土屋隆志設計室

東京都の住宅街は、建物が多く立ち並ぶために狭小地や日当たりが悪い土地が沢山あります。

しかし、予算の都合や都心での暮らしを諦めたくないという想いから、その土地を買わざるを得ない方がいるのも実情です。

そこで今回お話を伺ってきたのは、土屋隆志設計室さんの土屋先生。

土屋先生はご自身の豊富な経験から、構造、設計に制限を掛けない自由な設計スタイルで、お客様の要望を柔軟に実現させています。

過去には、南側にお家があって日が当たらない土地で、しっかりと日当たりを確保したお家を造った実績もある建築家さんです。

本記事では、そんな土屋先生の家づくりに対するこだわりや、これまでのご経験などをご紹介します。

今を形作る幾多の現場経験

土屋代表 仕事中

スタッフ

土屋先生が、建築家を目指されたのはいつごろですか?

土屋先生

高校生の時からものづくりの仕事がしたいと思っていました。
将来的に大きなものを造りたかったので、建築学科のある大学へ進学しました。

スタッフ

そうなんですね。進学されてからはいかがですか?

土屋先生

大学では、思ったよりカリキュラムが多くて大変でしたね。
いつも授業と実験のレポートに追われていて、遊ぶ暇はほとんどありませんでした。

土屋先生

あと、建築と一口に言っても専門的に細分化されていて最初は驚きました。
しかし、構造計算などの専門になろうとは思いませんでしたね。やっぱり建物を造る側に行きたいという気持ちが強かったので。

スタッフ

あくまで建物の建築にこだわられたのですね。大学卒業後はどうされたのですか?

土屋先生

ゼネコンへ入社し、現場監督として地方を転々としていましたが、3年目くらいから色々な現場を任せてもらえるようになり、小さい物件なら工事の段取り、職人の手配から施工図作成まで全部やっていました。

土屋先生

特殊で凝った建物を数多く担当することが出来たのが、非常に良い勉強になったと思います。
例えば平安朝をイメージした寝殿造のクラブハウスや、各部屋に露天風呂が付いている山奥の高級旅館などですね。

スタッフ

面白い建物ばかりですね。その時の技術は今も活きているのではないですか?

土屋先生

そうですね。難しい物件をいくつも手掛けてきたので、その経験は今でも活きています。
しかし、独立のきっかけになった友人の新築設計は小さな木造住宅だったので、逆に今までの大きな建物とは勝手が違いすぎて、また一から勉強したりもしました。

スタッフ

現在の住宅設計は、どんなところが魅力ですか?

土屋先生

やっぱり、自由に設計できるところだと思います。
自由設計を謳っている住宅メーカーもありますが、先に規格が決まってるなかでの「平面的な」自由設計を行っている場合が多いです。
私の設計では、「立体的」かつ3次元で自由自在に描くことができます。

土屋先生

工法の制約は基本的にありません。「お客様のご要望を叶えるために最適な工法を採用する」というスタンスで柔軟に対応出来ます。なのでお客様のご希望に対して簡単に「これは出来ません」と断ることはありません。

引き出しの多さが魅せる自由自在の設計スタイル

模型

スタッフ

土屋さんは、どういう思いで建築をされていますか?

土屋先生

お客様の期待を裏切りたくない、常に喜んでいただきたいという思いです。
お客様のご要望に対して、常にプラスアルファを返したいと思っています。
あ、こんなことできるんだ」という驚きを与えたいですね。

スタッフ

土屋先生が手掛けるお家は、木造の日本家屋が多い印象です。ホームページを拝見した際に鉄骨造のお家が目に留まったのですが、あのお家は少し特殊なのですか?

土屋先生

小日向の家ですね。あそこは20坪弱の狭小地なうえに、南向きに家が建っているので、普通に建てたら暗くて狭いお家になってしまうような立地だったんです。
でも、明るさと広さを出してほしいというご要望を受け、南面を全部ガラス張りにしました。

スタッフ

そのガラス張りが珍しくて目に留まりました。斬新な発想ですよね。
小日向の家

建築雑誌にも取り上げられた小日向の家。

土屋先生

あれは、上部に大きな採光面を造ることで、向かいのお宅関係なく光を入れているんです。
また、地下室を造った上で3階建てにし、広さも確保しました。
ガラス面があって柱だけの3階建てだと、木造では強度不足なので鉄骨造を採用しています。

スタッフ

鉄骨にしたのは、そういうわけなんですね。木造以外にも、鉄骨、RCも対応されているのですか?

土屋先生

そうですね。木造、鉄骨造、RC造、混構造、何でもOKです
むしろ、ゼネコンでは鉄骨やRC造をメインで扱っていたので、そちらの方が得意かもしれません。
様々な工法や事例を経験してきているので、工法の制限がないのは強みですね。

スタッフ

どんな構造でも扱えるのは凄いですね。ちなみに、こちらのお家はいつごろ建てられたのですか?

土屋先生

これは独立して2年後くらいですね。建てた時から非常に喜んで頂けて、今でもメンテナンスに伺うことがあります。

スタッフ

デザインが洗練されていて、20年以上前に建てたとは思えませんね。こういったアイデアはどういうところから生まれるのですか?

土屋先生

ありがとうございます。やっぱり、独立前に色んな現場に携わってきたからだと思います。
引き出しが多ければ多いほど、「これを造るには何が適しているか」に対する解が多くなりますよね。
今も昔も、良い意味で自由に設計させてもらっています。

まとめ

土屋先生はゼネコンでの経験や知識から、斬新かつ幅広い提案をされていました。

建築家ならではの自由な設計スタイルで、お客様の要望を柔軟に実現させています。

既存のお家を買うのではなく、自分の土地事情や希望がしっかりと反映されたお家が欲しい方は、ぜひ土屋隆志設計室さんへご相談ください。

会社名 土屋隆志設計室一級建築士事務所
代表者名 土屋 隆志
住所 〒171-0052
東京都豊島区南長崎4-30-24
電話番号 03-3953-4863
公式HP http://tsuchiyataka-arch.com
営業時間 10:00~18:00
主な業務 建物設計・監理・管理
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