株式会社田中工務店

田中工務店の前で撮影した田中さん

良い家は、注文しただけで手に入るものではありません。
お客様の希望を丁寧にくみ取ろうとする、つくり手の姿勢にかかっています。

それだけに、新築の良し悪しは工務店さんによっても大きく左右されます。
「お客様のために良い家を建てたい」という工務店さんの想いが、良い家をつくるのです。

千葉県船橋市の株式会社田中工務店さんは、木造住宅を中心に手がける施工会社です。
お客様との打ち合わせを重視し、お客様の希望に沿った家づくりを心がけていらっしゃいます。

そこで、実際に田中工務店さんを訪問してインタビューを行いました。
この記事では、田中工務店の3代目にあたる田中匠専務から伺った、家づくりにかける想いについて紹介いたします。

工務店としての責任を果たす

笑顔でパソコンを操作する田中さん

スタッフ

田中専務は、田中工務店さんの3代目とお聞きしました。
家業を継ごうと考えたのは、いつごろでしょうか?

田中さん

高校の終わりごろから意識しはじめましたね。
ただ、外の世界をまったく知らずに家業を継ぐのもどうかと思ったので、大学を卒業して3年間は大手の建設会社に入って現場監督の修業をしました。

スタッフ

世の中の流れや新しい考え方を知って、田中工務店に貢献したいという気持ちがあったのでしょうね。
田中工務店さんのなかで、先代のころから大きく変わったところはありますか?

田中さん

設計事務所さんからいただく仕事が中心になったことですね。
以前は不動産会社さんやハウスメーカーさんとの提携が主な仕事だったんですけど、今は10社くらいの設計事務所さんとお付き合いしています。
工事中の写真

施工現場の写真が載った本。
田中工務店さんの丁寧な仕事ぶりが分かります。

スタッフ

設計事務所さんからいただいた仕事に取り組むうえで、どのようなことを大切にしていますか?

田中さん

第一に、設計の意図を読み取ることを大切にしています。そのうえで、僕ら施工する側の経験を加味した提案をしていますね。

スタッフ

建築士さんの意図を尊重していらっしゃるのですね。

田中さん

はい。建築士さんとお客さんは、うちに依頼をする前から1~2年ほど打ち合わせを重ねて信頼関係を築いていますから、建築士さんの意図は最大限に尊重したいと考えています。
ただ、建てたあとに何かしらの問題が起きれば、せっかく建築士さんが築いたお客さんとの関係が台無しになってしまいます。ですから、「複雑な形をした建物にすると、水漏れのリスクが高まりますよ」などと、建物の耐久性などを損なわないためのアドバイスはしますね。

スタッフ

御社は、お客様や建築士さんのために、建物を長持ちさせるために何ができるかを考えていらっしゃるのですね。

田中さん

そうですね。もちろん僕らとしても、のちのち点検で訪問したときに、雨漏りなどでお客さんが悩んでいる姿は見たくありませんので。
お客さんと僕らの関係は、家を建て終えてからがスタートなんです。僕らにも工務店として負うべき責任がありますから、しっかりと役目を果たしていきたいですね。

細かな打ち合わせが良い家を造るための鍵となる

真剣な表情で説明する田中さん

スタッフ

御社は、お客様と何回くらい打ち合わせをするのでしょうか?

田中さん

実際にあったケースでは、最小で6回、最大で20回くらいですね。
建築士さんとお客さんとの打ち合わせがスムーズに進んでいれば、私とお客さんとの打ち合わせの回数は少なくなる傾向があります。

スタッフ

建築士さんのヒアリングが上手くいっているほど、お客様の要望を反映した設計図になっているからですね。
ただ、どのようなケースでも、必ず御社はお客様と直接打ち合わせをするのですね。

田中さん

内装をどのように仕上げるのか、コンセントなどの配線をどうするのか、いろいろと細かく詰める必要がありますからね。
ですから、設計士さんには、僕らがお客さんと直接お話しできる機会を必ず設けていただくようにお願いしています。

スタッフ

田中さんがお客様との打ち合わせにこだわるのは、どうしてでしょうか?

田中さん

打ち合わせでの意思疎通が、家のできあがりに大きく影響するからです。
意思疎通を図るのは、何も思い込みや説明不足によるトラブルを避けることだけが目的ではありません。
お客さんと強固な信頼関係を築いたときに、はじめてお客さんの希望に沿った最高の家を造ることができるからなんですよ。
幼稚園の写真

田中工務店さんが手がけた幼稚園。
昔は田中専務が、今は専務のお子様が通っていらっしゃるそうです。

スタッフ

良い家を造るための鍵は、打ち合わせを通したお客様との意思疎通なのですね。
ちなみに、過去を振り返ってみて、お客様との意思疎通が特に上手くできたと思ったご依頼はありましたか?

