株式会社小林真人建築アトリエ

東京都目黒区の自由が丘にオフィスを構える株式会社小林真人建築アトリエさんは、クライアント一人一人に合わせた一点ものの注文住宅をこだわり抜いて手掛けている設計事務所です。

代表の小林眞人(まひと)さんは住宅をはじめ、集合住宅やビル、商業施設などの建物からコンサルティング、ものづくりのデザインまでの幅広い分野で活躍されており、そのデザイン力と豊富な経験に基づくプロの視点でクライアントの家づくりを支えていらっしゃいます。

今回は、そんな眞人さんに仕事への想いやこだわりについてインタビューしました。

総合的な視点で快適な空間づくり

スタッフ

最初に、眞人さんが建築家を志したきっかけを教えていただけますか。

眞人さん

子どもの頃から算数、理科、音楽、絵を描くことが好きでした。
そんななか、小学生の頃に母親から、僕の好きなことを全て生かせる職業として「建築家」というものがあると聞いたんです。

眞人さん

その時はどういう仕事かよく分からなかったのですが、中学生になった頃に大阪万博のパビリオンの写真集を見て、建築家がどのような職業なのかが分かってきました。このパビリオンは誰の作品で……などと知っていくうちに、これはいいなと思いましたね。

スタッフ

大阪万博で活躍した建築家の方々の作品が刺激になったのですね。
建築家になるため、その後はどう学ばれたのですか。

眞人さん

当時、新設されたばかりだった京都工芸繊維大学住環境学科に進学しました。そこは「建築」と「ものづくりのデザイン」の両方を学べる環境で、僕自身はどちらにも興味がありました。

スタッフ

卒業後はどうされたのですか。

眞人さん

卒業後は建築家・プロダクトデザイナーの黒川雅之さんの事務所に入りました。事務所全体の仕事として建築もものづくりのデザインもやっていましたし、その中間的な仕事もありましたね。

スタッフ

建築とものづくりのデザインの両方に携わる職場だったのですね。眞人さんは、なぜ、両分野に興味を持たれていたのですか。

眞人さん

気持ちのいい快適な空間を作ろうと思ったら、気持ちを良くさせてくれる建物、家具、小物、周囲の環境など全部が必要になると思うんです。

眞人さん

物事はパチンと分かれているものではなく、例えば、モノやインテリア、インテリアと建物を分ける境界はそれぞれ曖昧です。
建築家というのは本来、今挙げたものたちを全てを担当しデザインするものだというのが僕の考え方ですね。

クライアントに「考えるきっかけ」を提供


スタッフ

家づくりを担当する際に大切にされていることはありますか。

眞人さん

クライアントに「考えるきっかけ」を提供することです。住宅づくりへの希望を事前にまとめてから相談に臨んでくださるクライアントがいらっしゃいますが、家族の在り方が時間とともに変化していくことなどを踏まえて考えてきてくださる方は多くないです。
クライアントの考えを受け止めながら、事前に考えておくべき他のテーマにも気づいてもらえるよう、プロとしての視点でアドバイスさせていただいております。

スタッフ

家族の在り方が家づくりにつながるというのは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。

眞人さん

ご家庭によってさまざまな家族の在り方があると思います。
子どもがいるご家庭を例に出しますと、子育て期間は一時的なもので夫婦2人で過ごすのを基本として考えているご家庭と、夫婦2人で過ごす期間よりも子育て期間を重視するご家庭では、それぞれ子どもが過ごす空間の作り方が変わってきます。
そういったふうに、家族の在り方は家づくりに深く関わってくるのです。

スタッフ

そこまで考えて相談にいらっしゃるクライアントは多くはなさそうですね。

眞人さん

そうですね。クライアントに対して一度考えた方がいいテーマを提示し、どういう家にしたら良いのかを一緒に考えて、形にしていくようにしています。住宅を担当する際はクライアントのガイド役になれるように心がけていますね。

眞人さん

あとはクライアントご夫婦、ご家族間の調整役にもなるようにしています。家族の在り方などのテーマを深く考えていくと、当人同士でコミュニケーションがとれていないことに気づくケースがあります。
第三者として仲介し、どうやって折り合いをつけるかを探っています。

