有限会社Kaデザイン

暮らしのビジョンや趣味趣向は、人によって様々
常識や普通と違った感覚を持っていたとしても、それを隠す必要はありません。それがあなたの個性なのです。

そんな個性を住まいに反映させてくれるのは、有限会社Kaデザイン山本健太郎さん。
山本さんはお客様の表情や言葉の端々から「本当の要望」を汲み取り、なおかつその要望をしっかり住宅に取り入れられる腕を持った建築家さんです。

本記事では、そんな山本さんの家づくりのやりがいや、これまでに手掛けられたお家をご紹介します。
新築を建てたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

お客さんからの喜びの声が、何よりのやりがい

山本さん

スタッフ

山本さんが、建築に興味を持ったきっかけは何ですか?

山本さん

中学生の頃に流行っていた、モダンデザインの家具を雑誌で見たのがきっかけですね。雑誌で紹介されていたデザイナーの方々の肩書を見ると「建築家」と書いてあったんですよ。それが建築家という職業を知ったきっかけであり、建築に興味を持ったきっかけです。

スタッフ

もともとはお洒落な家具の設計に惹かれたのですね。現在は住宅をメインに設計されていると伺いましたが、住宅設計のやりがいとは何ですか?

山本さん

やはり、お客さんに喜んでもらえることが一番のやりがいですね。
また、お子さんがいるご家庭の場合は、そこに住まわれるお子さんの原体験をつくれることもやりがいに繋がります。
自分の設計した家で育ったお子さんが大人になった時、「実家の雰囲気が好きだったな」「自分もあんな家を建てたいな」なんて思ってくれたら、すごく嬉しいですよ。

スタッフ

確かに、私たちにとって「実家」というのは特別なものですもんね。お子さんの原体験をつくっているというのは素敵な表現です。実際に、お客様から喜びの声を頂いたりもしますか?

山本さん

そうですね。たとえば、私の出身地である仙台で設計をした家のご主人から、以前メールを頂いたことがあります。
息子たちが大学へ入り、家を出る日がきました。おかげさまで楽しい時間を過ごせました」というお言葉を頂いて、涙がでるほど嬉しかったですね。
そのご主人は車が好きな方で「ガレージで子どもと目いっぱい遊びたい」という要望をもとに設計したお家でしたので、感慨深いものがありました。

スタッフ

設計時のご要望通り、楽しい時間を過ごせたことを知った瞬間だったのですね。良いお話です。

山本さん

また、別のお客さんからお手紙を頂いたこともあります。
やはり、こうやって住んでからも喜んでいただけると嬉しいですね。
お手紙

お客様から頂いたというお手紙。

スタッフ

「家と共に歳を重ねていくのが楽しみ」というのは、最上級の誉め言葉に感じます。家を建てた瞬間だけでなく、これからの生活が楽しみになるというのは素敵ですね。

多種多様な暮らし方に面白味を見出す

車の模型

スタッフ

お客様との打ち合わせやヒアリングなどでは、どんなことを意識されていますか?

山本さん

住んでから「こんなはずじゃなかった」と後悔してほしくないので、しっかりと合意を取りながらヒアリングを進めています。
お客さんの中には、自分の想いや要望を上手に伝えられない方も当然いらっしゃいますので、言葉の端々や表情から「本当に望んでいること」を汲み取るようにしています。

山本さん

なので、直接的な言葉を受け取るだけではなく、「今の言葉は何を意味しているんだろう」と考えることが大切だと思っています。
たとえば「これがいい」と「これでいい」では、たった一文字の差でも意味が全然違いますよね。
そうやって常にアンテナを張りながら、何回も打ち合わせを重ねて設計の精度を上げていくイメージです。

スタッフ

まるでカウンセラーのような細やかさですね。実際には、これまでどのようなご要望がありましたか?

