有限会社祐秀ハウジング

パンフレットをめくる秀和様と中野社長

どんな暮らしをしたいのか、思い描いた夢を詰め込んでつくるのがお家です。
そして、その夢を実現するためには、建築を手掛ける会社さんによる、図面通りの正確な工事と丁寧な確認作業が欠かせません。

東京都小平市に事務所がある有限会社祐秀(ゆうしゅう)ハウジングさんは、新築工事を請け負っている会社です。
自社で施工図を描き、優秀な職人さんを束ねて、図面に沿って忠実にお家を建てています。

今回は、祐秀ハウジングさんの中野社長に、お家をつくるうえで大切にしていることについて伺ってみました。

お客様を困らせないために会社を立ち上げる

お家の外観

スタッフ

祐秀ハウジング様はどのような会社なのでしょうか?

中野社長

弊社は、建築工事の請負をしている会社です。お客様から新築のご依頼をいただいたら、協力関係にある大工さんや業者さんに声をかけて工事を行います。

スタッフ

御社は工事をチェックする立場なのでしょうか?

中野社長

もちろん工事を請け負っている以上、弊社が責任をもってチェックしています。
正確には、弊社は施工図を作って工事監理を行う役割を担っていますね。
工事監理とは?
工事が図面通りに行われているか、確認することを指します。
工事監理は、建築士の資格を持っている人だけができる専門業務です。
参考 工事監理Wikipedia

スタッフ

御社が作る施工図は、設計事務所さんが作る図面とは違うのでしょうか?

中野社長

設計事務所さんが描くのは、自治体に建築確認を申請する際に必要な図面です。それに対して、弊社の施工図は大工さんや業者さんが工事をするために必要となる図面なので、目的が異なります。
実際に家を建てる際は、申請時より詳細な図面が要るんですよ。枠の納まりや壁の重なりなどを考えておかないと、大工さんが工事できませんからね。

スタッフ

大工さんが迷わずに仕事を進めるためには、御社の施工図が必要なのですね。

中野社長

そうです。設計事務所さんの作った図面をもとに施工図を描き、施工図の通りに工事が進んでいるかを確認するのが弊社の仕事です。
万全の状態で新築をお客様に引き渡せるように、仕事に取り組んでいますよ。

3Dモデルのお家を持つ中野社長

スタッフ

中野社長は何がきっかけで独立しようと考えたのですか?

中野社長

勤めていた会社が倒産してしまったのが独立したきっかけでした。
当時、私は注文住宅の部署にいて現場監督を務めていましたが、会社が潰れてしまったために、それまで手掛けてきた住宅のメンテナンスができなくなったんです。
私は自分が担当したお客様を困らせたくなかったので、自分で会社を立ち上げるしかないと考えました。

スタッフ

お客様を助けたいと思ったからこそ、独立しようと決心したのですね。

中野社長

そうなんです。会社が無くなってしまった以上、お客様のためにも私の家族のためにも、覚悟を決める必要がありました。

中野社長

実は、かねてより専門学校の同期で設計事務所を経営している友人から「お前ならできるから早く独立しろ」と再三背中を押されていました。その言葉にも勇気づけられましたね。
独立して間もない私に、新築物件を1棟建てるという話を持ってきて、契約に至るよう計らってくれました。彼には感謝しかないですよ。

スタッフ

独立したばかりのころが、一番大変な時期だったでしょうからね。
ご友人の手助けは、ありがたかったでしょうね。

中野社長

そう思います。
ちなみに、2020年で会社を立ち上げてから丸20年になります。2人の息子の名前から名付けた「祐秀ハウジング」が20年もやってこられたと考えると、感慨深いですね。

信頼関係なくして仕事は成り立たない

足場を組んで施工する大工さんたち

スタッフ

祐秀ハウジング様がモットーとしていることは、何かありますか?

中野社長

建築に関することでお客様が何か困っていたら、何としてでも必ず解決する、ですね。

スタッフ

お客様にとっては心強いと思います。
なぜ、お客様のお困りごとを解決したいと思ったのですか?

中野社長

面倒見が良いね、かゆいところに手が届くね、などとお客様におっしゃっていただくのが嬉しいからですよ。
だから、弊社はお客様とのやり取りが大事になる戸建ての注文住宅に特化しているんです。
建売はできませんし、下請けもやるつもりはありません。

スタッフ

戸建ての注文住宅には、やりがいを感じますか?

中野社長

責任が重いだけあって、やりがいがありますよ。お客様と職人さんとの間はもちろん、職人さん同士でもいつも笑顔で接することができる現場になるよう心掛けています。
建築の仕事はお客様があってこそ成り立つものです。弊社のお客様は口コミや紹介が中心ですし、仕事を任せていただいた以上は責任をまっとうしたいですね。

キッチン

スタッフ

中野社長は先ほど「協力関係にある大工さんに声をかけて工事を進めていく」とおっしゃっていましたよね。
大工さんは、新聞などで募集しなくとも十分な人数が集まるものなのでしょうか?

中野社長

一般的には大工さんを集めるのは簡単ではありませんが、ありがたいことに弊社はまったく問題ないんです。
弊社は職人さんとの信頼関係も非常に大切にしているので、付き合いの長い職人さんが多いんですよ。声をかければ、すぐに応じてもらえます。

スタッフ

お客様だけでなく、職人さんとも良好な関係を築いているのですね。
ちなみに、職人さんとはどのくらい付き合いが長いのでしょうか?

