株式会社白子秀隆建築設計事務所

白子さん

居心地のいい家とは、どんな家だと思いますか?

神奈川県川崎市を拠点に活躍されている、株式会社白子秀隆建築設計事務所の白子さんは、その問いに対し「余地を残した家」であると答えてくださいました。

白子さんは、使い方を自由に決められる余地を残した設計をすることで、お客様がいつまでも楽しく暮らせるようなお家づくりをされる建築家さんです。

今回は、そんな白子さんが建築設計をされる上でのやりがいや楽しさなどについて詳しくお聞きしました。
お家づくりを検討されている方は、ぜひご覧ください。

本質的に「楽しい家」や「居心地のいい家」をつくりたい

白子さんと猫ちゃん

スタッフ

早速ですが、白子さんが建築設計のお仕事をされる上でのやりがいについて教えて下さい。

白子さん

設計って「必ずこうすればいい」という答えがないんです。だから、クライアント様の要望を読み解くことで、最適解を探ります。つまり、いいデザインにするために、いろいろと考えたり検討したりするんです。
その結果、いいなと思えるデザインができてクライアント様に喜んでいただける瞬間は、建築家でないと味わえない喜びを感じます。それが大きなやりがいになっていますね。

スタッフ

いいデザインをつくるのは難しいことだと思うのですが、最適解を出すために気を付けていることはありますか?

白子さん

なるべくお施主様からの情報量を多くします。
単に見た目が格好いいだけのデザインにしても、薄っぺらいものしかできません。なので、用途や施工性といったいろいろな条件を抽出して、並べて、検討を重ねる必要があるんです。
そのためにも、情報量をいかに多くして整理整頓するかが大切になってきます。

スタッフ

「情報」というのは、お施主様からヒアリングする情報のことですか?

白子さん

その通りです。
打ち合わせではお施主様にいろいろと聞くようにしていますし、僕自身も「これはこうあるべきだ」という先入観は持たないように気を付けています

スタッフ

先入観を持たないように注意していても、うっかり自分のこだわりを優先してしまうことなどはないのですか?

白子さん

断固としたこだわりがある場合には注意しなければなりませんね。
設計事務所を運営していくにあたって、キャラクターやセールスポイントといったこだわりがあったほうがいいという意見も確かにあるのですが、自分は、こだわりは限定できないものだと考えているんです

スタッフ

それはつまり、白子さんは「この事務所では自然素材しか使いません」といった限定的なこだわりを持っていないということですか?

白子さん

そうです。
もちろん自然素材を使ったほうがいい場合は使いますが、そういった表面的なことに縛られず、本質的な部分を大切にしていきたいと思っています。

スタッフ

例えばどういった部分を大切にしているんですか?

白子さん

具体的には、「楽しい家」や「居心地のいい家」をつくりたいと考えています。
こういった本質的な部分を大切にしつつ、柔軟に最適解を探るようにしています

要望のバリエーションが多い住宅は、デザインを考える楽しみも大きい

ミタカのイエ

ミタカのイエ

スタッフ

住宅の設計をされる上での楽しさは、どんなところにありますか?

白子さん

病院や共同住宅といった建物に比べて、住宅は自由度が高いんですよね。
クライアントさんの個性もキャラクターも価値観もバラバラです。なので、毎回「こういう考え方もあるのか」「こういう住み方もあるのか」と気付かされています
屋移りの住居

屋移りの住居

スタッフ

中でも印象に残っているクライアント様はいらっしゃいますか?

白子さん

最近打ち合わせをしたお施主様は、閉所恐怖症気味の方なんですけど、「できればトイレのドアはつくらないでほしい」と依頼されました。
他の建築に比べて、住宅は圧倒的に条件の幅が広いので、それに対してどのようにデザインしていくかという楽しみは大きいですね。

スタッフ

確かにトイレのドアがない病院なんて普通はないですもんね。

白子さん

あとは、一般的に閉所恐怖症の方は、部屋に入ったときに窓がない行き止まりになっているスペースを苦手に感じるそうなんです。
なので、行き止まりをなくして通り抜けられるようにしたり、窓を多めにつくったりといった工夫も必要になりますね。
カマクラのイエ

カマクラのイエ

スタッフ

設計をするだけでも大変なのに、窓の多さなども考慮しなければならないのは大変ではありませんか?

白子さん

いいえ。
むしろ、お客様のほうが「閉所恐怖症である」ということをネガティブに捉えているかもしれません。
ですが逆に、僕はそれこそいい家になるためのヒントになるのではないかと考えてデザインをしています。

スタッフ

そう言われてみれば、行き止まりがなくて窓の多い家は、逆の見方をすれば開放的な家とも言えますもんね。

自由に使い方を決められるような、余地を残した設計をしたい

白子さんの自宅兼事務所

白子さんのご自宅兼事務所

スタッフ

このご自宅兼事務所も白子さんが設計されたんですよね。1階が事務所で、2階が居住スペースになっているのでしょうか?

