株式会社神奈川建築職人会

株式会社神奈川建築職人会は「お客様を第一に考えた仕事をしたい」と願う有志が集まって発足された職人集団です。

代表の小林さんは、お客様と喜びを共有できる建築の仕事に喜びを感じて他業種から転身され、お客様第一の経営をされていらっしゃいます。

お客様からのリフォームのご相談に対し、時には大胆に建て替えをおすすめする。
その背景には「お客様に後悔をして欲しくないから」という想いがあります。

そんな小林さんの住宅造りに対するこだわりを、お伺いしました。

原体験に基づく経営理念“人から感謝されることを働く幸せとする”

スタッフ

小林さんは飲食業から建築業に転身されたとお聞きしていますが、建築のお仕事にはどのような魅力があるとお考えでしょうか?

小林さん

一番の魅力は、お客様と喜びを共有できることです。
私は建築の仕事を始めた当初、外装の職人としてリフォームの仕事をしていました。
古くなった家を綺麗にする仕事ですから、どこの現場に行ってもお客様は喜んでくださいます。
休憩時間にお菓子や飲み物と一緒に「お疲れ様」の言葉を頂けるたびに、働くことに喜びを感じていましたね。

スタッフ

お客様の感謝の気持ちが直接伝わることに、魅力を感じたわけですね。
ご自身で会社を経営されるようになった今でも、お仕事を始めた当初の想いは変わりませんか?

小林さん

はい、根本的には変わっていませんね。
当社は創業当初から今までずっと“人に感謝されることを働く幸せとする”という趣旨の経営理念を掲げています。
私の原体験に基づいた経営理念なので、ブレることがないんです。

お客様を第一に考えた仕事をしたい有志が集まり、会社が出来た

小林さんの写真

スタッフ

“神奈川建築職人会”という会社名は、珍しいネーミングですよね。
何か意味はあるのでしょうか?

小林さん

“神奈川建築職人会”は「お客様を第一に考えた仕事をしたい」と願う、有志の職人が集まって発足された職人集団なんです。
職人が業者の下請けで仕事をしてしまうと、業者が中抜きをする分の料金までお客様がお支払いすることになります。
お客様に適正な価格でリフォームや新築を提供出来る仕組みを作るために、神奈川建築職人会は発足されました。
神奈川建築職人会

神奈川建築職人会は、お客様に適正な価格で技術を提供したいと願う職人の有志が集まり、発足された団体です。

スタッフ

素晴らしいお考えですね。
御社のような会社は、多くのお客様から必要とされると思います。
いままで、店舗展開など規模を広げようとはお考えにならなかったのでしょうか?

小林さん

以前は店舗展開をしていましたよ。
おっしゃる通り、当時は私も事業を拡大することで多くのお客様に喜んで頂けると考えていたんです。
しかし、人を増やしていったことでマイナスの作用が起きてしまい、現在は一店舗にしているんですよ。

スタッフ

何があったのでしょうか?

小林さん

多くの人を雇うと、中には雑な仕事をしたり、無責任な仕事をする従業員が出てきます。
すると、真面目に仕事をしている人には到底理解できないようなクレームが発生するんです。
当時は何千件もの依頼を受けていたので、全ての工事がきちんと行われているか私自身が把握できなかったことに原因がありました。
その代償として、年間1000万円以上の無償工事をしましたね。
多くの人を管理することの難しさを感じました。

スタッフ

せっかくホスピタリティの高いメンバーで発足された会社なのに、勿体ないですね。
それで、どうされたのでしょうか?

小林さん

私自身が色々な資格を取得して、各方面に対応できるようにしたんです。
建築士の資格、施工や水道、排水など、色々な資格を取ったんです。
もともと私は職人上がりの職人気質ですから、自分で全て見れないと気が済まなかったんですね。
その時の経験から、現在は“仕事を取る”のではなく“その人にとって一番の策をアドバイスする”というスタンスで、お客様を一番に考えた仕事をするようにしています。
小林さん

一つ一つの工事に対して、責任を持ってご自身の目を行き届かせたいと語る小林さん。

お客様が後悔しないよう、大胆な提案をすることもある

仕事風景

スタッフ

神奈川建築職人会さんの、新築・建て替えの強みを教えてください。

小林さん

当社の新築はローコストなんです。
ですが、ただ安いだけではなく、性能重視の住宅を建てますよ。
断熱や遮熱性、省エネ、太陽光発電、床暖房、食洗器など、本来ならば少し贅沢なものを標準装備でつけるんです。
あとは、補助金を使った木造の耐震構造が得意ですね。

スタッフ

建物を丸ごと考えられる小林さんならではの強みですね。
他にも強みはありますか?

小林さん

私が自分で確認申請や設計をするので、10分、20分で図面の概要を出せることですね。
多くの工務店やハウスメーカーは設計部と営業部が分かれているので、確認に何週間も時間を必要とします。
それに、営業マンは設計や現場のことが分からないので、細かい部分まで相談できません。
私はもともと職人だったので現場のことが分かりますし、建築士でもあるから設計も分かるんです。
全部まとめて相談に乗る事が出来ますよ。
小林さんの打合せ風景

設計士であり元職人である小林さんは、多角的な視野からの提案力が強みです。

スタッフ

それも、小林さんが建築全般について学ばれたからこそ実現できる事ですよね。
素晴らしいことです。
神奈川建築職人会さんにお越しになるお客様からは、どのような相談が多いのでしょうか?

