中川龍吾建築設計事務所

一般的に、家を建てる際にはハウスメーカーや工務店のみを利用する方が多いです。
しかし、家の設計を専門的に扱う設計士さんに依頼をすると、よりデザイン性に優れた理想のお家を設計してもらえます。

中でも、中川龍吾建築設計事務所さんは、綿密な打ち合わせ家族全員のヒアリングを欠かさないことで、建て主さんの立場を重視した理想の家を設計してきました。

また、他の設計事務所とは異なり、設計図を書いた後でも工事現場での監理を自ら行い、工事や建物の品質を徹底して保証してくれます。

なぜ、そこまでの熱意を持って設計を行えるのか。
本記事では、中川龍吾建築設計事務所の中川社長のインタビューをもとに、他の設計事務所とは一味違う品質保証のこだわりや、入念なヒアリングの方法などをご紹介していきます。

ハウスメーカーとは違う、設計事務所の魅力とは

仕事風景

スタッフ

ハウスメーカーさんなどの設計と違う部分はありますか?

中川社長

もちろん、ハウスメーカーでも設計はできますが、あくまで大衆向けな設計が多いです。大衆向けは無難に受け入れられますが、その人個人にとって最適とは限らないんですね。一生に一度のお買い物ですし、設計の専門家にお願いしたいと思う方は多いですよ。

スタッフ

たしかに、専門家の目線から設計して頂けるのは嬉しいですね。住宅の設計で、心がけていることはありますか?

中川社長

設計士の仕事は、「建て主さんの満足度をどれだけ上げられるか」にかかっています。どこに頼むよりも良い家だって言って頂けるのが理想ですね。お客様個人にとって最高の家を設計できるように心がけていますよ。

スタッフ

設計事務所を立ち上げられたきっかけは何ですか?

中川社長

業界に入った時から、40歳になるまでには独立したいと思っていたんです。前職では別の設計事務所で現場での監理や設計の経験を積み、39歳で独立に至りました。

スタッフ

滑り込みでの独立だったのですね。なぜ40歳までと決めていたのですか?

中川社長

この業界では、40歳を過ぎると独立がしにくいのが一般的です。役職も付いてきますし、体力や気力も若い頃のようにはいきませんので。私の場合、ちょうど国立西洋美術館で増築と免震化の仕事が完了したのが39歳だったんです。ちなみに、美術館の仕事は完了まで6年かかりました。
免震化とは?
建物が地震の影響をなるべく受けないようにする作業のこと。
公共工事の場合、中川社長のように何年も掛かることもある。

現場での監理経験を活かした、徹底的な品質の保証

品質管理

築後70年以上の建物のリフォーム現場にて

スタッフ

建て主さんの理想を実現するために、こだわっている事はありますか?

中川社長

建物の品質には力を入れていますよ。設計士は、設計図を書いたらあとは現場に任せることが多いのですが、私は「家を完成させて引き渡すまで」が設計士の仕事だと思っています。なので、設計図を書いた工事では、私が責任を持って設計監理を行っています。

スタッフ

設計監理とは具体的にどのようなものですか?

中川社長

お見積りの段階から、工事内容や金額が適正かをチェックします。そして、工事の各段階でも手抜きの工事をしていないかなどを厳しく精査します。工事の段階ごとにチェックすることで、品質の担保だけでなく、工事に関するトラブルも防げるんです。
どれだけ良い設計をしても、建物の品質が悪かったら台無しになってしまいますから。なので、私は第三者の目線で適正な監理を心がけています。

スタッフ

前職で現場の監理経験を積んだ、中川社長だからこそ出来る強みですね。

中川社長

経験も活かしていますが、小さい事務所なのでフットワークが軽いのも強みですね。何かあっても迅速に対応できるのは、この事務所ならではだと思いますよ。

「明るくて風通しの良い家」を実現する独自の方法

パンフレット

スタッフ

建て主さんからは、どんな要望が多いのですか?

中川社長

9割近い建て主さんから、まず最初に「明るくて風通しの良い家にしたい」と言われますね。なので、まずは日当たりと風通しの良さを重点に置いてます。実は、他の設計士さんはあまりやられていない方法で、太陽の光を取り入れてるんですよ。

スタッフ

あまりやられていない方法ですか、気になりますね。

中川社長

普通、日当たりを良くしたい時は「方角」を意識されると思うんです。でも、住宅街などでは家に囲まれて、どの方角でも日当たりが悪くなってしまう土地もありますよね?

スタッフ

確かにそうですね。特に東京だとそういった土地も多いと思います。

中川社長

でも、「空」からは光が入るんですよ。つまり、家の屋根面から光を取り入れる方法です。吹き抜けの上部に窓を設けて採光を図ります。特に家の真ん中から光を入れることで、家全体が明るくなります。
完成見学会

実際の完成見学会の様子

スタッフ

立地に関係なく自然の光が入るのは嬉しいですね!

中川社長

家の真ん中から1階まで光が入る仕掛けを作った家は、換気もしやすくなります。空気は下から上に巡りますからね。小さくても良いので、家の中心に吹き抜けを作ると、日当たりと風通しの要望を同時に叶えられるんです。
吹き抜けとは?
床を設けずに、1階部分と2階部分が連続した空間のこと

綿密なヒアリングで、家族全員が住みやすい家を実現

家の仕組み

スタッフ

他にはどんな建て主さんが多いですか?

