株式会社ゼウス・リアル

インタビューに応じる岡田様

せっかく新居を探すなら、できるだけ条件の良い物件を選びたいですよね。ただ、いつまでも納得できるお家が見つからないケースも珍しくはありません。

お家探しのコツは、最初から信頼できる不動産屋さんを選ぶことです。東京都渋谷区に事務所を構える株式会社ゼウス・リアルさんは、良い物件を買う機会を逃してほしくないという想いから、スピーディーにお家を買うお手伝いをしています。
また、ゼウス・リアルさんはリフォーム業も兼ねています。そのため物件を購入すると、リフォーム業を活かしたお得なサービスが期待できます。

そこで、ゼウス・リアルさんがお客様に提供しているサービスや不動産屋としての心掛けについて、取締役統括部長の岡田様にインタビューしてみました。

販売額以上のメリットを提供する

ゼウス・リアル様の事務所の風景

スタッフ

岡田様はなぜ不動産業を始められたのですか?

岡田様

お客さんが心から喜んでいる顔を見たかったからですね。
私自身は、以前コンピュータ関連の業界で法人向けの仕事をしていました。ですが、個人のお客さんに喜んでいただく仕事の方が、やりがいを感じられると思って不動産業に移ったんです。

スタッフ

個人のお客様だと、何が違いますか?

岡田様

喜び方がまったく違いますね。ほとんどのお客さんは、自分や家族のために家を買います。ですから、欲しい家が手に入れば心の底から嬉しいと感じるんです。

スタッフ

確かにマイホームが買えたら家族も喜んでくれますし、家族の笑顔を見られると自分もつられて嬉しくなってしまいますからね。

岡田様

私は、お客さんの全身から喜びがあふれ出るのを感じたいんです。
もちろん私だけではありません。「できるだけお客さんからいいねと言っていただく」のが、弊社社長と全社員の姿勢です。不動産業は、頑張った分だけお客様の喜びを感じられるのが魅力ですね。

スタッフ

なるほど、だから不動産業はやりがいがあるんですね。

リノベーションなどの雑誌とガンダムのフィギュア

スタッフ

お家を売るとき、どんなところに気を付けていますか?

岡田様

まずは、いかに正確な販売価格を決めるかですね。お金をいただく以上は、お客さんに損をさせてはいけません。

スタッフ

会社としての姿勢ですね。

岡田様

しかし、不動産の相場はお客さんにとって分かりにくいものです。立地などの条件次第で、同じ地域でも相場は変わってきますからね。
ですので、不動産屋としての経験と蓄積してきたデータを併せて、慎重に販売価格を決めています。

スタッフ

どちらが欠けても、正確な販売価格にならないのですね。

岡田様

はい。さらに、損をさせないだけでは不十分です。金額以上のメリットを提供できて初めて、お客さんに「いいね」と仰っていただけます。
ですから、費用が10万円なら50万円分の喜びを感じてもらえるように工夫が必要なんです。

スタッフ

同じ金額を払うのなら、ちょっとでもお得な方が嬉しいですからね。
具体的には、どんな工夫をされているのですか?

岡田様

ゼウス・リアルは不動産屋であると同時に、リフォームやリノベーションも手掛けます。つまり、作り手でもあるんです。
そこで、お客さんの選択肢を増やすために、購入後に壁紙を好きな柄へ変えられるサービスを始めました。

スタッフ

すでに貼ってある壁紙を変えるのですか?

岡田様

その通りです。まだリノベーションが定着していない時期に始めたのですが、お客さんの満足度は高かったですね。
他には、間取りを部分的にセミオーダーにして、あとから2LDKを3LDKに変えられるサービスなども行っています。

スタッフ

お客様としては嬉しいですけど、追加費用はかからないのですか?

岡田様

費用は弊社が負担しています。利益が減ると経営としては少々痛いですが、お客さんに金額以上の喜びを感じていただけるので構いません。

スタッフ

ゼウス・リアルさんの「できるだけお客さんからいいねと言っていただく」という意気込みが感じられますね。

物件探しのコツは素早い決断。不動産屋の役割とは

お家の3Dモデル

スタッフ

お家を探すときのコツは何ですか?

岡田様

良さそうな物件を見つけたときに、できるだけ迷わず購入するかしないか決めることですね。

スタッフ

迷ってはいけないのは、なぜですか?

