環境創作室杉

環境創作室杉

千葉県船橋市に拠点を置く環境創作室杉さんは、匠一さんと由美さんの夫婦ふたりで住宅等の設計をされています。

インタビューにお邪魔したのは、おふたりが設計された自宅兼事務所。周辺は自然豊かで見晴らしがよく、室内は明るくて木のぬくもりが感じられ、広々としていながらも落ち着く空間です。

環境創作室杉さんの事務所

事務所の窓から見える風景

思わず「広くて素敵なところですね!」と感嘆してしまいましたが、「実際はそこまで広くないんです。むしろここは普通のお家より狭いほうですよ」という言葉が返ってきました。
どうして広く感じるのかはインタビューでも詳しくお伺いしましたが、無駄を削ってコンパクトに設計することで、小さくても広がりを感じられる空間にしているそうです。

今回は、そんな環境創作室杉さんが手掛けている建築の特徴やこだわり、そして匠一さんと由美さんがお家づくりにかける想いについてお話をお伺いしてきました。

夫婦ふたりで設計することで生まれる、たくさんのメリット

環境創作室杉さんの手掛けた家

スタッフ

環境創作室杉さんは、ご夫婦で設計のお仕事をされているのですね。

匠一さん

はい。私は建築設計を、妻は主に外構の設計をしています。
協力して、同じ建物を中と外から設計しています。
外構

由美さんが手掛けた外構

由美さん

建物の中と外をセットで設計することで、空間に一体感が持たせられるんですよ。

スタッフ

確かに一体感のある素敵な空間になりそうです。
おふたりで協力して仕事をする上で、他に良かった点やメリットはありましたか?

匠一さん

お互いが持っている感覚を取り入れた上で、お客様に最適な提案ができます
自分だけでは思い浮かばないようなアイディアが生まれることもありますし、仮に突飛な提案をしそうになってもお互いがストッパーになりますね。

由美さん

あとは、ご夫婦でいらっしゃるお客様が多いのですが、女性目線でも男性目線でも相談しやすいと言われます。
お家を建てるときは、家族の中で意見が割れることが多いんです。そんなとき、男性の方は主人に、女性の方は私に、言い出しづらい意見をこっそり伝えてくれることがあります。

スタッフ

それは心強いですね!
ちなみに、男性目線と女性目線で「ここはこうしたほうがいい」というアドバイスの内容は異なるのですか?

匠一さん

うーん、男女で違うという感じはしないですね。

由美さん

そうですね、大きな違いはないと思います。
でも、お客様から言われた意見の受け止め方が違う気がします。男性目線・女性目線の、ニュアンスの違いなどが感じ取りやすいと思います。

匠一さん

言われた通りのことをそのままやるのではなく、「お客様は本当はこう思っているんじゃないか」「こういう提案をしたほうがいいんじゃないか」という気持ちを大切にしています。
お客様の本質的な気持ちを汲み取れるよう、お互い意識しています。

誠意を持って、お客様に寄り添ったお家をつくる

環境創作室杉さんの手掛けた家

スタッフ

お家を引き渡した後、お客様からはどんなお声が届きますか?

由美さん

お家から見える景色を喜んでもらえることが多いですね。
設計するときには、室内から外の風景がどう見えるかも考慮しているので、「この窓から見える月が大好きです」というお手紙をいただいたときはすごく嬉しかったです。

スタッフ

そんなに細かいことまで考えて設計されているのですね。

由美さん

せっかく注文住宅を作っていただくからには、お客様の希望に寄り添ったお家にしたいですからね。
外構

由美さんが手掛けた外構

スタッフ

逆に、建売住宅は「すでに出来上がっている住宅」に住むことになるので、お客様がライフスタイルを家に合わせなければならないと聞いたことがあります。

匠一さん

その通りです。
でも、せっかく当社で注文住宅を建ててくださるお客様の中にも、「特に希望はないので、普通に作ってくれればそれに合わせます」とおっしゃる方が意外と多いんです。

スタッフ

えっ!
せっかくの注文住宅なのに、すごくもったいないです。

匠一さん

もしかすると、ハウスメーカーの建売住宅を見慣れてしまって、「家が自分に合わせてくれる」のではなく「自分が家に合わせないといけない」と思ってしまっているのかもしれません。

スタッフ

そういう場合はどうするのですか?

