m·style一級建築士事務所

茂垣 直樹さん

茨城県つくば市を拠点に、全国エリア新築やリフォームを手掛けるm·style一級建築士事務所さん。

そんなm·style一級建築士事務所の代表、茂垣(もがき)さんは、「お客様の想いをしっかりと形にしたい」との想いから、お客様の想いや要望を具体化しながら、お客様の理想イメージを的確に把握することを大切にされています。

この記事では、茂垣さんが住宅を手掛けるうえで大切にされている想いをご紹介します。
ぜひご覧ください。

お客様の想いを的確に把握し、家づくりの方向性を安定させる

住宅の外観

住宅の室内

こちらは、茂垣さんが手掛けられた『I-house』
外の自然な風景をいつでも感じられるように、眺望や風通し、採光を考えた開放的なつくりとなっています。

スタッフ

茂垣さんが、住宅を手掛けるうえで大切にしていることは何でしょうか。

茂垣 直樹さん

私は、お客様の想いや要望をめいっぱい出したうえでプランを決めるからこそ、お客様にとって満足感のある家に仕上がると思っています。
しかしながらお客様の中には、要望を伝えることに抵抗がある方や、「きっとこれは実現できないだろう」と想いに蓋をしてしまう方が少なからずいらっしゃると思うのです。
そのため、お客様とのコミュニケーションを密に取り、「想いや要望を伝えやすい雰囲気」をつくることを心がけています。

スタッフ

茂垣さんは「お客様の要望を第一とした設計」をされているのですね。

茂垣 直樹さん

また、そのうえで私とお客様の考える方向性にズレが生じないようにもしています。
なぜなら、価値観や考え方は人それぞれなので、お客様の持っている価値観や考え方を最初から見通せるとは限らないからです。
家が完成したときに「想像していたものと違う」とお客様に後悔してほしくはないので、できるだけ打ち合わせの段階で大まかな方向性を定めたいと思っています。

スタッフ

お客様の想いを優先されるからこそ、初めの段階で家づくりの方向性を安定させることが大事なのですね。

スタッフ

ちなみに、お客様とどのようなやり取りをしてプラン決めを行っているのでしょうか?

茂垣 直樹さん

お客様の理想に近いイメージをお互いに共有するようにしています。
私からは、お客様の想いや要望をお伺いしたうえで、それを具体化した家の模型遠近感のある家の絵を作成して見せたり、過去に手掛けた家の事例を見せたり。
お客様から理想のイメージに近いお写真やイラストを見せていただいたり。
こんなふうに、言葉で伝え合うことに加えて、具体的なイメージを目視で共有し合うことを大切にしています。

スタッフ

言葉だけで相手の考えていることを読み取るのは難しいですからね。
形として具体化したものを目で見ながらお話しできるのであれば、安心して家づくりを進められそうです。

茂垣 直樹さん

「色々な要望を1つ1つ建物に反映していく」ことが家づくりの楽しみでもあるので、たくさんのお客様にそれを味わってほしいと思っています。

「自邸(MY-house)」をモデルハウスにする理由

茂垣 直樹さん

スタッフ

茂垣さんが今まで手掛けられた住宅の中で、印象に残っている住宅はありますか?

茂垣 直樹さん

はい、良くも悪くも思い入れがあるのは、『自邸(MY-house)』です(笑)。
私は、独立する前まで住宅設計の経験が少なかったこともあり、「使い勝手」「暮らしやすさ」を深く考えずに自分の家を建ててしまったんです。
そのため、いろいろな部分で使い勝手があまり良くありません(笑)。

MY-house

MY-house

こちらが、茂垣さんの自邸『MY-house』
各室に大きな窓を設け、一日中光が差込むお家となっています

スタッフ

とてもお洒落なお家ですね!
一体どんなところが気になるのですか?

