無垢床の新築が安い!注文住宅が1,000万円台、施工例と安さの訳

フローリングには、木目や色味など種類が豊富にあります。そんな中、天然木の良さを味わえる無垢材に憧れを持ち、「これから建てる新築に使用したい!」とお考えの方は多いのではないでしょうか。

ですが、特徴をしっかり理解しないまま無垢材を採用するのはあまりおすすめできません。なぜなら無垢材には、“天然木ならでは”の良さが多くある反面、欠点も多く存在するからです。

そこで本記事では、無垢材の基本的な情報や選び方、おすすめの無垢材の種類について紹介します。

無垢材とは

無垢材とは、天然木から1枚の板に切り出された自然素材のことです。

そして、その無垢材をフローリングとして製材したものを「無垢フローリング」といいます。無垢フローリングがつくられるまでに、塗料や接着剤などの材料が一切使用されないため、木本来の自然な風合いをそのまま味わえるところが大きな魅力です。

「木本来の自然な風合い」とは、木そのものの質感や肌触り、温もりや香りのことです。

フローリングには他に「複合(合板)フローリング」がありますが、薄く切り取られた木の板や集成材を接着剤で重ねて貼り付けたものであるため、無垢フローリングのように木本来の良さを味わうことはできません。

無垢フローリングと複合フローリングの違い
画像引用:無垢フローリングの短所・長所、メンテナンスについて。|ユキさんのリフォーム業務日誌

なぜ無垢材フローリングは高いのか?

そもそもの疑問として、なぜ無垢材フローリングは高いのでしょうか。結論から言えば、「無垢材」は一般的な建材に比べて希少性が高いからです。

というのも、一般的な建材である「集成材」は、形の違う木であっても張り合わせて合板にできることから大量生産に適しており、コストを抑えられます。

一方で、無垢材は天然の木からそのまま切り出した木材のことを言うので、当然のことながら一本の木から取れる量は限られています。

つまり無垢材は一本一本丁寧に加工されているため、値段が高くなってしまうということです。

無垢材と集成材の違いは以下の画像の通りです。

無垢材と集成材の比較

集成材の断面
よく見ると複数の木が貼り合わさっているのが分かります。

画像引用:集成材|ウィキペディア

無垢材のメリット・デメリット

無垢材は自然素材ならではの魅力が豊富にある反面、実は欠点も多くあります。続いては無垢材のメリットとデメリットを解説していきます。

また無垢材の性質をしっかりと理解することで、床材選びの判断基準も明確になってくることでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

周囲の温度に左右されにくい

木は、コンクリートやモルタルに比べて熱伝導率が10分の1ほど低いと言われており、熱が伝わりにくい材質です。熱伝導率が低いのは、繊維の中にたくさんの空気が含まれているためです。

そのため、夏は涼しく冬は暖かく、一年中快適に過ごすことができます。その反面、複合フローリングの表面部分は天然木でつくられているものの、薄い木の板を何層にも重ねてできている床材のため、一枚板でできている無垢材に比べて空気層が少なくなります。

よって、同じ木材である複合フローリングよりも温度差を感じにくいのです。

湿度を調節してくれる

木には、湿度が高いときは湿気を吸収し、乾燥しているときは水分を放出する性質があります。木は切られてからも呼吸をしており、無垢のままであればその性質が無くなることはありません。

そのため、湿度の高い梅雨の時期や乾燥の厳しい冬でも、室内を快適に保つ効果があります。日本の夏は高温多湿が特徴であることを踏まえると、無垢フローリングは日本の住環境に適した床材かもしれません。

温度や湿度によって変形・割れが生じることも

しかし、温度や湿度の変化で反りや割れが生じることがあるのも事実です。これは天然木であることから材質にばらつきがあったり、工事の仕方によって仕上がりに差が出たりするためです。

また、乾燥による収縮が起きるとフローリングの間に隙間が生じ、気密性に問題が出るケースもあります。無垢材として材料化される前にどのような管理がされていたか樹種によっても変わるため一概には言えません。

身体に優しい

複合フローリングに使用される接着剤には「健康被害を引き起こす化学物質」が含まれていることが多い一方で、無垢フローリングにはそもそも木材を張り合わせる必要がないため、接着剤自体使われていません。

