菅家建築計画工房

菅家建築計画工房の菅家さんは、プロとしての矜持を胸に、お施主様の理想や提案以上の設計を引き出し、実現されている設計士さんです。

本記事では、そんな菅家さんのインタビューをもとに、高い技術の裏にある経験や、お施主様にとことん寄り添った設計スタイルをご紹介します。

住まう方にとって「美しく」「使いやすい」住宅を、「ローコスト」で提供したいと語る、菅家社長の誠実な取り組みをご覧ください。

使いやすく美しい住宅を、ローコストで手掛けたい

菅家さん 対談

スタッフ

菅家さんが、設計の道を目指されたきっかけは何ですか?

菅家様

小学生の時に、上野の国立西洋美術館を訪れたのがきっかけです。
私の姉が美術館で絵を描いていましたので、子供の頃は良く連れられていました。

菅家様

そして、美術館の出口にある吹き抜けとスロープを見たとき、言葉にならない強い衝撃を受けたんです。
建築の知識もなく、誰が建てたかも分からない建物に感動させられ、「建築ってすごいな」と思い、建築関係の仕事がしたいと考えるようになりました。

スタッフ

素敵な経験ですね。建物の価値が分からなくても、本能的に「良い」と感じたのは、菅家さんのセンスも高かったのだと思います。
建築のお仕事をされる中で、独立しようと思った理由はなんですか?

菅家様

下積みをしていた事務所で仕事をしていくうちに、自分なりに「お施主様にこうしたい」という気持ちが強くなったのが、独立のきっかけです。

私も含めて、独立する人は「自分で何かをしたい!」という気持ちが先行されるケースが多いので、独立後は苦労される方も結構いると思います。

スタッフ

菅家さんは、施主様に対してどのような想いがあったのですか?

菅家様

私は、「お施主様の考え方」「デザイン」「使い方」「低コスト」の4要素をきちんと融合させた、「使いやすく美しい建築」を実現したいと考えています。
中でも、高品質なものをローコストで実現したいという想いが強いですね。

菅家様

というのも、独立前に勤めていた事務所では、高級住宅を手掛けていたんです。サッシすら1からオーダーメイドで造るようなお家ですね。
その高級住宅を手掛けていた中で、「この技術を活かした一般住宅を、低価格でも実現できないか?」という考えに至り、独立を考えました。

スタッフ

前職で菅家さんが会得した高い技術は、現在の一般住宅でも発揮されているのですね。
ローコストでも性能の高いお家に住めるのは、魅力的です。

常に想像以上の喜びを提供。設計士としての自負とは

模型

スタッフ

菅家さんが大切にしている、住宅づくりの理念を教えてください。

菅家様

住宅というのは、お施主様ごとに住まい方の理想があります。
その理想をしっかり踏まえたうえで、お施主様が考えている以上のモノを引き出そうと常に考えるというのが、住宅づくりで大切にしている理念です。

プロの設計事務所として、美しくて使いやすいものを提供したいですね。

スタッフ

お施主様ごとの理想を踏まえた設計なのですね。
菅家さんが得意な設計などはありますか?

菅家様

意外かもしれませんが、バリアフリー設計がわりと得意です。
実は独立前に、特養老人ホームの設計をした事があるのですが、当時は室内で人がどう動くのかがイマイチ掴めませんでした。

そのため、独立した後に、実際の特養老人ホームへアルバイトに行きました
これから建築をしていく上で、分からないことがあるのは良くないと思い、利用者の方がどうやって生活しているのかを確かめたかったんです。

スタッフ

実際に働きに行かれたのですか!熱意がすごいですね。

菅家様

今でこそバリアフリー基準が定められていますが、それは大きな建物の基準であって、一般住宅での基準は特に定められていないんです。
なので、自分が現場に出た経験を活かし、一般的な住宅の寸法に換算した基準を独自で作成しました。

スタッフ

それで、一般住宅にもバリアフリー設計が反映できるようになったのですね。

菅家様

今は大丈夫でも、万が一将来的に車いすを利用する可能性を踏まえて、普通の住宅にも、ほんの少しバリアフリーの色を加えていたりもします。
目立たないので気付いてもらえないかもしれませんが、自然に溶け込んでこそ本当の「バリアフリー」だと思ってます。

共に、楽しく、夢をカタチに。住まう人の生活を創っていく

菅家さん お仕事

スタッフ

今までの設計の中で、特に印象に残っているものはありますか?

菅家様

特に印象に残っているのは、台東区にある小さな3階建てのお家ですね。
この時は、お施主様と二人で造ったという実感が強かったので、非常に楽しくて印象に残っています。
もちろん、どのお施主様とも打ち合わせはしますが、その中でも多くの提案をしてくれる方でした。

菅家様

例えば、ご自身で流木を持ってきて「これドアの取手に使えない?」なんて仰ってくれましたね。
建てている最中にも「ココにこんなものを付けたい」と言ってくれて、建てながらも一緒に造れたのは楽しかったです。

スタッフ

家造りの過程が盛り上がって楽しそうですね。その住宅では、実際にどんな設計が施されたのですか?

菅家様

例えば、窓の抜け方や開口部の位置を工夫して、室内を広く見せる工夫をしました。
その住宅は10坪くらいの狭小住宅かつ二世帯住宅でしたので、特に広く使えることを意識しました。
それを基盤にして、お施主様が色々アレンジをして造り上げた感じですね。

スタッフ

10坪で二世帯住宅となると、かなり難しい設計だったのではないですか?

菅家様

そうですね。ですが、こういう難しい依頼でもなんとかしようと躍起になるのが好きなんです。
昔は、「重力と予算以外は何とかします」とよく言ってましたね(笑)。
重力と予算には逆らえませんけど、それ以外のことだったら何とかしましょうと。ですので、難しい依頼でもお任せください

スタッフ

とても心強いですね。それでは最後に、これから家を建てたいとお考えの方に、メッセージをお願いします。

菅家様

やはり、お施主様が依頼してくださる夢を、具体的にカタチにしていくことが一番だと思っています。
夢と希望しているレベルを超えるものを提供できるように、これからも努力し続けていきたいですね。
お施主様の提案だけを叶えて満足するのではなく、「あっ、こんなことできるんだ!」と思っていただけるように、プロの設計士の視点からご提案をさせていただきます。

まとめ

菅家さんは、お施主様の理想を実現されるために、プロとして最大級のアプローチをしようと努められています。

「重力と予算以外は何とかします」と明るく話してくださったその裏には、菅家さんの勤勉さや誠実さを感じました。

自分の理想を忌憚なく打ち明けて、理想以上の新築を一緒に建てたい方は、ぜひ菅家建築計画工房さんへご相談ください。

会社名 菅家建築設計工房
代表者名 菅家 幹
住所 〒〒155-0032
東京都世田谷区代沢4-20-8 1F-C
電話番号 03-5787-9840
公式HP http://www016.upp.so-net.ne.jp/kanke/
営業時間 10:00~17:00
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 東京・神奈川・千葉
埼玉・栃木・群馬
茨城・山梨・静岡・福島