熊倉建築設計事務所

熊倉建築設計事務所

栃木県佐野市を拠点に、関東エリアでさまざまな建築設計を手掛けている熊倉建築設計事務所さん。

インタビューにご協力いただいた代表の熊倉ナオキさんは、ご自分のことを「建築家ではなく設計者である」とおっしゃいました。その言葉には「お客様に寄り添いながら、プラスアルファを表現できる建築をしたい」という、熊倉さんの想いが込められています。

この記事では、そんな熊倉さんが過ごした驚きの学生時代や、尊敬する設計事務所の所長からもらった言葉、そしてこれからやってみたいことについて、順番にご紹介します。

さらに、熊倉さんが設計されたお家の完成見学会にお邪魔した際のレポートも掲載しています。お家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

インターンで受けた刺激が、建築に夢中になる1番のきっかけだった

熊倉さん

スタッフ

まずは熊倉さんが建築に興味を持たれたきっかけを教えて下さい。

熊倉さん

父が建築の仕事をしていたこともあって、建築は昔から身近なものだったんです。
そこで大学は建築学科に通い始めたのですが、当初はそこまで建築に興味があったわけでなくて、好きな建築家を聞かれても答えられないほどでした

スタッフ

それは意外でした。
何か建築を好きになるきっかけがあったのですか?

熊倉さん

大学生に入学してすぐの頃、設計事務所を舞台にしたテレビドラマが放映されていたんです。
そのドラマの中で、建築学科の学生がインターンに来ているシーンがありました。そこで初めて「学生も現場で学べるんだ」ということを知り、自分もインターンに挑戦してみたいと思ったんです。

スタッフ

まさかの、ドラマの影響だったんですね。
栃木県内の設計事務所でインターンをされたんですか?

熊倉さん

最初は県内で学生を受け入れている事務所を探してみましたが、まったく見つかりませんでした
でも、どうしても諦められなくて、今度は東京の求人情報も探してみたんです。すると東京だとインターンを受け入れている設計事務所がたくさんあることを知りました。
なので、結果としては大学在学中の3年半、ずっと栃木から都内の設計事務所までインターンをしに通っていました

スタッフ

ええっ!?
栃木から東京って、けっこうお金も時間もかかりますよね?
ちなみに交通費は出たのですか?

熊倉さん

交通費も何も出ませんでした。
それでも、平日は午前中だけ授業を受けて午後から東京に向かって、週末もほぼ東京の事務所で過ごしていました

スタッフ

すごいですね。
熊倉さんは、一度決めたら突き進むようなタイプなんでしょうか?

熊倉さん

いま思い返すと、将来に漠然とした不安があったんだと思います。
大学には高い志を持っている人もあまりいなかったですし、授業にも物足りない部分がありました。だったら、実務を直接学んだほうがいいと思って行動に移しただけなんですよね。
実際、インターンに来ている他の学生は意識が高い人が多くて、すごく刺激を受けました。このインターンで受けた刺激がこれまでの人生の中で1番大きくて、建築に夢中になる1番のきっかけになったと思います。

建築家ではなく設計者であれ

熊倉さん

スタッフ

大学卒業後は、どこかに就職したのですか?

熊倉さん

栃木に戻るまでは、2社の設計事務所にお世話になりました。
1番最初に就職したのは、学生時代にインターンをしていた設計事務所です。

スタッフ

インターンをしていた事務所にそのまま就職されたんですね。
そこはどんな事務所でしたか?

熊倉さん

これぞアトリエという感じの、イケイケな事務所でしたね。所長も若い方で、よく雑誌にも掲載されていたので、クライアント様もみんな豪華でした。
自分はお客様と打ち合わせをすることはなかったのですが、新進気鋭の建築家である所長の働くさまを間近で見ることができて、本当に貴重な経験をさせてもらいました

スタッフ

そうだったんですね。
2社目はどういった設計事務所に入られたんですか?