また、木から産出される精油には、ダニの繁殖の抑制や殺ダニ、菌やカビを防止する効果があります。住居に生息するダニは、気管支ぜん息やアトピー性皮膚炎など、体の健康に悪影響を及ぼす原因のひとつになっているため、それらの病気や症状を持つお子さんがいる家庭には嬉しいメリットです。

参考 木の香り成分(精油)による防ダニ・防虫・防菌・防カビ効果森林・林業学習館

しかし、中には無垢フローリングを床に張り付ける際に接着剤を用いる場合もあるため、事前に確認が必要です。

注意

無垢フローリングを使用するからといって、誰もが快適に過ごせるわけではありません。人によっては木材アレルギーを持っていたり、木の香りや風合いが苦手だったりすることもあるため、あまり過敏にならないようにしましょう。

高断熱で裸足との相性抜群

それに無垢材は非常に断熱性が高いので、夏も冬も裸足で快適に過ごせます。

無垢床はとにかく熱を通しにくい

無垢は熱伝導率が極めて低く、断熱材と同じような効果があるのも特徴のひとつ。そのため、「無垢床は床暖房を入れる必要がない」といわれるほど。熱伝導率の比較図

リラックス効果がある

ヒノキの木材のよい香りを楽しむための「ヒノキ風呂」があるように、木には樹種それぞれの香りがあります。この木の持つ香りには、リラックス効果があるといわれています。売られている入浴剤や芳香剤にも、木の香りをイメージしたものが多くありますよね。

香りの楽しみ方は木以外にもいろいろあり、リラックスできる香りは人それぞれですが、人工的につくられていない「天然ものの香り」を味わえるところは大きな魅力といえます。

経年変化を楽しめる

複合フローリングは張りたてが一番美しく、キズや汚れがつき、時が経つにつれて劣化していくように感じやすいです。それに比べて無垢材は、時が経つほど味わい深い表情になり、ついたキズや汚れも風合いのひとつとして楽しむことができます。

樹種によって、元の色よりも薄くなったり濃くなったりと、色味の変化も様々です。

無垢材の色の変化

無垢材の色の変化

画像引用:フローリングガイド|toolbox

キズや汚れがつきやすい

複合フローリングには、キズやヘコミが付きにくく、汚れを落としやすい加工が施されていますが、無垢材には木本来の質感を生かすためそのような加工はされていません。

そのため、床に落ちた衝撃や範囲の分だけキズや汚れはつきます。

塗料やコーティング材などで防止することもできますが、完全に防げるわけではありません。そのうえ、何よりもせっかくの無垢材の質感を損なうこととなります。また、無垢材は水に弱いため、汚れが付着したときの対処法は、基本的にはから拭きになります。

色合いの変化がばらつくことも

また、窓際や日の当たる時間が長い箇所は、日焼けによって変色しやすいです。そのため、同じ無垢材を張っているのに色味や風合いにばらつきが出ることもあります。

これは無垢材に限る話ではありませんが、無垢材は天然ものがゆえに他の床材よりも周囲の環境によって変色しやすい材質です。

無垢材が日焼けしたときの様子
画像引用:新築の注文住宅で失敗しない無垢フローリングの選び方と16の特徴|注文住宅、家づくりのことならONE PROJECT

コスト・手間がかかる

これまでお話ししたように、無垢材は繊細でデリケートな材質です。工事をする際は慎重に扱う必要があるため、複合フローリングよりも床に張る作業に時間と手間がかかります。

「突き板フローリング」や「挽き板フローリング」を視野に入れるのも

無垢材に対して「予算的に厳しそう……」「扱いづらそう……」と感じた場合は、無垢材の代わりに「突き板フローリング」「挽き板フローリング」の採用を視野に入れてみるのも良いかもしれません。

これらは複合フローリングに分類される床材で、表面にだけ天然木の木材が張られているのが特徴です。突き板と挽き板の違いは表面に張られている天然木の木材の厚みです。

突き板は0.2ミリ〜0.5ミリ程度、挽き板は1ミリ〜3ミリ程度の厚さに削がれているため、挽き板の方が天然木の風合いや質感を感じやすいです。

表面に天然木が使われていないシートフローリングよりも価格は高くなりますが、無垢材よりはコスト・手間がかからないケースがほとんどなため、「無垢材の木目や色味が楽しめれば満足」という方におすすめです。

