有限会社高橋建築研究所

新築を購入する際は、一般的にハウスメーカーや工務店のみに依頼する方が多いです。

一方で、ハウスメーカーなどのパターン化されたお家ではなく、建て主さんの目線から住みやすい独自のお家を設計してくれる、設計の専門家「建築設計士」に依頼する方法もあります。

今回ご紹介する高橋建築研究所さんは、建物の見た目だけでなく人間の五感を重視することで、暮らしの中で幸せな空間を演出してくれる建築設計士さんです。

本記事では、高橋建築研究所さんの髙橋社長のインタビューを基に、幸せな空間を造るためのこだわりや独自の方法をご紹介していきます。

経験により培った、独自の感性とセンス

施工実績

スタッフ

高橋社長は、どのようにして設計士になられたのですか?

髙橋社長

元々設計やデザインがやりたくて、明治大学の建築学科に進んだんです。
卒業してからは、ゼネコンの設計事務所に就職しました。

スタッフ

就職してから、苦労した点などはありますか?

髙橋社長

現場と設計士との板挟みになったのは大変でしたね。私は製図を任される事が多かったんですけど、当時は施工中に設計が変わるのが普通だったんですよ。
いわゆる「建築は生き物」という考え方には悩まされました。
高橋社長 下積み時代

高橋社長が就職された設計事務所にて。下積み時代のお写真です。

スタッフ

そうなんですね。独立をしたタイミングはいつごろですか?

髙橋社長

独立したのは、就職してから10年後ですね。
10年の間、多くの建物に触れる機会があり、「自分のやりたい設計」が見えてきたんです。
でも、設計事務所では社長の方針やこだわりが設計に反映されるので、ここに居たままじゃ自分のやりたい設計が出来ないと思い、独立に至りました。

スタッフ

長い下積み時代を経て、現在の体制になったのですね。

髙橋社長

大学も含め、下積み時代は様々な経験をしました。ヨーロッパへ行って歴史的な建造物を見て回ったり、構造や設備のバランス、光の入れ方などを勉強したり、設計の知識や感性を磨きましたよ。

「光、匂い、手触り、空気感のトータルが建築」という意識

設計図

スタッフ

家造りで大切にしている意識はありますか?

髙橋社長

大切にしているのは「建て主さんとお互いに造っていこう」という意識です。設計するのは私ですが、建て主さんの要望は積極的に取り入れたいですね。
ただ、昨今は家に対してあまりこだわりを持っていない方も多いんです。
私としては、建て主さんの思いを取り入れて、私の知識や感性を加えた上でもっと良いもの、ベストを考えていきたいですね。

スタッフ

建て主さん参加型の設計なのですね。

髙橋社長

もちろんです。後は見た目だけでなく「五感」全てで感じられるモノを大切にしています。

スタッフ

五感ですか。

髙橋社長

家という空間は、視覚だけでは構成されません。光、匂い、手触り、空気のトータルが建築なんです
例えば、プラスチックに木目柄の印刷物を貼り付けた建材って結構あるんですよ。視覚的にはそれでも良いかもしれませんが、木材を使用する理由は「見た目の良さ」だけではないですよね?
木の匂いや手触りを活かしたい場合は、本当の木材じゃないと意味が無いんです。
触覚や匂い、空気感……そういった五感から包まれる雰囲気を重視して設計をしています。

スタッフ

設計士さんでありながら、芸術家のような感性も持ち合わせているのですね。

精密な3Dモデルにより、スムーズな工事を実現

3Dモデル

設計段階の3Dモデル。構造から細かく設計していきます。

スタッフ

設計において、他社とは違う強みはありますか?

髙橋社長

うちでは、設計の際に3Dモデルを採用しています。
躯体の構造だけでなく設備も細かく設計し、内装の光沢までリアルに3Dで再現が出来ます。
実際に画面をご覧ください。
3Dモデル 外観

3Dモデルの外観。庭の植え込みや駐車スペースも再現。

3Dモデル 内装

内装のモデルはまるで写真。実際の建物を完全再現しています。

スタッフ

想像以上にリアルですね!内装も、まるで施工後にモデリングしたような精巧さです。

髙橋社長

3Dモデルをより現実の建物に近づけることで、完成イメージが鮮明になるので、施工者との認識のズレを防ぐ事ができます。
先程も少しお話しましたが、この業界は施工中に設計が変わるのが普通だったんです。
しかし、事前に精密なモデリングをすることで、工事開始後に変更や調整が必要なくなります。

スタッフ

では、その分工事日数も短縮できるのですか?

髙橋社長

そうですね。現場もやりやすくなるので、人件費のコストを抑えられますよ。
ちなみに、設計料は工事費用の8%です。相場は10%くらいなので、相場よりも安価に請け負っています。

住宅のこだわりを持つ方と、喜びを共有したい


スタッフ

設計士のお仕事をしていく上で、大切にしている想いはありますか?

髙橋社長

住宅へのこだわりや、自然との調和を大切にしている人に尽くしたい、という想いは強いですね。
やっぱり、今の御時世では、なかなか住宅へのこだわりを持っている人は少ないですから。
私の設計を魅力的に感じてくれる人が少しでもいるなら、その人たちが五感で楽しめるような、暮らしていて楽しくなる家を設計したいですね。

髙橋社長

正直、設計士はニッチな需要であると思っています。住宅に対してあまりこだわりが無い方にとっては、ハウスメーカーなどのパターン化されたお家でも問題ないですからね。
でも、やっぱり生活に楽しさ、幸福が生まれなければ設計とは言えないと思っています。そういう世界観を建て主さんと共有したいです。

スタッフ

ただ家を造るだけでなく、建て主さんの幸せな暮らしを設計するお仕事なのですね。

髙橋社長

経済学者のフリードマンは、「資本主義の良いところは、全員に認められなくても良い社会であること」だと述べていました。要するに、誰か1人にでも認められれば、生きていけるチャンスがあるんです。
たとえニッチな需要であっても、幸せな空間を造る価値観を共有できるお客様と一人でも出会えれば、とても幸せなことだと思います。

口コミ、評判

素敵な家を建てて頂きました。

個性的かつ使いやすい良い家です

引用:Googleクチコミ | 有限会社高橋建築研究所・一級建築士事務所 本社

まとめ

髙橋社長はニッチな市場の中でも、幸せな空間を築きたいと思っている建て主さんのために、ご自身の知識と感性を全力投球されていました。

見た目だけでなく五感を大切にし、家に居るのが楽しくなるような独自性のある設計は、ハウスメーカーや工務店とは趣が異なります。

建てたその時だけでなく、長年のマイホーム生活を幸せな空間で過ごしたい方は、ぜひ、高橋建築研究所さんにご相談されてはいかがでしょうか。

会社名 有限会社高橋建築研究所
代表者名 高橋 寛
住所 〒133-0052
東京都江戸川区東小岩1丁目3番16-102号
コスモ小岩スカイタウン
電話番号 03-5694-3866
公式HP http://www.tarch.jp/index.html
主な業務 新築、リフォーム各種設計
対応エリア 東京都 多摩地区