ウニコデザイン一級建築士事務所

家づくりを考える時、「建築家の方へ依頼するのはハードルが高い」と二の足を踏まれてはいませんか?
もちろん、建築家の先生たちは国家資格を持つ建築の専門家ですので、名前に気圧されてしまうのは当然のことです。

でもそのハードルは、「信頼関係」を構築することで飛び越えられます

そう話してくださったのは、ウニコデザイン一級建築士事務所の木戸扶紀子さん。
契約前のお話から具体的な設計まで、住まわれる方のことを1番に考えお客様との信頼関係を大切にされている建築家さんです。

家づくりのパートナーをお探しの方は、ぜひ本記事で木戸さんのインタビューをご覧ください。

自分の作風にこだわらず、住まう方一人ひとりに向き合っていく

事例写真

スタッフ

木戸さんならではの、家づくりの作風はありますか?

木戸さん

作風というのはあまり考えたことがありません
お客様一人ひとりの要望に向き合うために、まずは相手のご要望を伺い、それに応えていくように考えています。
住宅は、住まう人の個性があらわれると良いと思っています。

木戸さん

周りの人が「あの人の作風らしい家だね」と言ってくれると、「あーなるほど」と思います。
自分では作風はない、と思いつつ実は共通点があるというのが作風なのでしょうね。

スタッフ

木戸さんは、お客様一人ひとりと向き合われているのですね。では、お客様と打ち合わせをされる際に、大切にされていることはありますか?

木戸さん

お客様のご希望はたくさんあるので、その中で優先順位を決めていくことを大切にしています。
お話し合いを重ねるうちに、「この人たちの暮らしにはコレが絶対に欠かせないな」と思う部分が見えてきます。法規や予算などの制約の中で、優先すべきものが何かを整理し形に実現することを意識しています。

木戸さん

たとえば、立地と構造の面で、2階にリビングを造ったほうが明るくてよさそうだなという家があったんです。
ですが、奥様が「買い物した荷物を毎日2階に運びたくない」と仰ったので、リビングは1階に造りました。

スタッフ

構造的な合理性よりも、お客様の意思を尊重されたのですね。

木戸さん

そこで私が「でも2階の方が快適になりますから」と奥様を説得するのは違いますよね。
でもその代わりに、家の真ん中に階段を造って1階まで光が届いて明るくなるような提案をしました。
お話を伺うと、「リビングから2階に繋がるのは構わない」と仰っていたので、優先順位を考えて1階にリビングを造りました。

スタッフ

「1階に造ったから暗いリビングになってしまう」と諦めるのではなく、それを踏まえて前向きに提案していく姿勢が素敵です。与えられた条件の中で「どうすればより快適になるのか」を追求されているんですね。

敷居の高さを乗り越えるには、信頼関係が必要

模型

スタッフ

よく、建築家さんが「建築家は敷居が高いと思われているけど、本当はもっと気軽に来てほしい」と仰るのですが、木戸さんは建築家のハードルについてどうお考えですか?

木戸さん

私たちは専門家という側面がありますので、お客様が敷居を高く感じてしまう部分は少なからずあると思います。ただ「その敷居を飛び越えることは難しいことではないんだよ」と伝えたいですね。
建築家とお客様が信頼関係を構築することで、その敷居は越えられると考えています。

スタッフ

お客様と信頼関係を構築するために、木戸さんはどのようなことをされていますか?

木戸さん

まず、打ち合わせの時には専門用語や横文字など、難解な言葉を使わないようにしています。
しっかりとお話に集中してお互いの意見を重ねていきたいので、この意識は大切にしていますね。

スタッフ

専門家の方は難しい言葉を使われる印象がありますので、お客様からすると安心できるポイントですね。

木戸さん

あとは、お宅訪問も必ず行っています。お客様が現在住まわれているお家にお邪魔するんです。
自分の住まいを見せるということは、一定の境界線を超える大切な過程なのではないかと思います。

木戸さん

「自分の暮らしを見せるのは恥ずかしい」と思われるかもしれませんが、普段の姿を見せていただくことで、家づくりのヒントがみつかることもあります。お家を見せることは「これから家づくりをしていく覚悟」を決める瞬間でもあると思っています。

スタッフ

建築家さんの前で取り繕ってしまうと、本当の要望をもとに設計することはできませんからね。実際に、お客様とはどんなお話をされますか?

木戸さん

もちろんお住まいについてのお話もするのですが、その方の生きざまがわかるような話に至ることもあります。たとえば、小さいときにどんな部屋で暮らしていたとか。兄弟で不公平があったとか……
でも、そこまで話してくださるのは、信頼が構築できてきた証でもあります。
そこまでお話していただけるようになれば、「良い関係性になってきたな」と感じますね。

スタッフ

本筋と関係ない話ができるほど、親しくなれることが大切なのですね。明るくてざっくばらんな木戸さんになら、すぐに打ち解けてお話ができそうです。

お客様が気軽に相談、お話できる関係性をつくりたい

対談中

スタッフ

先ほど「敷居の高さ」についてお話をしていただきましたが、木戸さんはお客様が気軽に依頼できるようなアプローチはされていますか?

木戸さん

まず、初回の打ち合わせは無料にしています。
そして、ご契約するまでは本格的な案はお見せするだけにしています。気に入っていただけたら契約してブラッシュアップしていきます。

木戸さん

また、「家づくりのお手伝いをする立場として、あまり押し売りしない」ということも意識しています。
もちろん全力で設計案を考えるのですが、お客様と話す時はあえて情熱を抑えて、「ぜひうちで造りましょう!」といったアプローチを控え、お客様にきちんと考えて結論をだしてもらいたいと考えています。

木戸さん

家づくりは相性も大切です。色々な建築家と話してみると、案も趣向も合う家づくりのパートナーがみつかると思います。

スタッフ

普通は契約するために、「うちで造りましょう」とアピールをしますよね。本当にお客様の家づくりについて真剣に考えられているのが伝わります。

木戸さん

ハウスメーカー、工務店、建築家など、様々な家づくりがあるなかでお客様が納得ゆく選択ができれば良いと思っています。ひとつの選択肢として気軽に相談いただければと思います。

スタッフ

木戸さんは、お客様と良い関係性を築く家づくりをとても大切にされているんですね。本日は、貴重なお時間を頂きありがとうございました。

まとめ

木戸さん 対談

家づくりの相談相手は、何も1人である必要はありません。
5人でも10人でも色んな人に会ってみて、「気の合う友達」を探すような感覚で相性の良い建築家さんを探していきましょう。

ウニコデザインの木戸さんは、建築観がしっかりしているのはもちろんのこと、明るくてとても話しやすい性格の建築家さんでした。
家づくりのパートナーをお探しの方は、ぜひウニコデザインさんへご相談ください。

会社名 ウニコデザイン一級建築士事務所
代表者名 木戸 扶紀子
住所 〒151-0064
東京都渋谷区上原1-17-3 アピカ代々木上原403
電話番号 03-5454-2102
公式HP https://unicodesign.net/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 個人住宅、集合住宅・店舗・家具等
主に暮らしに関わる空間設計、リノベーションなど
対応エリア 全国 ※別途交通費