すまいる設計事務所

古茶 珠枝さん

会社を設立されてから20数年が経つすまいる設計事務所さん。
設立当初から、チラシのポスティングやホームページ作成などの営業行為をせず、リピーターやご紹介のお客様をとても大事にされています。

この記事では、そんなお客様が絶えないすまいる設計事務所さんの代表、古茶(こちゃ)さんの優しいお人柄や、住宅設計を手掛けるうえで大切にされている想いやりがいをご紹介いたします。

住まい手の「気持ち」をとことん優先した家づくり

古茶 珠枝さん

スタッフ

古茶さんは、住宅を手掛けるうえで、どんなことにやりがいを感じられますか?

古茶 珠枝さん

家が完成したときに、お施主さんから「古茶さんに頼んでよかった」と喜んでいただけることです。
そのやりがいは、住宅を手掛け始めたときからずっと変わりません

スタッフ

お施主さんに喜んでいただけることが、古茶さんの原動力になっているのですね。
では、お施主さんに喜んでいただくために、意識されていることは何でしょうか?

古茶 珠枝さん

そうですね……お施主さんの家に対する要望や気持ちを、とことん聞いてあげるようにしています。
私は、住まい方や家に求めることは人それぞれ違うと考えています。
そのため、設計者である私の主観的な考えを押し付けるのではなく、お施主さんの想いを尊重したうえでプランニングすることは、つねに心掛けています。

古茶 珠枝さん

スタッフ

古茶さんの家づくりは、まずお施主さんの想いを汲み取ることから始まるのですね。
では、その想いを大切にするようになったのはなぜですか?

古茶 珠枝さん

人と人が密接に関わるからこそ、お施主さんにとって満足感のある家ができる」と気づけたからです。
以前勤めていた工務店で、お施主さんから新たなお施主さんを紹介してくれることがあったんです。
そんなことが増えていったときに、「人とのつながりを大事にしていこう」と心に決めました。

スタッフ

お施主さんの想いを生かした設計をされているのは、人とのつながりを大事にしたい想いがあるからなのですね。

古茶 珠枝さん

また、その工務店では、設計の経験だけでなく、現場でしか得ることのできない経験を積むこともできました。
色々な職人さんや大工さんから知識を得たり、色々なお客様と打ち合わせをしたり。
「お施主さんの要望をどうやって形にしていくか」を試行錯誤しながら建築を学んだ経験が、今でも生かせていると思います。

ともに家づくりをする仲間へ、感謝の気持ちは忘れない

スタッフ

古茶さんが、住宅設計を手掛けるうえで大切にされていることはありますか?

古茶 珠枝さん

一緒に家づくりをする人たちへ、感謝の気持ちを忘れないことです。
私が設計士として未熟な頃は、色々な壁にぶつかることが多かったんです。だけど、たくさんの職人さんが協力して問題を解決してくれたり、難しい施工にも対応してくれたりしたおかげさまで、私は今も設計士として仕事を続けられています。

古茶 珠枝さん

古茶 珠枝さん

そのため、家づくりに携わってくれている人たちが負担にならないように工夫するなど、家づくりをする仲間として、お互いに助け合う環境をつくることを大切にしていきたいと思っています。

古茶 珠枝さん

また、お施主さんに対しても同じ想いを持っています。
以前、身内に設計士がいるのにも関わらず、私に設計を頼んでくれる方もいらっしゃいました。
設計者が数多くいる中で、「私を選んでいただいた」という感謝の気持ちも大事にしていきたいです。

スタッフ

色々な方にサポートしていただいた経験を持つ古茶さんだからこそ、いま関わっている人たちへ深く感謝することができるのですね。

スタッフ

今後家づくりをするうえで、新たに取り組んでいきたいことはありますか?

古茶 珠枝さん

お施主さんの想いを、他のスタッフと共有しながら家づくりをしていきたいと思っています。
私は、家づくりに参加する人数が多いほど、アイディアの引き出しは何倍にもなると思うんです。以前、複数のスタッフたちと色々な知識を出したときには、コストを抑えつつも質の高い家を手掛けることができました。
より一層、お施主さんにとって満足感のある家を手掛けるために、色々な価値観や考え方をどんどん取り入れていきたいと思います。

古茶 珠枝さん

スタッフ

最後に、新築を建てる方に向けて、家づくりのアドバイスをお願いいたします。

古茶 珠枝さん

家づくりは一生モノですから、「せっかくなら、良い土地で良い材料を使った家を建てたい」と思う方は多いかと思います。
しかし、一見メリットが多いと感じるものでも、お客様にとってはデメリットになるものかもしれません。
そして、その判断をするのは、お客様には難しいと私は思っています。そのため、信頼できる建築のプロと、一緒に悩みながら家づくりをすすめていくことをおすすめします。

古茶 珠枝さん

うちでは、小さな心配ごとやお悩みごとでも、ご相談に乗らせていただきます。ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

値段感と坪単価

坪単価:50万円~(木造住宅)

別途設計料がかかります
木造住宅の坪単価は50万円~で、別途設計料がかかります。

まとめ

古茶 一枝さん 古茶 珠枝さん

古茶さんと、古茶さんの旦那さん
旦那さんは、自治会長など地域の活動を頑張っています

代表の古茶さんは、温和でお話のしやすい雰囲気をお持ちの方だったので、終始和やかにお話をすることができました。
この雰囲気をお持ちなうえに、人とのつながりを大事にされているからこそ、ご紹介やリピーターのお客様が絶えないのだろうと感じました。

住む人の気持ちをとことん汲んでくれる古茶さんとともに、素敵な家づくりを叶えてみてはいかがでしょうか。

すまいる設計事務所さんの看板

この看板が目印です

会社名 すまいる設計事務所
代表者名 古茶 珠枝
住所 〒243-0812
神奈川県厚木市妻田北3-7-40
電話番号 046-225-4016
営業時間 10:00~18:00
定休日:土、日、祝
主な業務 住宅の設計・監理業務、リフォーム・リノベーションの設計・施工監理
対応エリア 県央(事務所から、車で1〜1.5hほどまで)