山本さん

そうですね、たとえば「床も壁も全部コンクリートで建ててほしい」というご要望のお客さんがいらっしゃいました。もちろん住宅ですよ。
本当は床までコンクリートにしてしまうと身体を痛めてしまうのでオススメしないのですが、木目が苦手な方でしたので、ご要望を優先させました。

スタッフ

住宅で全面コンクリートですか!なんとなくですが、冬場は寒くなりそうなイメージがあります。

山本さん

そうですね。特にそのお家は石巻市(宮城県)で建てましたので、内装も外装もコンクリートにすると、寒さに耐えられなくなってしまいます。
ですので、コンクリートは内装だけにして、外装にはしっかり断熱材を使いましたよ。

コンクリートの家

コンクリートの家

コンクリートをメインに使用したというお家。
内装は非常にシンプルで、洗練されたデザインになっています。

スタッフ

ご要望はしっかり取り入れつつ、寒さ対策もされたのですね。

山本さん

また、珍しいご要望だと「暗いお家にしてほしい」というお客さんもいらっしゃいました。
聞いた時は少し驚きましたが、とても面白いと思いましたね。

山本さん

設計としては、窓を小さめに取ったりして光の入り方を工夫しました。
光を効果的に取り入れることで、ただ暗いだけでなく幻想的な雰囲気も演出できます。明るくないからこそ、光がありがたいと言いますか。
暗い家

光の入る量や角度を調節されたお家。
良い具合に影が生まれているのが分かります。

スタッフ

確かに、写真を見てもマイナスな意味での「暗さ」はあまり感じませんね。どちらかというと落ち着いていて、リラックスできそうな空間に感じます。本当にご要望が多種多様なのですね。

山本さん

そうですね。だからこそ住宅設計は面白いです。
他にも、家具に強いこだわりがあり「家具に合わせた家を建ててほしい」と仰る方や、道路に囲まれた三角形の土地で「プライバシー重視で建ててください」と仰る方など、色んなご要望があって面白いですね。

スタッフ

特殊なご要望でも「面白い」と感じるのは、山本さんの技術力やご経験ゆえですよね。お客様からすると心強いと思います。

丁寧で緻密な設計で、シンプルに仕上げていく

山本さん

スタッフ

山本さんは、どんなことを心がけて住宅設計をされていますか?

山本さん

なるべく「シンプル」に気持ちよく住める空間を造ろうと意識しています。

スタッフ

シンプルさを追求されるのはなぜですか?

山本さん

無駄な線をなるべく減らして、空間のノイズを減らしたいんですよ。
余計なものを取り払うことで、壁や天井の質感がより際立ち、素材の良さをダイレクトに感じることができるんです。
ノイズを減らすために、住まわれる方にも気付かれないような細かい造作を施すこともありますが、結果として「居心地が良いな」と感じてもらえれば嬉しいですね。

スタッフ

「気付いてもらえない部分でも手を抜かない」という熱い設計者魂を感じますね。では最後に、これから新築を建てようとお考えの読者さんへ、家づくりのアドバイスを頂きたいです。

山本さん

家を建てた瞬間のことだけではなく、5年後10年後、さらに先の自分たちをイメージしてみると良いと思います。
例えば子育て世代だったら、お子さんが中学生や高校生になった時のことだけでなく、家を出た後のことまで考えていくイメージですね。
子供部屋がただの物置になってしまっているご家庭は、珍しくないんですよ。

山本さん

また、老後のことを考えるのも大切ですね。たとえば階段を造るにしても、現在は楽に登れても歳を重ねると辛くなってきます。
ですので私の打ち合わせでは、お客さんに「未来年表」を書いてもらうんです。そうやって将来のこともイメージしながら家づくりを進めると、より快適な住まいになると思いますよ。

スタッフ

山本さんは、10年20年30年と住まわれた時の、トータルの満足度まで考えて設計をされているのですね。
本日は、貴重なお時間を頂きありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:80万円~

RCは130万円から
有限会社Kaデザインでは、木造だけでなくRC造の建物も設計されています。
建物の構造によっても坪単価が異なりますので、気になった方はぜひお問い合わせください。

まとめ

山本さん

山本さんは、住宅設計の魅力を存分にお話しくださいました。
お客様に喜ばれること、そこで子どもが育っていくこと、そして多様で面白い要望と向き合えること。

これらを魅力と言い切れる山本さんと一緒にを家づくりをしてみたい方は、ぜひ有限会社Kaデザインへご相談ください。

会社名 有限会社Kaデザイン
代表者名 山本 健太郎
住所 〒121-0012
東京都足立区青井6-3-18
電話番号 050-1072-4804
公式HP http://www.ka-design-studio.com/
営業時間 9:00~19:00
主な業務 住宅、集合住宅の設計、施工管理
対応エリア 全国