株式会社ケーエムハウス

斎藤さんと笹原さん

のびのびと子育てができるお家にしたい
休日にはお庭でBBQをしたい
湿気や結露はなるべく出ないようにしてほしい
など、新築を建てるにあたって悩みが尽きない方も多いと思います。

そこでご紹介したいのが、風通しと日当たりにこだわった快適な家を土台に、遊びごころを取り入れたユニークなお家をいくつも手掛けている株式会社ケーエムハウスさんです。

この記事では、代表の齋藤さんと取締役部長の笹原さんのインタビューをもとに、株式会社ケーエムハウスさんの魅力を詳しくご紹介していきます。
栃木県内で新築戸建てを検討されている方はぜひ参考になさってください。

風向きや影の長さも緻密に計算して建てる「ロハスな家」

齋藤さん

スタッフ

ケーエムハウスさんでは、風と光にこだわった「ロハスな家」をコンセプトにされていると聞きましたが、どのようなこだわりがあるのでしょうか?

斎藤さん

例えば、風通しが良いお家はカビやダニの発生を抑制できるので健康に繋がりますし、明るい家なら日中に電気を点ける必要がなくなるのでエコにも繋がります。そういった、なるべく自然なままで快適な暮らしをしていただきたい、という想いでお家を建てさせてもらっています。

スタッフ

確かに、風と光がお家に与える影響は大きいように感じます。
では、具体的にどのような取り組みをされているのでしょうか?

斎藤さん

何よりもまず、お客様が買った土地の周辺環境を徹底的に調べさせてもらいます。方角や風向きはもちろん、周りのお家を1軒ずつ測って細かい状況を確認します。そのうえで、影がどのように動くのかをシュミレーションして、最も良い風の方角にお家を設計させてもらうんですよ。
風向きをシュミレーションした図面

風の通り道を正確に計算するため、図面だけでなくシュミレーション用の動画も作成されるそうです。

斎藤さん

また、風は地域で⾵向きや⾵量に違いがあるんです。そのことを「卓越風」と呼びます。
ちなみに、宇都宮は東から、⿅沼市は⻄寄りからと、隣り合った地域でも⾵向きが全然違います。

スタッフ

では、宇都宮で考えられた建築をそのまま鹿沼で建ててしまうと風が入りずらいお家になってしまう恐れがあるんですね。

斎藤さん

そうなんです。そこで、「なんとか土地柄によって異なる風向きも建築に活かせないだろうか」と思って、12年前から専門の研究機関の方に協力してもらいながら研究を進めています。
斎藤さんと笹原さん

スタッフ

しかし、そこまで緻密に計算をして設計をするようになったのには、何かきっかけがあるのでしょうか?

斎藤さん

以前の会社の形態では、お客様とのやりとりは全て担当の営業が対応させてもらっていました。しかし、会社の方針が変わり、技術を専門としている自分たちでお客様とお話をさせてもらうようになってから、全く違う切り口でヒアリングが出来るようになったんです。
モデルハウス

ケーエムハウスさんでは実際にロハスなお家が体験できるモデルルームも公開中です。

斎藤さん

当初、お客様とお話をしているとよく、「風が入る家が良いな」とか、「光が入る家が良いな」といったご要望を聞かせてもらう機会がありました。ところが、自分たちにとっては感覚的なものでしかなく、具体的な説明ができなかったんです。
そこで、日当たりや風の通りも分かりやすく具現化できないかと思って取り組みを始めたのがきっかけです。

スタッフ

とはいえ、周辺のお家を一軒ずつ測量までしていたら、年間で建てられるお家の数にも限りがありそうですね。

斎藤さん

そうですね。うちの事務所は4人でやっているので、年間だと15棟くらいが限界です。とはいえ、一つひとつの工程が全て重要なので、ただ人を増やせば良いという問題でもないんですよ。お客様へのサービスがうまく行かなければ意味がないので。もちろん大変な部分もありますが、うちは少数精鋭で頑張っています。

