株式会社小林住宅工業

手を組む小林様

重い屋根にも大きな地震にも耐えられる、樹齢を重ねた木材の頑丈さ。
精神を安定させアレルギーを抑える効果が期待できる、本物の木材の香りや肌触り。

良質な木材で造られた家は長持ちするうえ、人の心と体を元気にする力を備えています。
自然素材を使った木造住宅は、住んでみてから感じる魅力がたくさんあります。

神奈川県横浜市の株式会社小林住宅工業さんは、木造住宅を専門に手がける工務店です。
国産の良質なヒノキやスギを使い、100年住み継ぐことができる健康住宅を造っていらっしゃいます。

そこで、小林住宅工業の代表を務める小林様に、家づくりにかける想いを伺いました。
この記事では、実際に小林住宅工業さんへ新築を依頼したお客様へのインタビューと併せて、小林様の想いを紹介いたします。

木材にこだわり100年持つ家を造る

パソコンの画面を見せる小林様

スタッフ

まずは、小林住宅工業さんのこだわりを教えていただけますか?

小林様

一番のこだわりは素材・材料ですね。
当社は日本の伝統的な工法を用いて家を建てているのですけれど、それには自然の素材が欠かせないんです。
そして、骨組みとなる構造材には、国産の良質なヒノキやスギを使用しています。

スタッフ

国産の良質なヒノキやスギですか。

小林様

はい。和歌山県田辺市の山長商店様から仕入れています。
山長商店様は、江戸時代末期から建築素材として、家の骨組みなどに使うためのヒノキやスギを育てている、何代も続く林業家さんなんですよ。

スタッフ

由緒ある林業家さんなのですね。
山長商店様のヒノキやスギには、どのような特徴があるのでしょうか?

小林様

はい。全国的には紀州材と呼ばれますが、よじれのない素直な気質が特徴で、しかも強度特性に優れる木目の詰まった高齢樹(50~60年生が中心)の木を育てています。
木は樹齢と同じくらいの年数は最低でも持つといわれており、きちんと手入れをしていけば100年住み継ぐことが可能となります。

スタッフ

ずいぶんと長持ちする木材なのですね。

小林様

そうなんです。
さらには、床や天井、建具にも木材を使用しています。手入れを心配される方もいらっしゃいますが、思うより簡単で、しかも木材なので清潔です。

スタッフ

そこまで良質な素材・材料にこだわる理由は何ですか?

小林様

日本の住まいは、昭和の初期頃までは自然の素材で造られていました。高度成長期に化学的につくられた建築資材が現れ、中には有害な物質を含むものもあり、人の健康に影響を与える「シックハウス」が大きな問題になりました。
ですから、良質で安全な自然の素材を使って、子の代、孫の代まで安心して住むことができる家を造りたいと思っているのです。

日本人のDNAにあった家を造る

小林様の正面写真

スタッフ

御社は、「自然素材100%の家」をうたっていらっしゃいますよね。
ヒノキやスギをはじめ、自然素材にこだわるのには何か理由があるのでしょうか?

小林様

自然素材に囲まれた家を提供すれば、お客様に健康的な暮らしを送っていただけるからです。
ちなみに、当社は心の健康も大切にしています。自然とつながっている安心感を得られると、私たちは周りの人に対して優しくなれますから。

スタッフ

どうして自然素材に囲まれていると、心まで健康になるのでしょうか?

小林様

日本人のDNAには「自然に対する感性」が眠っているからです。
日本人は何千年もの間、自然との共生を大切にしてきた民族ですから、自然に囲まれていると安心するんです。ところが、多くの方はその感性をDNAのなかで眠らせたままにしています。
でも、体は無意識に自然素材を求めています。科学的な根拠を示すことは難しいですが、人工的な住宅に住んでいてイライラした感情やアトピーなどの症状が起こるのは、体が自然素材を求めているからだと思います。

スタッフ

たしかに木の香りに包まれるだけで心は穏やかになりますし、きっとその通りなのでしょうね。

小林様

私はDNAのなかに眠る感性を呼び起こすことを「スイッチを押す」と表現しています。
自然素材には、スイッチを押す不思議な力が備わっているんです。自然素材に囲まれて暮らしていれば、意識しなくともスイッチは入ります。
だから、私はできるだけ多くの方に自然素材を使った家を提供して、DNAのなかに眠っている感性に気づいてほしいと考えているんです。

スタッフ

自然素材にこだわるのは、お客様の暮らしを良くしたいという想いがあるからなのですね。

小林様

はい。現代の日本人は、何となく体調が優れない、家族の関係がギクシャクするといった問題に悩まされることが少なくありません。実はそれらの問題は、住環境が昔から大きく変化してしまったことが原因で起こっている可能性が高いんです。
それだけに、私はお客様に自然素材を使った日本の伝統的な家で暮らしていただきたいと思っています。日本人らしい暮らしを取り戻せれば、ご家族みんなが健やかに過ごせるはずですからね。

お客様インタビュー

木造の家の内観

過去に小林住宅工業さんへ新築を依頼した2組のお客様にご協力いただいて、インタビューを行いました。
どちらのご家庭も、木の家が持つ魅力に気づいたことにより、それまでの価値観が大きく変わったそうです。

旅行先より自宅の方が心地良いです(Aさん・Bさんご夫妻のケース)

スタッフ

小林住宅工業さんに新築を依頼したきっかけは何ですか?

Bさん

建築中のお家を見せていただいたのがきっかけです。小林住宅工業さんに電話したら、「近くで建てている家があるから、見学しませんか?」とお誘いいただきました。

スタッフ

どのような家にしたいとお考えだったのですか?

