朔設計工房

sakusekkeikobo1

新築を建てようと考えた時、どこまで先のことを考えますか?

家族が増えるかもしれない、親と一緒に住むことになるかもしれない、この家をいずれは子供に譲るかもしれない。
きっと色々な思いが頭をよぎるのではないでしょうか。

朔設計工房さんは、そんな思いに寄り添い、世代を超えて住み続けられる家づくりを考えてくれる設計事務所です。

代表の望月さんは、多世帯で住む実家を、ご自身の手で設計されました。

本記事では、「人が集まる家」をつくりたいと話す望月さんに伺った、家づくりで大切にされていることをご紹介します。

実家をつくるために建築の道へ

実家リビング

家族が集うダイニング・キッチン。

スタッフ

はじめに、望月さんが建築の仕事を選んだ理由を教えてください。

望月さん

もともとは「実家を建てたい」という想いから、建築に興味を持ちはじめました。祖父は山梨から東京に出て来て、借家暮らしが長かったんです。家がなかなか持てなくて。
父の代になって、土地を買うところまでは進んだのですが、当時は土地も高騰化して、新築まで手が回りませんでした。
そして兄弟の協力もあり、いよいよ本家としての望月家を建てようとなったわけです。

スタッフ

親子三代の夢がついに叶ったのですね。

望月さん

身内同士で話し合ったので、意見ごうごうで苦労しましたけどね。
ただ、お互いに言いたいことを言い合える関係性は、家づくりにおいて大切だと思います。これまでの仕事を思い返しても、何度も打ち合わせを重ね、たくさん悩まれたお客様は、そのぶん満足度も高いですから。
実家外観

庭先から見た外観。

スタッフ

一人のお客様に対して、どのくらい打ち合わせを重ねるのですか?

望月さん

お客様に住宅をきちんと理解してもらえるまでは、打ち合わせを重ねますね。
私はホームインスペクション(住宅検査・診断)の仕事もしているので、設計側とお客様側のコミュニケーションエラーに対応することもあります。それから話を聞いてみると、原因の多くは、設計側の説明不足、お客様側の認識不足なんです。
そこで私は、打ち合わせの段階でお客様に設計の意図を理解してもらうことの重要性に気づきました。

設計をするだけでなく、設計を理解してもらうまでが仕事

望月さん打ち合わせ

スタッフ

設計の段階で住宅を理解してもらうために、工夫していることはありますか?

望月さん

お客様と打ち合わせをする時、ご要望を図面で表現するようにしています。具体的な部屋の使い方まで記載して表現すると、お客様により多くのことを気付いてもらえるんです。また、図面上であれば、その時点で修正することもできますので、費用を抑えることにもつながります。もしも着工後に修正するとなったら、何十万、場合によれば桁を超える費用がかかってしまいますから。

スタッフ

事前に修正ができるのは良いですね。ちなみに、費用面以外にもメリットがあるのでしょうか?

望月さん

お客様は間取りを中心に見られますが、展開図や詳細図を読み取ることで、スペースの有効活用ができます。
設計の段階では空間認識が難しいですが、様々な図面を見ながら会話を重ねることでお客様自身も細かい部分を想像するようになり、プランが見えてきます。

スタッフ

なるほど。図面を重視している理由がよく分かりました。他にも工夫していることがあれば教えてください。

望月さん

工夫とは少し違いますが、お客様にはいつも「家づくりは楽しいんですよ」と伝えています。
家は集合住宅と比べて利用する人が限られるため、法規による制約が少なく、設計に遊びを入れられる自由な建物なんです。

スタッフ

最近ではDIYなど、自分で遊びを入れる方法もありますよね。

望月さん

そうですね。家づくりでは、やろうと思えば本当に色々なことができます。
けれど一度にあれもこれも付け加えるより、だんだん足したり変えたりしていくほうが良いと思います。やりたいことが残っている家のほうが、長く楽しく付き合っていけるのではないでしょうか。未完成のほうが夢が広がるじゃないですか。

人と人のつながりを残せる仕事

二世帯住宅

スタッフ

望月さんは、どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

望月さん

お客様がやりたかったことを実現できた時ですね。
お客様の「満足のボーダーライン」を維持するのが、私の役目だと思っています。

スタッフ

「満足のボーダーライン」とは何でしょうか?

