一級建築士事務所 渡辺泰敏建築設計事務所

アイキャッチ

一級建築士事務所 渡辺泰敏建築設計事務所の代表・渡辺さんは、家づくりにおいてお客様とのコミュニケーションを大切にされている建築家さんです

ご相談にいらした時点で具体的なご要望がまだないお客様からは、ヒアリングによってご要望を導き出す。
強いこだわりをお持ちのお客様に対しては、ただご要望に沿うだけでなく建築家としての経験や知識を反映させたより良いものをつくる。
また、ご要望の内容によっては設計事務所ではなくハウスメーカーをおすすめするといった、お客様ごとに異なるきめ細やかな対応をされています

そんな渡辺さんに、家づくりへの想いやこだわりをお伺いしてきました。

お客様と一緒につくっていくことを大切にしている

スタッフ

渡辺さんにとって、家づくりのおもしろさは何でしょうか?

渡辺さん

一つ一つの家が毎回違うところが、家づくりのおもしろさです
土地もお客様も違うので、つくっていて飽きることがないんです。
家づくりが毎回同じことの繰り返しだとしたら、もしかしたら辞めてしまっているかもしれませんね(笑)

スタッフ

毎回違うものを生み出すことは大変な労力だと思います。
それをおもしろいと思えるのは素晴らしいことですよね。
渡辺さんが、家づくりをする上で大切にしていることは何でしょうか?

渡辺さん

お客様と一緒につくっていくことを大切にしています
色々なことをお客様と一緒に選びながら決定していきます。
しっかり話し合うので、打ち合わせの時間は長いほうですね。

スタッフ

建築家の意見だけで家をつくるのではなく、あくまでもお客様のご要望を大切に家づくりをされているんですね。
渡辺さんのつくる家に何か共通している特徴はあるのでしょうか?

渡辺さん

お客様のご要望に沿った家をつくっているので、見た目のテイストもお客様ごとに変わります
そういった意味で私らしいデザインの特徴はないと自分では思っているのですが、第三者から見ると私のつくる家には特徴があるらしいんです(笑)
それは「これが似てる」という具体的なことではなく、「なんとなく似てる」という感覚的なことみたいですね。
事例1

渡辺さんが過去に手掛けた家の写真です。
平屋のシンプルな佇まいです。

事例2

それに対して、箱型の家もあります。
おっしゃる通り、家ごとにテイストは異なりますが「なんとなく似てる」というのも分かります。

渡辺さん

第三者からそう感じて頂けているのはとても嬉しいことです。
お客様のご要望に沿いつつも、自然と私らしさが出せているということでもあると思うからです

ご要望に沿いながらもより良いものをつくろうとすることが大切

スタッフ

渡辺さんがこれまで家づくりをしてきた中で、とくに印象に残っているご要望はありますか?

渡辺さん

マンションのフルリノベで、お客様からの「家の中を真っ白にしたい」というご要望が印象に残っています。
「白」と言っても色々な種類の白があるので、すごく難しかったのを覚えています。
例えば「白すぎる」こともありますし、光が当たると見え方が変わることもあるんです。
お客様と一緒に色々な白のパターンのサンプルを使って、実験的に検証していきました
大変ではありましたが、すごくおもしろかったですね。
真っ白の家

真っ白な家の写真を拝見しました。
程よい色調の白が使われていて、清潔感のある明るい空間ですね。

スタッフ

たしかに白や黒といったシンプルな色ほど、ちょっとした色調の違いで印象が大きく変わりそうですよね。
では、逆にご要望があまりないお客様はいらっしゃいますか?

渡辺さん

ご相談に来た時点でご要望があまりないお客様はたまにいますが、最終的にはご要望をお伝え頂いてます。
というのも、最初に「要望がない」とおっしゃる方でも、お話ししているうちにご要望は出てくるものなんです
それを導くことが、私の仕事でもあります

スタッフ

渡辺さんとお話ししているうちに、お客様は考えていることが整理されていくのでしょうね。

スタッフ

ところで、ホームページには渡辺さんがこれまで手掛けたたくさんの事例写真が載っていますよね。
それをご覧頂いたお客様から「お任せするので、ホームページに載っているような家をつくって欲しい」と言った抽象的な依頼を受けた時はどうしますか?