白子さん

そうです。
さらに2階は、私の家族が住んでいるスペースと、母親が住んでいるスペースに分かれています

スタッフ

同じ家の中に3つのスペースが共存しているんですね。
1階の天井部分にも空間があるように見えるのですが、この部分はどうなっているんですか?
下から見た1.5階の部分

1階から見た天井部分

白子さん

僕は「屋根の空地」と言っているのですが、簡単に言うと1.5階です
断面図を見ていただくと分かりやすいのですが、屋根の上にもう1軒家が建っているような構造になっています

模型を使って説明する白子さん

スタッフ

珍しい造りですね。この1.5階部分には入ることもできるんですか?

白子さん

入れますよ。
ただ、屋根のように床が斜めになっているので、人が歩くとしたらキワの部分だけになりますね。
日当たりがよくて風もよく通るので、基本的には洗濯物を干したり猫が探索したりと、人の日常とは少し違う場所になっています
1.5階の部分

1.5階の部分

スタッフ

どうしてこのように人が立ち入りにくい形にしたんですか?

白子さん

子供の頃、実家で2階の子供部屋の窓から、こっそり1階の屋根上に出て過ごすのが好きだったんです。屋根の上って、部屋の中とは違う場所で、たまに出るからこそ非日常を味わえる場所だったんですよね。

スタッフ

懐かしいですね。
自分も屋根の上で花火を見たりしていました。

白子さん

ですが、これがもし普通のロフトや屋根裏部屋だったとしたら、屋根の上と違って、人が気軽に入れますよね。
そうやって気軽に入れる状態が続くと、その場所は次第にただの日常になり、だんだんと楽しさが減ってしまうと思うんです。

スタッフ

確かに、毎日使う場所はどうしても慣れてきてしまいますもんね。

白子さん

なので、自由な発想を大切にして、お客様に使い方を制限させてしまわないような設計がしたいと思ったんです。
「ここはソファを置く場所」「ここはテレビを見る場所」のようにお客様をがんじがらめにせず、余地を残したデザインをしていきたいですね。

スタッフ

なるほど。
白子さんは、お客様が自由に使い方を決められるような余地を残した設計をされているんですね。

白子さん

余談ですが、うちで飼っている猫もそうですね。
子猫の頃は天井の部分にのぼるのを怖がっていたんですけど、最近は梁の上を悠々と歩き回っているんです。建築当初はまさかキャットウォークになるとは思っていなかったので、予想外の使い方でした
インタビュアーの鞄に興味津々の猫ちゃん

インタビュアーの鞄に興味津々の猫ちゃん

スタッフ

遊ぶ場所がたくさんあって、猫ちゃんにとってもまさに「楽しい家」なんでしょうね

新しい家で送る、楽しい生活をイメージして家づくりをしてほしい

白子さんと猫ちゃん

スタッフ

最後に、これから新築を建てたいと考えている方に向けて、アドバイスやメッセージをいただいてもよろしいでしょうか?

白子さん

まずは、新しい家で新しい生活を送るという、楽しいイメージをたくさん持ってほしいです。

スタッフ

どうして楽しいイメージを持つことが重要なのでしょうか?

白子さん

家づくりって、とにかく手間もかかりますし、お金のことで悩まれる方も多いと思います。
ですが、別に予算が少ないからといって変な家になるわけではありません。要は「どうやったらその家で楽しめるか」を考えて家づくりをすることが、結果的に楽しい家になるための秘訣なんです。
なので、お客様には「楽しい家をつくろう」という気持ちを持ってもらうことが大切だと思いますし、その夢を実現するお手伝いをするのが僕たち建築家であると思っています。

スタッフ

なるほど。
仮に予算が少なくても、いろいろとイメージを膨らませて考えて、建築家さんと一緒に試行錯誤していけば、楽しくて居心地のいい家づくりはできるということですね。

値段感と坪単価

坪単価:85万円~

まとめ

事務所を散策する猫ちゃん

インタビュー中も自由気ままに事務所内をパトロールしていた猫ちゃん。
当初は家族の熱意に負けたことがきっかけで飼い始めたとのことですが、今では白子さんもすっかり猫ちゃんの虜になっているようです。

猫はずっと家の中で過ごす動物です。
そんな動物と触れ合うことで、白子さん自身も住まい方を見直すきっかけになったそうです。今後の展望として、動物も楽しめる家もつくってみたいと楽しそうにおっしゃっいました。

家族で暮らすための住み心地のいい家をつくりたい方はもちろんのこと、動物と一緒に楽しく暮らしたいと考えている方も、ぜひ白子さんに相談してみてくださいね。

会社名 株式会社白子秀隆建築設計事務所
代表者名 白子 秀隆
住所 神奈川県川崎市高津区北見方2-17-12SH-B
電話番号 044-844-2563
公式HP https://shaa.jp/
営業時間 10:00〜18:00
※土曜日・日曜日は定休日
主な業務 住宅、共同住宅などの設計
対応エリア 全国