暮らして楽しい遊びごころが詰まった家

リビングの風景

スタッフ

それでは続いて、お家を手掛けていく中で、大事にしている事を教えてください。

斎藤さん

快適な暮らしができるのが前提として、プラスアルファで「遊び」は欠かせない要素ですね。
家を建てるにあたって一番大事なのは、建てた後の暮らしです。だからこそ、せっかく建てるなら楽しい家でなくちゃいけないと思っています。
バルコニーでの団らん風景

実際にケーエムハウスさんでお家を建てられたご家族の休日風景

スタッフ

最近ではよく「お家キャンプ」や「アウトドアリビング」など、趣味を楽しんだり、庭でバーベキューができたりするお家が人気ですよね。
休日に焚き火を眺めながらゆっくりお酒を飲むのも良いですよね。

斎藤さん

実は、私はもともと釣りやキャンプが大好きなんですよ。釣りは専用のカヌーを持っていますし、キャンプは冬でも好んで行くほどなんです。
事務所に飾られた釣り道具

社員みなさんの共通の趣味は釣りだそうです。事務所にも釣りの道具が飾られており、休みの日には皆さんで一緒に釣りに出かけられることもあるそうです。

スタッフ

まさに遊びにも全力という感じですね。
斎藤さんのお家にも遊びごころが取り入れられているのでしょうか?

斎藤さん

私の家は、庭でキャンプをしたり、子どもたちと遊ぶスペースがあったり、薪ストーブもありますね。薪ストーブはもう27年愛用しています
ちなみに、うちでお家を建てていただいたお客様は、薪ストーブの設置率も高いんですよ。ありがたいことに、実際に使っていただいた方からは、「冬が待ち遠しい」「楽しみでしょうがない」といってもらえています。
薪ストーブがあるリビング

実際に薪ストーブを取り入れられたご家族のリビング。

スタッフ

年間を通して季節の移り変わりが存分に楽しめるお家になっているのですね。笹原さんのお家にもこだわっているポイントがあるのでしょうか?

笹原さん

私は料理が好きで毎週休みには決まって料理をするんですよ。それで以前、会社のイベントでピザ窯を造らせてもらったのですがとてもうまく出来て。それがきっかけで家の庭にもピザ窯を作ったんですよ。
ピザ窯

笹原さんが実際に会社のイベントでつくったピザ窯。ピザ窯が欲しいというお客様にも作ってもらえるようにと、作業過程の写真をまとめて、図面も作成されたそうです。

スタッフ

お二人とも普段から、お家での暮らしをエンジョイされているのが伝わってきますね。

笹原さん

実際、お客様との打ち合わせでも「あんな事がやりたい!」と言ってもらいながら、一緒にどんなお家にするのかを考えている時は、自分たちも楽しいですよ。
お家は建てた先に、いかに家族と楽しむかを大事にしてほしいですね。ぜひ、理想のライフスタイルを実現するお手伝いをさせていただきたいです。
MEMO
ケーエムハウスさんでは毎年、お家を建てられたOBのお客様と一緒にキャンプに行かれています。ただし、その日はご主人とお子さんが料理をして、お母さんにはとことんくつろいでもらうのがコンセプト。それも実は、お母さんが何でもやってしまうと、家の延長で面白くならないからだそうです。不格好な形のハンバーグも、食べてみると意外と美味しくて良い思い出になるんだとか。

夜に庭でキャンプをしている様子

スタッフ

お家を設計される中で他にも気をつけている事はありますか?