渡辺さん

その場合は、まず「どの写真が良いと思ったのか」、また「その写真のどこが好きなのか」を伺います。
形なのか色なのか、良いと思った理由が必ずあるはずなので、それを明確にします。

渡辺さん

ただ、あくまでも写真で分かることは家の「見た目」ですよね。
具体的な「間取り」に関してはお任せというわけにはいきません。
「子供部屋が2つ欲しい」とか「駐車場が欲しい」とか、お任せとおっしゃるお客様でも最低限のご要望はあるはずなんです

スタッフ

たしかにそうですよね。
では、こだわりが強すぎるお客様の場合はどうされますか?

渡辺さん

こだわりがすごく強いお客様の場合、全てお客様の言う通りにつくっても良い家になることはありません
というのは、どれだけ強いこだわりを持っているお客様でも家づくりに関しては素人だからです。
ご要望に沿いながらも、建築家としての知識や経験を反映させて、より良いものをつくろうとすることが大切です

家族のコミュニケーションが減ってしまう設計はしたくない

家の写真

スタッフ

渡辺さんは家づくりをする際に、お客様に対して「こういう風に暮らして欲しい」ということを考えながら設計をしていますか?

渡辺さん

家族のコミュニケーションが減ってしまうような設計はしたくないと思っています。
新築を建てることで「より夫婦の会話が増えた」とか「子供とのコミュニケーションが取りやすくなった」となる設計をしたいと思っています。

スタッフ

そういったお客様への想いは、実際の間取りにも影響するのでしょうか?

渡辺さん

大きく影響します。
例えば、何か理由があって「子供がある程度大きくなったので夫婦の寝室を別々にしたい」というケースはよくある話なのですが、そういった場合も間取りの可能性は色々あります。
廊下から各々の寝室に直接入るようにするのと、どちらかの部屋に一度入ってから中で部屋が分かれるのでは、夫婦の関わり方が全然違ってきますよね

渡辺さん

ヒアリングをしてみて「イビキがうるさいから、寝る時だけ部屋を別々にしたい」「部屋は別々にしたいけど、一部繋げておきたい」とか、そういったことを伺った上で間取りを考えます。
寝室でパソコン作業をしているので、それを見られたくない」という場合は、寝室を分けるのではなくワークスペースを別でつくったほうが良い場合もありますよね。
人によって間取りの可能性は様々です。
インタビュー風景

インタビュー中の渡辺さん。
スタッフからの質問に真摯に応えてくださいます。

スタッフ

ヒアリングをしてみて、考え方が合わないお客様からのご依頼をお断りすることはありますか?

渡辺さん

「合う、合わない」という理由ではなく「この人は私に頼まないほうがいいだろう」という理由でお断りすることはあります。
例えば、お話をしてみて「この人はハウスメーカーのほうが合う」と思ったら「ハウスメーカーのほうが合うと思うので一度行ってみてください」と提案します。
というのも、お客様によっては設計事務所で家をつくるより建売を買ったりハウスメーカーでつくるほうが合っている場合が実際にあるからです
そういった場合、私がつくることはお客様のためになりません。

渡辺さん

ハウスメーカーでの家づくりは、家具を買うような感覚で「これと、これにしよう」とプランの中から選んで建てていきます。
ですから、お客様としてはすごくラクなんです。
それに、図面で説明されても想像がつかない場合は実物を見てから買えたほうがいいこともありますよね。
そのためにモデルルームや建売があるんです。

スタッフ

それくらい、設計事務所での家づくりはお客様にとって大変ということですか?

