株式会社小板橋工務店

小板橋工務店アイキャッチ

千葉県市川市を中心に活躍されている小板橋工務店さんは、40年以上にもわたり地元で愛されている工務店さんです。新築もリフォームも一棟一棟丁寧につくりこむため信頼が厚く、お客様との付き合いも長いとか。

その小板橋工務店の二代目・代表取締役の小板橋篤さんは、「長く快適に住める家づくり」に取り組んでおられます。小板橋さんに、建築の道を志した理由や、「長く快適に住める家づくり」において大切にしていることなどをお伺いしましたので、ご紹介します。

お客様のお困りごとにダイレクトに応えたい

スタッフ

早速ですが、小板橋さんが建築の道を志したきっかけを教えてください。

小板橋さん

私は工務店の二代目で、建築を志した理由には、先代である父の存在が大きく影響しています。何もないところから創り上げるという建築の創造性に心惹かれました。

スタッフ

なるほど、それで建築の道を選ばれたのですね。就職では迷わず建築業界に進まれたのですか?

小板橋さん

はい。初めはゼネコンに就職しました。就職したときは建築業界に身を置きつつも、まだ「建築でこういうことをしたい」といった深い考えはあまりなかったです。

スタッフ

その後、「こういうことをしたい」と深く考えるきっかけが何かあったのですか?

小板橋さん

少しずつ建築施工というものが分かってきたとき、施工以外の意匠・構造・設計といった全工程に携わってみたいと思うようになりました。ものづくりという点ではゼネコンも面白かったのですが、小規模でも全体的なものに関わりたいと思いました。

スタッフ

ゼネコンより工務店の方がやりたいことができると思われたのですね?

小板橋さん

そうですね。工務店なら全工程に携われると思いました。施工管理そのものも奥の深い作業だとは思いますが、他の工程もやってみたいという思いが強くなりました。

スタッフ

実際に工務店で働きだしてどうでしたか?

小板橋さん

お客様の近くでお困りごとをダイレクトにお手伝いできることにやりがいを感じました。工務店ではお客様から直接希望を伺って形にしていく。それが面白く感じられました。

長持ちする、味わいのある家づくり

スタッフ

住宅をメインにされているということですが、住宅を建築する上で大切にされていることはありますか?

小板橋さん

新築においては特に長持ちすることを願って設計しています。建てた後のメンテナンスのしやすさや、結露を起こしにくくするための対策や、シロアリを避ける対策といった点に気を付けています。建物や設備についてその後の更新がしやすいようにつくることが大切だと思っています。

スタッフ

長持ちさせるというのは難しいことのように思えますが、実際にはどういった対策をされているのですか?

小板橋さん

壁内結露を起こさせないよう、通気を取ったり、設備配管の点検や更新のしやすさを考慮したりするなど、基本に忠実であることを心がけています。素材も自然素材を使った方が、長く使えると思うので、ご提案するようにしています。

スタッフ

天然材と新建材では、違うのですか?

小板橋さん

自然素材をそのまま使うと、キズがついてもあまり気にならず、古くなっても味わいのある古び方をするなど、いい年の取り方をすると思います。

スタッフ

素材が「いい年の取り方をする」というのはいいですね。

小板橋さん

はい。古くなっても味わいがあるので、お客様も愛着をもってメンテナンスができ、長持ちすると思います。

スタッフ

これまでの家づくりで、特に思い入れのあるエピソードはありますか?

小板橋さん

かつてリフォームを担当させていただいたお客様で、その後、家そのものを建て直す依頼を受けました。設計から任せていただいて、鉄筋コンクリート造(RC造)と木造を組み合わせた混構造の3階建てをご提案しました。

スタッフ

RC造と木造との混合ですか?

