StudioΓ(スタジオガンマ)

家、車、時計。古くから人生の3大支出と呼ばれているアイテムたちは、生涯でも数少ない大きなお買い物です。

この中で、車と時計は既製品であるのに対し、家はゼロから造りあげる特殊な資産。
具体的な商品が無い中で高額な費用を預けるのは、なかなか勇気がいることだと思います。

そこで本記事では、「ひとりひとりが思い描く様々な夢をカタチにする」設計事務所、StudioΓ(スタジオガンマ)さんをご紹介します。

StudioΓさんの建築に対するこだわりや、設計スタイルをぜひご覧ください。

夢をカタチにするお手伝いがしたい

千葉さん 本

スタッフ

千葉さんが、建築を好きになったきっかけはなんですか?

千葉様

母親が住宅を見て回るのが好きで、子供の頃から住宅の展示場へ連れられていました。といっても、特に買うつもりは無いんですよ(笑)。
その影響で、自分も建物を見るのが好きだったので、今思えばきっかけのひとつかもしれません。

千葉様

あと、何かを作るのも好きでした。男の子ならプラモデルや模型を作るかもしれませんが、自分はお菓子を作ったり、祖母から洋裁を習ったりしていましたね。
また、中学生の頃に行ったスペイン旅行で、世界遺産に登録されているガウディ建築に触れたのも良い刺激になったと思います。
ですので、中学や高校の時期には建築の道に進むことを意識していました。

スタッフ

ご家族や環境から、様々な影響を受けられたのですね。そこから働き始めて、独立をしたのはいつですか?

千葉様

複数の設計事務所で10年ほど働いた後に独立しました。
とある仕事を任されたタイミングで事務所を構えたのが、独立のきっかけですね。

スタッフ

そうなんですね。独立当初、大変なことはありましたか?

千葉様

独立前は当然、事務所の先生の下で仕事をしていましたが、自分が一人で全面に立ち、ゼロから考えて形にするのが大変でしたね。とはいえ、それが独立の面白さでもあるんですけど。

スタッフ

なるほど。それでは、今でも印象に残っているお仕事はありますか?

千葉様

どれも思い出深いのですが、独立当初の仕事は印象に残っていますね。
店舗の仕事をやらせていただき、じっくり時間をかけて自由に設計させていただきました。ちなみに、今もそのお店は営業を続けられています。

千葉様

住宅の場合、引き渡してから気軽に立ち寄るということは、あまり出来ないんですけど、そのお店は今でもお食事に誘ってくれたりします。
その方のお知り合いから仕事が広がったりもしたので、私の原点みたいなものですね。

スタッフ

今でもお付き合いがあるのは良いですね。現在千葉さんは、どんな思いで建築に携われていますか?

千葉様

住宅は、一生に一度のお買いものと言われますよね。私は、その大切な初体験のお手伝いをしたいんです。
具体的な物が無い状態でお金を出すことは、なかなか無い経験だと思うんですよ。
家に次ぐ高い買い物である車にしても、既に完成している商品を買うじゃないですか。

だから、ひとりひとりが思い描く様々な夢を、カタチにするお手伝いをしたいと思っています。

欠点すら昇華させるバランス感覚

本棚

スタッフ

千葉さんが手掛ける住宅設計の特徴などはありますか?

千葉様

私の設計は、シンプルなものが多いですね。あくまで私は空間を造って、細かい装飾は施主さんとしっかり考えます。
住まいという空間に色を着けていく作業は、住まわれている方がやっていく方が良いと思っています。
私が主張するべきところと、そうでない部分を見極めるのが大事ですね。

スタッフ

本質的な部分は、住まわれる方にしか分からないのですね。

千葉様

そうですね。それと、大事にしているのは予算や設計のバランスです。
コストに対して出来る設計って、限られるじゃないですか。
その中でどこにコストを掛けるかを考えると思うんですけど、完成した住宅のバランスが悪くなるのは良くないと思っています。

千葉様

造っていく途中に何か問題が起きても、それを活かせる設計をしたいです。
以前、エアコンの配管が室内に飛び出しているのが嫌だと仰ったお客様がいたんです。
でも、予算と構造的に、配管の位置を変えるのが難しかったので、内装の一部として溶け込むように設計をしたら、とても喜んでいただけました。

千葉様

欠点を欠点だと思わせないと言いますか、自然に活かせるような設計を心がけています。
やりたいことを盛りだくさんで詰め込む設計も良いんですけど、私は色々なバランスを考慮しますね。

スタッフ

マイナスポイントでも自然に活かせるのは、相当な技術だと思います。
それでは最後に、これから新築を建てたいと思っている方へメッセージをお願いします。

千葉様

新築を建てるときは、具体的な意見や構想が固まっていないといけないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません
施主さんのご要望やイメージを咀嚼してからご提案するので、ふんわりとイメージで伝えてくれるほうが、良いものができると思っています。あんまり硬いと噛みづらいですからね(笑)。

建物の写真を持ってきて、「こういう感じが好き」というアプローチでも全然構いません。気軽にご相談いただければと思います。

まとめ

千葉さん 対談

StudioΓさんでは、新築に対して具体的なイメージが出来ていなくても、気軽にご相談ができます。

代表の千葉さんは物腰が柔らかく、とても話しやすい建築家さんなので、ぜひ自分のイメージをふんわりでも伝えてみてください。

それが、ご自身の夢をカタチにできる第一歩になるはずです。

会社名 Studio「一級建築士事務所
代表者名 千葉 淳子
住所 〒156-0056
東京都世田谷区八幡山3-35-24
電話番号 03-6379-6277
公式HP http://www.gamma-co.net/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 住宅・建築設計・監理、インテリアデザイン
対応エリア 都内近郊 
※遠方は交通費考慮で対応可できる場合あり