一級建築士事務所小野建築設計室

一級建築士事務所小野建築設計室の小野さんは、個人事務所ならではのお客様に寄り添った繊細な家づくりをされています。

ハウスメーカーでは出来ないような難しい案件も「お客様の力になりたい」という想いを大切にしながら向き合われています。

そんな小野さんの家づくりに対する想いやこだわりをお伺いしてきました。

お客様からの感謝の言葉は、苦労が全て吹き飛ぶほど嬉しい

スタッフ

小野さんが設計のお仕事をされている中で、やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

小野さん

建物が出来上がった時に、お客様から感謝の言葉を頂けた時です。
仮にどれだけ大変な仕事だったとしても、喜んで頂けた時はそれまでの苦労が全て吹き飛んでしまうほど嬉しくて「設計の仕事をやっててよかったな」と思います

スタッフ

感謝の言葉は励みになりますよね。
設計の中でも、とくに住宅をメインで手がけられている理由は何でしょうか?

小野さん

つくっていく過程が一番おもしろいからです。
マンションやオフィスの場合は、エンドユーザーの顔が見えない状態でつくるので「こうすれば売れるんじゃないか」と想定だけで動きます。
でも、住宅の場合は住み手が見える状態でつくるので、お客様のことを考えずにはいられませんし、寄り添わずにはいられません
お客様が今までどういう暮らしをされていて、何が不便で何を改善したいのかを紐解く必要があります。
それらを会話から引き出して、提案に入れていくやり取りが楽しいです。
対談注

インタビュー中の小野さん。
スタッフからの質問に笑顔で応えてくださいます。

スタッフ

お客様の家に対する想いは人それぞれだと思いますが、中にはとくに強いこだわりをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
強いこだわりをお持ちのお客様とのやりとりは大変ですか?

小野さん

揺るぎないこだわりをお持ちのほうが、打ち合わせはスムーズに進みます
逆に、ご自身のこだわりに自信のないお客様の方が大変で、第三者からの意見やテレビ番組で得た情報に振り回されてしまいます。
考えがコロコロと変わってしまうので、それまで積み重ねてきた計画が振り出しに戻って話が一向に進まなくなるんです。

スタッフ

確かに、そうかもしれませんね。
お客様のこだわりで、とくに印象的だったものはありますか?

小野さん

高低差がある特殊な敷地に建てたガレージハウスが印象的です。
半地下のスペースにお客様の大好きなバイクを置けるようにしたのですが「リビングからも寝室からも、家中のどの部屋からもガレージが見えるようにして欲しい」とお客様の強いご要望があったので、そのように設計しました。
常にガレージが見えるようにすることが、この建て替えの意味」と仰るほど強い想いがあったので、どうにかその想いに応えたいと思い頑張りましたね
ガレージハウス

ガレージハウスのお写真です。
お客様の大好きなバイクが、家中どこにいても眺められる工夫がなされています。

個人事務所ならではの、お客様に寄り添った繊細な対応

スタッフ

大変だったけど印象に残っているエピソードは何かありますか?

小野さん

何度もクランクしないと辿り着かないほど細い路地の先に建っている家の、建て替えをしたことがとても印象に残っています。
12坪ほどの小さな敷地に目一杯建っている超狭小住宅で、隣家との隙間もほとんど無い家でした。
その家にはご両親とお勤めされている娘さん2人の4人家族が暮らしていて、家の持ち主が娘さんたちに代変わりするタイミングでお問い合わせを頂いたんです。
もともとはホームページをご覧頂き「リフォームをしたい」とご連絡を頂いたのですが、諸々の事情で建て替えに計画を変更したんです
本当に大変でしたが、やってよかったと思う仕事でした
模型

細い路地の先にある超狭小住宅の模型です。
かなり込み入っていることが分かります。

スタッフ

時々「これどうやって車で入るんだろう?」と思うほど狭い路地の奥に建ってる家ってありますよね。
なぜ、リフォームではなく建て替えにしたのでしょうか?

小野さん

建物自体が昭和40年代くらいのものでかなり古いつくりだったこともありますし、もともとは小さな平屋だったのを増築を繰り返してかなり複雑な状態になっていたんです。
その場合、大規模なリフォームになることが想定されるので、建て替えと同様のコストがかかってしまいます
工事がしにくいことや、そもそも道に接していないことなどから、お客様としては最初から建て替えは無理だと考えていました。
そこで「もしお時間を頂けるなら、どうすれば建て替えられるかを念のため調べるだけ調べさせて頂けませんか?」とお話しして、3ヶ月ほど調査の時間を頂いたんです

スタッフ

確かに、そこまで古い建物ならばいっそのこと建て替えてしまったほうが良さそうですね。
ですが、色々と問題がある状態で建て替えに踏み切れない気持ちも分かります。

小野さん

調査の結果、どうにか入れる重機も見つかり、土地の権利関係の問題も解決しました。
ですが、増築を繰り返した結果として12坪の土地に目一杯建っている状態から、新しく建て替えることで7坪くらいの家になってしまいます。
お客様としては、今よりも家が小さくなってしまうことをとても気にされていました
ですが、建て替えにより風の抜けや光の入り方などが良くなり、小さくてもさらに豊かな空間になることをご説明して建て替えを選択して頂いたんです。

スタッフ

確かに、数字だけで見ると狭くなりそうで心配ですよね。
どのような家になったのでしょうか?