中野社長

今も協力関係にある職人さんの3分の2は、独立前からの付き合いですね。長い人だと30年以上になります。

スタッフ

30年も付き合いが続いているとは驚きですね。
御社は一体どうやって職人さんとの信頼関係を築いてきたのですか?

中野社長

おそらく、約束を徹底的に守ってきたことが、信頼関係の構築に大きく貢献したんだと思います。
特に、お金の支払いはどんなことがあっても必ず守ってきました。工事代金の入金予定日が翌月5日だったとしても、職人さんと当月末に金銭を支払う約束をしていれば立て替えてでも必ず支払っています。

スタッフ

やはり、お金の管理は信頼関係の基盤になるのですね。

中野社長

そうですね。お金のやり取りをおろそかにしたら、どんなに他のことで誠意を尽くしても絶対に信頼してもらえませんからね。

中野社長

次に大事なのが工程の段取りです。
たとえば、ペンキ屋さんの作業が終わらないうちにクロス屋さんが来たら、クロス屋さんは仕事を始められませんよね。
職人さんも日程を組んで仕事をしているので、こちらの段取りが狂ったら職人さんに大変な迷惑をかけてしまいます。

スタッフ

予定通りに現場に来たのに、仕事ができなくて無駄足になってしまう可能性があるわけですね。

中野社長

その通りです。なので、スケジュールを決めるときは、工程に若干の余裕を持たせて予定を組んでいます。
また、万が一段取りが狂いそうになったら、先方に正しい情報をいち早く伝えるようにしていますよ。

スタッフ

お金の面でもスケジュールの面でも、職人さんに安心してもらえるように配慮しているわけですね。
なぜ御社はそこまで職人さんとの信頼関係を大切にしているのでしょうか?

中野社長

幸せな生活を送れる家をつくって、お客様に喜んでいただきたいからです。
新築工事の品質は、職人さんの腕の良さにかかっています。だからこそ、腕の良い職人さんを集められるように、私はやれることに全力で取り組みたいんですよ。

良い素材は正しく使ってこそ真の性能を発揮する

ダイニングキッチン

スタッフ

祐秀ハウジング様がお家をつくるうえで気を付けていることは何ですか?

中野社長

それぞれの素材がマニュアル通りに正しく使われているか、細かく確認しています。
たとえば断熱材なら、すき間が生じないように断熱材の端をキチンと柱にかけて入れ込みます。

スタッフ

すき間があったら、断熱効果が下がってしまうでしょうからね。

中野社長

そうです。断熱材はその一つ一つを丁寧に入れ込んで、初めて性能を十分に発揮させられるのです。
天然素材など、素材そのものにこだわる会社はたくさんありますが、どんなに優れた素材でも正しく使われなければ十分な性能を発揮できません。
素材の良さを100%引き出せるように施工するのが大事なんです。

スタッフ

単に良い素材を導入すればよいわけではないのですね。

中野社長

その通りです。それだけに、新築には優秀な職人さんによる正確な施工工事監理者による丁寧な確認が欠かせないんです。

中野社長

弊社は、お客様が思い描く「笑顔と会話の絶えない家」を実現したいと思っています。だから、素材の使い方一つにも絶対に手を抜きたくないんですよ。
パンフレットを見せる秀和専務と中野社長

写真左の方は、社長のご子息である秀和専務。
秀和専務は、パンフレットの制作とマスコットキャラクターのデザインも手掛けていらっしゃいます。

パンフレット

スタッフ

最後にメッセージをお願いします。

中野社長

弊社は、真剣に全力でお客様の想いに応えます。
お客様とはお互いの気持ちを大事にしながら、信頼関係を築いていきたいと考えています。
お客様から「祐秀ハウジングさんに任せた」とおっしゃっていただけるように頑張りますので、ぜひ弊社を頼ってください。

スタッフ

祐秀ハウジング様の真っ直ぐな気持ちが伝わってまいりました。
本日はお忙しいところ、ありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:85万円~

住宅なら坪単価は85万円ほど
祐秀ハウジングさんの新築における坪単価は85万円ほどです。
ちなみに、居室のエアコンや照明器具などの設備機器の価格および外構工事の費用坪単価に含まれています
新築してから、お客様がすぐに生活を始められるように配慮しているそうです。

まとめ

完成したお家には、数十年もの間ずっと住み続けることになります。
ですから、新築後もずっと面倒をみてもらえる会社さんに新築をお願いするのが安心です。

祐秀ハウジングさんは、それまで付き合いのあったお客様を困らせたくない、という思いから誕生しました。
だからこそ、今でも新築工事が終わったあとのアフターメンテナンスに力を注いでいます。

何か困ったことがあれば、すぐに対応していただけるのが祐秀ハウジングさんの強みです。
新築をお考えの方は、面倒見の良さが自慢の祐秀ハウジングさんにぜひご相談ください。

会社名 有限会社 祐秀ハウジング
代表者名 中野 博之
住所 〒187-0013
東京都小平市回田町186番地1号
電話番号 042-327-6326
公式HP http://yuusyuu-h.com/
営業時間 8:30~18:00
主な業務 建築工事の設計・監理、請負・施工など
対応エリア 主に、東京都小平市の事務所から1時間圏内