望月さん

お客様の満足度を下げないために、「ここまでは守らないといけない」というラインです。
せっかく家を建てるのに、今予算を削って未来の家の価値を下げてほしくないですから。そこを判断して指摘するのは、設計側の責任でもあると思うんです。

スタッフ

お客様との印象的なエピソードがあれば教えてください。

望月さん

お客様から「あなたは戦友です」と言われたことがあるのですが、その言葉は今でも強く印象に残っていますね。

望月さん

家づくりの際、家族の要望をまとめる役の方は、とても大変です。皆の夢を託されるわけですから。
戦友と言って頂いた奥様は、その意図を必至で伝えてくれて、打ち合わせ以外にも頻繁にメールでやりとりを重ねました。
そして完成後は、お子さんたちにも「何かあれば頼るよう伝えてある」と、今でも会うたびにおっしゃられてて、嬉しい限りです。

スタッフ

家族みんなで話し合って建てた家に住んだら、家族の絆も深まりそうですね。

望月さん

本当にそう思います。家には家族をつなげる力がありますよね。
自分たちが使って終わりではなく、子供世代や孫世代にも使ってもらえますから。
ですので、お客様が次の世代につなげたくなるような家を建てることが、私の目標ですね。

田舎にある実家のような、人が集まる家をつくりたい

茶室

実家に併設した店舗兼茶室。

スタッフ

「次の世代につなげる」という想いは、建築の仕事を始めた時からあったのですか?

望月さん

はい、ありましたね。私の場合、「実家をつくる」が仕事のはじまりでしたから。
私の実家のイメージは、「田舎にある何世代も使い続けられている家」だったんです。自分の実家も、そんな家にしたいと思っていました。

スタッフ

「田舎の実家」を実現するために、こだわったことはありますか?

望月さん

「人が集まる家」というのが中心にありました。
家族だけでなく、親戚や友人、ご近所さんまで、色々な人が集まれるのが、田舎の実家の魅力だと思うんです。
例えば、田舎に行くと客間がある家が多いですよね。客間のような普段は空いている部屋があると、家にゆとりが生まれて、人を受け入れたくなるんだと思います。

望月さん

また、客間は普段の生活スペースとは違う非日常空間ですから、在宅ワークが必要な時は仕事場としても活用できるんです。

スタッフ

都心では、客間がある家はあまり見ないですよね。

望月さん

そうですね。都心だと広い土地を見つけるのは難しいので、どうしても分譲地で家を建てることが多くなりますから。ですので、客間のようなゆとりのある家をつくろうと思ったら、郊外の土地にも目を向けることが必要ですね。

望月さん

それから、土地を見つけるという意味では中古物件もおすすめですね。地主さんが持ち家を手放した物件などは、土地も広くて、かなり好条件であることが多いですから。中古物件でもリフォームすれば、かなり自由な家づくりもできます。

スタッフ

家づくりには土地選びが大切なのですね。

望月さん

はい。家づくりのベースは土地ですね。そのうえで、私は「人が集まる家」を提案しています。親と一緒に住みたい方や子供に土地を渡したい方、将来的に今ある土地を使って大家族が住める家をつくりたい方など、ぜひ相談してほしいですね。

値段感と坪単価

坪単価:70万円~

丁寧で安心できる打ち合わせ
朔設計工房さんは、お客様に設計内容を理解してもらうために、十分に打ち合わせを重ねます。
お客様との打ち合わせによって提案も費用も変化しますので、詳しくはお問い合わせください。

まとめ

sakusekkeikobo3

望月さんは「長く住める家」「人が集まる家」を実現している建築家さんです。

図面を重視した打ち合わせで、未来の家族のことまで考えた間取りなどを提案してくれます。

世代を超えて住み続けられる、先を見据えた家をつくりたい方は、朔設計工房さんにお問い合わせください。

会社名 朔設計工房
代表者名 望月敦史
住所 〒133-0056
東京都江戸川区南小岩8-5-6
電話番号 03-3659-0691
営業時間 9:00~18:00
主な業務 注文住宅の設計、建物調査、家作り相談
対応エリア 関東エリア