小野さん

設計上の細かい工夫を色々と凝らしました
まずは、狭さを感じない視覚的な広がりを持たせることを意識しました。
そして、ご飯を食べる場所、くつろぐ場所、考え事をする場所など、複数の居場所をつくったんです。
コスト的にも、大規模なリフォームをするとの同じくらいの費用で収める必要がありましたが、なんとか許容範囲内に収めることができました。
家の写真

建て替え後の家です。
とても7坪の家とは思えない豊かな空間です。

雑誌

当時の苦労話をお聞きしました。

スタッフ

これほどお客様に寄り添った繊細な対応は、ハウスメーカーでは叶わないことですよね。

小野さん

個人事務所ならではの対応だと思います。
ご家族がとても仲が良く、すごくいい人達だったので、何とか役に立ちたいと思いました

自然素材を許容する住まい方は、豊かな人間性を育むこと

スタッフ

小野さんの家づくりには、何か特徴はありますか?

小野さん

お客様の希望を叶えたいというのが根本的にあるので、基本的には自分の色をあまり出さない家づくりをしています。
ですが、強いて言うなら素材にこだわりたいという想いは持っています。
床に無垢材を使用したり、建具に木を使用したり、触って気持ちいいものを使っていきたいです。
コストとの兼ね合いで難しい場合もありますが、出来るだけ自然素材の使用を推奨するようにしています。

スタッフ

自然素材は気持ちが良いですもんね。

小野さん

素材に関して共感できるお客様とは、お互いが近いイメージを抱きながら楽しんで家づくりが出来ることが多いです。
例えば、漆喰で壁を塗る場合に一部屋だけ子供に参加してもらうことで、多少ラフな塗り方になっても家づくりの楽しさがより一層増すこともあります。
もちろん、全てのお客様が自然素材を使いたいとは限りませんから、自然素材を使用することが理想のイメージと異なる場合はお客様のご希望を優先しますよ。

スタッフ

子供と一緒に漆喰を塗るのって良いアイデアですね。
家に対する愛着がさらに湧きそうです。
犬

事務所には、小野さんが飼われているワンちゃんもいます。
お膝の上でリラックスしたご様子。

小野さん

自然素材を許容する住まい方それ自体が、色々なことに寛容になれることだとも思っています
新素材は、床に何か落としても簡単には傷が付きませんが、自然素材の場合はすぐに傷が付きますよね。
そのような経年変化への課題が常にあるのが自然素材です。
新素材の家で傷が付くことをいつも気にしながら暮らすよりも、自然素材の家で「多少の傷はまぁいいか」と思える寛容性を持ちながら暮らしていたほうが、豊かな人間性を育むことが出来ると思うんです。

スタッフ

素敵な考え方ですね。
最後に小野さんから、これから新築を建てようとしているコノイエ読者のみなさんにアドバイスをください。

小野さん

楽しんで家づくりをして欲しいです。
暮らし方について自分たちの夢をたくさん描いて頂き、建築家にそれを話せる関係になったら、家づくりはより楽しくなると思います。
「自分らしさ」や「家族らしさ」をあわてずに考えて、それが実現できる建築家を探すといいと思います。
想いを持ちながら建築家を探せば、近いものを持っている人に出会えるはずです。
そのために、自分たちの暮らしを今一度点検してみて「もっとこうしたいな」「自分の好きなイメージってこういうのだな」ということを積み重ねてください。
一緒に、楽しんで家づくりをしましょう。

値段感と坪単価

坪単価:75万円~

坪単価は案件ごとに異なる
お客様のご要望ごとにそれぞれ異なる対応をしてくださるので、坪単価はケースバイケースです。
詳しくは、お問い合わせください。

まとめ

小野さん

小野さんは「お客様の力になりたい」という思いを大切に、個人事務所ならではのお客様に寄り添った繊細な家づくりをされています。

お客様からの感謝の言葉は苦労が全て吹き飛ぶほど嬉しいというお話しからは、小野さんの優しいお人柄が垣間見えました。

小野さんに家づくりをお願いしたい方は、一級建築士事務所小野建築設計室さんにお問い合わせください。

会社名 一級建築士事務所小野建築設計室
代表者名 小野誠一
住所 〒210-0813
神奈川県川崎市川崎区昭和2-6-9
電話番号 044-270-5669
公式HP http://ono-kensekkei.cocolog-nifty.com/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 住宅の設計、監理
対応エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