寺山建築工房

寺山社長

快適な環境とは、不快ではない環境のことです。
例えば、暑い中で汗をかくと、ジトジトして不快になります。
逆に寒いところでは、ブルブルと震えがきて不快になります。
なので、不快にならないちょうど良い環境こそ、快適な環境といえるのです。
と、寺山建築工房の寺山社長は言います。

では、汗はかかないし、震えもこないようなちょうど良い環境とはどのようにして造ればよいのでしょうか。その答えは、寺山社長がおすすめする温熱環境にありました。

この記事では、快適なお家づくりを徹底している寺山社長のインタビューを元に、温熱環境がどのように造られるのか、また快適な環境だからこそ生まれるコミュニケーションについてなど詳しく紹介していきます。

温熱環境は断熱性がカギ

寺山社長

スタッフ

お家づくりではどのようなポイントに注意されていますか?

寺山社長

お家の中が暖かく、快適な状態になるよう意識します。
主にお部屋の断熱性にこだわった温熱環境を取り入れています。

スタッフ

温熱環境とはどのような環境のことですか?

寺山社長

暑くもなく、寒くもない過ごしやすい環境です。

スタッフ

興味深いですね。詳しく教えて下さい。

寺山社長

放射温度計という、家の中のいろいろな場所の表面温度を、簡単に測れるものがあります。
試しに測ってみると、壁は23℃、床は18℃、天井は23℃といったように、室内の表面温度は場所によってそれぞれ違うのが分かります。

ところが、良い温熱環境では室内の場所による温度に差がなくなり、20℃程度で均一になるのです。

スタッフ

お部屋全体が、程よく快適な温度になるわけですね。

寺山社長

お部屋の温度が一定になれば体感温度も安定します。
いくら暖房をいれても足元だけ寒いお部屋ってあるじゃないですか。
実は、足元が寒いと感じてしまうのは、床の表面温度が極端に低いからなんです。それくらい、体感温度はお部屋の環境から受ける影響が大きいわけです

スタッフ

具体的にどのような方法で温熱環境を造るのですか?

寺山社長

温熱環境を実現するには、高い断熱性が必要です。
特に、断熱性を高めるには空気を逃さないのがポイントになります。
例えば、断熱ガラスの間には空気の層があり、空気をとどめておくことで熱を逃さない仕組みになっています。

スタッフ

エアコンや暖房で温かい空気を送り込むよりも、そもそも温かい空気が逃げない環境をつくる方が効果的なわけですね。
まるで魔法瓶のような発想ですね。

寺山社長

壁掛けクーラーが普及したのはここ50年くらいで、それまでは、こたつや電気ストーブなどから放射熱を受けて暖かくしていましたからね。
そういう発想にもどって設計をしています。

スタッフ

なるほど。
じんわりとした温かみの方が体の芯から温められる気がしますね。

寺山社長

さらに、輻射冷暖房を取り入れるとエネルギー効率が良く、家のどこでも一年を通して24時間ほぼ同じ室温になり、もっと快適に過ごせるようになります。
輻射冷暖房(ふくしゃれいだんぼう)とは
暖房だけの機能であれば、古くからある暖炉や囲炉裏といった熱源を設置するタイプの暖房がありましたが、冷房効果も得られることが輻射冷暖房の特徴です。
この輻射の原理を利用した冷暖房器具を輻射冷暖房器具といい、快適性や省エネ性で優れるなどの多くのメリットから、最近普及し始めています。

引用:「どこでも光窓」 や 住まい に関する記事

寺山社長

朝起きた時にベットから出たくないなんてことも無くなりますし、お風呂に入る時にヒートショックが起こるリスクも下げられます。

スタッフ

さまざまな場面でストレスがないのは助かりますね。
住む人の快適さにとことんこだわっているのが伝わってきます。

寺山社長

しかし、日本の温熱環境に関するレベルはまだまだ低いのが現状です。
2020年には法律が改正され、もっと見直される予定でしたが見送りになりました。
行政もあまり基準を高くしてしまうと技術が追いついてこれないと懸念したのかもしれません。

スタッフ

温熱環境を実現するのは簡単ではないんですね。

寺山社長

ただ断熱材を入れればいいというわけではありませんし、風土によってはカビや結露のリスクもあります。気候に合わせた快適さを考えなければ正しく温熱環境を取り入れるのは難しいです。

スタッフ

技術的な部分でも強いこだわりを感じますね。

寺山社長

技術面では施工を依頼する業者さん選びも重要です。
温熱環境性能が高い住宅の施工実績がある業者から選定をしています。
特に断熱施工は厳しい寒さの場合は不具合がすぐにわかります。ですので極寒地域
の施工に慣れた長野の断熱施工会社を指定しています。
関東の断熱業者さんでは同じようにはいきません。

お家が長持ちする秘訣

寺山社長

スタッフ

ここまで、温熱環境を実現するのに必要な取り組みについて詳しくお伺いしましたが、他にも家造りで気をつけていることはありますか?

