有限会社WA設計

社長 振り返り

有限会社WA設計さんは、設計から監理までを設計者自身が入念に対応してくれる設計事務所さんです。

社長の渡辺さんは、「とことんお客様に寄り添い、喜んでもらえる家づくり」をモットーにされており、入念なヒアリングや様々な角度からの提案を欠かしません。

本記事では、渡辺社長の家造りに懸ける想いや、お客様に寄り添っていくための工夫などをご紹介します。

限られた条件の中でも、最大限お客様の理想に近づける建築家さんの秘密を、ぜひご覧ください。

お客様に喜んでいただきたい。飽くなき向上心が目指す先には

渡辺社長 お仕事

スタッフ

渡辺さんは、なぜ建築家になろうと思われたのですか?

渡辺社長

実は、私が建築家を志したのは成人になってからなんですよ。元々はインテリア関係の仕事をしていました。
そして、仕事の関係で著名な建築物に触れる機会があり、感銘を受けたことから建築の世界に興味を持ちました。

スタッフ

既に就職をされてから、建築に興味を持たれたのですね。その後はどうされたのですか?

渡辺社長

そこからは設計事務所へ就職し、自分でも1から勉強を重ねながら、知識と経験を積んでいきました。
実践と勉強はやはり違いますから、基礎を机上で勉強して応用は現場で経験として覚えていくという感覚ですね。

スタッフ

ご自身でイチからお勉強されたんですね。お仕事と並行だと大変だったのではないですか?

渡辺社長

そうですね。とはいえ、建築は一生勉強していくものだと思っています。満足することはありません。
家の形は決まってませんし、素材も工法も時代とともに変わってきますから。いつも新しい発見があるので、日々勉強ですね。

スタッフ

今でも向上心はお変わりないのですね。例えば、今までで印象に残っているお仕事などはありますか?

渡辺社長

どれも印象に残っていますが、お客様から「お金はいくら掛かっても良いから、好きに設計してほしい」と言われて設計をした時は、楽しかったですね。
かなり珍しいケースだと思いますが、自由に設計させてもらったのは良い経験でした。

渡辺社長

社内コンペという形で私の設計が採用され、全てを託してくれたお客様からとても喜んでもらえたので、かなり印象に残っていますね。
やはり、お客様に喜んでもらえるのが一番のやりがいですし、日々のモチベーションにもなっています。
そういう意味で、期待にしっかり応えられたのは良かったです。

お客様に寄り添う設計。住みやすく使いやすい住まいを

作品

スタッフ

渡辺さんが、設計において大切にしていることは何ですか?

渡辺社長

住宅の設計で一番大切なのは、お客様が住みやすくて使いやすいことだと思っています。
そのためには、設計前に細かくヒアリングをしていくのが重要です。
たとえば、高齢者の方がいるご家庭なら、寝室の近くにトイレを設置するなどですね。

スタッフ

それぞれのご家庭によって理想が違うからこそ、入念なヒアリングが重要なのですね。

渡辺社長

そうですね。予算に関しても、「これ以上予算がないとできない」ではなく、お客様の理想に近づけるために工夫して、様々な角度から提案をしていきます。
限られた予算の中でも、最大限理想に近づけるように設計をしていく意識が大切ですね。

渡辺社長

あとは、自分の主観を押し付けないことも大事です。まずはお客様の意向をしっかり落とし込んだうえで、おかしい場合はちゃんとアドバイスをしていくと。
それを可能にするためには、とにかく聞くことが大切ですね。実際に住まわれる方でないと使い勝手は分からないですから。