フローリング価格順

シートフローリング<突き板フローリング<挽き板フローリング<無垢フローリング

無垢材のメリット・デメリット
  • 周囲の温度に左右されにくい
  • 湿度を調節してくれる
    温度や湿度によって変形・割れが生じることもある
  • 身体に優しい
  • 高断熱で裸足との相性抜群
  • リラックス効果がある
  • 経年変化を楽しめる
    キズや汚れがつきやすい、色合いにばらつきが出ることもある
  • コストと手間がかかる
    「突き板フローリング」や「挽き板フローリング」を視野に入れる

無垢材を選ぶポイント

無垢材には他のフローリングには代えがたい魅力が詰まっています。そのため、「デメリットを考慮してでも新築に無垢材を使いたい」と考える方は多いでしょう。

しかし無垢材は多種多様に存在するうえに特徴もそれぞれ異なるため、「どのように無垢材を選べばいいか」を判断するのは難しいですよね。

そこでつぎに、無垢材を選ぶポイントについて説明していきます。

デザイン性

家の中の面積を多く占める床材は、内装の印象を大きく左右します。

そのため、「内装のデザインにはこだわりたい」「おしゃれな雰囲気に仕上げたい」とお考えの方は、デザイン性を重視して無垢材を選ぶことをおすすめします。

木目や色味

無垢材は人気の樹種だけでも15種類もあり、木目や色味などのデザインが多種多様に存在します。

無垢材の種類 無垢材の種類 無垢材の種類
画像引用:人気の樹種|マルホン

和風や洋風、アジアンテイストなど、どの雰囲気に仕上げたいかによって合わせる無垢材も変わるため、無垢フローリングを使用した内装のデザイン事例などを見て参考にすると良いでしょう。

また、床材のデザインによって相性の良い家具や調度品も変わるため、使いたいものが決まっているならそれをベースに床材の色味を考えてみても良いかもしれません。

当サイトには、「新築で使用する床の色」について詳しくまとめた記事もございます。併せて参考になさってください。

画像の説明お家の印象は床で決まる!床の色選びから始める新築の内装デザイン

幅や長さ

同じ樹種の無垢材でも、板の幅や長さが違うだけで空間の雰囲気は変わります。

無垢フローリング幅の違い
画像引用:無垢フローリングの幅の違い|マルホン

見た時の印象は人それぞれですが、一般的には、ひとつの板が幅広で長さが長いほど部屋が広く落ち着いた印象を持ちやすく、逆に、幅が細く、長さが短いもので張り合わせると、部屋が狭く見えて床がうるさく感じる傾向にあります。

選んだ無垢材に合わせて、幅や長さにもこだわってみてください。

肌や体で感じる感覚

「好きな木の香りに癒されたい」「身体に優しい素材がいい」とお考えの方は、木の持つ性質や自分の肌との相性を重視して無垢材を選びましょう。

特に、ヒノキ、杉、ハードサイプレスなどの針葉樹に類される樹種は、木の柔らかさ、香りを感じやすく身体にも優しい無垢材です。

※針葉樹の特徴については記事の後半で説明しています。

針葉樹の種類
画像引用:木の香りの効能【663 号】|マルホン

シロアリがつきにくい、肥満抑制効果があるといった身体に優しい性質をそれぞれ持っています。

実用性

床暖房に対応しているか

無垢フローリングには、床暖房に対応できるものとそうでないものがあります。そのため、床暖房の採用を少しでも検討しているのであれば、床暖房に対応している無垢フローリングを事前にチェックしておくことをおすすめします。

手入れ・掃除のしやすさ

先ほどお伝えしたように、塗装などが一切施されていない無垢フローリングは、物を落とした衝撃の分キズがつき、汚れが付着した分だけシミが残りやすい材質です。

そのため、「なるべくキズや汚れは最小限にとどめたい」という方は、塗装をして防ぎましょう。

重視するポイントに合わせて塗料を選ぶ

無垢フローリングの塗装の種類は、「木の内部まで浸透するタイプ」「表面をコーティングするタイプ」の2種類があります。

浸透するタイプは、木の風合いをなるべく生かしたまま、素材を保護する役割を果たします。しかしあくまで自然に無垢フローリングを保護することが目的なため、強い衝撃には弱く耐水性もあまりありません。

