株式会社みらいアーキテクト

みらいアーキテクト様のスタッフ集合写真

新築を建てたいと思ったときは、まずどのような暮らしを送りたいかを想像してみましょう。
なぜなら、理想とする暮らしによって、一番合った家の造り方も変わってしまうためです。

理想とする暮らしを思い描けたら、次に相談できる建築会社さんを探してください。
もし建築会社さん選びに迷ったら、幅広いニーズに対応できるところに相談してみるのがお勧めですよ。

神奈川県横浜市の株式会社みらいアーキテクトさんは、木造住宅を手がける建築会社です。
2種類の工法を使い分けて木造建築を造ることで、お客様の幅広いニーズに応えていらっしゃいます。

そこで、みらいアーキテクトさんの事務所を訪ね、社長の餌打(えうち)さんにインタビューしてみました。
この記事では、餌打さんとのインタビューを通して、みらいアーキテクトさんの家づくりを紹介いたします。

初めての仕事で知った、家が完成したときの感動

玄関ドア

スタッフ

まずは、餌打さんが建築に携わったきっかけから教えてください。

餌打さん

中学3年のころ、担任の先生から進学先として建築科を勧められたことがきっかけです。ずっと本気で取り組んでいた野球での目標を失ったとき、これからは将来のためになることをやりたいと思ったんです。
それで、手に職をつけられそうな道を探っていたところ、担任の先生から「建築科のある高校に進んではどうか」と提案していただきました。

スタッフ

野球から建築へと、まったく異なる道に進むことに抵抗はなかったのですか?

餌打さん

何の抵抗もありませんでしたね。もともと、子どものころから絵を描いたりモノを作ったりするのが大好きでしたから。小学生のときなんて、よく姉と二人で部屋の模様替えをしていましたよ。

ダイニングキッチン

スタッフ

高校を卒業したあとは、どうなさったのですか?

餌打さん

卒業した直後は、注文住宅を手がける会社で働きながら大学へ通いました。昔気質の大工の先輩方に交じって、手探りで仕事を覚えていきましたね。

スタッフ

先輩の仕事を見たりしながら、技術を学んでいったのですね。
当時はどんな仕事をしていたのですか?

餌打さん

現場監督を務めていました。正直、入ってから最初の3ヶ月間はかなりきつかったですね。でも、初めて担当した家が完成したときの感動は、いまだにはっきりと覚えています。
引き渡し前の最終チェックをしていた夜、明かりを灯した家を外から眺めていると、自然と涙があふれてきたんです。ようやく完成したんだ、と。

餌打さん

のちに高校で臨時の助手を任されたときは、そのときの感動を生徒たちに伝えましたね。
現場監督は生半可な気持ちでは務まらない厳しい仕事ですが、そのぶん他の仕事では味わえない達成感があるんです。

スタッフ

建築を目指している生徒さんにとっては、貴重な体験談だったでしょう。今後の人生が変わった生徒さんも、なかにはいらっしゃるかもしれませんね。
餌打さん自身も、仕事への取り組み方などが変わったりしたのでしょうか?

餌打さん

そうですね。1棟完成させたあとは、私の意識がかなり変化しました。それに伴って、自分の動き方や職人さんへの話し方なども大きく変わりましたね。
さまざまな技術を身に着けるために、20代は何度か転職しましたが、家づくりにおいては最初の1棟での経験が私のベースになっています。

2種類の木造建築の工法を使い分ける

壁パネルのサンプル

スタッフ

話が少し戻りますが、高校の建築科ではどのようなことを習ったのですか?
一口に建築といっても、製図や法律といった、さまざまな分野があると思うのですが。

餌打さん

建築に関係している分野であれば、まんべんなく習いますよ。
それだけに、高校時代の教科書は、今も実際の仕事において役に立っています。

スタッフ

時代とともに技術は進歩していると思うのですが、やはり基礎となる部分は変わらないのでしょうか?

餌打さん

私が高校生だったのは30年くらい前ですし、当時と今とでは変化している部分もたくさんありますよ。
ただ、木造建築だけは、造り方が多少変わっているものの、根本的な考え方は変わっていないんです。

スタッフ

なぜ、木造建築は変化が少ないのでしょうか?

餌打さん

日本における木造建築の技術は、ほとんど完成されているからです。
何百年という長い歳月をかけて、先人たちが培ってきた技術ですからね。だからこそ、木造建築は面白いんですよ。

スタッフ

みらいアーキテクトさんが木造建築を得意としているのは、餌打さん自身が木造建築に強い魅力を感じていらっしゃるからなのですね。
ちなみに、御社では工法の異なる2種類の木造建築を手がけているとお聞きしました。

餌打さん

日本で古くから使われている在来工法、アメリカなどでも広まっている2×4(ツーバイフォー)工法の2つですね。
2種類の工法にはそれぞれ異なるメリットがあるのですが、多くの建設会社さんはどちらか一方にしか対応できません。ですから、両方に対応できることが、弊社にとって大きな強みになっているんです。

スタッフ

両方の工法が使えると、どのようなメリットが生まれるのでしょうか?

