佐倉由浩建築研究所

佐倉由浩代表

マイホームにおいて、こだわりや理想はありますか?
佐倉代表は、お施主さんの意図を汲み取ったうえで、想像以上のお家を実現してくれます。
「理想以上のマイホームを建てたい」
「こだわりはあるけど、どう実現すればいいか分からない」と思っている方にはぴったりな建築家さんです。

この記事では、佐倉代表が建築家になったきっかけと、戸建て住宅に手掛ける想いをお伺いしました。

すべてのデザインは建築からスタートしている

佐倉由浩代表

スタッフ

建築の道を選ばれたきっかけを教えてください。

佐倉由浩代表

最初は、単に東京に行きたかったから建築学科を選んだんです。
大学附属の学校だったのですが、何学科を受験しようか迷っていました。大学の場所が田舎だったので、どうしても東京に行きたくて、2年生からのキャンパスの場所が、御茶ノ水にある建築学科を選びました。

スタッフ

東京に行きたい思いで建築学科を選ばれたのですか!
最初の建築のイメージはどんなものでしたか?

佐倉由浩代表

建築家の存在を知らなかったですし、頭に浮かぶのは「家をつくるのは大工さん」であることくらいでした。

スタッフ

そうだったのですね。建築学科に入ってみて実際どうでしたか?

佐倉由浩代表

建築は、芸術の分野に振り幅が大きいことに気づきましたね。講義で「芸術のデザインの原点は建築」と言ってたんです。
昔は、建築の代表格が教会で、「教会の聖堂にメロディがどう響くかで音楽が存在する。建物の中に彫刻を置いたり、天井に絵を描くことも建築から始まっている。」と聞いて、「なかなかおもしろいな」と建築に初めて魅力を感じた瞬間でした。

スタッフ

建築学科に入ったあとから魅力を感じられたのですね。
東京へ行きたかった思いのおかげですね。

スタッフ

本気で建築家をやろうと決められたのはいつなのですか?

佐倉由浩代表

大学2年生で意匠図の授業をしていたときです。建築の製図は、アイディアをどう具現化できるかを求められるんです。評価軸が1つじゃなくて、いろんな評価の仕方があるので、建築は点数で評価できない分野なんです。
意匠図とは
建物全体のかたちや間取りなどの意匠(デザイン)を伝えることを目的とした図面のこと。
家の真上から見たものとして、配置図、平面図、屋根伏図があり、家の真横から見たものとして、立面図、断面図、展開図があります。

参照元:【ホームズ】意匠図面とは?意匠図面の意味を調べる

スタッフ

たしかに、デザインは点数では表せないですよね。住宅だったら、住まう人のベストな家は人それぞれですものね。

佐倉由浩代表

評価の基準はないけど、絶対的に興味をそそるかそそらないかは明確なのが建築であるところに、おもしろさを感じました。

スタッフ

住宅の設計をされているのは、建築の幅広いお仕事の中でも、おもしろいと感じるからですか?

佐倉由浩代表

そうですね。授業に来てくれていた建築家の先生の作品を見に行ったことがあって、深大寺にある100坪くらいの広いお家だったんですけど、見た瞬間、「俺もこんなのやりたい!」って思いましたね。

スタッフ

100坪ってとても広い敷地ですね。どんなお家だったのですか?

佐倉由浩代表

概念を覆しているけど、きちんと根拠をもってカタチにしている住宅でした。
庭にある紅葉の枝や葉っぱの影が障子にうつっていて、環境もデザインに落とし込んでいたり、廊下を細く見せるために、窓は天窓のみで天井高5~6mくらいにつくられていました。

スタッフ

おもしろい空間ですね。まさにアイディアを具現化されていますよね。

佐倉由浩代表

深大寺のお家に惹かれて、建築の中でも「住宅の設計をやりたい」という確固たるビジョンができました。

自分の作品として住宅の戸建てをやりたかった

模型

スタッフ

卒業後は、深大寺のお家をつくった建築家の先生のもとで働かれたのですか?

佐倉由浩代表

誘ってくれたのですが、断りました。
当時はバブル絶頂期で、どこの会社も給料が高かったんです。対して先生の弟子になる場合は、住むところを用意してくれるけど、給料がとても低かったんです。
20歳そこそこで遊びたい時期だったため、給料の高い大手ハウスメーカーに就職しました。

スタッフ

影響を受けた方のもとで働きたいと思っていても、お給料の条件を優先してしまいますよね。
ハウスメーカーで、代表が想像していた家づくりはできましたか?

