日清建設株式会社

日清建設株式会社さんは、地元川越に根を下ろし、約60年も建築に携わってきた老舗の建設会社さん。
そんな日清建設さんが守り続けているのは、「まじめ」ひとすじという信念です。

お客様や協力会社、仕事に対して嘘を付かないその姿勢が、多くの人々から長く愛され続けてきた理由なのかもしれません。

今回は、日清建設さんの代表取締役である宇佐美勲さんにインタビューを伺ってきました。
建設の依頼をお考えの方へ、お客様と建物にどこまでも真摯に向き合う日清建設さんの魅力ををご紹介します。

いつでも身近にあった建築という仕事

宇佐美社長

スタッフ

日清建設さんはいつごろ創業されたのですか?

宇佐美さん

創業は昭和36年で、もう60年になりますね。日清建設は父が興した会社でして、私はその2代目です。

スタッフ

昭和36年創業ですか!とても長い歴史があるのですね。お父様から、会社を興された理由やきっかけなどは伺っていますか?

宇佐美さん

父は元々大手の建設会社に勤める技術者で、いつかは独立しようと考えていたそうです。
お付き合いのある方や地元の方々のご支援やご協力があって、ここ川越で独立できたと聞いています。

スタッフ

当時からずっと川越に根付いてこられたのですね。宇佐美さんご自身は、いつごろから「建築の道に進もう」とお考えだったのですか?

宇佐美さん

子どもの頃から父の仕事を間近で見て育ったので、いつの間にか自然に建築の道を選んでいた、というのが正直なところです。
父は根っからの仕事人間で、私が起きたらもう仕事に行っていて、私が寝てから帰ってくるような生活を送っていました。
でも、日曜日だけはドライブに連れて行ってくれたんです。行き先は、建設現場でしたけどね(笑)。

スタッフ

現場周りのためのドライブだったのですね(笑)。

宇佐美さん

そうですね、それくらいずっと仕事に打ち込んでいました。こんな風に建設の現場を見ながら育ちましたので、自然と建築に対する興味は強くなっていました。今思えば、父は私の育て方が上手だったのでしょうね。

スタッフ

幼少の頃から建築が身近だった宇佐美さんが、実際に社長に就任された時はどんな想いだったのですか?

宇佐美さん

私は日清で働く社員の家族のことまで背負っている、という想いがありました。当時は30名以上の社員がいましたので、「私には200人以上の家族がいる」という想いで、判断を間違えないようにしなければと自分を戒めていました。

宇佐美さん

その気持ちは今でも変わっていなくて、最後はやっぱり「この会社で働けて良かった」と社員みんなに思ってもらうのが私の役割だと思っています。
まずは社員が心豊かで幸せじゃなかったら、地域への貢献なんてできませんからね。

スタッフ

働く人が気持ちよく働けない環境では、どうしても仕事の質も落ちてしまいますよね。宇佐美さんが社員の方々を大切にされているのが伝わります。

「まじめ」ひとすじ。全ての方へ真心と誠意を忘れずに

宇佐美社長

スタッフ

日清建設さんには、どんな特徴や強みがありますか?

宇佐美さん

日清建設には「『まじめ』ひとすじ。」というキャッチコピーがあり、それは末端の社員にまで浸透しています。
「日清建設に頼んで良かった」「日清建設と仕事をして良かった」と思われるような、お客様や地域から必要とされる会社を目指しています。
日清建設 リーフレット

キャッチコピーが印象的な、日清建設さんのリーフレット。

スタッフ

確かに、宇佐美さんのお人柄からも真面目さが伝わってきます。ですが、建築における「真面目さ」とはどういう意味なのでしょうか?

宇佐美さん

お客様や下請けの会社、そして仕事に対して嘘をつかないということですね。
たとえば、お客様に必要のない工事を勧めたり、工事中に欠陥や不具合を見つけても黙っていたり。そんなことは決してあってはいけません。

宇佐美さん

ですから、自社の利益だけを優先して「うちが儲かるからこうしよう」といった考えは全く持っていません。
たとえば施工中に、図面通りの指示では問題が出てしまうと思ったら、日清の利益に関わらず設計者に必ず相談します。
その結果「今からやり直すには予算が足りない」と言われたら、日清がその費用を負担することもあります

スタッフ

日清建設さんの利益にならないどころか、負担になるような提案までされるんですか!

宇佐美さん

もちろん何でも負担するのではなく、とことんお話合いをしますよ。ただ、その結果「本当にこれが費用の限界」となるようなら、日清が負担することもあります。日清が負担してもやった方が良いことであれば、積極的にやるようにしていますね。

スタッフ

そこまで親身になって考えてくれたら、お客様にとっては嬉しいですね。

宇佐美さん

むしろ、そういった姿勢がなくなったら日清建設ではないと思っています。
お客様にも下請けの会社さんにも「日清建設と仕事をしていてよかった」と思ってもらいたいので、このスタンスはずっと続けていこうと考えています。

宇佐美さん

また、我々は技術者として「建設のプロフェッショナル」でなければならないと思っています。
それは技術が高いという意味だけではなく、「本当にこの工事で大丈夫か」「後からどんな問題が起こり得るか」をしっかり予測、判断できるという意味です。
技術者として恥ずかしくない仕事をするように心がけています。

60年の技術力と真面目さが融合された建設

スタッフ

日清建設さんは、どのような建物の建設が得意なのですか?

