株式会社神成建築計画事務所

神成さん

神成(かんなり)建築計画事務所さんは、千葉県千葉市を拠点に、全国で様々な建物の設計を手掛けられている設計事務所さんです。

新しくお家を建てるとき、今の生活をベースに理想や憧れを抱いてはいませんか?
高いお金を払うわけですから、「現在住んでいる賃貸のマンションやアパートよりも、いい家にしたい」。そう思うのは当然のことです。しかし、神成建築計画事務所の代表である神成さんは、「これから建てる家に一生住み続けるのであれば、今と将来の生活スタイルをベースに、理想や憧れを実現することが大切である」と言います。

そんな神成さんに、住宅設計を手掛けるようになった理由、期待以上のお家を建ててあげたい想いをお伺いしました。
期待以上のお家を建てるために、神成さんがどんな工夫をしているのか。
気になる方はぜひ最後までご覧ください。

住宅設計のやりがいはお客様からの「ありがとう」

住宅事例

スタッフ

神成さんは独立前、長年にわたって、超高層のオフィスビルや美術館などの大規模な建物を手掛けていたそうですね。独立後に住宅を手掛けるようになったのはなぜですか?

神成さん

せっかく建築設計の仕事をするなら、いろいろな建物の設計をしてみたいと思ったんです。
それに、長いあいだ大規模な建物をひたすら手掛けていたので、ちょっと飽きてきていたのもあります。

スタッフ

そうだったのですね。ちなみに、大規模建物のどんなところに飽きてしまったのですか?

神成さん

デザインを細部までこだわりきれないところです。
大規模な建物を設計する場合、オーナーさんが早く賃料を回収できるように、建物を早く建てなければいけないんです。そうすると、デザインを細部までこだわる時間がなかなかない。
設計を早く完成させるという面では鍛えられたと思いますが、もう少しゆっくり時間を掛けて、デザインを細部までこだわることができる住宅などの小さな建築も手掛けてみたいと思いました。

スタッフ

大規模な建物は存在感が大きいので、設計のやりがいも大きく感じる建物だと思っていましたよ。
しかし、スケールの大きい建物を長年手掛けてきた神成さんにとっては、建築士として物足りなさを感じていたのですね。

神成さん

そうなんです。なるべく早い時期に住宅を手掛けたかったので、まずは会社に勤めながら、休日ボランティアで住宅設計の経験を積んでいました。
神成さん

スタッフ

平日も休日も働いていたのですか!しかもボランティアで設計をするなんて。
実際に住宅を手掛けてみて、デザインを細部までこだわることはできましたか?

神成さん

はい。大規模建物とは違い、これから建てるお家に実際住む人とお話しができるので、住む人に合ったデザインや素材を細かく提案できるところはとても新鮮でした。
スケールの大きい建物の場合、ビルの準備室の方やデベロッパーさんと打ち合わせをすることが多いので、どうしても業務的なやり取りになってしまいます。
しかし住宅の場合は、家が完成した時に建主さんから直接感謝の言葉を頂けるんです。大規模建物では味わえない達成感がありましたね。

スタッフ

大規模な建物ですと、その建物を実際に利用する人とお話しは出来ないですものね。
実際に住む人から感謝の言葉を直接受け取れる建築物は住宅だけかもしれません。

神成さん

そうですね。実は数年前、嬉しい出来事がありまして。
私が初めて手掛けた住宅の娘さんご結婚されたんですよ。

スタッフ

それはおめでたいですね!どのくらい前に出来たお家だったのですか?

神成さん

1998年に出来たので、もう20年以上前ですね。
その当時、ご結婚された娘さんはまだ中学生だったのですが、ご結婚されるまで家を出ることなく住み続けてくれたみたいなんです。20年近くも住んでくれたんだと思うとグッときてしまいました。

神成さん

しかも嬉しいことに、私を結婚式に呼んでくれたんですよ。
そして、その娘さんが私にこう言ったんです。『こんなに結婚が遅れてしまったのは、お家の居心地が良すぎたせいです』、と(笑)。とても嬉しかったですよ。

スタッフ

当時中学生だった娘さんの立派な大人になった姿を見れるだなんて、なんとも感慨深いですね。

神成さん

家は何年経っても、住む人と一緒に歳を重ねていける建物なんだなぁと改めて感じた出来事でした。

設計料以上のプランニングをする想い

家の模型

神成さんが作られたお家の模型です
雪だるまがかわいいですね

スタッフ

神成さんが、住宅設計をするうえで大切にされていることはありますか?

