トートアーキテクツLAB

手振りを交えて説明する安田さん

新築するときが、あなたの思い描いた暮らしを手に入れるチャンスです。
しかし、資金や立地条件ばかりを気にしてしまうと、なかなか理想は実現しません。

心から望んでいることは、ためらわずに言葉にしてみましょう。
希望が言葉になったとき、理想の家づくりはスタートします。

神奈川県横浜市にあるトートアーキテクツLABさんは、住宅・店舗を問わずに新築やリノベーションを手掛ける一級建築士事務所です。
お客様との打ち合わせを大切にし、どうすれば希望を叶えられるか挑戦しつづけています。

今回はインタビューのために、トートアーキテクツLABの代表である安田さんのもとを訪れました。
この記事では、トートアーキテクツLABさんの建てる家の特徴や、お客様と建物に対する思いについて紹介いたします。

シンプルな構造で、ずっと使える家をつくる

家の模型を手にする安田さん

スタッフ

安田さんはお家を手掛けるとき、どのようなことを意識していらっしゃいますか?

安田さん

「シンプルだけど新しい」と思えるデザインをつくるように意識しています。

スタッフ

せっかく新築するのですから、他所のお家とは異なるデザインにしてもえたらお客様は嬉しいでしょうね。
でも、シンプルさを大切にしているのは、どうしてなのでしょうか?

安田さん

シンプルな家ほど、お客さんに長く使っていただけるからです。
特に、構造がシンプルだと間取りを自由に変えられるので、お客さんがずっと住みつづけられる家になるんですよ。

スタッフ

子どもが生まれたり一人立ちしたりすれば、家族の形が変わりますからね。あとから間取りが変更できれば、建て替えや引っ越しの必要がなくなりそうです。
ところで、どのような形にすればシンプルといえるのでしょうか?

安田さん

一番理想的なのは正方形ですね。外壁は正方形の構造に合わせて造ったときが、表面積が少なく一番ムダの生じない寸法となりますから、結果的に新築にかかる費用が安くすむんです。
実際に、「からっぽの家」と名前をつけた住宅では、構造を正方形にしました。柱と梁(はり)の配置からムダとクセをなくして、柱と梁以外の部材を取り払うと簡単にリノベーションできるようにしています。

スタッフ

正方形の構造が、最も費用を安く抑えられるわけですか。
シンプルにすると、間取りだけでなく費用の面でもお客様にメリットが生じるのですね。

安田さん

そうなんです。デザインをやっていると、周りからイメージだけで「変なものを作るんでしょ」とか「お金がかかるんでしょ」とか言われることが少なくありません。
実際そういう面もあったりはするのですが、僕はお金をかけずにシンプルでいいものを作るという考え方を大事にしています。

スタッフ

お金をかけずにシンプルでいいものを作る、ですか。

安田さん

はい。僕は以前にスイスで生活したことがあります。スイスでは、シンプルで、力強く、美しいことが良い建物に欠かせない条件といわれていました。
変わった建物だからといって、評価されるというわけではありません。

スタッフ

ヨーロッパでは、何世代にもわたって同じ家に住みつづけることが珍しくないと聞いたことがあります。
一つのご家族が同じお家にずっと住みつづけられるのは、お家の構造がシンプルで柔軟に間取りを変えられるからなのですね。

安田さん

その通りです。
日本では、新築後のことがほとんど何も考えられていません。以前鎌倉にいたときに築50年くらいになる家のリノベーションをしましたが、手を加えるのが難しい造りになっていました。時代が変わっても、日本の建築業界は変化していないのです。
だからこそ、僕は何百年と使ってもらえるように、リノベーションも視野に入れたシンプルな建物をつくりたいと考えています。

お客様が一番叶えたい希望を実現する

パソコンで作業をする安田さん

スタッフ

安田さんがお客様との打ち合わせにおいて心掛けていることは何ですか?

安田さん

お客さんにとって一番叶えたい希望を見つけて、実現させることです。
絶対に外せない要素が何なのか分からないままでは、お客さんを満足させるプランは作れませんからね。

スタッフ

どなたにも、何かしら実現したい理想があるでしょうからね。

安田さん

そうなんです。でも、一番叶えたい希望は、必ずしもお客さんから直接教えていただけるとは限らないので注意しています。

スタッフ

一番叶えたい希望なのに、打ち合わせでおっしゃっていただけないのですか?

安田さん

お客さんも希望を言葉にできず、明確に伝えられない場合がありますからね。僕は独立してから初めての依頼で経験しました。
「大地の家」と名前をつけた住宅を手掛けた際は、打ち合わせを重ねて20近くのプランをつくりなおしましたが、当初はお客さんの反応が一向に良くならなかったんです。
お客さんは「どれも悪くないんだけど、決め手に欠けるんだよね」とおっしゃるのですが、その「決め手」が何なのか分かりませんでした。

スタッフ

お客様自身も「決め手」が分からなかったのでしょうか?