熊倉さん

次にお世話になった事務所は、所長さんがたいへん男気に溢れていて、仕事に向き合う姿勢や人間性も素晴らしい方でした。
そんな尊敬できる所長さんのもとで、初めて建築の実務的なことを教えてもらいました

スタッフ

特にどんなお仕事が心に残っていますか?

熊倉さん

とある有名企業の社長の個人宅をつくることになり、私は設計補佐を任せてもらいました。そのときに痛感したのが、家づくりでは建物を設計するだけでなく、お客様に最適な家具を提案するためのインテリアの知識も必要だということです。

スタッフ

設計だけでなく、新しいお家にぴったりのインテリアを選ぶ必要があったのですね。

熊倉さん

そうなんです。
そのときは、都内のあらゆる高級インテリアショップで家具を探し回りましたね。
当時、私は大学を卒業して3年目の若造でしたが、所長さんはそんな自分にもクライアント様に家具をプレゼンする機会を設けてくれたんです。

スタッフ

それは嬉しいですね。
お客様の反応はいかがでしたか?

熊倉さん

残念ながら、採用はされませんでした。
ただ、採用こそされませんでしたが、お客様にこうした提案をするのは初めての経験だったので、とても心に残っています

スタッフ

いい経験になったんですね。
その事務所には、何年ほどお勤めされたんですか?

熊倉さん

2年ほどで退職しました。
というのも、結婚を決めたので、結婚のタイミングで栃木に戻ることにしたんです。

スタッフ

地元に戻ると報告したとき、所長さんはどんな反応でしたか?

熊倉さん

居酒屋に連れて行ってくれて、これから地元で仕事をしていくにあたってのアドバイスをしてくれました

スタッフ

どんなアドバイスだったんですか?

熊倉さん

「建築家にはならないほうがいい」という言葉です。今でも心に残っています

スタッフ

「建築家にならないほうがいい」というのは、どういう真意の言葉なのでしょうか?

熊倉さん

このときに所長が言った「建築家」というのは、自分の世界観をお客様に押し付けるような建築をすることを指しています。なので、建築家として活躍されている方々を批判しているわけではありません。
つまり所長が言いたかったのは、自分本位な建築をするのではなく「建主さんに対してよい設計者でありなさい」というアドバイスだったんですね。

スタッフ

なるほど。
自分の世界観が全開の設計をするのではなく、お客様の要望をしっかり聞いて設計しなさいという意味ですね。

熊倉さん

ですが、もちろん要望をまとめただけではご満足していただけないので、その上で「プラスアルファをどう表現するか?」を追求することで建築に携わっていきたいと思っています。

スタッフ

素敵な考え方ですね。
言われてみれば、熊倉さんの建築はそれぞれの建物によって感じるイメージが違って、違った良さがあるなと感じていました。
それは、熊倉さんがお客様ひとりひとりに寄り添った設計をされているからだったんですね。

熊倉さん

ありがとうございます。
そう言っていただけるとすごく嬉しいです。

街あっての家づくり、地域や街づくりに貢献したい

熊倉さん

スタッフ

最後の質問となりますが、熊倉さんがこれから挑戦してみたいことはありますか?
建築にかかわることでも、関係ないことでも大丈夫です。

熊倉さん

実は去年、デザイン事務所をやっている知り合いに「畑をやってみないか?」と誘われて、土いじりを始めたんです。

スタッフ

いいですね。何を育てているんですか?

熊倉さん

最近ようやくトウモロコシやキュウリを収穫できました
知り合いに借りた畑は600坪くらいあったのですが、荒れ放題だったので最初は草刈りから始めたんですよ。

スタッフ

すごい広さですね。
草刈りも大変だったんじゃありませんか?

熊倉さん

大変でしたが、いろいろと手伝ってくれる人も多かったので楽しかったですよ

スタッフ

それはよかったです。
草刈りをされてみて、いかがでしたか?

熊倉さん

刈られて山積みになった草を見たときに「何かに活用できないだろうか?」という疑問が湧いてきました
そして、こういった問題についてお茶でも飲みながら気軽に相談できる場所をつくりたいと思い、知り合いの建築家と協力してコミュニティを立ち上げてみたんです。

スタッフ

すごい行動力ですね。
元々、建築以外にも地域に貢献したいという思いがあったのですか?