寺山社長

素材には特に気をつけています。
残念ながら、外壁の塗料には意外と石油由来の素材を使われることが多いです。
石油由来の素材は、静電気を帯びるのでホコリが付きやすく、汚れやすい欠点があるのでお家の寿命が短くなってしまいます。
なので、外壁の塗料は無機質のものを使用するようにしています。

スタッフ

お家の寿命が短くなってしまうのは問題ですね。

寺山社長

お家が長持ちするよう設計するのはとても大切です。
そのためには、造り手側にとって都合がいいものではなく、住む人にとって理想の材料を使う必要があります。
MEMO
寺山社長によると、夏と冬では湿気の量が変わるので、本来は湿度も調整する必要があるそうです。
寺山建築工房さんでは、断熱材と外壁の間に可変透湿気密シートという特殊な建材を入れて年間を通して湿度が一定になるように調整をされています。

スタッフ

お家が快適で長く保たれる工夫もされているのですね。

子供が3人も、子供部屋はどうする?

スタッフ

これから家を建てられる方にアドバイスはありますか?

寺山社長

家族の住まいを検討する時に、お子さんを中心に考えられる方が多いのですが、私はちょっと視点を変えると面白いと思います。

スタッフ

お家を建てる時、子供部屋をどうするかは皆さん考えることですよね?

寺山社長

実は何LDKだとか、部屋がいくつあるかは、お子さんと過ごす環境においてそれほど大きな問題ではないんですよ。
それよりも、家族の顔がちゃんと見えるような環境にしてあげる方がよっぽどお子さんのためになります。

スタッフ

どういうことですか?

寺山社長

例えば、海外ではリビングに家族が集まって夕食後に団らんをする習慣が強いです。なので、子供が悪さをしたらしつけの一環として「子供部屋にいってなさい!」と叱る場面があります。
しかし、日本ではご飯が済んだら自分から部屋に行ってしまう子供が多いように思います。

子供部屋を造ってしまったために、コミュにケーションが少なくなったり、家族の会話で学ぶ機会も減っちゃうんですよね。
なので、家のあり方ってすごく大切だと思っています。

スタッフ

考えさせられますね。
実際に提案されたお家にはどのようなものがありますか?

寺山社長

3人兄弟のお子さんがいるご家庭で依頼を受けた時に、あえて子供部屋を造らず、各自の納戸を造って子供スペースを自由に仕切れるお家を造らせて頂いたことがあります。

時期に合わせてカーテンなどを垂らしたり、簡易壁を建てたりして自分たちで仕切りを決めさせるようにしたらどうかと提案したんですよ。
すると、施主さんが「それはいい」と気に入ってもらえて実現しました。

スタッフ

実際、子供部屋をつくっても小さい頃はあまり使いませんからね。

寺山社長

子供達が管理する納戸があれば部屋も物がしまえ、目線も通るようになるので広く感じられます。
実際にお子さんが部屋のどこかしらに居るのが見えたり、気配を感じられるので、安心できると喜んでもらえましたよ。

スタッフ

家族のあり方は建築の環境でも変えられるのですね。

寺山社長

やっぱり、子供にとっての住まいは最初の世界なのでそこで形成されるものは多いと思います。
だから、住まれる方の生活風景も読み解くっていうのはこれまでずっとやってきました。

スタッフ

温熱環境が整ったリビングに家族が集まれば、人が居る部屋分だけ暖房をつける必要もなくなりますね。
家族間でも温度差がなくなるのも素敵ですね。

まとめ

「家造りは写真的にかっこいいものをつくるより、気持ち良いだったり、快適だったりというものを造らないとダメだと思う」と話してくれた寺山社長。
家族が気持ちよく快適に過ごす姿からは、たくさんの笑顔が期待できますね。寺山社長の設計する温熱環境には注目です。ご興味を持たれた方はぜひ、相談されてください。

会社名 寺山建築工房
代表者名 寺山実
住所 〒341-0024
埼玉県三郷市三郷2-14-2-105
電話番号 048-954-2531
公式HP http://mit-arch.com/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 設計管理、建築に関する調査研究
対応エリア 依頼があれば、どこでも対応可能