安田さん

もしかすると、そうかもしれませんね。
そこで、打ち合わせの議事録を見返してみました。すると、最初の打ち合わせでお客さんが「どうせ小さいバルコニーしかできないから、バルコニーは要らない」とおっしゃっていたのです。
つまり、お客さんは本当は大きなバルコニーがある家を希望していたんです。それで、試しに大きなバルコニーを取り入れたプランを作って提案してみたところ、瞬く間に採用が決まってしまいました。

スタッフ

言葉の端から本心に気付いたおかげで、お客様を満足させられるプランができたのですね。

安田さん

はい。一番叶えたい希望が実現しなければ、お客さんは本当には満足しません。ですが、お客さんが「どうせ伝えても実現しないだろう」と思っている場合もあるんです。
だから、僕はお客さんが一番叶えたい希望に気付くことに力を注いでいます。そのうえで、お客さんの想定を上回る、新しい提案ができたら嬉しいですね。

常識にとらわれない新しいデザインを追求する

本棚

スタッフ

ところで、先ほどシンプルな構造にする大切さについてお話しいただいた際、「以前にスイスで生活していた」とおっしゃられましたよね。
スイスにはどのような経緯で渡ったのですか?

安田さん

在籍していた大学の先生のツテを頼りました。それでありがたいことに、その先生がかつて講師を務めていたスイスの大学に入ることができたんです。
僕は分からないものに面白さを感じる性格なので、それまで日本で培ってきた僕の評価軸では測れないところに身を置きたいと思いました。

スタッフ

自分の考えの及ばない世界に飛び込みたくて、スイスに向かったのですか。
スイスに渡った理由も、ちょっと面白いですね。

安田さん

でも、スイスに行ったおかげで、新しい見方ができるようになりました。
常識なんていうのは自分で勝手に決めているだけ。ところが、普段は常識に対して疑問すら抱かないものだと、あらためて気付いたんです。

スタッフ

何かのきっかけがないと、当たり前を疑おうとは思いませんよね。

安田さん

そうなんです。でも、常識を覆すような刺激を受ければ、今起こっている現象に疑問を抱いてみたり、根本的な部分を深く見つめ直してみたりして、新しい見方ができるようになるのです。

家の模型

スタッフ

新しい見方ができるようになると、何かメリットが生じるのでしょうか?

安田さん

身の周りにあるものから、新しいデザインのヒントを探し出せるようになります。
押し付けるようなデザインではなく、見つけ出したデザインこそ、お客さんに気に入ってもらえる「新しい普通」になりうるデザインだと思います。

スタッフ

新しいデザインは考え出すのではなく、見つけ出すものなのですね。
安田さんが、お客様が気に入る新しいデザインを見つけたいと思うのは、なぜでしょうか?

安田さん

何百年と残していただけるような家をつくりたいからです。
実は、一つの建物が後世に残るかどうかは、頑丈さだけでは決まりません。お客さんにとって思い入れの深い建物になるかどうかがポイントなんです。

安田さん

僕はちょうど名作建築が壊されるのを見せつけられてきた世代です。ネットなどでもニュースになりますけど、オーナーが壊すと決めてしまえば食い止める手段はありません。
現オーナーさんが価値が無いと判断したら、どんなに優れた建築であってもゴミ同然の扱いをされてしまうんです。

スタッフ

建築家の方々が心血を注いで懸命につくった建物でしょうに、寂しい扱いですね。

安田さん

建築が誇る本当の価値が忘れ去られ、ゴミ同然の扱いをされるのを見るのは本当に辛いものです。
でも、現オーナーさんにとって思い入れがなければ、取り壊しは避けられません。
だからこそ、今まさに建てようとしているお客さんのためにも、僕はシンプルだけど新しいデザインで「新しい普通」になるような、思い入れの深くなるデザインを追求したいのです。

図面について説明する安田さん

スタッフ

最後に、これから新築を考えていらっしゃる方に一言メッセージをお願いします。

安田さん

たとえ誰かに無理だと言われたとしても、決して希望は諦めないでください。希望を諦めてしまったら、ご自身にとってつまらない建物しかできなくなってしまいます。
本当はやりたいことがあるのに言わない、というのは本当にもったいないと思いますよ。お客さんが諦めなければ、僕はいくらでもアイデアを出します。
むしろ、お客さんが想像した以上の提案を出しますので、ぜひ何でもおっしゃってみてください。

スタッフ

まずは希望を言葉にして、安田さんに伝えてみることが大切なんですね。力強いメッセージで、頼もしい限りです。
本日はお忙しいところ、誠にありがとうございました。

まとめ

使い勝手の良いシンプルな構造と、思い入れの深くなる新しいデザイン。
一見すると相反しているようにも見える2つの要素は、どちらも後世に残る建築に欠かせません。

だからこそ、安田さんは2つの要素を満たす家をつくりたいと考えています。
何百年と受け継がれる家ができれば、お客様に喜んでいただけるからです。

トートアーキテクツLABさんは、今までありそうでなかった家をつくります。
せっかく新築するのなら、トートアーキテクツLABさんとワクワクする家づくりを体感してみませんか?

会社名 トートアーキテクツLAB
代表者名 安田 智紀
住所 〒231-0014
神奈川県横浜市中区常盤町2-10 シンコービル401
電話番号 050-3558-8680
公式HP https://www.att-archi.com/
営業時間 10:00~23:00
主な業務 設計監理、施工管理(一部)、
家具インテリア・プロダクトデザイン
対応エリア 全国 (世界各国可能)