熊倉さん

ずっと「街を良くしたい」という志を持った人たちが集まれる場所をつくりたいと思っていました
ですが、例えばここ佐野市でコミュニティをつくろうとした場合、駅前などの主要な場所でないと人が集まりません。そこで、駅前にコミュニティスペースとなるカフェを作ったとします。しかし、カフェを継続して営業させるためにはお金が必要です。そのためには何か生産性のあることをして、お金を産み出さなければなりません

熊倉さん

そこで考えたのが、畑というわけです。畑で収穫したものをカフェに卸したり、畑が軌道に乗ればそれをコミュニティに還元したりもできます
街あっての家づくりですので、こうした活動を通して地域や街づくりに貢献していけたら嬉しいですね。

見学レポート

熊倉さんが設計されたお家の完成見学会にお邪魔してきました。
場所は栃木県内の閑静な住宅街です。

自分の家のドアを開けるときの何倍も緊張して、見学させていただくご自宅のドアを開けて家の中にお邪魔しました。目の前に現れたのは、スッキリとした印象のリビングダイニングです。
完成見学会
室内は、熊倉さんのこだわりポイントが随所に散りばめられていました。
例えば、この写真は何だと思いますか?
実はこれは、テレビボードとして備え付けられた棚なのです。スタイリッシュでとてもオシャレですよね。

でも、よくよく考えてみるとBlu-rayレコーダーやゲーム機はどこに置いたらいいのでしょう?そういったものを置いてしまったら、雑然としてしまうのではないでしょうか?

完成見学会
ですが、それは杞憂でした。
何と、壁の中にケーブル機器が収納できるスペースを設けていたんです。これなら雑然と散らかりがちなテレビ周りを、常にスッキリした状況に保てそうです。
完成見学会
スッキリと言えば、こちらのご自宅にはエアコンが1台しか見当たりませんでした。
1台だけで一軒家の住宅全体の温度・湿度を保つのは難しいのではないか?と疑問に思っていたら、実は、もう一台床下専用のエアコンが隠されていたんです。
こういった工夫が、住宅全体がスッキリと見える要因なのでしょう。
完成見学会
最後に、この住宅の大きな特徴である窓について説明してもらいました。
実は1階と2階をまたぐ大きな窓が設置されていて、全長5メートルにもなるレースカーテンが2階から掛けられているのです。
1階と2階の間に隙間が空いていることで、エアコンの風が届きやすくなるんだそうです。
(この写真は2階の様子です)
完成見学会
こちらは住宅の模型です。大きな窓が特徴的で、通りから見ても目を引きそうですね。

熊倉さんの設計した住宅の完成見学会は定期的に行われているそうです。気になる方は、ぜひお問い合わせしてみてください。

模型

まとめ

熊倉さんが大切に育てている畑には、いつも不思議と人が集まってくるそうです。あるときにはお客様が草刈り機を持ってきてくれたり、子どもたちが土いじりを始めたり、またあるときには近所の農家の方々が畑の耕し方を教えてくれたりするそうです。
もしかすると、熊倉さんの地域を大切にしたいという思いや、街づくりに貢献したいという思いが、周りにも伝わっているのかもしれません。

栃木県をはじめ、関東エリアで新築を建てたいと考えている方は、ぜひ家づくりや街づくりに情熱を注いでいる熊倉さんに相談してみてください。きっとあなたの要望を丁寧にヒアリングして、あなたに寄り添ったお家づくりをしてくれるでしょう。

会社名 熊倉建築設計事務所
代表者名 熊倉 ナオキ
住所 栃木県佐野市堀米町3902-21
電話番号 028-355-4577
公式HP http://kuma-archi.com/
営業時間 9:00〜18:00
※日曜日は定休日
主な業務 建築全般の設計・監理
対応エリア 関東圏内
※遠方は応相談