匠一さん

お客様が何も要望を言わないからといって、潜在的な要望がまったくないわけではありません。
なので、まずは本音で話し合える関係を築くために、打ち合わせの時間を多く取ります。
その中で、だんだんと歯車が噛み合ってきて、希望を伝えてくれるようになることが多いです。

由美さん

単刀直入に間取りの希望を聞くのではなく、趣味や好きなもの、家族との過ごし方を聞いて、設計の手掛かりにすることもありますね。

スタッフ

とことんお客様に寄り添っていらっしゃるのですね。

合理的につくると、美しい家になる

環境創作室杉さんの手掛けた家

スタッフ

お客様に寄り添う環境創作室杉さんですが、逆にこだわっている部分はあるのですか?

匠一さん

強いて言えば「コンパクトさ」を意識しています。
贅肉を削ぎ落とすようなイメージで、寸法をできるだけ詰めて設計しています。

スタッフ

寸法を詰めるというのは、具体的にどういうことですか?

匠一さん

例えば、軒先の高さをできるだけ低く設計したり、場所によっては天井も極力低くしたりしています。
そのほうが、引き締まって美しく見えるんです。

スタッフ

それは、お客様も「天井が低いな」と気付くようなものなのですか?

匠一さん

低くする場合は設計段階で事前にお伝えはしていますが、狭さや圧迫感を感じないように計算しているので、言わなければ分からないと思います。

スタッフ

そうなのですね。
こうしたコンパクトな設計には、一体どんなメリットがあるのですか?

匠一さん

コンパクトになる分、多少なりともコストダウンにはつながりますね。
ですが、それ以上に「余計な寸法が残って、露呈していること」自体が美しくないと感じているので、削ぎ落とせるものは削ぎ落としたいという「こだわり」の意味合いが大きいです。
コンパクトで合理的な設計をすることで、結果的に形も綺麗になります。

スタッフ

なるほど!

匠一さん

ちなみに、この自宅兼事務所も天井が低いですし、全体的にコンパクトに設計しています。
環境創作室杉さんの事務所

大きな窓が特徴の自宅兼事務所。

スタッフ

最初に思わず「広いですね」と言ってしまいましたが、無駄を削っているから広く感じるのですね。

由美さん

面積が大きかったり、屋根や天井が高かったりする空間を広いと感じるのは当たり前ですが、小さな空間に広がりを感じさせるのが設計の醍醐味なんです。

スタッフ

すごいですね!

由美さん

ありがとうございます。
でも、こうしたこだわりは出せる部分は出しますが、お客様に押し付けてしまうことがないように気を付けています。

これからどんな生活をしたいか、じっくり考えてほしい

環境創作室杉さんの手掛けた家

スタッフ

最後の質問となりますが、お家を引き渡したあとのお客様には、どういった生活を送ってほしいと考えていますか?

匠一さん

逆に、僕はお客様がどうやって暮らしてくれるのかを楽しみに期待しているタイプかもしれません。

由美さん

そうですね。
どうやって暮らしていくかは人それぞれなので、新しいお家で楽しんでいただくのが一番大切ですね。

匠一さん

引き渡したあとも、メンテナンスや外構のアドバイスのために、お客様のお家に伺うことがよくあるんです。
そのときに、お家にぴったりの家具を購入されていたり、小物にも気を遣ってくれていたりするのを見ると、本当に嬉しくなりますね。

スタッフ

お客様に寄り添ったお家をつくっていらっしゃるので、きっとお客様も理想通りの生活を送っているのですね!

匠一さん

ありがとうございます。
お家を建てる予定のお客様には、「これからどんな生活をしたいか」を時間を割いてゆっくり考えていただいて、フィーリングの合う設計者とじっくりお家づくりを進めてほしいです。

まとめ

インタビューを通して、おふたりがお客様のことを第一に考えてお家づくりをされているのが伝わってきました。

理想の生活ができるお家をつくりたい方、お庭や外構にもこだわりたいという方は、ぜひ環境創作室杉さんに足を運んでみて下さい。

また、環境創作室杉さんの公式HPには、これまで手掛けられたお家の写真がたくさん掲載されています。インタビューでは伝えきれなかった、木のぬくもりが感じられる魅力的なお家をぜひご覧になってみてくださいね。

会社名 環境創作室杉
代表者名 杉匠一
住所 千葉県船橋市藤原8-9-1
電話番号 047-429-6710
公式HP https://mannmari.jimdofree.com/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 一都六県(その他応相談)