神興建設株式会社

社長と常務の正面写真

※新型コロナウィルスへの対策として、マスクを着けてインタビューしています。

持て余している土地がある場合、賃貸物件を建てて収益につなげられたら嬉しいですよね。
投資を始めてみたい方は、ご自身の事情や土地の特徴に応じたアドバイスをしていただける会社に相談するのがオススメです。

東京都世田谷区に本社を構える神興建設株式会社さんは、土地活用から不動産経営まで一括して対応しています。
神興建設さんの最大の特長は、お客様への手厚いサポート。新築後もお客様からのご相談に積極的な対応をしていて、長期にわたる投資物件を建てるときでも安心です。

そこで、今回は神興建設さんの山家社長と常務にインタビューしました。リピーターのお客様を多く抱える、神興建設さんの秘密に迫ります。

通常よりも手厚い保証で、お客様に安心していただく

神興建設様のビルの入り口

スタッフ

神興建設さんは、どんなことに力を入れていますか?

山家社長

メンテナンス対応に特に力を入れていますね。
保証期間を過ぎたからといって、お客様に諦めていただきたくはありません。特に弊社に原因があれば、保証期間に関係なく責任をもってメンテナンスしますよ。

スタッフ

普通は、保証期間が過ぎると事務的な対応をされがちですよね。
なぜ、御社は保証が切れた後も責任を負いつづけるのですか?

常務

それは、事業用の賃貸物件を建てたいといったご依頼が多いからですね。投資物件は金額が大きいので、保証がしっかりしていないとお客様が安心して投資できません。

スタッフ

たしかに、投じた大金がムダになったら困りますからね。

山家社長

投資物件だからこそ、20年後も人が入りたがるような建物でなければなりません。
弊社は建築物を単なる箱物ではなく、お客様と一緒につくり上げる作品だと考えています。ですから、できるだけの対応をしたいのですよ。

スタッフ

お客様の建物を、ご自身の建物みたいに大事にしているんですね。
ちなみに、御社が心掛けていることは何ですか?

山家社長

スピード対応を心掛けています。お客様から電話があれば現場へすぐに駆ける姿勢は、創業当時から変えていません。

常務

もし雨漏りなどのトラブルに関する連絡があったら、すぐに対応いたします。建物に万が一のことがあっても、お客さんには安心していただきたいですからね。

「LOVEこの街が好きだから!!」と書いてある旗

スタッフ

しかし、手厚く保証しつつスピードも重視するとなると、現場が対応しきれないのではありませんか?

常務

確かにその通りです。実際、以前に現場の社員が一人で案件を抱えきれなくなったことがありました。
そこで、新築は別の部署に任せて、点検やリフォームなど既存のお客様に対応するための専門部署をつくりました。私の提案によってできた部署なんですよ。

スタッフ

常務が提案したのですか?

常務

はい。何を隠そう、案件を抱えきれなくなった社員というのは、この私ですからね。
当時の私は長年にわたって現場監督を務めていたので、既存のお客さんを一人で多く抱える状態になっていました。だんだん、一人一人のお客様に対応しきれなくなってきたんです。

常務

でも片手間で対応したら、それこそ大金を投入するお客さんに失礼じゃないですか。そんな半端な対応だけは、絶対にしたくありませんでした。
ですから、既存のお客様にも新規のお客様にも満足していただける体制を考えたんですよ。

スタッフ

なるほど。それで部署を分けて、一人一人のお客様に全力で対応できるようにしたわけですね。

山家社長

その通りです。弊社は「お客様の幸せを第一に」という言葉を掲げています。
弊社は永続企業を目指していますが、そのためにはお客様から信頼されつづけることが絶対条件。ですから、施工後もお客様との信頼関係がずっと続くようにしていきたいのです。

自分の仕事に愛情と誇りをもってこそ、お客様を幸せにできる

神興建設様のロゴ

スタッフ

御社は設立40年と伺いました。会社ができたころは、どんな状況だったんでしょうか?

山家社長

立ち上げたばかりのころは、お世辞にも会社とはいえない状態でしたね。会社の体制にテコ入れが必要でした。
それで、創業者の友達だった私が招かれたんですよ。

スタッフ

しっかりしている今の御社からは、ちょっと想像できませんね。
山家社長は、どんなポジションとして招かれたのですか?

山家社長

財務経理として入りました。しかし、資金繰りはもちろん、就業規則など会社のルール作りも担当しましたけどね。

スタッフ

重要な仕事を任されていたのですね。
山家様がご入社されたあと、会社の経営は順調でしたか?

山家社長

それが、本当に大変だったんですよ。平成3年、本社移転を準備していたときに、タイミング悪くバブルがはじけましたからね。
すでに土地を取得して建築に入る直前だったので、借り入れが8億円ほど残っている状態でした。仕方なく土地を3億円で売って、最終的には5億円くらい損切りするハメになったんですよ。

スタッフ

会社存続の危機におちいったわけですか。

山家社長

はい。多額の負債に加えて、資金繰りと受注の確保でも苦しみましたよ。
ですから会社の規模を縮小して、従業員も50人から20人に絞らざるをえませんでした。

スタッフ

それは辛いご経験ですね……。
しかし、今では立派なビルを構えるまで業績を伸ばしていらっしゃいますよね。会社を立て直し、成長できたきっかけは何でしょうか?

