幸田真一建築設計事務所

施工例外観

せっかく新築を建てるなら、思い描いた理想の暮らしを実現してくれる建築家の先生にお願いしたいですよね。「でも、どこの設計事務所に相談すれば良いのか分からない」とお困りの方も多いと思います。
そこで紹介したいのが三鷹市に拠点がある幸田真一建築設計事務所です。代表の幸田さんは、豊富な経験からあなたにぴったりなデザイン性の高いお家を提案してくれます。
ついつい誰かに自慢したくなるような素敵なお家を建てたい方は、ぜひ最後まで読んで参考にされてください。

豊かな空間と機能美を備えたデザイン

スタッフ

幸田様が手掛けられたお家はどれも素敵なお家ばかりですね。
家づくりをされるうえでこだわっていることなどあるのでしょうか?

幸田様

同じお家の中でも、それぞれのブースごとに空間が見栄えするように意識して設計しています。

リビングの施工例

幸田様

素材を変えたりアイポイントをいれたりして、同じ空間でも角度によって見え方が変わるように工夫しています。「振り返ると違った印象の見え方になる」「ついつい、ずっと見ていたくなる」そんな空間が広がるお家をつくってあげたいと思っています。

スタッフ

同じリビングでも、居る場所によって見え方が変われば家の中が楽しくなりそうですね。

幸田様

空間の中にあるブースごとの作り込みも大事にしています。
同じ空間でもブースごとに作り込まれていれば、家族同士が気を使うことなくそれぞれ居心地が良い場所で気兼ねなく過ごせるんですよ。
例えば、リビングにはお母さんが家事作業をする時の専用テーブルをつくってあげたり、お父さんがソファーでくつろいでいたら別の場所で子供が本を読めるようなブースをつくってあげたり、ひとつの空間に家族の居場所がたくさんある、そんなお家を意識しています。
内観の施工例

スタッフ

家族の居場所がたくさんあるお家ですか。
興味深いですね。

幸田様

例えば、リビング階段の踊り場にピアノが置けるスペースを設けたり、子供が個室を必要としない小さい時は、2階の寝室のひとつを家族のセカンドリビングとして利用する方法などがあります。

スタッフ

間取りを工夫すると色々な使い方ができるんですね。

幸田様

さらに、平面的な発想だけではなく、上下の空間の連続性も考えて光や風などの環境的な要素を取り込むことで、より豊かな空間がデザインできるようになります。

スタッフ

色んな要素が複雑に絡み合って素敵な空間を演出していたのですね。
内観の施工例

幸田様

ただし、行き過ぎたデザインや過剰な設計は、空気の循環効率が落ちて温熱環境の面からみるとマイナスになることもあります。そのような場合は窓の位置を工夫したり機械換気を加えたりして、デメリットになる部分を補って機能性を犠牲にしないように整理してあげることが大切です。

スタッフ

デザイン性だけでなく、機能性も重視しなければならないのですね。

幸田様

むしろ、住宅の設計では機能性のないデザインはあまり意味がありません。デザインありきではなく何か理由があって、そこにデザインを反映させる感覚です。
例えば、外からの視界を遮るためにルーバーを付けたい、格子を付けたいとなった時に「ではその素材に何を使うのか」「向きはどうするのか」といった部分をデザインしていくわけです。

スタッフ

機能性を伴ったデザインが根底にあるんですね。

幸田様

大した話しではないですが、十分にコンセントの配置に気をつけて設計するといった気遣いはもちろんですし、インターホンは出っ張らないデザインにするといったちょっとした小技でも、見ちがえるほど生活が見栄えするようになるんですよ。

スタッフ

細部まで住む人に配慮した設計をされているのですね。

住宅の設計は建てる人が主役

スタッフ

しかしながら、デザインに限らず、人の好みや趣向はさまざまですよね。
住宅の設計ではご依頼に来られる方たちの要望を引き出すのも大変じゃないですか?

