株式会社OHANAReHome

鈴木さん引き

新築を建てようと考えているけど「自然素材を使ったら高いのかな」とお悩みの方も多いかと思います。

「好きな自然素材の商品をどこにどう使っても、価格は一緒。それがうちの売りなんです。」

そう語るのは、神奈川県茅ヶ崎市で株式会社OHANAReHomeを経営する鈴木雄二社長
鈴木社長はお客様とのつながりや関係を何よりも大切にしており、安心で安全な素材を活用した家づくりを心掛けています。

こちらの記事では実際のインタビューをとおし、株式会社OHANAReHomeの家づくりに対する思いこだわりについて会話形式で紹介していきます。

リフォームや新築をはじめたきっかけは、お客様の声だった

鈴木さん作業中

スタッフ

始まりは内装業だったようですが、内装業から始めたきっかけはなんですか?

鈴木社長

もともとは自動車整備士をしていたのですが、毎日の単純作業から抜け出して新しいことを始めたいと思ったんです。

鈴木社長

今後のことで悩んでいたちょうどその時でした。趣味繋がりの後輩がクロス屋さんをやっていたんですよ。
ある時、その後輩の仕事を見る機会がありました。汚かった部屋があまりにも綺麗に変わったのが衝撃的だったことを覚えてます。それで、内装の仕事をやってみようと思いました。

スタッフ

行動力がすごいですね、このままではいけないと思ったと。
では内装業からリフォーム業をはじめたきっかけも何かあったんですか?

鈴木社長

そうですね。個人宅で内装業していると、その場にいた奥さんや旦那さんが「外壁の塗装もできない?」「キッチンの交換できる?」と相談してくることがよくあったんです。
最初は断っていたんですが、せっかく相談して頂いてるのならそれに応えたいと思いまして、リフォーム業をはじめましたね。

スタッフ

お客様の声に応えたいと言う思いからリフォーム業を始めたんですね。
では新築を始めたのも、周りからの声があったからということでしょうか?

鈴木社長

周りからの声もありましたが、それとは別で会社を継続してくためでもありました。リフォームは監修がしっかりしていなければならず、私に万が一のときがあれば会社は継続できなくなってしまいます。でも新築なら、私がいなくても会社を回すシステムがつくれますので。

スタッフ

やはり新築とリフォームでは全く違うんですね。

鈴木社長

リフォームの場合、全ての知識がないとできないのに対し、新築はいちからお客様と打ち合わせするので、最初からお客様の要望をまとめてやることができます。

スタッフ

なるほど。会社の継続という点において、新築は必須だったということですね。

鈴木社長

はい。でもそれより、お客様と一生つながっていたいという思いが大きかったですかね。新築を建てれば何十年後かに、内装を変えたいとか、リフォームしたいと思う日がくるじゃないですか。その時にまた依頼されらいいな、なんて考えてます。

自然素材を自由にカスタム。好きな商材を好きなところへ

内装2

スタッフ

次に、家づくりに対してのこだわりを教えて頂けますか?

鈴木社長

うちでは自然素材をメインに家づくりしているんです。
珍しいものでサンゴの塗り壁なんかがありますよ。

スタッフ

サンゴの塗り壁といいますと、サンゴ礁でしょうか?

鈴木社長

はい、沖縄の海底にある珊瑚の砂を精製したものを塗り壁にします。沖縄で1社しか製造していない非常に珍しいものなんですよ。ハウスメーカーも取り扱ってません。

スタッフ

すごく貴重ですね。
どうやって入手しているんですか?

鈴木社長

私はNACの自然素材の家づくり研究会に加入していまして、加入していないと手に入らないんですよ。
もちろん、サンゴの塗り壁以外にも自然素材は多数取り扱っていますが、うちでは別なこだわりもあるんです。

スタッフ

別なこだわりですか、非常に気になります。

鈴木社長

うちではビュッフェスタイル住宅を展開しているんです。
つまり、好きな自然素材をどこにどう使用しても、価格が一緒なんですよ。
ビュッフェスタイル住宅とは?
ビュッフェスタイル住宅とは食べ放題のビュッフェと同じ用に、「決められた価格」で「好きな素材」を自由に選ぶことが出来る住宅です。

鈴木社長

例えばリビングはヒノキで、こども部屋はスギとか。好き勝手出来るようにしているんです。自分の家を自分の好きな素材で作れるんですよ。面白いでしょ。

スタッフ

すごくワクワクしますね。
自然素材をどこにどう使っても値段が一緒というのは、お得感が増しますね。

鈴木社長

安全な素材を使用した健康な家でありながら、好き放題できる理想の家。
こうした楽しさも家づくりには大切ですよね。

家のケガや病気を直す「家の主治医」になりたい

内装1

スタッフ

では、今後どのような会社を目指していますか?

鈴木社長

その地に根付いた会社になりたいなと思っています。
今はまだ色んなところを駆け回っていますが、いずれは地域密着型の工務店になれればなと考えています。

スタッフ

狭く深くということですね。お客様ひとりひとりを大事にした工務店を目指していらっしゃると言うことでしょうか?

鈴木社長

もちろんです。一度家づくりに携わったお客様とは一生のお付き合いをしていきたいと思っていますので。

スタッフ

素晴らしいですね。
地元に信頼できる工務店があるって心強いです。
この土地で「こうなりたい」と言った夢、目標があるんですか?

鈴木社長

そうですね。私はどんなときでも直ぐに駆けつけることが出来る「家の主治医」のような存在になりたいです。
人と一緒で、家も長い年月を経れば、ケガや病気をします。
そんな家のトラブル時にも頼れるような存在になりたいですね。

スタッフ

かっこいいですね。家にとって主治医のような存在になりたいと。では、お客様にとってはどんな存在でいたいですか?

鈴木社長

家をつくるということは、一生のお付き合いをするということですから。お客様とはこの先何十年も続く関係になると思います。
ですので、お客様という感覚よりは何でも相談できる親戚のような存在でいたいですね。

値段感と坪単価

坪単価:50万円~

坪単価50万円から
坪単価50万円であれば無垢材のフローリングや、壁紙や床材はもちろんのこと、照明やドアノブなど細部までこだわることができます。株式会社OHANAReHomeでは、好きな自然素材をどこでどう利用しようと価格が変わりません。その点を考えても坪単価50万は妥当だと言えるでしょう。

まとめ

自然素材は高いと思われがちですが、様々な工夫のもとコストを抑えて提供している会社も存在します。

今回、鈴木社長のインタビューをうけ、家づくりに対する思いだけでなく、お客様に対する熱い人情と優しさを感じました。

信頼できる人に家を建ててもらいたい、自然素材を利用して家を建てたいとお考えの方は、一度株式会社OHANAReHomeを訪ねてみてはいかがでしょうか。

会社名 株式会社OHANAReHome
代表者名 鈴木 雄二
住所 〒253-0025
神奈川県茅ケ崎市松が丘1-6-34-16
電話番号 0467-39-6940
公式HP https://www.ohana-r.com/
営業時間 9:00~18:00
日曜日・祝日 休み
主な業務 リフォーム・新築住宅の設計・施工
対応エリア 平塚・茅ヶ崎・鎌倉・藤沢