高波建設株式会社

高波社長

高波建設株式会社さんは重構造のデザイナーズ住宅を検討されている方におすすめの業者さんです。

高波建設の高波社長は創成期の頃からデザイナーズ住宅を開拓してこられた方です。
現在、高波建設さんでは鉄骨造、RC造のデザイナーズ住宅を専門に建てられています。

この記事では、高波社長のインタビューをもとに、高波建設さんの特徴や家づくりに対するこだわりや理念を紹介していきます。

真似できない高波建設のデザイナーズ住宅

スタッフ

高波社長は以前ハウスメーカーにもお勤めだったと聞いております。
なぜ、独立をしようと思ったのですか?

高波社長

きっかけは務めていた会社が倒産したのを機に、当時お世話になっていたオーナーさんが後押しをしてくれたのがきっかけです。
「しばらく面倒を見てあげるから独立してみないか?」と言ってくれたのです。
おそらく、自分だけでは独立する決心はできなかったと思います。

スタッフ

お仕事を通して、高波社長の実力を見抜いていた方がいたのですね。
創業してからどれくらいになりますか?

高波社長

今年で13年目になります。
おかげさまでなんとかやってこれています。

スタッフ

ハウスメーカーや工務店さんなどたくさんの競合がいる中で、10年以上もやられているのはすごいと思います。
高波建設さんでは何か他社と差別化をされているのですか?

高波社長

うちはRC造と鉄骨造がメインです。
木造はほとんどやっていません。

スタッフ

建設業界では木造を取り扱う業者さんが多い中、まさに逆の戦略ですね。
RC造や鉄骨造を取り扱う知識はどのようにして培ったのですか?

高波社長

以前ハウスメーカーで働いていた時、工事担当を任されていました。
その時、設計図から設計士さんの意図を汲み取って、施工現場の監理をしながら鉄骨やRC造の扱いを覚えていきました。

スタッフ

ハウスメーカーで働いていた時の環境を活かして勉強をされたのですね。

高波社長

当時は、デザイナーズ住宅が流行り始めた頃だったので、タイミングが良かったのもあります。鉄骨やRC造は木造では出せない雰囲気や演出ができますからね、ちょうど注目されている時でした。
設計士さんの図面を見てどういう意図があるのかを汲み取ったり、どのような仕様がお客様にウケるのか、どんなニーズがあるのかなど徹底的に勉強しました。

スタッフ

鉄骨やRC造がメインですと坪単価も高くなりますか?

高波社長

業界的には高くなると思います。
でも、うちは安い工事にも自信があります。
極端に高いか、安いか、むしろ中途半端な金額の仕事はほとんどないですね。
最近では材料費がかなり上がって来ていますが、条件によっては1,500万円程度で施工できる場合もありますよ。

スタッフ

取り扱う建物の構造を絞って、価格面にも注意をしてお仕事をされているわけですね。

職人さんは価格よりも質で厳選

高波社長

スタッフ

ずばり、高波建設さんの特徴は何だと思いますか?

高波社長

うちは良くも悪くも少数精鋭でやっているところだと思います。
納得の行く仕事をするためには工事の品質はおとせません。
なので、工事を一緒にやっていく業者さんも相見積りで決めたりはしません。

スタッフ

付き合う業者さんでさえを厳選しているのですね。

高波社長

信頼できる業者さんと長くお付き合いをすることで、息のあった作業、スムーズな仕事に繋がります。

スタッフ

建設工事では付き合う業者さんの数も多そうですね。
工事の期限やスケジュール管理が大変そうです。

高波社長

うちは絶対に期限が遅れることはありません。
関わる業者さんごとにスケジュールがあるのはもちろんですが、それよりも期限が守れない工事は儲かりません。
スケジュール管理ができないと、余分な人件費が掛かって職人さんの利益が出なくなります。
でも、うちと取引のある協力業者さんには利益の出ない仕事をしてもらったことは一度もありません。