渡辺さん

そうですね。
お客様ご自身が家を一緒につくるということを好きじゃないと、なかなか難しいと思います。
設計を始めてから完成まで1年位はかかりますし、億劫に感じてしまうと良い家にはなりません。
ご自身に合った依頼先でつくることは、とても大事なことだと思います。

依頼先を決める時は実際に足を運んだほうが良い

家の写真3

スタッフ

これから新築を建てようとお考えのコノイエの読者に、渡辺さんからアドバイスをお願いします。

渡辺さん

依頼先を決める時はインターネットの情報だけに頼らず、実際に足を運んで相談してみたほうが良いです
例えば「ハウスメーカーは口コミで色々と悪く書かれているからやめておこう」というのではなくて、実際に行くことが大切です。
行ってみることで、その会社の社風が分かりますよね。
設計事務所も同じで、どこにお願いすれば良いのか分からなければ、まずはどこか一つの事務所に行ってみることをオススメします

スタッフ

たしかに、実際に足を運んでみないと分からないことのほうが多そうですよね。
ですが、設計事務所は敷居が高いイメージがあります。
気軽な気持ちで足を運ぶのは失礼ではないのでしょうか?

渡辺さん

みなさんが思っているほど設計事務所の敷居は高くありませんよ
昔に比べたらだいぶ敷居は低くなっているので、そのことをもっとみなさんに認知して頂けるようになったらいいですね。
「まず何をすればいいのか」とか、そういった初歩的なことでも気軽に相談してみると良いと思います。

スタッフ

そうなんですね。
渡辺さんのような建築家の方にそう言って頂けると、緊張せずに設計事務所に連絡できそうな気がします。

渡辺さん

設計事務所で建てるという選択肢だけでなく、ハウスメーカーで建てるのも良いと思いますよ
どちらにもメリット・デメリットがあるんです
建売を買うのはとにかくラクですし、実際に建っているものを見てから買えるのでイメージとのズレはありません。
そういった意味では、建売も良いと思います。

渡辺さん

ただ、建売は日当たりや風の流れなどがそこまで緻密に考えてつくられていない場合もあるので、買ってから風通しの悪さに気づくこともあります。
お客様が買う時にそういうところに気づければいいのですが、なかなか気づけませんよね。

スタッフ

たしかに、細部まで配慮の行き届いた設計をしてもらえるという点は、設計事務所に依頼する大きなメリットですよね。
設計事務所にご相談に来る方々は、どのようなタイミング来られるのでしょうか?

渡辺さん

一番多いのは、まだ土地が決まっていない段階での相談です。
私としても、土地を買う前に設計事務所に相談したほうがいいと思います。
不動産屋さんは土地を売る立場なので、売る土地にお客様の望む家が建つかどうかは別の領域になります。

渡辺さん

それに、家づくりにおいては色々な法律が絡んできたり、日当たりなどの問題もあります。
土地を買ってから後悔せずに希望通りの家を建てるためにも、土地を買う時は家づくりのプロである設計士に相談することをおすすめします
ぜひ、気軽に相談にきてください。

値段感と坪単価

坪単価:70~150万円

ご要望に沿った家づくりをしてもらえる
渡辺泰敏建築設計事務所さんでは、お客様のご要望に沿った家づくりをしています。
建売ほどの仕様でしたら、70万円から承っているそうです。
お客様のご要望によって坪単価は変動しますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

まとめ

仕事風景

渡辺さんは、お客様のご要望に沿った家づくりをされている建築家さんです。

「要望がない」「こだわりが強すぎる」といったお客様ごとに異なるご要望のレベルに合わせて、きめ細やかな対応をされています。
また、ご要望の内容によってはハウスメーカーをおすすめするというお話はとても印象的でした。

渡辺さんに家づくりをお願いしたい方は、一級建築士事務所 渡辺泰敏建築設計事務所さんにお問い合わせください。

会社名 一級建築士事務所 渡辺泰敏建築設計事務所
代表者名 渡辺 泰敏
住所 [東京オフィス]
〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-37-10 石井ビル3F
[名古屋オフィス]
〒452-0908
愛知県清須市寺野郷前39
電話番号 03-4405-5084
公式HP http://www.watanabeworld.net/
営業時間 9:00~19:00
主な業務 住宅設計・リノベーション
対応エリア 全国