宇佐美さん

日清が得意としているのは、創業依頼手掛けてきた鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物です。昔は鉄筋コンクリートを扱える会社自体が少なかったので、業界からも「鉄筋コンクリートなら日清」という評価を頂いていました。
日清で働く技術者たちも、どんどん知識と経験が付いていますから、今では誰が監督をしても建てることができます。
鉄筋コンクリート住宅

集合住宅や鉄筋コンクリート造の住宅を多く手掛けられているそうです。

スタッフ

昔から鉄筋コンクリート造に対応されていたなんて、並の技術ではできないと思います。
そんな日清建設さんが、これまでに手掛けた建物の中で印象に残っているものはありますか?

宇佐美さん

面白い構造という意味では、「いせや」という和菓子屋さんが印象に残っていますね。
天井部分は3mほどの角材を組みあわせて、アーチ状に支えているんです。
和菓子屋「いせや」

川越の大正浪漫夢通りにある和菓子屋「いせや」さん

いせや 店内

天井の内部はこんなにも複雑。

スタッフ

確かに独創的な構造ですね。

宇佐美さん

図面をもらった時に「本当に実現可能なのか?」と思うほど複雑な造りでした。
ですので、一度2m規模のもので仮組みを造ることにしたんです。その影響で、本来は2週間くらいで終わる工事が2ヶ月ほどかかりまして。大工さんも日清も試行錯誤しながら建設しましたので、印象に残っていますね。

スタッフ

いきなり建てずに試行錯誤を重ねていることからも、日清建設さんの真面目さが伺えます。技術力だけでなく、そういった姿勢が満足度を高める秘訣なのですね。

銀行

にっさい幼稚園

他にも銀行や幼稚園など、大型の建物も数多く手掛けられています。

施工した建物の主治医であれ。引き渡してからが本当のお付き合い

鉄筋コンクリート造

スタッフ

宇佐美さんにとって、建築のやりがいとは何ですか?

宇佐美さん

自分たちの仕事が形となって、地図に残っていくことですね。ただ、それはやりがいでもあり、責任でもあります。
私は、建物を引き渡してからが本当のお付き合いだと思っています。ですので、アフターメンテナンスには決して手を抜きません。

宇佐美さん

僭越ではあるのですが、建物を引き渡す時に「うちはこの建物の主治医だと思っています。何か不具合がありましたら、なんでも相談してくださいね」と伝えることがあります。
やはり、建てた人じゃないと分からない不具合というのはありますから、気軽に何でも相談してもらえる関係性を築いていきたいと考えています。

スタッフ

お施主様が気軽に相談できる場所があるというのは、ありがたいことですよね。

宇佐美さん

ただ、気軽に相談していただくためには信頼関係が不可欠です。
「相談したら工事を勧められるんじゃないか」「お金を取られるんじゃないか」と思われてしまったら、ダメですよね。
安心してご相談いただくためにも、やはり「まじめひとすじ」を貫きたいと思っています。

スタッフ

お施主様が何でも相談できるというのは、「まじめひとすじ」な日清建設さんだからこそなんですね。
ちなみに、実際にはどのようなご相談があるのですか?

宇佐美さん

分かりやすい例だと、「10年経ったから外壁の吹き替えをしなきゃいけないんじゃないか」というお客さんがいらっしゃいます。
この場合、吹き替えをオススメした方が会社の利益になるのですが、私たちは必ず現場を確認し、補修が必要か不必要かを嘘偽りなくお伝えします

宇佐美さん

なので、「長い目で見たら今工事するのは得策じゃありませんよ」「これはまだ工事しなくても大丈夫ですよ」といったことも数多くお伝えしてきました。
いち技術者の目線から、適切なアドバイスをするように心がけています。

スタッフ

アフターメンテナンスまで親身に相談に乗って頂けるのは、本当に安心できますね。建設の依頼をお考えの方は、ぜひ日清建設さんに相談してほしいと思います。
本日は、貴重なお話をありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:80万円~

平均的な坪単価は80万円ほど
建物の仕様によって坪単価は様々です。日清建設さんはRC造や鉄骨造も数多く手掛けられていますので、建物の構造による金額の差異もございます。

まとめ

宇佐美社長

日清建設さんは、仕事に関わる全ての人に対して、真摯かつ「まじめ」な対応をされています。

お客様に決して嘘を付かず、常に技術者目線から最善手を提案してくれるのは、簡単には真似できない強みだと感じました。

建てる前から建てた後まで、ずっと真摯にお付き合いしていきたい会社をお探しなら、ぜひ日清建設さんにご相談ください。

会社名 日清建設株式会社
代表者名 宇佐美 勲
住所 〒350-1115
埼玉県川越市野田町2丁目15番地
電話番号 049-243-3200
公式HP http://www.nissin-kensetu.jp/
営業時間 8:30~17:00
主な業務 総合建設業
対応エリア 埼玉県、東京都内(要相談)