nico設計室

家づくりを初めて経験する方にとって、「自分の想いや理想を正確に設計者へ伝える」ことは簡単ではありません。

そんな声が多い中、nico設計室さんの代表である本橋さんは、建て主様のご要望を聞きながら、その場で家の間取りやお部屋の空間を手描きしてプランを提案してくれます。
具体化されたイメージを見ながら自分の想いや理想を伝えられるため、つくり手と住まい手の間で共通認識を持つことができるのです。

そして、本橋さんの手掛ける「住む人の想いを形にした住まい」は、あなたの「好きなもの」に馴染む空間となり、どんなときでも心地よさを感じることができます。

この記事では、そんな本橋さんが住宅を手掛けるうえで大切にしている想いをご紹介いたします。
ぜひご覧ください。

家づくりのベースは、住む人の「好き」に馴染むシンプルなデザイン

本橋さんが手掛けた住宅の外観

本橋さんが手掛けた住宅のガレージ

こちらは、車好きの建て主様のために手掛けられた、「所沢・山口の家」です。
ガラスケースの中には、たくさんのミニカーが飾られています。

スタッフ

本橋さんが、住宅設計を手掛けるうえで大切にしていることは何でしょうか。

本橋 裕基さん

建て主様に永く住んでいただける家を手掛けるために、気取らない、そして暮らしの心地よさに重点を置いたデザインを施すことを大切にしています。
そのため、デザイン重視の華美な建物ではなく、極力シンプルなデザインに仕上げるようにしています。

スタッフ

シンプルなデザインだからこそ、心地よさを感じていただけるということですか。

本橋 裕基さん

私は、住む人の価値観や考え方はいずれ変わるかもしれない、と考えています。そのため、どんな時でも建て主様の好きな色やモノに馴染む家にしてあげたいのです。

本橋 裕基さん

スタッフ

なるほど、お家のデザインがシンプルだからこそ、どんなインテリアやモノとでも相性が良いのですね。その時その時の自分の好きなものを受け入れてくれる家であれば、いつでも心地よさを感じられそうです。

スタッフ

本橋さんが「暮らしの心地よさ」に重きを置くようになったのはなぜでしょうか?

本橋 裕基さん

住宅を手掛けるようになった理由でもあるのですが、店舗デザインの会社に勤めていたときに、自分がしていた仕事に違和感があったからです。
私は住宅を手掛ける前までは、店舗デザインを手掛ける会社で、百貨店のショーウィンドウづくりの設計と施工監理をしていました。
イベントやシーズン毎にデザインを新しいものに変えていくので、最新の流行に触れられて、とても刺激のある毎日でした。

本橋 裕基さん

しかし仕事をしているうちに、「作ったものをすぐに壊さなければいけない」「建物を利用する人たちの反応が見れない」ことに対して機械的な印象を覚えたのです。
そして、「自分がやりたい建築とは何か」を改めて考えてみたときに、「お客様と共に、お客様のための永らく住まえる住宅を手掛けたい」と思うようになりました。

スタッフ

建築を手掛けるうえでのやりがいは、「住む人が永い期間暮らすための場所である住宅」にあると感じたのですね。

本橋 裕基さん

そうですね、今では建て主様の想いを形にしたときに、建て主様に喜んでくれることが一番のやりがいです。
「自然とリビングに家族が集まり、皆が心地よいねと思える、そんな住まい」をこれからも手掛けていきたいですね。

要望を聞き取りしながら、その場でプランを描いていく

本橋さんが手掛けた住宅の外観

本橋さんが手掛けた住宅の内観

次にご紹介する本橋さんの住宅事例は、「飯能美杉台の家」です。
木の温かみがダイレクトに感じられそうなリビングですね。

スタッフ

では実際に、建て主様とどんなやり取りをしながら住宅設計をされているのですか?

本橋 裕基さん

ご要望をお伺いしながら、その場で家の間取りやお部屋などのイラストを描いてご提案しています。
私は、建て主様と対話を重ねていくことで、建て主様の希望する空間に近づけられると考えています。
そのため、自分のアイディアを一方的に伝えるのではなく、「ここはこんなふうにできる?」「こんなのはどう?」とお互いにやり取りをしながら一緒にプランを考えていくことを大切にしています。

スタッフ

手描きでイラストや間取り図を描かれているのですか!
家のイラスト
家のイラスト

こちらが、「本橋さんが手描きした家のイラスト」たちです。

スタッフ

色がついているうえに、家具までもが描かれているので、設計図よりも臨場感があって家のイメージが想像しやすいです。

本橋 裕基さん

ありがとうございます。
また、手描きであれば、その場で線を消したり描き足したりして、プランの変更を容易にできるので、臨場感であったり、お互い意思疎通のある、内容の濃い打ち合わせを効率よく実現できていると思います。

スタッフ

ちなみに、その場で手描きしながらプランを提案するようになったきっかけは何だったのですか?