佐倉由浩代表

それが全くできませんでした。
そもそも「ハウスメーカーは決まった材料で家を建てる」ことを知らないまま入社してしまったんです。家ごとに使う材料は違うはずなのに、決められた材料で家をつくるなんて「こんなの建築じゃない」と耐えられなくなり、1年足らずでやめてしまいました。

スタッフ

そうだったのですね。やはりゼロから自分で家づくりをしたい気持ちが強かったのですね。

佐倉由浩代表

ハウスメーカーを辞めたあとは、設計事務所で働いてました。
自分のやりたいようにできるので、オリジナリティが出せて楽しかったです。ただ、いくらオリジナリティを出しても会社の作品になってしまうわけです。社宅やマンションの設計の仕事が中心だったこともあり、いつかは自分の作品として住宅で戸建てをやりたい思いは持ち続けていました。
六本木ヒルズマンションの写真

佐倉由浩代表が手掛けた六本木ヒルズのマンション

スタッフ

建築家の先生の影響が大きかったのですね。
独立されたのはいつだったのですか?

佐倉由浩代表

あるとき、妻の友人から「家を1500万円以内で建てれないか」と聞かれて設計図をつくったら、とても気に入ってくれたんです。
そのまま建てて欲しいと依頼されたのをキッカケに「独立するなら今だ!」と直感で独立ましたね。

スタッフ

そうだったのですね。どんなところが気に入っていただけたのですか?

佐倉由浩代表

隣地に対し、正面を向いたら近すぎて圧迫感を感じる土地だったので、45度にして窓をつけたんです。
実際の家がこちらになります。
雑誌のページ
雑誌のページ

スタッフ

窓の向きが変わることで、こんなにも開放的になるのですね。

佐倉由浩代表

妻の友人がコピーライターで、雑誌の編集長にお家を見せたら気に入ってくれて雑誌で紹介してくれたんです。そのおかげで仕事も入るようになりました。

家を買うのではなく、家を建ててほしい

佐倉由浩代表作品の写真

佐倉由浩代表が手掛けた住宅

スタッフ

佐倉代表の家づくりの特徴はありますか?

佐倉由浩代表

お客さんの要望を満たすことは前提にあります。
しかし、住宅を設計することに関しては住まわれる方よりも詳しいと自負しています。
なので、専門家である私から、要望を組み込んだうえでの提案をするようにしています。

スタッフ

具体的にどんな提案をされているのですか?

佐倉由浩代表

「お風呂に入りながら、夜空を見たい」という要望がよくあるんです。

スタッフ

素敵ですね。でも、お風呂に入っているときは、湯気で窓が見えないですよね。

佐倉由浩代表

そうなんです。窓を開けてお風呂に入ってしまうと外から丸見えになってしまいます。
窓を開けられる環境をつくってあげることで「外を気にしなくていい、きれいな夜空が見られるお風呂」の提案ができるのです。

スタッフ

ネガティブな要因をどうポジティブに変えるかでお施主さんの要望が叶えられるのですね。

佐倉由浩代表

お施主さんが思いつかないようなアイディアを具現化することが私の仕事だと思っていますし、ハウスメーカーじゃ絶対できないですよ。

スタッフ

家を建てる人は素人の方が多いですからね。
どうしても叶えたい要望は誰しも持っていると思います。せっかく建てるなら、自分の想像を超えるアイディアをお家に反映させたいですよね。

スタッフ

これから家を建てる方へアドバイスはありますか?

佐倉由浩代表

家を”買う”のではなく”建てる”ことをしていただきたいです。
建てるということは、「住む人と建築家がこれから建てる家を一緒に考えること」だと思っています。
建築のプロである建築家なら、どんな敷地にも対応できますし、自分が選んだ土地ならば、建てることに積極的に参加したほうが後悔しないお家づくりができますよ。

まとめ

佐倉代表は、「家族の絆がはぐくまれていくような背景のひとつとして、家が思い出の中にあれば嬉しい」とおっしゃっていました。
思い出は、場所やシーンの記憶が鮮明ですよね。

家族の思い出を大事にされている佐倉代表と一緒に、後悔しない家づくりをしてみてはいかがでしょうか。

会社名 佐倉由浩建築研究所
代表者名 佐倉 由浩
住所 〒272-0104
千葉県市川市本塩3-8
電話番号 090-6541-7728
公式HP http://www.sakura-archi.jp/
営業時間 10:00~19:00
主な業務 住宅・店舗・事務所などの設計・監理
店舗のインテリア・外装デザイン
住宅のリフォームデザイン
建築に際しての土地・テナントなどの検討
リノベーション・コンバージョンの企画・設計
プロダクト・家具などのデザイン
対応エリア 首都圏近郊