幸田様

家づくりではいろんな角度からヒアリングをすることが大切なんです。
同じことを質問するのでも、多様な聞き方をすることで「あっそういえば!」と眠っていた答えを共有できるようになります。

幸田様

あとは、最初に「矛盾しても問題ないですよ」と伝えてあげるのもポイントです。
要望がいくつもあると矛盾してくるのは当然ですから。リラックスして話してもらえるように心掛けてヒアリングをしていきます。
ハウスメーカーと比べて質問する内容も違うので、実際にヒアリングが終わってみると「勉強になった」とおっしゃられる方も多いです。

スタッフ

表面的ではなく、建てる人が心から納得できる要望を一緒に探してくれるわけですね。

幸田様

せっかく建てるなら自慢できるお家にしてあげたいじゃないですか。
お施主さんだけじゃなく、そこに住む家族が「やっぱり我が家がいいよね」と言って自分の家に誇りを持ってもらえるような。
そのためには、お気に入りの部分がいくつもあって、それを住む人が住むほどに感じ取ってもらえるような家にしなくちゃいけないなと思いますよ。

スタッフ

住宅の設計ならではの難しさがありそうですね。

幸田様

お客さんから求められているものが出来ているかどうかを常に意識して設計する必要がありますからね。クライアントさんが実際に住んでいる風景がはっきりとイメージできるまで、何度も試行錯誤をして図面を作っていくんですよ。

スタッフ

お家を手掛ける中での責任というか、使命感のようなものが伝わってきます。
では、実際に住む方たちにはどういった暮らしをして欲しいですか?

幸田様

せっかくなら、新築を機に暮らし方も格好良く、スマートになってもらえると嬉しいですね。
もちろん、スマートな生活が送れるようなお家をご提案していきたいと考えていますが、格好良い暮らしをしたいという想いがあっても「果たして自分にできるのだろうか」と不安になってしまう人もいるようです。
でも、実際は理想の空間を手に入れると、それに見合った理想に近い生活はできるようになってくると思います。

スタッフ

夢のマイホームですからね。
友人を招いてパーティーをしたり、休日は庭で過ごしたりできたら理想ですね。

幸田様

お客さんを呼ぶ機会を増やせば、掃除をする頻度も多くなるでしょうし、次第に家にも愛着が湧いてくると思います。

スタッフ

スマートで優雅な暮らしは誰しも一度は憧れますよね。
充実した暮らしを送るために、何か提案されるとしたら何がおすすめですか?

幸田様

小さくてもテラスやルーフバルコニーはあった方が良いと思いますよ。
スペースとしては3畳ほどでも、植栽を置いたりお茶を飲んだりするだけで贅沢で豊かな空間になりますから。無駄だって言う人もいると思いますけど、私は積極的におすすめしてますよ。
私が手掛けさせてもらったお家も設置している割合は多いですね。

リビングの施工例

スタッフ

ありがとうございます。
では最後に、これから新築をお考えの方に何かアドバイスをお願いします。

幸田様

建築家に住宅の設計を依頼するのはハードルが高いと考えている方も多いと思います。でも一度は、誰でも良いので建築家という職業の人から提案を受けてみてほしいですね。
そのうえで、ハウスメーカーともぜひ比較してみるのがおすすめです。
私たちはメーカーさんたちと比べると家づくりの考え方や進め方自体が違うので、ヒアリングする項目や提案させてもらえる内容も大きく異なります。
しかし、実際には建築家が選択肢にすら入らない方がほとんどです。
何も知らずに終わってしまうのは勿体ないですし、私たちにとっても残念なのでもっと気軽に相談に来てほしいですね。

まとめ

幸田さんは高いデザイン性でオシャレなお家をいくつも手掛けていますが、インタビューの中では「家族が安心して過ごせるかどうかが家の根本だと思う」とおっしゃっていました。
どのお家も機能性や安全面といった土台がしっかりしているからこそ、安心感のある素敵なお家になるのですね。
新築を建てるにあたって建築家の先生をお探しの方は、ぜひ幸田さんに相談してみてください。

会社名 幸田真一建築設計事務所
代表者名 幸田真一
住所 〒181-0002
東京都三鷹市牟礼5-9-1 2F
電話番号 0422-26-6865
公式HP https://kodas-architects.com/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 全国(別途交通費)