小林さん

当社は横浜市の補助金を利用した耐震補強の症例数が、横浜市内でも多い方なので、耐震補強の相談が多いですね。
耐震補強以外でも、総じて多いのはリフォームの相談です。
でも、リフォームをおすすめしない場合もあるんですよ。

スタッフ

なぜでしょうか?

小林さん

お客様に後悔して欲しくないからです。
例えば、古い家は基礎から耐震性が低いので、中途半端に耐震補強をしても、10年後、20年後に再工事が必要になる可能性があるんです。
だったら、リフォーム代金を頭金にして、基礎から全て建て替えた方が良い場合もあるんです。

スタッフ

確かにそうですよね。
リフォームを生涯で何度も行うより、一気に建て替えた方が総額を安く抑えられたり、何度も発注をする手間もかからない可能性が高いですね。

小林さん

そうなんです。
何か事情があって建て替えが出来ない場合もあるでしょうから、無理強いはしませんが、専門家の意見としてはお伝えするようにしています。

スタッフ

「とりあえず仕事が取れればいいや」という無責任な営業ではなく、お客様にとって一番の策をお伝えする経営方針であることが、よく分かりました。

小林さん

結果的に、仕事にならないケースもあるんですよ(笑)
建て替えよりも中古マンションに住んだ方が良い場合もありますし、建て売り住宅を買った方が良いケースもあるんです。
そのご家族ごとに家にかけられるご予算も違いますから、お金の計画もお伺いしてアドバイスするようにしています。
小林さんのアドバイス

お客様に最も適した策がリフォームや建て替えでない場合、ご自身にとっての損得勘定は考えず、ハウスメーカーの建て売りや中古マンションの購入を勧めることもあると語る小林さん。

スタッフ

それは心強いですね。
これから新築をお考えの方々へ、小林さんからのアドバイスがあれば教えてください。

小林さん

どんな家を建てるかは人それぞれですから、一概にアドバイスをすることは出来ません。
ですが、全ての方に言えるのは“業者選びが一番”であることだと思います。
その人の選択肢は本当にそれでいいのか、根本から考えてくれる業者を選ぶと良いですね。
本当にリフォームで良いのか?
建て替えた方がいいのか?
あらゆる選択肢があること自体、お客様は考えたこともありません。
当社は、プロとして広い視野を持ってアドバイスできますよ。
ぜひ、ご相談にお越しください。

口コミ、評判

神奈川建築職人会さんの口コミを拝見すると、打ち合わせの丁寧さや提案力の高さにご満足されていることが分かります。
一方で、職人さんのマナーや施術への不満の声も見受けられました。

しっかりと打ち合わせしてくれます

どのようにリフォームをしたいかの希望の聞き取りを、しっかりと打ち合わせしてくれます。素人では気づかない使い勝手の善し悪しのアドバイスもしてくれるので、助かります。施工についてはそれぞれの箇所の専門者が分業で行うため、入れ代わり立ち代わり施工者が違いますが、それぞれ丁寧に施工してくれます。どちらの事業者に依頼しても経年劣化はありますが、10年経った今でも施工自体の不具合はありません。価格は2社の相見積もりにより、廉価なこちらの事業者に決定しました。ただ一つ気になることは、最終確認チェックをしに来た女性が、数名の施工者(?)を引き連れて、名刺も一言の挨拶もなく上がり込み、リフォーム箇所を見て回りました。そして、チェックを終えて帰る時も全く挨拶なしで玄関を出て行きました。施工者の方々は皆さん感じが良かっただけに、少し驚いた記憶があります。

引用:リフォーム情報館|神奈川建築職人会の口コミ・評判情報

保証内容、職人の腕のバラツキが多く値段に見合わない

以前塗装を頼んだ時に良い職人さんだったのでリフォーム見積りをお願いしたが、大手HMより高い見積りに驚いた。
しかも保証内容、職人の腕のバラツキが多く値段に見合わない。知人の職人に聞いた所、数人の会社。職人の人材派遣会社の形態。現場監督不在。仕事を自分で取れない職人がこの会社に登録して仕事を貰っているとのこと。

引用:Google|すべてのクチコミ

まとめ

従業員の写真

株式会社神奈川建築職人会の小林さんは、お客様第一の経営をされていらっしゃいます。

「お客様に後悔をして欲しくないから」という想いをお持ちで、プロとしてあらゆる可能性を提案されています。
お客様からのリフォームのご相談に対し、時には大胆に建て替えをおすすめするというお話しはとても印象的でした。

小林さんに家造りをお願いしたい方は、神奈川建築職人会にお問い合わせください。

会社名 株式会社神奈川建築職人会
代表者名 小林 政道
住所 〒246-0037
神奈川県横浜市瀬谷区橋戸2-2-1
電話番号 045-303-0238
公式HP https://www.shokuninkai.co.jp/index.html
営業時間 9:00~18:00
主な業務 建物設計・設計監理・建物施工・施工管理
対応エリア 神奈川県・東京都西部・その他地域応相談