本橋 裕基さん

尊敬している先輩に影響を受けたことがきっかけです。
以前、先輩と私と建て主様の3人で打ち合わせをしたときに、先輩が手描きのイラストを使って建て主様にプランの提案をしていたんです。

本橋 裕基さん

それを間近で見た瞬間、私自身感動しまして。
それと同時に、その建て主様も大変喜ばれていたので、「一番良いプレゼン方法はこれだ!」と確信し、私も挑戦するようになりました。
本橋 裕基さん

写真やイラストを用いながら、本橋さんが過去に手掛けた住宅を丁寧に説明してくださいました。

スタッフ

間近で建て主様が喜んでいる姿を見たからこそ、その設計スタイルで住宅を手掛けるようになったのですね。

施工者とタッグを組み、予算と素材のバランスを意識する

スタッフ

本橋さんが手掛ける、住宅の特徴を教えてください。

本橋 裕基さん

内装に関しては、杉や桧といった無垢の木をはじめ、漆喰や珪藻土といった自然素材をなるべく使いたいと思っています。
しかし、自然素材は既製品よりも高価なものが多いです。
そのため、工務店さんの知恵をいただきながら、予算と素材のバランスが取れたプランを提案するようにしています。

スタッフ

本橋さんは、施工者である工務店さんとタッグを組んで家づくりをされているのですか。

本橋 裕基さん

なぜなら、独立前に勤めていた設計事務所で、私が現場監督として家づくりに携わっていたときに、職人さんの知恵のおかげで、当初のプランよりも良い仕上がりになることが多々あったからです。
そのため、予算の範囲内で質の高い家に仕上げるためには、現場に詳しい工務店さんの力が必要だと考えています。
本橋 裕基さん

スタッフ

現場での経験を積まれてきたからこそ、最良の選択を見つけるためには職人さんのアイディアが重要であるとお気づきになったのですね。

本橋 裕基さん

また、最終的なプランを予算内におさめるために、建て主様におおよその金額を事前に把握してもらうことも重要だと考えています。
そのため、工務店さんから、設計の途中段階で概算の見積もりを出してもらうようにしています。

スタッフ

どのくらいの金額がかかるかを事前に把握できれば、プランの調整も早めにしやすそうですね。

スタッフ

最後に、これから新築を建てる方に向けて、家づくりのアドバイスをお願いいたします。

本橋 裕基さん

一緒に家づくりをした設計者や工務店とは、家が完成した後もお付き合いが続いていきます。
そのため、建て主様の要望や悩みを親身になって聞いてくれる設計者や工務店を選ぶことをおすすめします。
私は事務所の名前に「nico」とあるように、「笑顔になっていただく」ことをモットーに家づくりをしていますので、お気軽にご相談していただければ嬉しいです。

本橋さんが手掛けた住宅の外観

本橋さんが手掛けた住宅の内観

最後にご紹介するのは、「桶川・神明の家」です。
半分平家のような仕上がりなっており、生活の変化に柔軟に合わせられるお家となりました。

値段感と坪単価

坪単価:75万円

まとめ

予算などの制約を考慮しつつ、住む人の想いを大切にした住宅設計で、「いつでも心地よいお家」を本橋さんは手掛けてくれます。

「予算内で満足度の高い家を建てたい」
「リラックスできる空間を重視したい」
と思っている方にはぴったりな建築士さんです。

きっとniconico(ニコニコ)で楽しい家づくりが叶うでしょう。

nico設計室さんの自宅オフィス

中古マンションをリノベーションした、nico設計室さんのお洒落な自宅兼事務所です。

会社名 nico設計室
代表者名 本橋 裕基
住所 〒358-0011
埼玉県入間市下藤沢1062-1エステスクエアⅡ弐番館404
電話番号 04-2965-9012
公式HP http://nicodesignroom.jp
営業時間 8:30~18:00
定休日:日、祝日
主な業務 ■住宅・事務所等の設計・監理
■店舗デザイン(飲食店・美容室等)
■戸建て住宅やマンション等のリノベーション
対応エリア 事務所から約1時間半圏内