小川貴之建築デザイン

笑顔でインタビューに応じる小川様

自分のこだわりを新築に取り入れたいのなら、土地探しも併せて建築家に相談してみるのがオススメです。建築家は建物を取り巻く環境も考えながら設計するので、立地を活かした理想の家づくりをしてもらえます。

小川貴之建築デザインさんは「特別な日常が訪れる空間」をお客様と一緒につくりたいと考えています。
代表である小川様は、長年にわたり美術館やホテル、駅舎などの大型施設を数多く手掛けてきました。特別な建物を設計するノウハウによって、お家のなかに非日常的な空間をつくり上げているのです。

新築を自分だけの特別な空間に仕上げてほしいとお考えなら、ぜひ小川貴之建築デザインさんをチェックしてください。

この記事では、代表の小川様にインタビューした内容をご紹介します。今の設計スタイルを確立するまでの経緯や、どのように非日常的な空間を実現しているのかについて、詳しく伺いしました。

クライアントの想いを実現する体験ができた下積み時代

小川様が手掛けたお家のベランダ

スタッフ

小川様はいつ独立されたのですか?

小川様

大学を卒業して、設計事務所に就職してから10年経ったのを機に独立しました。
前に勤めていた事務所の代表から、一人前に建築設計ができるようになるためには、10年間の下積み期間が必要だと言われていたからです。
一つの建物をつくるだけでも2、3年程度はかかるので、10年くらい経験しないと、しっかりとした設計はできません。

スタッフ

そうなんですね。
前の事務所では、どのような建物を手掛けていらっしゃったのですか?

小川様

ホテルや美術館といった、大型の施設が多かったですね。
最初の案件は田中康夫さんが長野県知事だったときの公共事業で、養護学校の監理を担当しました。設計だけで1年以上かかり、工事期間中の1年弱くらいは現地に常駐していましたね。
長野から東京に呼び戻されたあとは、文具メーカーの本社移転を担当しました。たった3ヶ月の間に、1000㎡のオフィスビルのフロアレイアウトや内装デザインの設計、家具の手配などを全部一人でこなす必要がありました。連日徹夜でしたよ。

スタッフ

就職されたときから大きな建物を手掛けていたのですね。
ちなみに、特に記憶に残っている依頼はありますか?

小川様

それなら山梨に建てた美術館の設計ですね。
八ヶ岳の裾野にある小淵沢町で、ポップアートの先駆者「キース・へリング」の作品を展示した美術館をつくる話が舞い込んだんです。
キース・へリングとは
キース・ヘリング(Keith Haring)は、1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト。ニューヨークの地下鉄で、広告板を使ったアートを行い一躍有名になりました。コミカルで誰もが楽しめる作風が特徴です。
参考 中村キース・へリング美術館キース・ヘリングについて

スタッフ

有名なアーティストですね。
なぜ強く印象が残っているのですか?

小川様

実は、完成後にこの建物が日本芸術院賞日本建築大賞など様々な賞を受賞したんです。
日本芸術院賞・日本建築大賞とは
日本芸術院賞とは、日本芸術院が会員以外で優れた芸術作品を制作した方などに送る賞。授賞式に天皇・皇后両陛下がお出ましになるほど、格式が高い賞です。
また日本建築大賞とは、JIA(日本建築家協会)から贈られる賞のなかの最優秀賞。1年につき1作品しか表彰されません。
参考 日本芸術院 参考 公益財団法人 日本建築家協会JIAの建築賞

小川様

設計監理をしていた当時はただひたすらに仕事をしていたので、終わってみてそれだけ特別な建物だったんだと思い知らされました。

スタッフ

建築家や芸術家の方から認められた建物に携わったということですね。
それは自信になりそうです。

小川様

実績だけではありません。
クライアントのリアルな想いを聞きながら、ゼロからカタチにしていく経験ができました。設計だけでなく、工事監理の大切さを身に染みて理解できたんです。

スタッフ

“工事監理”とは何でしょうか?

小川様

工事を図面や設計書などと見比べて、異なるところがないかチェックするんです。
私は建築士の資格を持っているので、工事監理が認められています。

スタッフ

小川様は一級建築士ですものね。
ちなみに工事監理によって、どのような経験が得られたのですか?

小川様

設計図を引くときには思い至らなかった部分があると気付かされましたね。
現場では、学生時代に学んだ知識だけではクライアントのイメージ通りにならないケースが多々あるんです。
そこで、工事業者さんと知恵を出し合いながら、より良い案を考えつづけました。工事技術だけで解決できる部分もあれば、解決できない部分もありましたね。貴重な経験でした。

スタッフ

工事業者さんの意見もうまく取り入れながら、課題を解決していったのですね。

旅行に出かけたような楽しみを日常空間にプラスする

設計資料と建築3Dモデルが並んだ本棚

スタッフ

独立されてからは、住宅を多く手掛けていると聞いています。
今は施設系の建物より住宅の方がメインなのですか?

