工藤宏仁建築設計事務所

工藤宏仁

海や山などの自然に囲まれ、都心からわずか1時間という利便性を兼ね備えた街、鎌倉
鎌倉への移住に憧れている方も、コノイエの読者の中には多いのではないでしょうか?

しかし「土地は見つかるのだろうか?」「土地勘のない場所での家づくりは心細い」といった、不安の声もあることでしょう。

鎌倉市由比ガ浜の工藤宏仁建築設計事務所・代表の工藤宏仁さんは、鎌倉出身の建築家さんです。鎌倉のある湘南地区を中心に関東圏内で、新築からリフォームまで幅広く設計を手がけられています。

家づくりにおいては、なかなか良い土地が見つからない場合変わった土地に建てる場合があります。工藤さんはこれまで、クリエイティブな発想をもとに数々の難局を乗り越え、家づくりを成功に導いてこられました

本記事では、そんな工藤さんの家づくりへの想いやこだわりを、インタビューをもとにご紹介しております。これから家づくりしようとお考えの方は、本記事をぜひご一読ください。

鎌倉で生まれ育った建築家が叶える、鎌倉での家づくり

工藤宏仁

スタッフ

鎌倉に事務所を構える工藤宏仁建築設計事務所さんにおいては、やはり「鎌倉に家を建てたい」というご依頼が多いのでしょうか?

工藤さん

そうですね。
メインとなっているのは、鎌倉を含む湘南地区での依頼です。
私自身、鎌倉で生まれ鎌倉で育ったぶん風土や土地柄をよく知っていて、仕事のしやすさは感じていますね。それに、現場が事務所の近くであれば、すぐに見に行くことができるんです。

スタッフ

「鎌倉に住む」ということに憧れをお持ちの方も多いですよね。ご出身が鎌倉とは、すごく羨ましいです。
工藤さんに家づくりをお願いされるお施主さんは、もともと鎌倉にお住まいの方なのでしょうか?それとも、これから鎌倉に住みたいとお考えの方なのでしょうか?

工藤さん

両方いらっしゃいます。もともと鎌倉にお住まいの方の家を新たに建て替えることもありますし、これから鎌倉に住みたいとお考えの方の家をつくることもあります。
これから鎌倉に住もうとお考えの方の場合は、土地探しの段階からご相談を頂くこともあります。

工藤さん

でも、鎌倉は土地が少ないことや値段が高いこともあり、良い土地がすぐに見つかるとは限りません
タイミングによっては、すぐに見つかることもあるのですが。

スタッフ

鎌倉はとても人気のあるエリアですから、土地探しは一筋縄で行かなそうなイメージがあります。なかなか良い土地がみつからない場合、どうされるんですか?

工藤さん

その場合は、鎌倉の周辺エリアをご案内することもあります。旧鎌倉地区より外側の山のあたりまで範囲を広げると、まだ土地があることが多いんです。
今後もし地震が起きた場合のことを考えても、海に近すぎると危険ということもありますし。
もちろん、周辺エリアでご納得されるかどうかは、お施主さんにもよりますが。

工藤さん

あとは、どうしても土地がなければ、土地ではなく中古物件を購入してリノベーションする方向に切り替えることもあります。
築年数が長く経っていても、良質な建物であればリノベーションで長く使っていくことができるんです。
古い建物の購入費用は安価なので、トータルのコストを抑えることにも繋がります。

スタッフ

土地が見つかりづらい場合でも、様々な打開策をご提案くださるんですね。それも、鎌倉での家づくりに慣れていらっしゃる工藤さんならではの強みですよね。

二段擁壁という難曲を乗り越え完成した、絶景の家

工藤宏仁

スタッフ

土地は一点ものですから、中には建てるのが難しい土地もあるかと思います。いままで「これは大変だ」と思うような、難しい土地に建てたご経験はありますか?

工藤さん

二段擁壁(にだんようへき)になっている土地に家を建てたことがあって、それは大変でした。
二段擁壁には家を建ててはいけないので、二段擁壁の上段を崩して斜面にしたり杭をたくさん打ち、お隣の家との境に新たに擁壁をつくったりという、造成工事を含む家づくりとなったんです。

工藤さん

造成工事は地盤の状況によってコストが動きます。やってみないと分からないことも多く、時間的にもコスト的にも本当に大変でした。
ですが、その土地は高台の見晴らしの良い土地だったので、最終的には二階のリビングから海が見える良い家になりましたよ
ただ、その時に感じたのは、達成感というよりは安堵感でしたね(笑)
二段擁壁(にだんようへき)
擁壁とは、地面に大きな高低差を設ける際に、崖となった側面の土が崩れ落ちるのを防ぐために設置される壁状の建造物のことです。二段擁壁とは、既存の擁壁の上に擁壁がもう一段設置されている状態のことです。二段擁壁に家を建てることは宅地造成等規制法上は違法で、建てる場合は何らかの対策を講じる必要があります。
二段擁壁の家

お話に出てきたお家を拝見しました。
上段の擁壁を斜面にして家を建てたそうです。
右側にはお隣との境として新たな擁壁をつくり、左側には芝生を敷いてあります。

二段擁壁の家

二階のリビングからの眺めです。
大きな窓から海が見える、絶景の家となりました。

スタッフ

海の近くに住む醍醐味を感じる、素晴らしい眺めの家ですね。
ところで、このような難しい案件はよくあることなのでしょうか?

