菰田建築設計事務所

菰田ご夫妻

建築家に住宅の設計を依頼するのはハードルが高い
せっかくなら、誰かに自慢したくなるような個性的な家にしたい
使い勝手にもこだわって設計してほしい
など、新築を建てるにあたって色々と悩んでいる方は多いと思います。
そこでご紹介したいのが、ご夫婦で住宅の設計を手掛けている菰田建築設計事務所です。
建築家と聞くと、独創的な作品をつくるイメージが強いですが、菰田ご夫妻は全くの逆。「建てた後に住む人がどうしたいかを考えるのが一番大事」、だと言います。

そこで、この記事では菰田ご夫妻のインタビューをもとに、お二人の住宅建築に対する想いを詳しくご紹介していきます。
新築を建てるにあたって、要望をしっかりと聞き入れてもらったうえで、自分らしい個性的な家にしたい、とお考えの方はぜひ参考になさってください。

住宅建築に憧れて業界に進んだお二人

インタビューの様子

スタッフ

それでは早速ですが、まずお二人が住宅の設計をやっていこう、と思ったきっかけを教えてください。

真志さん

機械関係も好きだったので建築を目指そうと思った歳は比較的遅いのですが、小さい頃からよく親と旅行に行く機会があって、旅先で色々な建物を見て回ったのが影響していると思います。
日本の民家や茶室などにも興味があったので、学生時代からずっと木造建築をやりたいと思っていましたね。

スタッフ

幼少期から色々な建築を見る機会があったなんて素敵ですね。
晶さんはいかがでしょうか?

晶さん

母の友人に、ご夫婦で設計事務所をされているところがあって、小さい時に家のリフォームをしてもらったんです。当時は学校から帰って来た時に職人さんたちが作業をしているのを見るのが楽しみでした。それで、進学の際に将来「身近にある建物に関わる仕事がしたい」と思うようになり、住宅建築の道に進みました。

スタッフ

晶さんも住宅建築に憧れを抱いて建築の業界を志したのですね。
では続いて、実際に住宅建築を手掛けられるようになって、どんなところにやりがいを感じますか?
完成イメージの模型

真志さん

やっぱり、ゼロから家をつくり上げていくのは面白いですよ。しかも、造らせていただく家が毎回違うのもやりがいに繋がっていると思います。同じ敷地でも建て主さんが変われば出来上がる家は違いますし、逆に敷地が違えば建て主さんが同じでも全く違う家になると思うんです。なので、「やり尽くすことがない」というのも住宅建築の魅力ですね。

晶さん

私はやっぱり、建主さんに満足してもらって仕事を終えられた時が一番うれしいですね。自分の一人よがりではなく、そこに住む人に「素敵な家になったな」「頼んでよかったな」と思ってもらえるのが大事なので。せっかくご依頼に来てくださるのですから、少しでも良い家を提案していきたいですね。

ご夫婦ならではの強みを活かした家づくり

施工例

スタッフ

ご依頼があると、お二人で同じ家を担当されるのですか?

真志さん

図面を描いていく部分ではそれぞれ担当するところはありますが、基本的には最初の打ち合わせから引き渡しまで、二人で担当させていただきます。

晶さん

私と夫では性別も生活してきた環境も違うので、複数の視点から提案をさせてもらえるんですよ。特に打ち合わせでは、なるべく要望を漏れなくお伺いしたいですからね。建て主さんもご夫婦の方が多いので、お互いに足りないところを補ってヒアリングができるのはとても良い事だと思っています。

スタッフ

幅広い視点でアドバイスがもらえるのは建て主さんにとってもありがたいですね。できあがった家に要望がしっかり反映されていると、より愛着が持てそうです。

真志さん

最終的にお客様に喜んでもらえるかどうかは、建て主さんがどうしたいかだったり、建て主さんご自身が意識してない問題だったりを、「どれだけ細かいところまで拾い上げて形にできるか」に掛かっていますから。
施工例

スタッフ

建て主さんは建築に対しては素人の方がほとんどでしょうから、自分で気づかないところにはプロの目線からしっかりアドバイスをもらえた方が安心ですね。
住む人の事を考えて細かいところまで考えて設計をしてもらえるのは助かります。

