有限会社LDU

有限会社LDU1

「雑誌に載ってるようなオシャレな家を建てたい」
「人を呼んでも恥ずかしくない家にしたい」
「快適に暮らせるようにしたい」
理想の家を思い描くと、様々な要望が湧き出る場合があると思います。しかし、要望を全て叶えた家づくりは、予算や土地の条件、家庭事情などで難しい場合があります。

そのような場合でも「出来ない」とは言わず、「出来る」ための可能性を提示してくれる建築家さんがいます。それが、有限会社LDUの江口隆典さんです。

本記事では、江口さんの住宅建築で大切にされていることや信念についてご紹介します。

「持続可能な建物」を作りたい

スタッフ

江口さんが建築をするうえで心がけていることを教えてください。

江口さん

「持続可能な建物」を建てることですね。持続可能な建物とは、そのときの時代や生活に対応し、長く住んだり使用したり出来る建物のことです。一般的に日本の家の寿命は30年と言われ、短い期間で壊すことが多いんです。でもメンテナンスをしながら、長い間住み続けられれば、それは最高のことだと思います。

スタッフ

どうしてそのように思うようになったんですか?

江口さん

僕が小学校一年生のときに、両親が実家を新築したことが、多く影響していると思います。実家は、昔ながらの大工さんが、何ヶ月もかけて建ててくれたんです。
その間、ずっと現場を観察していたので、今でも図面に起こせるほど思い入れが強くなりました。そんな実家で過ごした記憶は、今でも自分の中で思い入れ深く、大事なものなんです。

スタッフ

そんな大事な思い出が詰まった実家は、とても大切な場所ですね。お家を長く残したいと思われるようになったのも、大事な記憶を残したかったからですか?

江口さん

はい。それに帰るところがあるというのは大事なことです。ですので、できるだけ長い間、住み続けられる家、「持続可能な家」をつくりたいと思っています。

お客様が納得出来る住宅を提案していく

有限会社LDUさんのお打ち合わせスペース

スタッフ

住宅建築をする上で大切にされていることはありますか?

江口さん

ヒアリングの際に、お客様の要望に対して「出来ない」と言わないようにしています。お客様は設計のプロである設計士に「出来ない」と言われてしまうと、納得していなくても、自分の要望を諦めてしまうんです。最終的に多くのことを諦めていたら、お客様の満足度は低くなってしまいますよね。そこで、私は土地の条件や予算の問題で厳しい状況の時にも、「こういう風にすれば出来ますよ」という可能性を提示するようにしています。

スタッフ

江口さんに相談をすれば諦めかけていた問題にも解決策を見つけていただける感じがしますね。

江口さん

ありがとうございます。お客様は、自分の理想の家づくりがしたいから、フルオーダーの設計事務所に依頼をしてくれています。だから、要望を叶えるための可能性を提示することはもちろん、プラスアルファでお客様の満足度を高める選択肢も提案するようにしています。

スタッフ

お客様の満足度が上がるものを提供するために工夫されていることなどはありますか?

江口さん

基本的に住宅設計の場合は、お客様のことを理解するために、今住んでいるお家を拝見させていただいています。人には、自然と身についた生活パターンやスタイルがあります。それは建物を作ることで突然チェンジするものではありません。そのため、お客様のお家を拝見することで、お客様に対する理解が深まるんです。

スタッフ

お客様の要望を聞くだけではなく、お客様の生活を理解したうえで設計をすることが大事なんですね。

江口さん

そうです。ですので、しっかりとお話をした上でいくつかの選択肢をお出しするようにしています。大事なのは設計士が決めず、お客様が納得した上で決めていただくことです。

スタッフ

しっかりとコミュニケーションを取って、そのお家で生活するお客様自身が納得するものをつくることが大切なんですね。

最近では大型店舗も多く手がけられているそうです。

自分の生活の中に溶け込んでいるお家

スタッフ

お客様にはどのような生活を送っていただきたいですか?

江口さん

「この家があるから幸せに暮らせる」ではなくて、「意識していなくても幸せに暮らせている」状況であってほしいです。

スタッフ

「意識していなくても幸せ」とはどういうことですか?

江口さん

暮らしている中で、家に欠陥があったり使いづらかったりすると変に意識してしまいます。でも快適に暮らせていれば生活と一体化しているので、意識はしないと思うんです。それがストレスなく、ベストだと思います。

江口さん

そういう状態が、「家自体が生活の中に溶け込んでいる」ということだと思うので、それが理想かなと思います。そのうえで、自分の家ってこんなだったな、と思い出せる記憶が残ればいいと思っています。

インタビュー中の江口さん:真剣に語っておられました。

スタッフ

最後にこれから新築を新築をご検討の方へメッセージをお願いします。

江口さん

ご自分と合う設計事務所や工務店を見つけることが一番重要です。どんなに素敵な家を作る人に相談したとしても、コミュニケーションの段階でうまくいかないと、小さなことであっても批判的に見てしまうことが結構あります。お見合いと同じで、自分と合う人を探すことがいいと思います。

スタッフ

おそらく人生に一度の大きな決断をするためのパートナー探しですから、お見合いと同じぐらい一生懸命になった方がいいですね。本日は貴重なお話をお聞かせいただき、誠にありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:80万円~

まとめ

江口さんは「お客様には一般的な家ではなく、自分の納得する家を建ててほしい」とも語られていました。どこまでもお客様に親身になり、お客様の大事な記憶の残る家を建てたいという信念を感じました。

何気ない記憶であっても明日への原動力になったり、子供にとっては将来の夢に繋がることもあります。そんな記憶が生まれるお家ならとても素敵ですよね。

一生に一度かもしれない家づくり。大切な思い出を育むお家を建てたい方は、是非有限会社LDUさんにご相談ください。

会社名 有限会社LDU
代表者名 江口 隆典
住所 〒176-0011
東京都練馬区豊玉上2-22-13
電話番号 03-6913-1120
公式HP https://l-d-u.net/
営業時間 9:00~18:00 定休日:日曜日
主な業務 住宅、店舗の設計
対応エリア 関東