餌打さん

お客様の幅広いニーズに応えられるというメリットがあります。
お客様によって家に求めるものがまったく異なりますから、その違いに対応できなければ、弊社がお客様を選ぶことになってしまうんです。

スタッフ

生活スタイルも変化していますし、時代の流れを考えれば、お客様のニーズは今後も一層多様になっていきそうですね。
御社には、そういったお客様の幅広いニーズに応えたいという想いがあるのですね。

餌打さん

その通りです。
近年は、家は購入するだけのものから、賃貸やシェアするものへと広がりを見せています。経営者として、その辺りの変化にも注視していますね。

餌打さん

ただ、時代が変わっても、「自分の城が欲しい」というお客様はやっぱり多いんです。弊社はそんなお客様の想いに応えられるよう、家を建てる会社としての責任をまっとうしたいですね。

お客様に選ばれる会社を目指す

みらいアーキテクトのロゴ

スタッフ

餌打さんがお客様と接するときに、特に心がけていらっしゃることは何ですか?

餌打さん

いかにお客様に良い家を提供するかですね。
設計士さんがお客様の希望をもとに描いた図面に沿って、弊社は家を建てています。ただ、実際に工事が始まってみると、お客様が「何かイメージと違う」と感じる部分が、どうしても生じてしまうんです。

スタッフ

図面と実物は別物ですから、仕方ないのではないでしょうか。
形にしてみないと分からないことも、当然あるのだと思います。

餌打さん

そうですね。この問題ばかりは、今のところ100%確実に避ける方法がありません。
でも、お客様の不満を解消できなければ、本当に良い家が造れないのは悩みどころです。ですから、お客様から「今から変えたい部分があるのですけど……」と相談があったら、自分が今まで培ってきた経験を大いに活かして、解決策を提案するようにしています。

スタッフ

途中で計画を変更するのは簡単なことではないと思うのですが、餌打さんはそれでもお客様の不満を解消したいのですね。

餌打さん

変更によって追加料金が生じるケースであったとしても、やっぱり妥協したくないというお客様が多いですからね。そんなお客様の想いを大切にしたいと考えています。
それに、私の提案でお客様に「そんな考え方もあるんですね!」と喜んでいただけるのが楽しいんです。家を引き渡したときに「変更して良かった、提案してくれてありがとう」とおっしゃっていただけると、本当に嬉しいですよ。

笑顔の餌打さん

スタッフ

最後に、みらいアーキテクトさんの今後の目標について教えてください。

餌打さん

お客様から選ばれる会社になりたいと思っています。
「この神奈川、横浜で家を建てるのなら、みらいアーキテクトでいいんじゃない?」と。

スタッフ

「地域で一番を目指す」といった目標ではないのですね。
お客様から選ばれる会社を目指すのは、どうしてですか?

餌打さん

それこそが、お客様に喜ばれる仕事ができているという何よりの証明になるからです。
そのためには、品質の良さなどを追求して、お客様に良いイメージをもっていただけるように努力しなければなりません。

スタッフ

これから先も、品質を大切にする今の姿勢を守っていきたいとお考えなのですね。

餌打さん

もちろんです。何せ、私は根っから現場主義の人間ですからね。良い家を建てるのは当たり前だと思っていますし、どんなときも改善できないところがないかと考えつづけています。

餌打さん

私たちにとって最も重要なことは、最終的にお客様から感謝の言葉をかけていただける家を建てられたかどうかなんです。
目の前のお客様や、事業主さんを通した先のお客様のために、満足できる家を造りたい。「みらいアーキテクトさんの建てる家なら間違いない」というお客様の期待に応えたいんです。

スタッフ

お客様を大切にしたいという御社の想いは、きっとお客様に届くと思います。
本日はお忙しいところ、誠にありがとうございました。

まとめ

みらいアーキテクト様のビル

インタビューのなかで、餌打さんは「人に恵まれている」とおっしゃっていました。

「2種類の工法で木造建築を建てられるのも、優秀な社員がいてくれることが理由」
「他のことでも、自分の足らないところを、みんなが補ってくれる。感謝しかない」

このような餌打さんの人柄の良さが、会社に優秀な人材を引き寄せているのでしょう。
「お客様のために良い家を建てたい」という社長の想いは、社長の人柄が実現させているのかもしれません。

良い家ができるのは、つくり手の強い想いがあってこそ。
みらいアーキテクトさんの建てる家なら、理想の暮らしが送れるはずです。

会社名 株式会社 みらいアーキテクト
代表者名 餌打 大輔
住所 〒221-0842
神奈川県横浜市神奈川区泉町17-1第一泉ビル5F
電話番号 045-548-5503
公式HP https://www.mirai-a.jp/
定休日 火・水
主な業務 新築住宅の建築・施工、
外構工事、リフォーム