山家社長

一つ挙げるのでしたら、社員を教育するための勉強会を始めたのがきっかけではないでしょうか。
当時は外部から専門の講師を招いて、社員一人一人にご指導いただきました。営業目標や会社のあり方について講義してもらったんです。それで、社員の意識が変わったのだと思います。

神興建設様のビルの外観

山家社長

ちなみに、勉強会は今でも続けていますよ。
会社の基本的な方針や決算報告の説明を一日かけて全社員に伝え、社員に自身の行動指針をつくってもらいます。
また、個人のスキルを上げるために専門の講師を招いたり、建築物や他企業を見学する機会を設けたりしていますね。

スタッフ

そこまで手厚く社員教育を行うのは、なぜですか?
バブルでのご経験があるとはいえ、大きな負担になりそうですが。

山家社長

お客様と接するのは社員だからですよ。
やる気に満ちた社員が接客すれば、お客様に喜んでいただけますからね。

山家社長

ちなみに、全受注のうちの半分くらいは、リピーターのお客様から指名された係員が受けた特注です。ありがたいことに、係員が空くまで待っていただけるんですよ。
そこまで信頼されている社員たちだから、私や役員が現場に口を出す必要がありません。

スタッフ

それは凄いですね。
社員の方々によって、会社は支えられているのですね。

山家社長

弊社が社員教育にお金をかけているのは、自分たちがやっていることに対して、愛情と誇りをもってほしいからなのです。
そして、お客様に喜ばれる仕事をできるようになって、人間としても成長していってもらいたいですね。

協力会社を尊重し、お客様に良質な工事を提供する

インタビューに応じる社長

スタッフ

御社の強みは何ですか?

山家社長

優しい会社であるところですね。社員にとって居心地が良い会社であるだけでなく、下請け業者さんなど協力会社の方々も、私たちの大事な仲間だと思って接しているんですよ。

スタッフ

御社が自社の社員に優しいことは、先ほどのお話しからよく分かりました。
下請け業者さんに対しては、具体的にどのように接していらっしゃるのですか?

山家社長

たとえば万が一ミスが発覚した場合でも、一方的に責任を押し付けて下請け業者さんへ支払う報酬金を減らすといったことは絶対にしません。弊社も共に責任を負い、どうやって解決するべきかを一緒に考えます。

常務

実は、世の中には下請け業者さんにキツくあたる元請け会社が多いんですよ。法律による規制が必要なほどですからね。

スタッフ

そうなんですね。
でも御社はなぜ、積極的に下請け業者さんに優しくしているのですか?

常務

結局のところ、工事をする人が一番大切だからですよ。
弊社はよい仕事をして、お客様に喜んでいただきたいと考えています。お客様の幸せが第一ですからね。ですが、工事をする人がやる気を失ったら、お客様に満足していただける建物なんて絶対につくれません。

常務

本当によい建物をつくるためには、下請け業者さんと私たちが一丸となって取り組む必要があります。ですから、下請け業者さんと親しくしているんです。
ちなみに、弊社が運営する団体には、現在45社くらいの下請け業者さんが所属していますよ。

スタッフ

そんなにいらっしゃるとは驚きです。
御社は下請け業者さんからも信頼されているのですね。

山家社長

社員には、お客様はもちろん同僚や協力業者さんに対しても優しくあってほしいですね。
それがすべてお客様のためになりますし、その社員自身の成長にもつながりますから。

「神興建設株式会社」の文字

スタッフ

今後、何か目標はありますか?

山家社長

今のところ新たな目標はないのですが、社員数の増加や売り上げのアップは絶対に追求しません。
もし自社の利益を優先してしまうと、たちまち評判が悪くなります。いったん評判が悪くなってしまえば、次はありませんからね。
会社は規模ではなく、中身ありきです。ですから、全社員がお客様の幸せを第一に考えられる会社でありつづけたいですね。

常務

現場監督時代、会社の経営が苦しくなったときに、お客様がわざわざ仕事を回してくれたことがありました。
そのときは本当に感動しましたね。やってきたことが間違っていなかったと思いました。だから、社員にも自分の仕事に責任と誇りをもちつづけてもらいたいですね。

スタッフ

今後もお客様の幸せを第一に経営していきたい、というわけですね。
本日はお忙しいところ、ありがとうございました。

まとめ

顧客第一を掲げる企業はいたるところで見かけますが、本当に感動できる接客を味わえるケースはそんなに多くはないでしょう。
なぜなら、会社が描いている理想と現場で働く従業員の意識は、なかなか一致しないからです。

しかし、神興建設さんは違います。
まずは会社が社員と協力会社を大切にすることで、会社・現場で働く方々・お客様の三者間で幸せのサイクルを生み出しているのです。
現場で働く方々の責任と誇りある対応に、お客様は感動して幸せを感じるでしょう。

土地活用と不動産運営においては、数年先まで考え抜く姿勢が大事です。
だからこそ投資の相談先としては、目先の利益にとらわれずに、目の前にいるお客様を幸せにしようと最善を尽くす会社を選ぶべきです。

もし、これから投資を始めようかとお考えの方は、神興建設株式会社さんにぜひご相談ください。

会社名 神興建設 株式会社
代表者名 山家 茂夫
住所 〒153-0043
東京都目黒区東山2-1-2
電話番号 03-5768-8688
公式HP http://www.shinkou-kensetu.co.jp/
営業時間 8:30~17:30
主な業務 建物企画・施工
対応エリア 東京23区及び神奈川。車で1時間半圏内