小川様

住宅と施設系の建物で半々くらいなので、どちらもメインと言えますね。
多くの方から新築の依頼をいただいています。

スタッフ

住宅を設計するうえで、こだわりや得意としていることはありますか?

小川様

クライアントが日常を過ごす空間に特別感や非日常感を出せるよう、設計していますね。
建売やハウスメーカーの住宅と同じでは、建築家に依頼していただく意味がありません。プラスアルファの付加価値を提供することが必要です。

スタッフ

具体的には、どのようなご提案をされるのですか?

小川様

コンパクトなタイプのお家に中庭をつくったり、バルコニーやテラスを梁や壁で囲ってプライベートなアウトドア空間を演出したりしています。
照明などのインテリアも、空間を活かすツールとして大事ですね。

スタッフ

なるほど、確かに規格が決まっているハウスメーカーさんだと真似できそうにないですね。
いろいろな大型施設を手掛けてきた経験が活かされているのでしょうか?

小川様

それはありますね。前職でホテルを手掛けた経験が活きた例があります。
ちょうど独立したばかりのタイミングだったのですが、海の近くに土地を買って別荘を建てたいという依頼を受けました。
お客様は「ようやく見つけた土地なので、海を楽しめる、非日常を楽しめる空間にしたい」と仰られたんです。
建物の写真もありますよ。
海のそばにある別荘の内装

小川様が設計した別荘。道路を挟んだ向かい側に海が広がっています。

スタッフ

立派な建物、ぜいたくな空間ですね。
オーシャンビューにぴったりの内装ですし、ホテルに泊まったときのような非日常のワクワクが感じられそうです。

小川様

ちなみに、屋上キッチンでバーベキューが楽しめるようにもなっています。
お客様とのお付き合いは新築後も続いていて、今週末もバーベキューコンロを新調したいとご相談を受けました。

スタッフ

建築が終わったあとも、お客様からご相談があるのですね。

心地よさや景色の見え方まで計算して設計する

建築3Dモデル

スタッフ

新築後にお客様からいただいた感想のなかで、特に印象に残っているものはありますか?

小川様

「完成前は疑問に思っていたが、結果的にお任せしてよかった」という感想ですね。
あるとき工事現場にお客様がいらして「窓を大きくした方が良いのではないか」と仰られたんです。少し不満があるように感じました。

スタッフ

お客様からすると、せっかく新築するんだから後悔したくないですものね。

小川様

はい。ただ窓を大きくすると落ち着かない空間になってしまうと思いました。ですから、プロとしての考えをお客様にお話しして、設計通りに工事を進めるご了承をいただきました。結果的に「任せて正解だったね」と仰っていただいたんです。

スタッフ

プロとしては嬉しいお言葉ですね。

小川様

パーツや模型といったツールを使えば、大まかな完成後のイメージをお見せできます。ですが、景色の見え方、光、風などで感じられる心地よさといった、感覚的な部分はどうしても伝えきれません。設計時点で、お客様にすべてを理解してもらうのは難しいんです。

スタッフ

もどかしいところですね。

小川様

はい。それでも感覚的な部分まで考えながら設計するのがプロの仕事です。信頼に応えたいと思いますし、完成後に喜んでいただけたときは嬉しいですね。

小川様のお仕事風景

スタッフ

最後にお客様へお伝えしたいメッセージはありますか?

小川様

新築したいと思ったら、私たち建築家へ気軽にご相談ください。特に土地を探すところから迷っている方も大歓迎です。立地も家づくりの大事なポイントなので、喜んで土地探しをお手伝いいたします。
また、金額についても安心してください。直接工務店さんに頼むより安くなることもあります。ぜひ一緒に家づくりを始めましょう。

スタッフ

本日はお忙しいなか、ありがとうございました。

まとめ

代表の小川様は、かつて工事中に施工会社が倒産するトラブルに遭った経験があるそうです。それでもオーナー様と打ち合わせを重ね、職人や施工会社を探したり、工事監督のように毎日現場の状況を確認したりして、工事途中の現場を完成させました。オーナー様とは、その経験で絆がより深まり、今でも交流が続いているとのことです。

責任を持って家づくりをするのは、小川様が「家づくりは建物を引き渡して終わりではない」と考えていらっしゃるからです。
建物自体に不具合がなかったとしても、10年20年経てばお客様の生活環境が変わりメンテナンスが必要となります。つまり、家づくりはずっと続くのです。

小川貴之建築デザインさんは、夢や希望を持ったお客様と一緒に家づくりを続けます。
何年経っても特別な日々を過ごせるお家を手に入れたいのなら、小川貴之建築デザインさんに相談してみてはいかがでしょうか。

会社名 一級建築士事務所 小川貴之建築デザイン
代表者名 小川 貴之
住所 〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-905 STEPS ONE 301
電話番号 044-411-3377
公式HP http://ogawa.archi/
営業時間 9:00~19:00
主な業務 建築設計(土地探し含む)、インテリアデザイン
対応エリア 全国に対応。
(関東エリアが多めですが、特に制約はありません)