小板橋さん

はい。土地面積に余裕があったので平屋でいいのかなとも思ったのですが、ある程度の高さがほしいということと、RC造がご希望でした。3階までRC造にすると基礎の部分、杭の部分にとてもお金がかかってしまいます。そうすると上部のデザインや設備にお金がかけられない。

スタッフ

なるほど、全部鉄筋にしようとすると、そういう問題が生じるのですね。

小板橋さん

はい。結局、お客様とお話して、希望をかなえつつも長く安心して住めるよう、1階だけをRC造にして2階3階を木造にしました。そうすることで構造的にも予算的にもうまくバランスを取ることができたと思います。

スタッフ

それは構造的にも安心ですし、予算的にも助かりますね。

小板橋さん

このあたりは昔は蓮田が多くあった土地で、もともとそれほど地盤が強くありません。どうしても基礎や地盤改良にお金がかかってしまいます。そうした事情も踏まえつつ、お客様の要望にも応える形にしました。

スタッフ

確かに3階建てと上に高くしたうえに1階はRC造ですし、お客様の希望がかなっていますね。

小板橋さん

あと、外壁はガルバリウムを使ったり、内壁も珪藻土を使ったりして、飽きずに長持ちするようにご提案しました。
ガルバリウム鋼板とは
アルミニウムと亜鉛のメッキ鋼板。耐久性が高く軽量のため外壁材や屋根材としての人気が高い。

スタッフ

なるほど、家が長持ちするようにこだわって建てておられることがよくわかります。

愛着を持てる家づくりに大切なこと

スタッフ

長持ちするように建てるという点のほかに、気を付けておられることはありますか。

小板橋さん

家をつくるには、構造だけでなく、高断熱や高気密といった温熱環境も大切になってきます。そうした基本的なところをきちんと押さえてバランスよくつくるよう心がけています。

スタッフ

確かに断熱や気密といった温熱環境は気になります。

小板橋さん

お客様のご予算が厳しいという場合でも、まず構造はもちろん、断熱性についても質は落とさない方がいいですよとお伝えするようにしています。そのほうが結局長持ちしますし、のちの電気代などの光熱費を考えると、将来的には安くなってくると思います。

スタッフ

そうした将来性を見据えてアドバイスいただけるのは嬉しいですね。

小板橋さん

家が出来てから愛着を持って長く住んでいただきたいので、基本を押さえつつ、打ち合わせでのお客様の考えをきちんと反映したいと思っています。

スタッフ

最後にこれから新築を建てる方にアドバイスをいただけますでしょうか。

小板橋さん

家づくりにおいては、耐震等級や断熱性といった機能性を重視することももちろん大切ですが、誰とつくるか、という点も大切だと思います。一緒に造り進んでいける人とぜひ出会ってほしいと思います。

スタッフ

確かに、家は大きな買い物ですから、安心して相談できる相手がいいですね。

小板橋さん

はい。また、これから建てるのであれば、スクラップ・アンド・ビルドの時代ではないので、長く飽きずに住める家を建てることが大切だと思います。そのためにも、基本構造や断熱性、メンテンナンス性を重視し、そこに自然素材を加えると愛着をもって長く暮らせる家になるのではないかと思います。

値段感と坪単価

坪単価:65万円~

まとめ

小板橋工務店さんは、住む人が長く快適に愛着を持って住める家づくりに取り組んでいらっしゃいます。家づくりの基礎をとても大切にされているため、安心して住める家であるのはもちろん、自然素材を積極的に取り入られているため住むうちに趣のある家になっていきます。

また、お客様の希望をかなえるためにとさまざまな心配りをされているので、小板橋工務店さんは、長く愛せる家づくりをするのにとても心強いパートナーといえます。一生に一度の大切な家づくりをされるときにはぜひご相談されてみてはいかがでしょうか。

会社名 株式会社小板橋工務店
代表者名 小板橋篤
住所 〒272-0137
千葉県市川市福栄3-3-20
電話番号 047-397-5855
公式HP http://koitabasi-koumuten.life.coocan.jp/index.htm
営業時間 9:00~17:00
日曜、祝祭日定休日
主な業務 住宅、共同住宅の新築、リフォームの設計及び施工
対応エリア 千葉県、東京23区