工藤さん

私のところに来る案件は、なぜか難しい案件が多いんです。
なので、難しいもの慣れはしていますが、それでも「思っていた以上に難しい」という案件も中にはあります。

工藤さん

例えば、細い階段を登らないと敷地に行けずに、家づくりに必要な大きな重機を上げられなかったこともありますよ。
その時は、杭を打つための重機も上げられなかったので、杭の手打ちができる業者を探したり、手打ちをするために杭の本数を最小限にしたりという工夫が必要でした。
施工事例


重機が上がらない家

お話に出てきた家のお写真です。
敷地にたどり着くまでに細い階段を登る必要があり、大きな重機を使わずに建てたそうです。

スタッフ

重機が上げられないって、家づくりにおいては死活問題ですよね。手作業でつくる場合はコストが余計にかかりますから、それに合わせて杭を最小限にするといった対応をしてくださったのは、さすがです。
それにしても、こういった難しい案件が多いのは、正直大変ではないですか?

工藤さん

こういう難しい案件が意外と良い家に化けたりするので、私自身は「おもしろい」と思ってつくっているんですよ
ただ難しい案件は、完成するまでにどうしても時間がかかる場合が多く、お施主さんの引っ越しまでの家賃などの兼ね合いが難しいところでもあります。

趣味の異なるご夫婦の意見を、全て取り入れ融合させた家

スタッフ

難しい家づくりを多くこなされる工藤さんですが、お施主さんとの打ち合わせもスムーズに進むのでしょうか?

工藤さん

家づくりにおいてご夫婦の趣味が合わない場合、旦那様と奥様で「俺はこうしたい!」「私はこうしたい!」と言い合いになることがあるんです。打ち合わせ中に、私の目の前で激しい口論になることも珍しくありません。
そんな時、私は「まぁまぁまぁ、両方実現できるようにしましょうよ」と仲裁に入ります(笑)

スタッフ

一生に一度の大きな買い物ですから、つい熱くなってしまうのかもしれませんね。
意見の割れているご夫婦の意見を両方実現するなんて、可能なのでしょうか?

工藤さん

可能ですよ。
例えば、こちらの家をつくったときも、ご夫婦で趣味が合わない部分がありました。旦那様は和風なものが好きで、奥様は洋風なものが好きだったんです。
旦那様と奥様がそれぞれの意見をお持ちでしたが、それらを全て取り入れてうまく融合し、良い家になりましたよ。
ご夫婦の家

ご夫婦の異なるご意見が取り入れられた家の外観です。

工藤さん

「ここには旦那様のつくりたい和風のバーを」「ここには奥様のための書斎を」「その二つが出会う場所をリビングにしましょう」という風にしたんです。
さらに、私の中に「エネルギッシュな旦那様は赤」「奥様は青」というのご夫婦の色のイメージもあったので、それぞれの旦那様と奥様の場所をそれぞれ色分けしました。
ご夫婦の家

和風なものが好みの旦那様がご希望されたバーです。
旦那様のイメージカラーでもある赤が取り入れられています。

ご夫婦の家

向かって左側には、奥様のイメージカラーである青の壁。
ご夫婦それぞれのご希望が、こちらのリビングでうまく繋がります。

スタッフ

ご夫婦それぞれの要望が取り入れられつつも、まとまりがあって素敵な家ですね。
では、工藤さんがお施主さんに対して「意見が合わない」感じることはないのでしょうか?

工藤さん

私自身がお施主さんとの「合う・合わない」を気にしたことはありません。
お施主さんが「どういう住まいが欲しいか」をお聞きしてカタチにすることが、私の仕事だからです。
もちろんお施主さんには色々な方がいて、中にはすごく個性的な考えをお持ちの方もいます。
でも私は、それも「おもしろい」と思うんです。
お施主さんに合わせた家を毎回つくっていくので、当然、家のカタチも毎回違ったものになるんですよ。

スタッフ

お客様の個性をめんどうと思わず「おもしろい」と感じる。さすが、プロですね。
では、工藤さんが家づくりをしていて、大変なことは何ですか?

工藤さん

コスト合わせが大変です。あまり夢が膨らむと、コストも膨らむので。
でも、そういった時は「これは諦めなくてはいけないけど、こうすれば、もっと良くなります」という風に、常にクリエイティブな方法で解決するようにしています。

スタッフ

「コストがかかるから諦める」で終わるのではなく、「もっと良くなる」ように考えて頂けるなんて、頼もしいです。
最後に、これから家を建てようとお考えのコノイエの読者の方々に、工藤さんからアドバイスをお願いします。

工藤さん

夢を実現するために、やりたいことを全て設計士にぶつけることが大切です。遠慮は要りませんよ。
要望をどんどん出すことで、オンリーワンの家になりますから。
ぜひ、自分だけの家づくりを楽しんでください。ご相談、お待ちしてます。

値段感と坪単価

坪単価:70万円~

まとめ

事例

一点ものの土地に建てる家づくりにおいて、思わぬ難局にぶち当たることも珍しくありません。
そんな家づくりにおいては、工藤さんのようにクリエイティブな発想を持って対処をしてくださる建築家さんの存在が欠かせません

二段擁壁に建てた家や、重機が入らない敷地、異なる趣味をお持ちのご夫婦の家など、数々の難しい家づくりをされてきた工藤さんのエピソードには、感服しました。

また、鎌倉で生まれ育った工藤さんは、湘南地区での家づくりをお考えの方にとって頼りになること間違いなしです。

工藤さんに家づくりをお願いしたい方は、工藤宏仁建築設計事務所にぜひお問い合わせください。

竣工写真撮影;鳥村鋼一

会社名 工藤宏仁建築設計事務所
代表者名 工藤宏仁
住所 〒248-0014
神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-5-7
電話番号 0467-22-3008
公式HP https://kojikudo.com
営業時間 10:00~18:00
主な業務 住宅・店舗・大型物件の設計、リフォーム
対応エリア 関東