笹原さん

家事動線にはかなりこだわっていますね。
うちは共働きのご家庭のご依頼がほとんどなので、「なんとか家事を短い時間で効率よくやりたい」というご要望は多いです。やっぱり、現状で何か困っている部分を変えたくて新築を建てたいという方がほとんどだと思うので、適材適所に収納をつくって、快適な家事動線にしてあげたいですね。

スタッフ

普段から料理をされている笹原さんは家事動線にもこだわりが強そうですね。

笹原さん

どちらかというと、プランを立てる時は、私が家事動線などの暮らしの部分を、社長が遊びの部分を担当している感じです。私の方が細かく考えすぎなのか、プランを練って社長にプレゼンをさせてもらうと「つまらない」と言われてやり直しになる事もありますけどね(笑)

スタッフ

社長が物足りないと感じてしまうプランは却下されてしまうんですね。それは、なかなかハードルが高そうです。

斎藤さん

何か基準があるわけではないのですが、すごく良く出来たプランは見ただけでワクワクするんですよ。暮らし方がイメージできるというか、楽しそうな雰囲気が伝わって来るんです。
やっぱり、お家を造らせてもらっている間も楽しい雰囲気を伝えて行きたいですし、つくる方も楽しんでいないと良い家なんてつくれませんからね。

施工例

スタッフ

遊びのプロである齋藤さんらしい心強いコメントですね。
では、最後にこれから新築を検討している方に何かアドバイスをお願いします。

斎藤さん

やっぱり家を建てたその先でどういう暮らしがしたいのかを良く考えて欲しいですね。
意外と、子供さんたちと一緒に居られる時間は短いです。一緒にいられる間は全力で楽しんで、その後はご夫婦の暮らしを大事にされるのが良いと思います。
もし、お悩みやお困りの方がいれば気軽に相談にいらしてください。お待ちしています。

スタッフ

貴重なアドバイスありがとうございます。
お二人とも、今日はインタビューにご協力いただきありがとうございました。

口コミ、評判

コンセプトにしている「ロハスの家」に興味がある方が多く、口コミでは高いデザイン性も高評です。

通勤で柳田街道を通っていて気にはなっていたのですが

やっと先日見学出来ました!ロハスがテーマいうことでしたが、うちの奥さんは、タイル貼りのキッチンと全体的な自然素材を使った全体な雰囲気が好みのタイプと言っていましたが、わたし的には、ジャズが流れていたヒーリングルームが言葉の通りとても癒されました!モデルハウスの隣に新しいショールームを作っていたので、完成したらまた見に行ってみたいと思います!

感動!! 一見の価値あり。

ここでしか味わえないやすらぎの家です。

初めは展示場とは思いませんでした。

外観と室内がとにかく素敵でした。キッチンは私の理想とするタイル張りのアイランドタイプ。そして明るい室内。非常に気に入りました。営業マンの話ですと、ロハスをコンセプトに作った展示場との事。無垢の木や健康を考えた仕上げ材などを見て納得しました。この展示場お勧めですよ。

ケーエムハウスで家を建てると

自分で描いたとおりの間取りになるし、屋根もドアも床も窓も蛇口までアメリカ製なんですよ。シンプソンのドアとか木製の窓っていいですね。それと営業の山口さん何でも聞いてくれていい人ですよ。みんなで輸入住宅を建ててアメリカみたいな町並みを造ろう。

引用:株式会社ケーエムハウスのクチコミ|栃ナビ!

値段感と坪単価

坪単価:50万円

まとめ

斎藤さんと笹原さん

お二人とのインタビューを通して、せっかく念願のマイホームを建てるなら、やっぱり家族との時間が大切にできる家にしたいなと思いました。
遊びごころを大切にしているお二人なら、きっとどんな要望に対しても真剣に取り組んでくれるはずです。
「快適さだけでなく、住んだ後に楽しくなければ意味がない」、というケーエムハウスさんのお家づくりに興味を持たれた方は、ぜひ問い合わせてみてください。

会社名 株式会社ケーエムハウス
代表者名 齋藤 剛
住所 〒321-0903
栃木県宇都宮市下平出町1599-6
電話番号 028-664-1110
公式HP http://km-house.com/
営業時間 10:00~17:00
定休日:水曜日、木曜日
主な業務 住宅の設計・施工
対応エリア 栃木県内(茨城県一部)