株式会社岡本和樹建築設計事務所

岡本様

岡本和樹建築設計事務所さんは、栃木県内を中心に、県外のお住まいも手掛けていらっしゃっている会社さんです。

木の良さを生かした家づくりをされており、お客様のライフスタイルに合った木をデザインに落とし込んでくれます。

この記事では、岡本様の建築へのこだわりや会社に対する想いをお伺いしました。

現場での経験を活かした木造設計

住宅事例

スタッフ

独立する前はどんなお仕事をされていたのでしょうか。

岡本様

現場監督、構造設計、意匠設計を経験しました。
とくに現場監督時代は、職人さんに勉強させてもらいましたね。

スタッフ

そうなのですね。現場ではどんなことを学ばれたのですか?

岡本様

柱を手で加工している大工さんは、木のクセを把握しており、この木はこうやって組むから頑丈になることが分かってるんです。
いまはプレカットが主流なので施工が便利になりましたけど、木造住宅の根本は木をよく知ることなのだと感じました。使う材料をきちんと理解したうえでデザインし、木材の強度に無理のない木造住宅を考えることが重要だと思っています。
プレカットとは
木造住宅建築において、現場での施工前に工場で原材料を切断し接合部の加工を施しておくこと。事前に加工してある部材を、工事現場で組み上げて建てることを「プレカット工法」という。

参照元:プレカットとは|クマモクプレカット

スタッフ

「木を知る」「材料の資質を知る」ことが木造住宅の根本ということですか。

岡本様

いまは高強度の部材を使用すれば無理やりなんでもできるけど、無理をしなくてもいい間取りを書けるかどうかが設計の見せどころだと思っています。

スタッフ

材料の本質を意識できているのは、大工さんたちから学んだことなのですね。

岡本様

建築家は設計の経験しかない人が多いので、現場での経験がある設計士はめずらしいと思います。
私は現場での施工に関わってきたので、設計だけをしている設計士よりも木造を知っている自信があります。
また、現場監督時代の建具屋、問屋との繋がりがあり、建材の種類や価格帯の情報をよく聞いていたので、お施主さんに還元できることは多いと思います。

スタッフ

貴重な経験だったのですね。

オープンハウス(完成見学会)で木の良さを体感してほしい

住宅事例

スタッフ

ホームページに載っている御社のオープンハウス、とても素敵ですね。
オープンハウスにくるお客さんにどんなことを感じてほしいですか?

岡本様

木の家は質感が大事なので、木の良さを体感していただきたいです。
「硬い木は、キズつきにくいけど冷たい」と説明するより、肌で感じたほうが伝わると思うんです。
木の種類によって優しい雰囲気も冷たい雰囲気も出せるので、いろいろなオープンハウスで実際の建築を見て実感すると「この木を使いたい」とイメージが湧きやすくなると思います。

スタッフ

木の色や木目によって、家の雰囲気がガラッと変わりますものね。
どこの会社でお家を建てるか考えるよりも、まず、たくさんのオープンハウス(完成見学会)に足を運んでみるといいかもしれません。

スタッフ

お客様の好みはどうやって把握していますか?

岡本様

自分が想像しているイメージや雰囲気を、言葉で伝えるのは難しいと思うので、インスタグラムやピンタレストで、自分の好きなお店の写真や他の家の例を集めてもらい、見せてもらってます。
ピンタレストとは
ネット上のWebサイトまたはピンタレスト上にある画像を自分のボードに集めることができる画像収集サービス

参照元:ピンタレストとは?|ガイアックスソーシャルメディアラボ

スタッフ

いまの時代はイメージを伝える手段が多くて便利ですね。好みのお店やインテリアがあれば、今のうちに保存しておくといいかもしれません。

スタッフ

オープンハウスに来られるお客様に伝えたいことはありますか?

岡本様

「話したら具体的に建築の相談をしなきゃ」なんて思わずに、雑談くらいの気持ちで来てください。
ご自身の人となりを見せてくれたほうが、どんな住まいを求めているかを引き出しやすいのです。来ていただいたからには、たくさんお話して楽しんでもらいたいですね。

お客さんのために会社を存続していきたい

住宅事例

スタッフ

会社としての夢を教えて下さい。

岡本様

家が建って何十年か経ったとき、建てた会社が無くなっていたら、どこにメンテナンスを頼めばいいか分からなくて不安になると思うんです。そうならないように、家を建てさせていただいた会社としていつでも頼っていただけるように、会社を残していきたいです。

スタッフ

会社の存続はお客様のためにも一番大事なのですね。

スタッフ

個人としての夢はなにかありますか?

岡本様

仕事が趣味なので、会社の話になっちゃいます。
近い将来、家にいるような空間の事務所に変えようかと企んでいます。

スタッフ

モデルハウスと事務所が繋がっているということでしょうか?

岡本様

そうですね。お施主さんはお家をつくるために、弊社に来るわけだから、会社に来たらお家のイメージが想像しやすいようにしたいのです。
例えば、LDK20畳と聞いて、どんな広さかピンと来ないと思うんです。

スタッフ

たしかにピンと来ませんね…。

岡本様

例えば「ひのきを使った8畳の広さがある部屋」などが目の前にあれば、雰囲気が想像しやすくなりませんか?

スタッフ

木の質感と広さの両方が体感できるので、とても分かりやすいと思います。実現できたらとても素敵です!

岡本様

会社にきたときに自然と家にいるような感覚をつくりたいので、場所も住宅地がいいなと考えています。

スタッフ

楽しみですね。

まとめ

岡本和樹建築設計事務所さんは、ホームページだけでなくインスタグラムでも施工事例を載せています。
家を建てたいけど「どんな雰囲気にしたいかイメージができない」という方は、ぜひ見てみてください。
きっと木の良さやデザインがもつ雰囲気が感じられると思いますよ。

会社名 株式会社岡本和樹建築設計事務所
代表者名 岡本 和樹
住所 〒321-0962
栃木県宇都宮市今泉町3020-1
電話番号 090-5820-7904
公式HP https://www.okamoto-aa.com/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 住宅の設計、施工監理
一戸建て、マンションのリノベーション
対応エリア 栃木県内を中心に、県外のお住まいも手掛けております。
まずはお気軽に御相談ください。