Aさん

防音性や断熱性に優れた二世帯住宅にしたいと考えていました。せっかく一軒家を建てるのだから、特に防音性は高めたいと思っていましたね。
私はオーディオが好きですし、子どもも生まれたばかりだったので、音漏れでご近所に迷惑をかけないように気を配る必要がありましたから。

スタッフ

最初から小林住宅工業さんに依頼しようと考えていらっしゃったのですか?

Bさん

いえ、1年くらいかけて他社の住宅展示場を回っていました。小林住宅工業さんを選んだのは、健康を意識したお家にしたいと思ったからです。
うちには小さな子どもがいたので、アレルギーを起こさないように、なるべく化学物質から遠ざけてあげたいと思いました。

Aさん

他社の家も魅力はあったので迷いましたね。調べれば調べるほど悩みが深まりました。
でも、最後は子どもの健康を優先して、小林住宅工業さんを選びました。

スタッフ

小林住宅工業さんが造る住宅の、どんなところに魅力を感じましたか?

Bさん

やっぱり自然素材ですね。直感で、自然に近い家にした方が良い家になると思いました。

スタッフ

実際に住んでみて、住み心地はいかがですか?

Aさん

居心地が良いですし、家にいると楽しくなります。建て直してから、家にいる時間が長くなりましたね。

Bさん

あまりに居心地が良いので、滅多に旅行へ行かなくなりました。家族の絆を深めるために旅行へ行くことはありますけど、家にいる方が落ち着きます。

スタッフ

自宅でのんびりした方が、疲れが取れるのですね。

Bさん

はい。ちなみに、旅行以外にもいろいろと価値観が変わりました。自分が求めるものや魅力を感じるものが、自然素材でできた衣服や食べ物になったんです。
耳に入ってくる情報も、自然に関係するものばかりになった気がします。

スタッフ

最後に、小林住宅工業さんが建てたお家の中で、一番好きな場所を教えてください。

Aさん

家の中なら、どこでも好きですね。

Bさん

私は居間です。家族の存在をいつも感じられるので、とても安心できるんですよ。

無関心だった木造住宅が今ではお気に入りに(Cさんご一家のケース)

スタッフ

小林住宅工業さんを知ったのは、いつですか?

Cさん

10年以上前に、勤務先のお客様から聞きました。当時は興味が無かったのですけれど、お客様が「木の家を建てた」と喜んでいらっしゃったことは記憶に残っていましたね。

スタッフ

小林住宅工業さんに依頼することにしたきっかけは何ですか?

Cさん

5、6年前に、風呂が壊れてリフォームする際に相見積もりをお願いしたのがきっかけです。女性の方が来てくださったので、とても安心しました。
加えて、寸法とかも細かく見てくれましたし、パソコンで丁寧な見積書を作っていただいたところも好印象でしたね。

スタッフ

リフォームを依頼されたのですね。
その時点では、まだ新築する予定はなかったのでしょうか?

Cさん

なかったですね。建て替え前の自宅は、築年数40年以上になる主人の実家でした。家族との思い出が詰まっているためか、主人は建て替えに乗り気ではありませんでしたから。
万が一建て替えるとしても鉄骨住宅にするつもりでしたので、木造住宅がウリの小林住宅工業さんに新築を依頼するなんて一切考えていませんでした。

スタッフ

なぜ一転して小林住宅工業さんに新築を依頼することに決めたのでしょうか?

Cさん

理由はいろいろありますけど、小林住宅工業さんだけが「リフォームではなく建て替えるべきだ」とはっきりおっしゃってくれたことが大きかったですね。
実は、建て替え前の自宅は土台がもうダメだったみたいで、リフォームで対処する場合は1000万円以上の高額な費用がかかるところでした。
他の会社さんはお願いした通りにリフォームの見積書を作っただけでしたが、小林住宅工業さんは正直にはっきりと建て替えを勧めてくださったんです。

スタッフ

お客様のことを真剣に考えているからこそ、アドバイスしたのでしょうね。
小林住宅工業さんに依頼して、良かったと思いましたか?

Cさん

本当に良かったです。今も住んでいて最高だと感じています。
ちなみに、自然を感じられる家だからか、屋内に無機質なものを置かなくなりましたね。家具はすべて備え付けの木製家具にして、ゴミ箱やテレビ台は職人さんに木の端材で作っていただきました。
あと、昔は木造住宅に一切関心がなかった主人が、今では木の家が大好きになってしまいました。屋根裏の小部屋を秘密基地みたいに使っているんですよ。

まとめ

経営理念の額縁

日本人の暮らしは、数十年の間に様変わりしました。
こと住宅に至っては、木造から鉄骨造・RC造へと広がりを見せ、安価な素材で造られた建物も増えつづけています。

しかし、世代が変わっても、受け継がれたDNAは変わっていません。
DNAが求める環境と現代の住宅とのミスマッチは、精神の不安定やアレルギーなどの問題を招いています。

だからこそ、小林住宅工業さんは日本の伝統的な木造住宅を造りつづけています。
お客様に日本人らしい暮らしを取り戻して幸せになっていただきたい、と考えていらっしゃるのです。

裸足で木の温もりを感じたくなる家こそ、本来あるべき日本の木造住宅。
木材にこだわる小林住宅工業さんなら、あなたのご家族が幸せに暮らせる家を実現できます。

会社名 株式会社 小林住宅工業
代表者名 小林 栄利子
住所 〒246-0034
神奈川県横浜市瀬谷区南瀬谷2-2-20
電話番号 045-303-1230
公式HP https://www.kobajyu.co.jp/
営業時間 9:00~18:00
※火・水は定休日
主な業務 注文住宅設計・施工・監理、
その他一般土木・建築・リフォーム
対応エリア 神奈川県内
※その他の地域はご相談ください