三江建設株式会社

三江建設株式会社

お住まいが建てられるまでの間には建築工事はもちろん、ご近所さんへのあいさつなど、やるべきことは多岐に渡ります。
しかし、その全てが初めてですから、ご不安をお持ちの方も少なくないでしょう。

三江建設株式会社は代々地元に根ざしてきた工務店さんです。
ご近所さんへのあいさつに同行したり、建て替え中の仮住まいを無償で提供するなど、お客さんのご不安に一つ一つ向き合われています。

本記事では三江建設株式会社の社長、江面次男様の、お客さんに寄り添う家づくりへの想いをお伝えしています。

今年で創業68年目、老舗の工務店さん

三江建設株式会社

スタッフ

江面社長が建築の道に進まれたきっかけは何だったのですか。

江面社長

三江建設株式会社は元々は父の代に開業したのです。
わたしはその二代目になりますね。
父の背中を見ながら育ちましたから、建築の道を選んだのは自然なことでした。

スタッフ

三江建設株式会社さんを開業されてからどのくらいになるのですか。

江面社長

今年で創業してから、“68年目”になるのですよ。

スタッフ

三江建設株式会社さんには、非常に長い歴史があったのですね。
こんなにも長い間、お客さんから頼られてきた秘訣はあるのですか。

江面社長

お客さんからの信頼に応えるために、とにかく一生懸命に努力し続けることでしょうか。
わたしは18歳の頃から働き始めましたが、50歳くらいまではさまざまな現場をまわっては、技術や経験を積み重ねてきました。

スタッフ

江面社長は長い時間を掛けて、職人としての腕を磨かれてきたのですね。
今までですと、どのようなご依頼が多かったのですか。

江面社長

お住まいはもちろん、ちょっとした撮影現場から大型のアミューズメントパークまで、さまざまな現場に関わらせてもらいましたね。
一つ一つの経験が、三江建設株式会社の基礎を支えているのです。

些細な悩みも見逃さない、地元のなんでも屋さん

三江建設株式会社

スタッフ

三江建設株式会社さんではどのようなお客さんが多いのですか。

江面社長

お客さんのほとんどが、地元の方ですね。
わたしもお客さんも、お互いの人柄をよく知っています。
ですから、お客さんからは、ちょっとしたお悩みをお聞きすることも多いのですよ。

スタッフ

いわゆる、地元に根ざした工務店さんなのですね。
お客さんからすると、きっとご相談しやすいのだと思います。
ちょっとしたお悩みということですが、どのようなご相談があるのですか。

江面社長

「ガラスが割れてしまったので、直してほしい」とか、「鍵を失くしてしまったので、交換してほしい」など、まさにさまざまですね。
日々の暮らしの中では、いつだってお悩みが尽きないものです。
ですから、お住まいのことなら、なんでもご相談ください。

スタッフ

お住まいを建てるまでが、工務店さんのお仕事であると思っていました。
三江建設株式会社さんでは非常に幅広く、お住まいのお悩みにご対応されているのですね。

江面社長

わたしは毎年、お客さんへ三江建設株式会社のカレンダーをお配りしています。
しかし、カレンダーをただポストに投函するだけでは味気ないですよね。
ですから、お客さんに直接お会いして、カレンダーを手渡しするようにしています。
その中で、日頃のお悩みをご相談されることも多いのですよ。

お客さんを一人にさせない、ご近所あいさつはご一緒する

三江建設株式会社

スタッフ

家づくりの中で、江面社長が大切にされていることはありますか。

江面社長

お客さんからの信頼に応えること。それを一番大切にしています。

スタッフ

家づくりでは長い間、工務店さんとお付き合いしますから、信頼関係は欠かせませんね。
お客さんからの信頼に応えるために、実際にどのような取組をされているのでしょうか。

江面社長

お客さんのご要望は、どんなことでも親身になってお聞きするようにしていますね。
そして、お客さんからひとたびご要望を受ければ、すぐに駆けつけて対応させていただきます。

スタッフ

江面社長はとにかく、“お客さん第一”で家づくりをされているのですね。

江面社長

お住まいの建築に当たっては、建築工事だけを考えていれば良いわけではありません。
ご近所さんへのあいさつなど、やるべきことは多岐に渡ります。
お客さんからすると、その全てが初めての経験ですから、非常に大変ですよね。
ですから、解体業者さんとの打ち合わせやご近所さんへのあいさつに同行させてもらうなど、いつでもお客さんの側にいられるようにしています。

江面社長

他にも建て替えのときには、新居が完成するまでの間の仮住まいを探さなければなりませんよね。
しかし、仮住まいにまで気を回していては、楽しいはずの家づくりも疲れきってしまいます。
そこで、わたしは事務所の2階スペースを、仮住まいとして無償で提供させてもらっています。

仮住まい

スタッフ

仮住まいを見させていただきましたが、非常にきれいな状態ですね。
家づくりの全ての過程において、寄り添ってご相談に乗ってもらえる工務店さんでしたら、お客さんも安心すると思います。

スタッフ

三江建設株式会社さんではどのような家づくりを手掛けられているのですか。

江面社長

お住まいへのご要望はお客さんによってまちまちですね。
ただ最近では、ご高齢のお客さんからご相談を受けることが多くなりました。
ですから、ご高齢の方であっても、住みやすいと感じられる工夫をご提案しています。

スタッフ

高齢の方ならではのお悩みもあるのでしょうね。
実際はどのような工夫をされているのですか。

江面社長

日々の生活を送る中で、できるだけご負担が少なくなるように気を配っています。
例えば、デザインばかりに気を取られ、高い位置に大きなガラス窓を取り付けてしまうと、高齢の方はハシゴを立てて掃除などできません。
しかし、階下で暮らす高齢の方だって、ずっと薄暗い空間にいたら気が滅入ってしまうと思います。
それなら、天井から階下まで光が入り込む構造にすれば、安全に、そして明るく生活できますよね。

スタッフ

お客さんの未来の生活にまで想像を膨らませながら、お住まいの形を考えられているのですね。

スタッフ

それでは最後に、お客さんに向けてメッセージをいただけますか。

江面社長

お住まいを建てられた後に、「失敗した」と後悔してほしくないですね。
そうならないためにも、新居の間取りをお考えのときには、今お持ちの家具などを置くスペースを考えるようにしてください。

まとめ

三江建設株式会社

初めての家づくりでも、なんでも相談できるパートナーがいれば安心ですよね。
三江建設株式会社さんではどんなに些細なお悩みでも見逃さない、お客さんに寄り添う真心がありました。

会社名 三江建設株式会社
代表者名 江面次男
住所 〒174-0064
東京都板橋区中台1-29-9
電話番号 03-3932-6261
公式HP http://www.mitue-kk.co.jp/
営業時間 8:00~18:00
※日曜日は、定休日になります。
主な業務 建築施工、施工管理、リフォーム
対応エリア 東京都板橋区・練馬区、埼玉県和光市