株式会社スタジオ・ノア

森代表

株式会社スタジオ・ノアの森代表は、小さい頃から建築一筋。著名な設計事務所で修行を積んだのち、独立されて30年以上になる熟練の建築家さんです。

そんな森代表ですが、打ち合わせではWebミーティングを活用されたり、お施主様には常に新しい提案をされたりと、時代の潮流に乗った建築設計をしていらっしゃいます。

この記事では、そんな森代表が家づくりをする上で大切にしていることや、これから新築を建てようとしている方に向けたメッセージなどについてご紹介します。
ぜひ参考になさってください。

小さい頃から建築一筋だった

森代表

スタッフ

早速ですが、森代表が建築の道を志したきっかけを教えてください。

森代表

両親が言うには、私は小さい頃から工事現場を見るのが好きで「将来は大工様になる!」と言っていたそうです。

スタッフ

大工さんではなく、大工“様”とおっしゃるほど憧れていたんですね。

森代表

そうなんです。工事現場の周辺に落ちている木片を拾ってきては、大工さんの真似をして何かしらつくっていた子どもだったと聞いています。
そのためか、中学・高校・大学と進んでいく中で、自分の職業に関しては何の疑問も抱かずに建築の道に選んでいました

スタッフ

なるほど。
ですが、どうして大工さんではなく建築家になろうと思われたのですか?

森代表

実は、大学の建築学科に入って「いつになったら大工になれるんだろう?」と思っていたときに「ここは大工になるところじゃないよ」と言われまして、そこで初めて建築家という仕事を知ったんです。

スタッフ

大学に入学するまで建築家を知らなかったんですね。

森代表

そうなんですよ。
ですが、大学での勉強を通していろいろな建物をつくることのできる建築家の仕事が面白そうだと感じるようになり、次第に建築家を目指すようになりました

スタッフ

建築家と大工という違いはありますが、森代表はずっと建築一筋だったんですね

楽しくてワクワクするような家づくりをしたい


スタッフ

家づくりをされる上で大切にしているのはどんなことですか?

森代表

楽しくてワクワクするような家づくりをしたいと思っています。
そのため、常に世の中にない建物をつくり、いつも次のステップでお客様の悩みを解決する方法を模索しています

スタッフ

過去に似たような条件で建物をつくった経験があったとしても、別のアプローチをされるんですね。

森代表

その通りです。
こうして新しいことに挑戦していると、いままで経験したことのない問題に直面することがあります。その場合に、どうやって問題を解決するか?という新しい引き出しも増えていきます

スタッフ

すごいですね。
自分だったら面倒臭がって「あのときうまくいったから、あのときと同じ方法にしよう」と思ってしまうかもしれません。

森代表

私のやり方は、普通の人と比べると非効率的かもしれません。ですが、無駄と思われることの中にこそ、新しい可能性があるんじゃないかと思っています。

固定観念にとらわれない家づくりをしてほしい

森代表

スタッフ

最後の質問となりますが、これから新築を建てたいと考えている方に向けて、アドバイスやメッセージをお願いします。

森代表

そうですね。
例えば、周りの家を見渡したときに、どれも同じような間取りで同じような外壁を使っているなと感じたことはありませんか?

スタッフ

言われてみれば、1階にLDKがあって2階に子ども部屋があるような、スタンダードな間取りが多い印象があります。

森代表

そういった一般的な間取りは、夫婦と子ども2人の家族をベースに作られた、昔ながらの間取りです。
ですが、現在は家族の在り方も大きく変わりつつあります

森代表

例えば、地方は東京に比べて家や敷地が大きいもかかわらず、住まう人はどんどん少なくなっています。そこで、せっかく家を建て替えるのなら、身内同士で集まって住もうという家族がよくあるんです。

スタッフ

身内同士で住むとは、どういうことですか?

森代表

つまり、同じ屋根の下で叔父も叔母も姪っ子もみんなで住むんです。お母さんと伯父さんが同じ部屋になることもありました。不思議な感じですけど、当の本人たちは兄妹だから気にしないとおっしゃっていましたね。

スタッフ

そういった住まい方もあるんですね。
何だか身内同士のシェアハウスみたいで楽しそうです。

森代表

他には、ご夫婦と成人した2人の子どもが暮らすための家をつくったこともあります。その子どもは独身だったので、つまるところ、大人4人がこれから暮らしていくための家ですね。

スタッフ

間取りはどうするのですか?

森代表

共用部分のほか、それぞれの個室を4部屋つくりました。なので、家というより寮みたいですね。

スタッフ

なるほど。
そういった家族の形もあるのですね。

森代表

最近では、結婚しない選択をする人も増えていますし、地方で身内同士のシェアハウスをつくることも珍しくありません
つまり「夫婦と子ども2人で暮らす」という住まい方が、もはやスタンダードではなくなっているんです。

スタッフ

ですが、現状は似たような間取りの家が多いですよね。それはどうしてでしょうか?

森代表

お施主様ご自身が無意識のうちに「家とはこういうものだ」という固定観念を持って家づくりをされているからかもしれません。
実際、私のところにいらっしゃるお施主様も、最初は皆さん同じようなご要望をされるんですよ。

スタッフ

固定観念をお持ちのお施主様がいらっしゃったら、森代表はどうされるんですか?

森代表

これまで手掛けてきた家の事例をご紹介しています。そうすると「こんなこともできるんだ」とよくびっくりされます。

スタッフ

最初からいろいろな希望をお持ちのお客様ばかりではないんですね。

森代表

そうですね。打ち合わせをする中で、家づくりに対するお施主様の意識を変えられればなと思っています。
インタビューをご覧になっている方には、ぜひ、家づくりにはたくさんの可能性があるのだということを知っていただければと思います

値段感と坪単価

坪単価:65万円~100万円

まとめ

株式会社スタジオ・ノアさんの手掛けられた建物は、動画としてYouTubeに掲載されています。これは「静止画だけでは建物の様子が伝わりにくいかもしれない」と案じた森代表の考えたアイディアとのことです。

理想のお家を建てたいと考えている方は、ぜひ森代表に相談してみてください。森代表なら、「長年の経験」と「新しい時代」を融合した視点で、あなたの予想を超えるお家を提案してくれることでしょう。

会社名 株式会社スタジオ・ノア
代表者名 森 信人
住所 〒165-0034
東京都中野区大和町1-67-6
電話番号 03-6383-0592
公式HP https://www.s-noa.jp/
営業時間 9:00〜17:00
主な業務 建築の設計監理、コンサルティング、プロダクトデザイン
対応エリア 全国(別途交通費がかかる場合がございます)