中川社長

2世帯住宅の建て主さんが多いですね。体感では全体の3割くらいです。

スタッフ

そういえば、中川社長も2世帯住宅で生活されていたそうですね。

中川社長

そうですね。2世帯住宅で1番大切なのは「親子関係をどう考えるか」なんです。女性側の親御さんと暮らす場合はまだ良いのですが、男性側の親御さんと暮らす場合は、一層デリケートな問題になります。

スタッフ

いわゆる「嫁・姑」の関係ですね。

中川社長

2世帯住宅を設計する時は、家族全員の意見を取り入れたいと思っています。お嫁さんの立場だと発言しにくいケースもあると思いますので、私は家族のみなさんと1対1で意見交換をしています。
もちろん、後で「〇〇さんがこう言っていた」なんて言いませんよ。みなさんの意見を聞いた上で、あくまでプロの目線からご提案させて頂きます。

スタッフ

家族全員が公平に発言できて、角を立たせず設計に取り入れてるんですね。

中川社長

やっぱり、どんな家族構成であっても家族全員が住みやすい家が理想です。そのためには、みなさんからのヒアリングは欠かせないですね。家族間でのいざこざを起こさずに、住みやすい家を設計したいです。

目指すのは町のホームドクター

無料相談

スタッフ

設計に関する無料相談も行っていると伺いました。

中川社長

はい、事務所のホームページからお申し込みいただければ、無料相談も受け付けています。ただ、設計事務所に相談に来るのは、かなりハードルが高いと感じている方が多いんですよ。

スタッフ

そうですね。私もハードルが高いように思えます。

中川社長

私としては、もっと気軽に来て頂きたいんです。それこそ、「家ってどう建てたら良いの?」「家の設計で大切なことは?」などの本当に初歩的な質問や相談でも気軽に来てほしいと思います。イメージとしては、大学の総合病院ではなくて「町のホームドクター」に近いです。

スタッフ

ほとんどイメージできていない状態でも、相談に来て良いんですね。

中川社長

もちろんです。おそらく、建て主さんの中には「売り込みや営業」を心配している方も多いと思います。確かに、大手ハウスメーカーの説明会に行くと、いきなり営業をかけられることもありますからね。

スタッフ

無料相談では、売り込みや営業は無いのですか?

中川社長

一切ありません。あくまで建て主さんが理想の家を設計するためのご相談をさせて頂きます。もちろん、最終的にうちの事務所を選んでくださったら嬉しいですが、半分はボランティアのような形です。
記載して頂く個人情報も、やり取りのための名前とメールアドレスだけで構いません。

スタッフ

相談する方にとって、安心できる環境なのですね。

中川社長

あとは、無料相談とは別に「セカンドオピニオン」のサービスも行っています。ハウスメーカーや別の設計事務所で提案された設計や内容に納得のいかない方が、第三者の目線から助言や新しい提案を受けられるサービスです。最終的に判断がしやすいように、様々な角度から前案の利点や欠点、改善案や別案を提示させて頂きます。
無料相談もセカンドオピニオンサービスも、気軽にお申し込みいただければと思います。
→無料相談、セカンドオピニオンのお問い合わせはこちら

口コミ、評判

中川龍吾建築設計事務所さんの口コミを見ると、建て主さん側の要望をしっかり実現できている所が高評価でした。
設計時の誠実かつ念入りな打ち合わせと、高水準な品質保証が為せる技なのかもしれませんね。

完成後はご近所の方々が口々に「良い家ですね~」のお言葉を頂きます。

私共の希望と中川龍吾建築家との摺り合わせにかなりの時間を割いて頂き、また何度も納得のいくメールのやり取りでしっかりとした出来栄えの良い家造りが出来たと思います、やはり自分の希望を叶えて頂ける良い建築家と出会えた事が最初の一歩だと思います。 特に灯り取りと陰影のバランス、格子の使い方など大変気に入ってます。

収納もたくさんあり、とても住みやすい素敵な家になりました。

最後は、自然素材をつかったこだわりの家に住みたい。との父の要望で、中川先生にお世話になることになりました。玄関は共同で、しかも2世帯で、好みのテイストもちがったのですが、違和感なく1Fと2Fをまとめてくださいました。だいぶいろいろと希望を申し上げましたが、どれも満足できるような対応をしてくださりうれしく思っています。

明るく開放的で気持ちの良い生活を送らせて頂いております。

お陰様で新しい家はとても快適で、昔の家を思うと不思議なくらい明るく開放的で気持ちの良い生活を送らせて頂いております。
1階の和室のガラス天井は、夜などは月あかりの様で電気を点けなくてもOKです。
外構の枕木は、いらっしゃる人達に大好評で、これも中川先生に感謝です。

お陰様で今冬も暖かく快適な生活を送っております。

早いもので我が家も5年が経過しました。
暑い季節にはトップライトの効果は満点です。感謝しております。

引用:中川龍吾建築設計事務所 レビュー|houzz
引用:中川龍吾建築設計事務所へのご評価(レビュー)|中川龍吾建築設計事務所

まとめ

中川龍吾建築設計事務所さんでは、徹底した品質保証と、建て主さんにとことん寄り添った打ち合わせにより、理想の設計を実現させていました。

「建物を受け渡すまでが設計士の仕事」をポリシーに、工事中も独自の視点で設計監理をしてくれる設計事務所は、建て主さんにとっては大変貴重です。

一生に一度のお買い物で、家族の理想をしっかり実現させたい方は、ぜひ一度無料相談に足を運んでみてはいかがでしょうか。

会社名 一級建築士事務所 中川龍吾建築設計事務所
代表者名 中川 龍吾
住所 〒177-0053
東京都練馬区関町南4-8-13
電話番号 03-3929-7684
公式HP https://www.atelier-n.com/
営業時間 9:30~19:30
主な業務 戸建住宅、2世帯・多世帯住宅等の設計監理
セカンドオピニオンサービス
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県、山梨県
セカンドオピニオンは全国対応