神成さん

建主さんの将来を見越しながら要望を聞くことです。
家に求めるものは皆さんそれぞれ違いますが、多くの方が今の生活をベースに、「こんな間取りにしたい」、「こんな機能をつけたい」、とおっしゃいます。

スタッフ

今の生活に良し悪しがあるからこそ、新しい家ではこんなことをしたい、という理想が出てきますからね。

神成さん

しかしながら家は何十年も住む場所なので、ライフスタイルや身体の変化がいずれ起きることを予想しておかなければなりません。
だからこそ、住む人の要望や状況をお聞きしつつ、今の生活から長い先の生活までのプランニングをして、何十年経っても住み心地の良いデザインを提案してあげたいと思っています。

スタッフ

何十年先のことを考えたうえで、要望を出すことは難しいですからね。今の生活も大事ですが、一生住む家を建てたいと考えるのであれば、人生をトータルで考えたプランニングをしてもらうことが一番重要かもしれません。

スタッフ

では、何十年も住み心地の良いお家にするために、工夫していることはありますか?

神成さん

家を建てる土地周辺のお家や街並みを見ながら、どこから風や日を感じられるかをじーっと肌で感じることです。
家全体を形づくる窓の設置場所や間取りの設計は、近隣の建物や街並み、自然環境によって大きく影響します。そのため、その場所に長時間居座って街並みや風景を確認したうえで、何年経っても住み心地のいい家をつくってあげたいと思います。
住宅事例

淡いグレー色が印象的なお家
オシャレな外観です

スタッフ

建主さんは土地の形や近隣建物との距離に意識が行きがちだと思います。しかし神成さんは街並みや風の吹き方、日の差し方をきちんと把握されてから、街に馴染むデザインや住環境を整えてくれているのですね。

神成さん

建主さんは「いいお家にしたい!」と思うから、高い設計料を払うわけじゃないですか。
設計料は家の規模にもよりますが、車1台買えるくらいのお金がかかるわけですよ。
その設計料を払って私に家づくりを託してくれる方に対して、期待以上の家をつくってあげるのがプロだと思いますし、いい意味で期待を大きく裏切りたいと毎回思っています。

スタッフ

住宅設計をするうえでのポリシーなのですね。

神成さん

ただ、毎回自分でも住みたい家が出来上がってしまうので、建主さんに引き渡す時に、「この家、引き渡したくないなー!」という気持ちになって困っちゃうんですけどね(笑)。

スタッフ

ははは。神成さんにつくってもらった家は幸せですね。

スタッフ

それでは最後に、これから新築を建てる方へ、家づくりのアドバイスをお願いします。

神成さん

自分と相性の合う建築士を探すことをおすすめします。
なぜならば、担当の建築士とは長い付き合いになるからです。
自分と相性の合う建築士であれば、自分の人となりをさらけ出しやすいですし、打ち合わせや現場での進捗確認が楽しみになると思うので、打ち合わせから完成まで、楽しく家づくりができると思います。

まとめ

建築士の立場と住む人の立場両方の視点を持って設計をする神成さんだからこそ、何十年も住み心地のいいお家に出来上がるのだと感じました。

「将来のことを考えて家を建てなきゃいけないのは分かってるけど、何十年先の生活を想像するのは難しい」、そんな風に思っている方にはぴったりの設計事務所さんです。
きっと「他の家にはもう住めない」。そんなお家が出来上がるでしょう。

気になる方はぜひ、神成建築計画事務所さんへお問い合わせしてみてください。

会社名 株式会社神成建築計画事務所
代表者名 神成 健
住所 〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-5-4 須山ビル403号
電話番号 043-308-3901
公式HP https://kannari-archi.com
営業時間 9:00~18:00
定休日:土日
主な業務 注文住宅、商業施設等の設計、監理
対応エリア 全国エリア