茂垣 直樹さん

木材を使った外壁や軒裏は、経年によって色褪せてきて塗り替えが大変だったり……。
コンクリートを施した床は、お皿が割れやすいうえに子どもが転んだときに危なかったり……。
自分のこだわりを盛り込んだにも関わらず、住んでみた後にこうすれば良かったと思う部分がたくさんありました。

茂垣 直樹さん

ですが、色々体験できたからこそ、自分の家をモデルハウスとしてお客様に見ていただくようにしています。
色々な部分で「自分が生活して感じた良かったことや後悔したこと」をリアルに伝えることができているので、今ではいい家だなと思っています(笑)。

スタッフ

茂垣さん自身が住まい手として感じた「住み心地」は、これからお家を建てる方にとって参考になりそうですね。

茂垣 直樹さん

どんな家も、自分なりに工夫して住み心地の良いお家に育てていくことが、「生活するうえでの楽しみ」だと思います。
もちろん、後悔のない家づくりをすることは大事なのですが、住んだ後に生活スタイルの変化に合わせて、「自分たちで家を育てていく楽しさ」もお客様に味わってほしいなと思います。

エンジョイ!な生活を送ってほしい

住宅の外観

住宅の室内

こちらは、茂垣さんが手掛けられた『E-house』
リビングの大きな窓から美しい緑が楽しめます。
天井や床からは木の温かみを感じられるため、自然を思う存分味わえる空間となっています。

スタッフ

茂垣さんが手掛けたお家で、お客様にどんな生活を送ってもらいたいですか?

茂垣 直樹さん

楽しく!エンジョイ!な生活を送っていただければ嬉しいです。
しかしそのためには、家が住みやすい状態であることが前提だと私は考えています。
家に不具合が生じると、それが住む人にとってストレスの原因になってしまうと思うので、お客様が楽しく生活を送るためのサポートは建てた後もしっかり対応していきたいと思っています。

スタッフ

最後に、これから新築を建てる方に向けてメッセージをお願いいたします。

茂垣 直樹さん

お客様自身が「実現するのは難しいだろう」と考えていることは、工夫次第で意外と実現できることが多いです。
そのため、本当に叶えたい理想を諦めてしまう前に、まずは自分の想いや理想を言葉に出してみてほしいです。

茂垣 直樹さん

また、いろんな写真や情報が溢れている時代なので、自分の理想イメージに近いデザインや材料などは見つけやすいかと思います。
しかしそれを実際に自分の家に反映してみると、思った通りの仕上がりにならなかったり、使いにくいと感じてしまったりするかもしれません。
私はお客様の要望をお聞きしながらも、建築のプロとして、さまざまなメリットやデメリットを交えたアドバイスをさせていただいています。
後悔のない家づくりを一緒にしていければ嬉しいです。

値段感と坪単価

坪単価:70万円〜100万円

まとめ

m·styleのオフィス内

こちらは、m·style一級建築士事務所さんのお洒落なオフィス内です。
リラックスしながら打ち合わせができそうですね。

茂垣さんはお話しのしやすいお人柄だったため、終始心地よい雰囲気でお話をすることができました。
そんなお人柄だからこそ、お客様と同じ方向を見つめながらも、建築のプロとしてのアドバイスを正しく伝えられるのだなと感じました。

「相談のしやすい人と家づくりをしたい」
「言葉だけで家のイメージを共有することに不安を感じる」
そんなふうにお考えの方は、ぜひ茂垣さんとともに楽しい家づくりを叶えてみてはいかがでしょうか。

茂垣さんと大高さん

m·style一級建築士事務所の茂垣さん(左)と、大高さん(右)
「笑顔でお待ちしております」

会社名 m·style一級建築士事務所
代表者名 茂垣 直樹
住所 〒305-0051
茨城県つくば市二の宮2-5-1吉春ビルIII403
電話番号 029-896-5222
公式HP https://m-style-arc.com
営業時間 9:00~18:00
定休日:土日(連絡があれば対応可)
主な業務 建築物に関わる企画、設計監理
(新築、改修工事、リフォーム、リノベーション等)
対応エリア 全国エリア