岡田様

良い物件は取り合いになりやすいからです。
お客さんが求める条件を100%満たす不動産はありません。経験上は、条件を70%くらい満たすなら良い不動産といえます。
ところが、自分が欲しいと感じる物件は、他人にとっても条件がそろっている物件である可能性が高いんです。

スタッフ

確かに駅に近い、騒音が少ないといった条件は、誰にとってもメリットがありますからね。

岡田様

そうなんです。
また、運と縁に恵まれて良い物件に巡り合えたとしても、一度逃してしまえば二度と買えないのです。似たような物件が売りに出される場合はありますが、5年後10年後となる可能性が否定できません。
なので、良い物件に巡り合ったら素早く購入を決める必要があります。

スタッフ

なるほど、だから条件の良いお家が見つかったら購入に迷ってはいけないんですね。
しかし、お家の購入は簡単に決められないのが普通だと思います。買ってから後悔しても取り返しがつきませんから、慎重になるはずです。

岡田様

もちろんその通りです。だからこそ、不動産屋が必要とされるんです。
お客さんが求める条件やニーズを徹底的にヒアリングして物件をピックアップし、物件の特徴をできるだけ分かりやすく説明する必要があります。
お客さんが素早く決断できるように後押しするのが、不動産屋の役割なんです。

スタッフ

お客様が自信をもって判断できるように、手助けしているのですね。

不動産業はマニアの仕事。マニアの案内なら判断に迷わない

ゼウス・リアル様のロゴ

スタッフ

不動産業の難しいところは何ですか?

岡田様

幅広い知識を求められるところですね。不動産屋の役割を果たすためには、建物そのものはもちろん町全体の情報も知っておく必要があります。
町の状況は、お客さんのライフスタイルに深く関わるからです。

スタッフ

物件は町ごと紹介する必要があるわけですね。
具体的にどんなことを調べておくのですか?

岡田様

駅、スーパー、高速道路など、地理の情報ですね。特に路線図は通勤に関わるので、必ず知っておかなければなりません。
あと、物件周辺のスーパーは実際に行って確かめます。営業時間や混み具合などはチェックが必要ですね。

スタッフ

地道にリサーチしているのですね。

岡田様

さらに、法律などの専門的な知識も求められます。不動産業を営むには、宅地建物取引士などの資格が必要です。
また不動産を仕入れるときには、相続問題などが複雑に絡みます。ご親族のもめごとを解消する場合にも、法律の知識は欠かせません。

スタッフ

大変そうですね。

岡田様

加えて法律はたびたび変わるので、継続的な勉強が必要なんです。

「ぜうすりある」に掛けた社員心得

スタッフ

不動産業を続けるためには、いろいろ努力をしないといけないんですね。

岡田様

そうなんです。私も不動産業を始めたころは、勉強不足で不動産屋の役割を果たせないことがありました。せっかくお客さんにぴったり合った物件が見つかったのに、お客さんに買う判断をしていただけなかったんです。
だから、不動産業をやるからには、とことんマニアになろうと決心しました。本当に好きで不動産業をやっている人から案内を受ければ、お客さんは物件を買うべきか迷いませんからね。良い不動産を購入するチャンスを逃さないようにサポートするのが、不動産屋の使命なんです。

スタッフ

誇りを持つと同時に、楽しんでいるのですね。

岡田様

はい。また不動産は誰にとっても大きな関心事なので、不動産の知識があると友達や知り合いのためにもなります。

スタッフ

確かに、周りに不動産について詳しい人がいたら必ず頼りますよね。

岡田様

不動産は本当に奥深いです。ですから、私の理想とするプロには永遠になれないかもしれません。
ただ、終わりが無いからこそ不動産業は面白いんです。死ぬまで勉強、レベルアップしつづけたいですね。

まとめ

株式会社ゼウス・リアルさんの「ゼウス」は、ギリシャ神話に登場する全知全能の神です。社名からも「幅広い知識を身に付けてお客様に良い物件を提供したい」という想いが伝わってきます。

良い物件を手に入れるためには、スピーディーに購入を決める必要があります。そのためには、信頼できるパートナー、つまり不動産屋さんの幅広い知識が欠かせません。
本気で物件を探したいとお考えの方は、ゼウス・リアルさんへぜひ相談してみてください。きっとお気に入りのお家が見つかるはずです。

会社名 株式会社ゼウス・リアル
代表者名 松田 高明
住所 〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南3丁目7-3 6F
電話番号 03-5720-5555
公式HP http://zeus-real.co.jp/
営業時間 10:00~19:00
主な業務 不動産(不動産仲介)、リフォーム・リノベーション
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉(要相談)