一級建築士事務所筒井紀博空間工房

建物の設計を専門的に手掛ける、筒井紀博空間工房さんの筒井代表は「車も家族の一員」と仰るほどの車好き。
自身の情熱や知識から、車の個性を尊重したガレージハウスの設計を得意としています。

車の特徴だけでなく、車の所有者がどのように車を管理し扱うかまでを綿密にヒアリングして、設計に反映させているそうです。

車と快適な暮らしを送りたいと思っている方には、筒井紀博空間工房さんはぴったりの建築家さんかもしれません。

本記事では、筒井代表のインタビューをもとに、車への愛情やガレージハウス造りに掛けるこだわりをご紹介していきます。

「車も家族の一員」建築家と車の意外な接点

車の模型

スタッフ

事務所の至るところに、車の模型が見られますね。

筒井様

実は、小さい頃から車が大好きなんです。独立した当初は、まだ事務所に家の模型が無いからミニカーしか置いてなくて、事務所を見た方に「何屋さんですか?」なんて笑われたことがあります。

あと、仕事終わりの夜には、たまに仲間とサーキットに行くこともありますよ。

スタッフ

建築家さんなのに車がお好きなのは意外ですね。

筒井様

でもその影響で、車好きのお客様がとても多いんですよ。なので、ガレージハウスを設計することが多いです。車も家族の一員として、しっかり設計しています。

スタッフ

なるほど。ちなみに、車関係のお仕事もやっていらっしゃるんですか?

筒井様

車の雑誌から取材をされることはありますね。あと、その雑誌内の企画で「カー・オブ・ザ・イヤー」が開催された時は、自分も審査員として参加しました。

スタッフ

それは凄いですね!建築業界だけでなく、マルチに活躍されているんですね。

情熱や知識が活かされるガレージハウス造り

ガレージハウス

筒井さんが設計されたガレージハウス。大手上場企業が出版する住宅専門雑誌の企画「2005~2015年で最も印象に残ったガレージハウス」で選ばれたものだそうです。

スタッフ

ガレージハウスを設計する上でのこだわりはありますか?

筒井様

車にもそれぞれ個性があるので、車の個性を活かしたいとは常に考えています。
例えば、それが新しい車で暖機が要らないとか、キャブ車だから決まったしきたりがあるとか。お客様の車の特徴を丁寧にヒアリングします。
キャブ車とは
燃料供給装置に「キャブレター」を用いた車のこと。
キャブレターを使用することで、電力を使用せずに自然法則によって燃料を供給できます。

スタッフ

どういう車を持っているかで、車庫の設備が変わるんですね。

筒井様

そうですね。あとは車の特徴だけでなく、お客様が車に対してどう感じているか、車をどう扱っているかもヒアリングします。
車をどこから眺めるのが1番好きか」は大切な視点ですね。車庫の眺めはカッコイイ方が良いですから。

また、「どのくらい自分でメンテナンスをするか」も重要なファクターです。
全然メンテナンスも暖機も必要ない、最新のフェラーリみたいな車であれば、見た目重視でカッコイイ造りも考えられます。
でも、「自分でエンジンをバラします」って仰るほど車が好きな方もいるんですよ。そうなると、車庫の造りは全然変わってきます。

スタッフ

「車」と「人」の2つの目線から設計をされているんですね。自分でメンテナンスをされる方には、「整備工場」のような要素を入れたお家も提案されるのですか?

筒井様

そうですね。メンテナンスを自分でする人だと、「リフトを入れる可能性があるか」「そこで仲間と集まるか」「寝板は使うのか使わないのか」など、また様々な観点から徹底的にヒアリングをして、より使いやすいガレージハウスを設計していきます。

スタッフ

ご自身が車好きだからこそ、細かい部分までヒアリングが出来るんですね!車好きのお客様からは、凄く喜ばれるんじゃないですか?

筒井様

喜んで頂けますね。でも、車ばかりにこだわるのも良くありません。ご主人が車好きでも、奥さんが車に全く興味が無いご家庭もあるじゃないですか。
そこはあくまで「家造り」なので、家庭内での車の立ち位置もちゃんと考えます。家族全員の意見をしっかり聞いて、反映させないといけませんね。

「土地の気配」を大切にする、家造りの意識

設計図

スタッフ

他に、家造り全体を通して心がけている事はありますか?

筒井様

家を建てる土地の「気配」を大切にしています。
自然の流れの中で、そこに有ることが当然というか、有るべくして有る空間を造ろうと心がけています。

スタッフ

土地の気配ですか。難しそうですね。

筒井様

土地にはそれぞれ歴史風土があるので、そこに逆らわずに素直に設計する、という意識ですね。
奇抜なものを造って、周囲の環境に逆らうような建築はしません。

筒井様

ただ、あえて周りの建物と違うものを造る時もあります。
例えば、高度経済成長期の中で、発展を急ぐあまりに建物の乱開発や量産化をしてしまった土地があるんです。
本当は歴史がある地域なのに、適当な建物が雑多に建てられているような土地では、周囲に警鐘を鳴らすためにも、ちゃんとした家を造ります。

スタッフ

1棟の建物だけでなく、地域全体の雰囲気まで考えて設計しているんですね。

筒井様

それが建築家の仕事だと思っています。文化の構築みたいなところまで考えないといけませんね。

まとめ

自身の車への情熱や知識を活かして、お客様が車と快適に過ごせるガレージハウスを設計されている筒井さん。
それでも車のことに一辺倒になるのではなく、しっかりと家族全体のことや地域の環境まで考えている設計が、人気の理由なのだと感じました。

もし新築を建てられる方の中で、車をお持ちの方や車が大好きな方は、ぜひ一度筒井紀博空間工房さんにご相談してみてはいかがでしょうか。

会社名 一級建築士事務所 筒井紀博空間工房
代表者名 筒井 紀博
住所 〒168-0082
東京都杉並区久我山4-1-9 久我山ビル401
電話番号 03-3247-8922
公式HP http://ktts.jp/
営業時間 10:00~19:00
主な業務 建築設計 工事監理
対応エリア 全国