晶さん

やっぱり、建て主さんあっての住宅なので。建て主さんとしっかりお話しをしながら家を建てていく、というのは大事にしています。
例えば、表札ひとつにしても、書体だったりデザインや素材だったりで皆さん好みは違います。なので、見本などを見ながら最後まで妥協せずに一緒に決めていく感じですね。

スタッフ

人によっては大した事がないと思う部分でも、ゆずれない所はちゃんと納得してから決めたいですもんね。お二人が普段から建てる人の気持ちを配慮されているのが伝わってきます。

住む人が主役、要望は漏れなく聞かせてほしい

施工例

スタッフ

それにしても、考え抜いて建てられた家なら、設計を手掛ける側としても思い入れが強くなりそうですね。家を建てられた方たちにはこんな風に暮らしてほしい、といった要望はありますか?

真志さん

家をご自身の色に染めていってもらうのが良いと思います。実際、入れる家具によっても家の雰囲気は変わりますし、なにより生活をされる方の使い勝手が一番ですから。ありのままの建て主さんらしい暮らしをしてほしいですね。
菰田真志さん

スタッフ

「使い勝手」という言葉が出てきましたが、住む人に合わせて使い勝手を工夫するのは大変だと思います。お二人は、建て主さんの要望を形にしていく中で、意識していることがあるのでしょうか?

真志さん

伺った要望をただ再現するのではなく、「なぜそうしたいのか?」、という本質的な意図を汲み取るのは意識していますね。実現するのが難しい要望でも、形を変えれば叶えられるものはたくさんありますし、一見すると矛盾しているような要望にも、間に何か1つ要素が入ることで再現できるものもあるんですよ。

スタッフ

予算や状況によってはどうしても叶えられない要望も出てくるでしょうからね。一つでも多くの要望を叶えてあげたい、という菰田さんの建て主さんへの想いが伝わるコメントですね。

真志さん

気にかかっていることは何でも相談してもらいたいですね。
説明を受けて納得して諦めるのなら良いのですが、「言っておけばよかった」と、建てた後もずっと不満が残ってしまうのが一番良くないですから。
菰田晶さん

晶さん

なるべく話やすい雰囲気をつくるのも心掛けていますよ。
悩みは早く伝えてもらえた方が、「そこはそんな風に考えるんだ」とか「こういう所が気になるんだ」というのが分かるので、他の提案にも活かせる部分が出てくることもあるんです。むしろ、「それが一番大切なことだった」、と後で気づく事もあるので。急がせることはないので、一つひとつ積み重ねていきながら一緒に家づくりをさせていただきたいですね。

スタッフ

一貫して、建てる方に寄り添って設計をされているのがわかりますね。それでは最後に、これから家づくりをお考えの方に何かアドバイスをお願いします。

晶さん

ご自身の性格や生活スタイルに合わせて、今後どうやって過ごしたいかを考えてみるのがおすすめですね。「ゆったりとした空間で、落ち着いて本を読むのが好き」だったり、「週末には庭で焚き火をしながら過ごしたい」だったり、特に充実させたい暮らしのイメージが出来ていると理想に近い家づくりができると思います。
施工例

スタッフ

建主さんにとって、重要なポイントがうまく家に再現されていると、個性的な家になりそうですね。真志さんからも一つお願いします。

真志さん

設計者も人間なので、趣味や好みがあります。なので、依頼する建築家を選ぶときには、相性がいいかどうかが大切だと思います。いきなり断られる事はないと思うので、まずは会って話をしてみる、というのが家づくりの第一歩としてすごく大切かなと思います。

スタッフ

お二人とも、貴重なアドバイスありがとうございます。
今日はインタビューにご協力いただきありがとうございました。

まとめ

インタビューの様子

物腰やわらかく、どの質問にも丁寧に答えてくれた菰田ご夫妻。
インタビューではお二人の優しさがひしひしと伝わってきました。
これから新築を建てたいけど、自分にあった建築家が見つからない、とお困りの方は、ぜひ菰田建築設計事務所さんに問い合わせてみてください。あなたの暮らしに合った、素敵な家を提案してもらえると思います。

会社名 菰田建築設計事務所
代表者名 菰田 真志
住所 〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中丸1129-3
電話番号 048-683-7899
公式HP http://www.archi-komo.co.jp
営業時間 9:00~17:00
定休日:日曜日、祝日
主な業務 建物の設計
施工監理
家具設計
対応エリア 全国