田中さん

一つ例に挙げると、息子さん夫婦がご両親のために家を建て直した、というご依頼ですね。
そのときご両親が住んでいらっしゃった家は、だいぶ老朽化が進んでいました。そこで、「今まで苦労してきた両親が、ゆっくりと過ごせる家にしたい」という息子さん夫婦のご希望のもと、エレベーターなどによるバリアフリー化や、植栽を楽しめる中庭造りを提案したんです。

スタッフ

息子さん夫婦は、感謝の気持ちを込めてご両親に良い暮らしを送っていただきたかったのでしょうね。
御社の提案に対するお客様の反応は、いかがでしたか?

田中さん

それはもう、喜んでいらっしゃいましたよ。息子さんの奥さんが、「ぜひよろしくお願いします」と涙を流されたほどでした。
奥さんと義理のご両親は、まるで本当の親子のように仲が良かったですから、奥さんの想いは相当強かったみたいですね。

スタッフ

息子さん夫婦の想いに応える提案ができたのですね。

田中さん

そうだと思います。でも、良い提案ができたのは、息子さん夫婦がこまめに打ち合わせに応じてくれたからなんですよ。
ちなみに、工事が始まったあとも息子さん夫婦はよく現場に足を運んでくださいました。そのおかげで、僕らも良い家を造れたんです。

スタッフ

お客様の協力があったからこそ、意思疎通が上手くいって良い家ができたのですね。

田中さん

その通りです。
やっぱり、打ち合わせの回数が多ければ多いほど、自然と良い家になるんです。
引き渡した家で喜んでいらっしゃるお客さんを見て、これからも意思疎通を大切にしたいという想いが一層強くなりましたね。

妥協しない姿勢を大切にして、長持ちする家を建てる

パソコンを操作しながら振り返る田中さん

スタッフ

御社が工事を行うときに、心がけていらっしゃることは何ですか?

田中さん

とにかく妥協しない、ということに尽きますね。
ですから、社員だけでなく協力会社さんとも一丸となって、仕事に取り組んでいます。

スタッフ

御社は6人の大工さんを抱えているそうですね。
多くの優秀な大工さんがいらっしゃったとしても、やはり協力会社さんは重要な存在なのでしょうか?

田中さん

もちろんです。当社の社員は親方みたいな存在ですし、大工仕事以外の事務作業も発生しますから、協力会社さんは欠かせない存在です。
だから、うちの社長はたびたび「うちだけ美味しい思いをしようとするな」と言っているんですよ。うちは元請けとして協力会社さんを管理する立場ではありますけど、あくまで協力会社と対等に接していたいと考えているんです。

スタッフ

協力会社さんにも気持ち良く働いていただきたいのですね。
そのように考えていらっしゃるのは、どうしてでしょうか?

田中さん

それはもちろん、お客さんに喜んでもらえる良い家を造りたいからです。
施工に携わるすべての職人が、住む方の気持ちを考えて仕事に取り組んでいれば、長持ちする家になるんですよ。

スタッフ

長持ちする家ですか。

田中さん

先ほど申し上げた通り、お客さんと僕らの関係は建て終わってからがスタートですからね。
家を引き渡したときに喜んでもらうのはもちろん、新築から10年後20年後に心から感謝していただけるようにしなければなりません。

スタッフ

数年先まで見すえて家づくりをする必要があるのですね。

田中さん

はい。僕らは、数十年後になって「それまでやってきたことは正解だった」と胸を張れる仕事をしたいんです。
お客さんから「不具合が起きないので安心」「あまりメンテナンスが要らないので助かる」といった言葉をかけていただけるような、長持ちする家を造って、お客さんに喜んでいただきたいんですよ。

説明中の田中さん

スタッフ

最後に、これから新築を建てようとしているお客様に向けてアドバイスをお願いします。

田中さん

良い会社さんかどうか見極めるために、きちんとご自身で情報を集めることをお勧めします。
特に、口コミは大事ですね。実際に新築した知り合いがいらっしゃれば、依頼した会社さんが良かったのか聞いてみるのもよいと思いますよ。

スタッフ

自社の評判が良いからこそ、自信を持って言えるアドバイスですね。
本日はお忙しいところ、誠にありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:60万円~150万円

坪単価は60万〜150万円ほど
過去の施工実績によると、坪単価は60万〜150万円ほど。
坪単価150万円は、工事費1億円超の邸宅を手がけたケースです。
ただし、価格は発注元である設計事務所さんによって大きく異なります。
なお、坪単価には、浄化槽などの外構工事の価格を含みません。

まとめ

田中工務店さんが、何十年にもわたって地元から支持されるのには明確な理由があります。
一棟ごとに、責任を持って取り組んでいるからです。

「お客さんと僕らの関係は、家を建て終えてからがスタート」

田中専務の言葉は、お客様との信頼関係を大切にしつづけてきた田中工務店さんの姿勢そのものです。

思い描いた通りの暮らしを、いつまでも送りたい。
そんな夢を抱いていらっしゃる方は、田中工務店さんにぜひご相談ください。

会社名 株式会社 田中工務店
代表者名 田中 正宏
住所 〒274-0824
千葉県船橋市前原東3-9-2
電話番号 047-475-1371
公式HP http://tanaka-koumuten.jp/
営業時間 8:30~17:30
主な業務 注文住宅、リフォーム施工
対応エリア 千葉県北西部~東京都東部