スタッフ

そうなんですね。そういえば、ホームページを拝見させて頂いた際に、温かみのあるイラストが印象的だったのですが、あれは渡辺さんが描かれたのですか?
イラスト

渡辺さんが描かれた住宅のイラスト。
実際に建てた時のイメージをお客様と共有していきます。

渡辺社長

そうですね。平面的な図面だとイメージしづらい部分もあるので、イラストを描いて説明していくことが多いです。それも、お客様に寄り添うひとつの方法ですね。

スタッフ

確かに、一般の方は図面だと分かりづらいですからね。こうやって説明して頂けるのは嬉しいです。

渡辺社長

ありがとうございます。あと個人的には、設計者自身も理想を持つことも大切なんじゃないかと思いますね。
学生にしても、机上で学んでいるときって「こんな建築がしたい」という理想が生まれると思うんです。その気持ちを忘れないというか。

渡辺社長

もちろんそれを完璧に実現するのは難しいですが、その気持ちを持っていることが大事なのかなと。
設計者の根幹に理想がないと、住宅が気持ちの入っていないただのハコになってしまいます。
せっかく家を建てるなら、お客さんにも夢を提供したいですし、今でもそういう気持ちはあります。

自分の理想へ近づける。設計事務所ならではのメリットとは

スタッフ

現在は、ハウスメーカーさんなどでお家を買う方も多いと思うのですが、設計事務所さんならではのメリットは何ですか?

渡辺社長

やはり、ゼロの状態からお客様の要望を図面に落とし込める点が、大きなメリットだと思います。
ハウスメーカーさんの住宅は間取りがある程度決まっていて、それを選んで買うという形ですよね。
自分の理想に妥協をするのではなく、建物を自分の理想に近づけられるのが良いところだと思っています。

スタッフ

まさに世界に一つだけの、自分たちのお家を造れるのですね。

渡辺社長

あとは、ハウスメーカーさんだと広告費をはじめとした経費が莫大にかかる分、同じ値段のお家でも施工に掛けられるお金は、どうしても少なくなります。
設計事務所ではそういった経費はほとんど掛かりませんので、コスト的にも余裕ができます。

渡辺社長

また、「設計事務所は設計料を取られるから高くつく」というイメージがあるかもしれませんが、メーカーや工務店でも、総額に含まれているだけで設計費はあるんです。
建物の施工に多くお金を使える分、コストパフォーマンスは高いと思いますよ。

スタッフ

そうなんですね。ちなみに、WA設計さんならではの強みはなんですか?

渡辺社長

WA設計としての強みは、設計から監理までを設計者が一貫して行っているということですね。
別々の人間が監理をするわけじゃないので、意図を把握している分細かいミスも見落とさないで済みます。

渡辺社長

あとは、昔からお付き合いのある工務店や建設会社に施工をしてもらえるのも良い点だと思います。
しっかりと実績もありますし、長いところではもう20年以上お付き合いがあるので、お互いの事も良く分かってますから。

複数の会社から見積りを取れるので、適正価格での施工が望めるのも強みです。

スタッフ

それは心強いですね。設計料や見積りもお話もそうですが、設計事務所さんに依頼をするのは、メリットが沢山あるのですね。

渡辺社長

そうなんです。なので個人的には、「設計事務所=高額」というイメージが薄らいでいってほしいと思います。

例えばお客様の中には「設計するだけでお金が掛かるの?」と仰る方もいらっしゃるんです。
でも、自分はプロとして、設計は建築で一番大事な過程だと思っています。
設計というプロセスを大切にして、価値を見出してくれたら嬉しいですね。家を建てたい方は、ぜひ私たちを頼ってください。

まとめ

渡辺社長は、お客様に喜んでもらえる家造りを目指して、様々な工夫や心遣いをされています。

いつまでも向上心や初心の理想を忘れないその姿勢から、建築に対する愛を感じました。

設計の重要性や価値を見出せた方は、ぜひWA設計さんへご相談ください。

会社名 有限会社WA設計
代表者名 渡辺 篤雄
住所 〒144-0055
東京都大田区仲六郷2-44-8カルムハイツ吉田101
電話番号 03-5711-0821
公式HP http://www.wa-sekkei.com/
営業時間 10:00~17:00
主な業務 建物設計・監理
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
(群馬・栃木・茨城、要相談)