スタッフ

作業の効率化だけでなく、経営としての理念でもあるわけですね。

高波社長

協力業者さんは自分たちのために時間とお金、労力を使って一緒に仕事をしてくれています。
協力してくれる業者さんがいなければ成り立たないお仕事もあります。
良きビジネスパートナーとしてやっていくためにも、当然お互いに利益を出して、気持ちの良い仕事をしていきたいですね。

スタッフ

関わっている業者さんにも敬意を持って接していらっしゃるのですね。

高波社長

おかげさまで、お付き合いのある業者さんの紹介で新築の依頼が来ることもありますよ。

スタッフ

職人さんにも認めてもらえるなんて素晴らしいですね。
よほど厚い信頼があるのが分かります。

住む人の事を一番に考えて施工する

スタッフ

実際に工事をするうえで、どのような点に気をつけてお仕事をされていますか?

高波社長

お客様に満足頂くのは当然、お客様をご紹介いただいた設計事務所さんを裏切らないためにも信頼をしてもらえる仕事を心がけています。
お家は、完成してからもお客様と長い付き合いになるので、建てた後の繋がりというのも大事にしていますね。

スタッフ

建設工事では注意すべきことがたくさんありそうですね。

高波社長

でもやっぱり工事に関して言えば、近隣の方に迷惑をかけないよう細心の注意を払って作業するのが不可欠だと思います。
大体の方が新しく土地を買ってお家を建てて住まれるので、新築の工事が原因でお客様のイメージごと悪くなるような事態はあってはならないからです。

スタッフ

具体的にはどのようなことを気をつけているのでしょうか?

高波社長

RCや鉄骨をメインで扱っていると、搬入に伴う作業も大掛かりになります。
なので、車両を入れる時間を規制をして可能な限り騒音が迷惑にならないよう徹底しています。
ただでさえ柄が悪い人たちだと思われやすい業種なので、何かあれば我々だと思われる、と自分たちに言い聞かせて常に意識しています。
現場にゴミがあれば拾いますし、こまめな清掃も欠かしません。

スタッフ

住まわれる方の事を考えて、悪いイメージを与えない努力をされているのですね。

高波社長

しかしながら、現場をきれいにしておくというのは当然の話ですけどね。
汚いところで作業すると、汚いものしかできません。
なので、どうあるべきかというのは工事に関わる全ての職人さんに言っていることです。

スタッフ

新しいものを造る場所が汚いのはありえないわけですね。

高波社長

お家を建ててもらっているお客様も不安になるじゃないですか。
常にきれいな現場、気持ちの良い挨拶は徹底していますよ。
すると自然にお客様にも親近感を持ってもらえるようになります。

そうすると、職人さんもまた頑張ってくれるので、現場に良い循環が生まれます。

値段感と坪単価

坪単価:150万円

重構造のお家が坪単価150万円から
取り扱う構造は鉄骨、RC造中心なのでこだわり次第では総額が億単位になることもあります。RC造の場合で100坪のお家を建てるなら坪単価150万円からが相場のようです。

まとめ

あたり前のことをやっているだけです、と最後まで控えめだった高波社長ですが、インタビューを通して普段からお仕事にひたむきに取り組まれているのが伝わってきました。

お客様にも、工事関係者の方々にも気を配られている高波社長。現場でも目を光らせて作業をされているのが容易にイメージできます。
鉄骨、RC造で新築のお家を建てたいとお考えの方はぜひ、高波建設株式会社さんにお問い合わせください。

会社名 高波建設株式会社
代表者名 高波 誠樹
住所 〒178-0065
東京都練馬区西大泉1-32-10
電話番号 03-6761-1655
公式HP http://www.takanami-k.com/pc/
営業時間 8:00~19:00
主な業務 新築・リフォーム全般
デザイン住宅
マンションリノベーション
店舗内装工事
SRF耐震補強
対応エリア 東京都内