なかの一級建築士事務所

建築における格言のひとつに「住宅は3回建てないと理想の家にはならない」という言葉があります。
これは、「住宅の不満や過ごしにくさは住んでみないと分からない」という意味で、住宅づくりに『ここはもっとこうしたら良かったかな』という思いはつきものだということです。

なかの一級建築士事務所の代表である中野健さんは、「『ここはもっとこうしたら良かったかな』の部分を補って余りあるほど、魅力的な住宅を造りたい」と仰っており、家づくりの常識を踏まえた上で、魅力的な工夫をたくさん盛り込んだ設計をしてくれます。

本記事では、そんな中野さんに伺ったインタビューをもとに、中野さんの家づくりのこだわりや素敵な作品たちをご紹介します。

新築を建てたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

「デザインの仕事がしたい」という気持ちが原点

イラスト

中野さんが描かれた年賀状。
精巧さもさることながら、ユーモアに溢れている素敵なイラストです。

スタッフ

中野さんが建築家を目指されたきっかけは何ですか?

中野さん

昔から絵を描くことが得意だったので、「デザインの仕事がしたい」と思ったのがきっかけでしたね。建築のデザインだけではなく、広告や商業グラフィックなどの2次元的なデザインにも強い興味を持っていました。

中野さん

そのため、大学の建築学科へ進学してからも、デザインの専門学校へ通っていました。昼は大学で講義を受けて、夜は専門学校で勉強をする日々でしたね。

スタッフ

いわゆるダブルスクールですね。昼も夜も学校へ行くとなると、体力的に大変だったのではないですか?

中野さん

少し大変でしたけど、2次元的なデザインを学ぶことに諦めがつかなかったので、頑張っていました。結局、美術の道には進みませんでしたけど、今ではパースを手描きで作成したりするので、専門学校で学んだことは役に立っていると思いますよ。
手描きのパース


手描きのパース 中野さんが手描きで作られたパース。温かみのあるタッチが素敵です。

スタッフ

味わい深いと言いますか、温かみのあるパースですね。
お客様からの評判も良いのではないですか?

中野さん

イメージが掴みやすい」とよく喜んでいただけます。
コンピューターで見取り図を作りますが、手書きは味があって良いですね。お客さんにも理解されやすいです。

スタッフ

中野さんのパースを見ていると本当にそう思います。自由なアングルから描いていけるので、イメージが掴みやすいですね。

住宅に楽しみをひとつでも多く設計したい

施工例

スタッフ

中野さんが設計をする際に、こだわっていることはありますか?

中野さん

ご家族それぞれが考えていることを、引き出していって「共有」することです。同じ家族でもご要望は一人ひとり違いますから、住まい手の優先順位を踏まえながらご提案していくことが大切です。

中野さん

あとは、周囲の環境と合わせて設計することも大切です。自分の敷地内だけで家づくりを考えるのは、少しもったいないんですよ。
借景など、周囲の環境から取り入れられるものもありますから。1年や2年で引っ越すわけではないので、そういった楽しみは多いほうが飽きないじゃないですか。色々な楽しみを用意して、愛着を持てるようなお家を造りたいですね。
借景(しゃっけい)とは
住宅の設計において、周囲の景色を前提とした見せ方をすること。例えば庭から富士山が見える場合には、富士山の景色と合わせて庭をデザインしていきます。

スタッフ

愛着の持てるお家は良いですね!実際のお客様から「家のココが気に入っている」と言われたことはありますか?

中野さん

そうですね……木製のフェンスを設えたお家があるのですが、「雨が降ると木のフェンスから、雫が滴ってとても綺麗」と言われた時は、本当に嬉しかったです。何気ない生活の一部を楽しんでもらえるのが、建築家の本望ですね。
うちとそと

木のフェンスを設えたお家。作品名は「うちとそと」

スタッフ

雨さえも楽しめるって素敵ですね。ハイスペックな機能や設備も良いですが、こういった生活の楽しみがひとつでも増えると良いですよね。

良い建築には良いチームワークがつきもの

施工例

スタッフ

家づくりをする上で特に大切にされていることは何ですか?

中野さん

住まい手とつくり手の関係性、特にお客さんと現場の関係性を良好に保つことですね。
私とお客さん、工務店さんの皆で一緒に家づくりをしていくので、この三者の関係性は大切にしたいと思っています。

スタッフ

建築はチームワークが大事、ということですね。

中野さん

そのとおりです。建設の現場がハッピーだと、絶対に良い建物が出来るんですよ。
職人さんたちが「疲れた~」という気持ちで嫌々造っていたら、やっぱり良い建物が出来ないんですよね。

中野さん

職人さんがお客さんと仲良くなれば、「あの人のために頑張ろう」という気持ちが自然と湧いてきます。
そして、お客さんも現場を見たり話をしたりして「職人さんってすごいんだな」と思っていただけたら、なお良いです。お互いがリスペクトしあえるような関係性を作るのが理想ですよね。

スタッフ

素敵なお考えですね。確かに、一緒に仕事をする人同士がギスギスしていたら、良い仕事はできませんからね。
ちなみに、お客様と中野さんの関係性も良好なのですか?

中野さん

家を建てたら一生のお付き合いになりますので、自然と親密になりますね
例えば、毎年足立区の花火大会を一緒に見ようと、以前設計したお客さんのお宅にお呼ばれするんですよ。綺麗に花火が見える特等席を用意していただいて、感謝しています。
花火大会

足立区の花火大会の様子

中野さん

花火大会の時はお客さんの親戚も集まるので、自然と身内の話になるんです。
普通そういう時、私は話に参加できなさそうじゃないですか。でも私は、その身内話がちゃんと分かるんですよ(笑)。
それくらい親密なお付き合いをさせていただいています。

スタッフ

おそらくお客様も、中野さんのことは親族同然だと思っているのでしょうね。こうやってつくり手の方と親密になれるのも、建築家さんへ依頼をする魅力のひとつですよね。

お客さんを喜ばせるために、愛着を湧かせる住宅づくりを

中野さん 模型

スタッフ

中野さんにとって、住宅設計のやりがいって何ですか?

中野さん

お客さんに喜んでもらえること」。この一点に尽きますね。

中野さん

私が思うに、お客さんが『ここはもっとこうしたら良かったかな』という部分ってゼロじゃないんですよ。それは誰が設計したとしても、多かれ少なかれ出てきます。

中野さん

なので、それを補って余りあるほど、良い部分を設計していくことが大切だと思っています。魅力的なところを沢山作って、満足度を高めていきたいですね。
それに、家に好きな部分がたくさんあれば自然と愛着が湧いていきますから。

スタッフ

あばたもえくぼ、なんて言いますもんね。お客さんの満足度を高めた上で、愛着を持てるように設計してもらえるのは嬉しいです。家づくりでお困り、お悩みの方はぜひ中野さんを頼ってほしいですね。

値段感と坪単価

坪単価:75万円~

まとめ

中野さん

中野さんは、住まわれる方にひとつでも多くの喜びや楽しみを提供するために、住宅設計をされています。

日常の何気ない出来事が楽しみに変わり、自然と愛着が湧いてくるお家を設計してほしい方は、ぜひなかの一級建築士事務所さんへご相談ください。

会社名 なかの一級建築士事務所
代表者名 中野 健
住所 〒156-0044
東京都世田谷区赤堤3-27-17-203
電話番号 03-6303-0660
公式HP http://www.na-ka-no.com
営業時間 9:00~18:00
主な業務 住宅の設計、監理、インスペクション
対応エリア 東京、千葉、神奈川、埼玉