スタッフ

当人同士だけではまとまらなかったり、気付かないこともありますよね。これまでのお仕事の中でどんなアドバイスをされてきたのでしょうか。

眞人さん

例えば、二世帯住宅を担当する際は、いざとなったら両家庭がそれぞれ独立して生活できるような仕組みを提案してきました。そのような備えをすることは普段の心の余裕にもつながりますので、両家庭の良い関係を保つことにも一役買います。

眞人さん

いざとなったらの備えをするのは、仲の良い当人同士では思いつきにくいですし、どちらか片方が考えていたとしても直接言い出しづらいことです。第三者のプロの専門家の立場だからこそ言えることを伝えるようにしています。
二世帯住宅の場合、具体的には、メインのキッチンのほかにお湯を沸かせる程度のミニキッチンを設置する、後から水道を設置できるようにあらかじめ準備しておくなどですね。

スタッフ

快適に過ごせる環境が実現できるよう、アドバイスされているのですね。クライアントにとって心強いことだと思います。

注文住宅は2つとない一点もの


スタッフ

広い視野で家づくりに取り組まれている眞人さんですが、住宅をつくるうえで一番面白さを感じる部分はなんでしょうか。

眞人さん

住宅は2つとない一点ものだという点です。
ハウスメーカーが作る住宅はブランドとしての安心感があり、新たな家を探している方々から支持されるのは確かです。
ですが、既製品をいじるのには限界があって、使う人に合わせてデザインを突き詰めていくと一品制作の世界になっていくんです。

眞人さん

家族ごとに考え方は違うし、住宅を建てる土地も同じ場所はないので、住宅は一回こっきりの一品ものではなくちゃいけないと思っています。
家づくりを考えている方は、既製品の家と一点ものの家のどちらが自分に必要なのかをしっかりと見極めるのが大切です。一番良くないのは本当は一品ものの住宅が欲しい人が、自分自身の思いに気付かないまま既製品の住宅を買う方向に進んでしまうことですね。

スタッフ

クライアント一人一人に合った一品ものの住宅を作るのに情熱を注がれているのですね。

眞人さん

住宅に関しては、僕の色が強く出る必要はないし、強くしてはいけないと思っています。
昔は「こんなふうな家が欲しい」というイメージが載っている雑誌を持ってきてくれる人が多かったです。そうしてもらえるとクライアントの根底にある感覚を感じ取ることができます。家づくりのスタート時点で共通理解があるのは良いことですね。

スタッフ

クライアントとイメージを共有できるようにするのは家づくりにおいて重要なことですよね。今までの家づくりの経験の中で、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

眞人さん

あるご夫婦の住宅を手掛けた際、ご主人が「自分の家がどういう考え方で作られるのか全て理解しながら進めたい」とおっしゃったことがありました。なぜ家の中のここがこういう形なのか、なぜこの素材を選んだのかなどについてですね。
決して面倒だということではなくて、そうやって自分が住む家のことを理解したいというご主人のお気持ちは、僕にとってもありがたい話で楽しく感じていました。

スタッフ

眞人さんとそのご主人の間で、住宅を一点ものとして突き詰める熱意も同じくされていたのですね。
インタビューの最後にこれから新たに住宅を建てる方にアドバイスをお願いできますか。

眞人さん

住宅づくりではいきなり間取りの話にいきやすいですが、その前にどういう住み方をしたいか、生活をしたいかを家族でよく話し合ってみてください。それをまとめて形にすると最終的な間取りが決まってきます。
家族の在り方を考えるところから住宅づくりをスタートさせてほしいなと考えています。

まとめ

クライアントの考えに寄り添ながらも総合的な視点で家づくりを捉え、プロの視点からサポートを重ねる眞人さん。

「自分たち家族の未来を見据えた家を建てたい」とご希望する方はぜひ株式会社小林真人建築アトリエさんにお問い合わせください。

会社名 株式会社小林真人建築アトリエ
代表者名 小林 眞人(まひと)
住所 〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2-18-11
電話番号 03-5701-8790
公式HP https://kobayashimahito.wordpress.com/
営業時間 10:00~18:00  ※不定休
主な業務 建物全般の設計監理・店舗インテリア・リフォーム改修・プロダクトデザイン・企業コンサル
対応エリア 全国