、お気軽にご相談ください。