また、浸透するタイプで塗装された無垢フローリングは定期的に浸透させてあげることが大切なので、半年から1年に1回、再塗装が必要です。

逆に、コーティングするタイプは表面をしっかりとコーティングするため、キズや汚れ防止の効果が期待できます。また、浸透タイプほどこまめにメンテナンスを行う必要はありません。しかし表面をしっかり覆うことにより、木本来の風合いや香り、調湿性などの機能性を損なってしまうなどの欠点があります。

価格

「予算の制約があるけれど、どうしても無垢材を使いたい!」とお考えの方は、価格面を重視して無垢材を探してみてはいかがでしょうか。コストや工事の手間がかかる無垢フローリングですが、中には複合フローリングよりも価格の低い無垢材もあります。

しかし無垢材には、品質やグレードによって価格が異なるものもあるため、価格面だけで判断するのはあまりおすすめできません。

使う場所を限定する

新築の部屋全てに使用せず、リビングや寝室だけなど部屋を限定して使用することで、無垢材にかかる費用や手間を減らせます。

実際に新築で無垢フローリングを採用した方の採用度合いを調べてみると……

新築で建てて住み始めてからそろそろ1年になります。床は基本的に無垢材でしたが、水周りである台所、洗面所、トイレ(1階、2階)だけは無垢材にしませんでした。1年住んでみて、それで良かったと思っています。小さい子がいるのでトイレトレーニングの問題もありましたし、トイレや洗面所でかなり水はねしてもあまり気にせずにすみました。台所なんかは油はねもありますしね。どうしても無垢のところはジュースや水をこぼすとすぐにふかないとしみになりそうで焦ってしまいます。

現在建築中ですがウチの場合、1Fリビング、ダイニング、キッチン、ホール、パントリーが無垢材です。トイレ、洗面はクッションフロアにしました(トイレは木目柄、洗面はテラコッタ柄)2Fは全居室フローリングです。2Fはお客さんは来ないので節約のためフローリングにしました。

先月末に完成引き渡しが終わりましたが、やはり無垢イイですヨ、まず見た目、実用面も。我が家はリビングダイニングと廊下にしました。台所やトイレは、水はねや、油等気になりそうで・・・

引用:カテゴリ:新築一戸建て|YAHOO!JAPAN知恵袋

キッチンやトイレなどの水回りは避けた、お客さんが来ることの少ない階は避けたなど、部分的に使用した方が多く見受けられました。

無垢材を選ぶポイント
  • デザイン性
  • 肌や体で感じる感覚
  • 実用性
  • 価格

無垢材の種類

つぎに、無垢材の種類についてお話しします。今後の無垢材選びの参考になさってください。

無垢材の種類は「広葉樹」と「針葉樹」に分かれる

まず、無垢材の種類は「広葉樹」と「針葉樹」の2つのどちらかに分かれます。

この2つは真逆の特徴を持っているため、使いたい無垢材がどちらの種類か分かるだけでおおよその特徴を把握できます。

広葉樹の種類

広葉樹の木材は、重くて硬く耐久性に優れており、色ツヤが美しいのが特徴です。さらに、木材として使えるようになるまでに150年から200年ほどかかるため、希少価値が高く価格が高い傾向にあります。

チーク

チークの無垢フローリング
画像引用:チーク 無垢フローリング 120mm巾|マルホン

チークは気温の差が激しい環境下にも耐え抜く強さがあり、古くから高級家具や豪華客船の甲板、内装などにも使われています。

ウォールナット

ウォルナットの無垢フローリング
画像引用:ウォールナット 無垢フローリング 90mm巾|マルホン

ウォールナットは、最高級の家具や内装材として長い歴史を持っています。節を残した個性的な木目には重厚感がありつつ、モダンなインテリアにも調和します。

クリ

クリの無垢フローリング
画像引用:クリ 無垢フローリング 120mm巾 国産材|マルホン

国産のクリは力強い年輪と硬さを感じられ、バランスのよい色味と癖のない風合いがあります。耐水性があり、膨張収縮率も少ないです。住宅の構造材としても長く使われています。

タモ

タモの無垢フローリング
画像引用:タモ 無垢フローリング 90mm巾|マルホン

タモははっきりとした力強い年輪が特徴的。和洋どちらのインテリアにも合わせやすいです。

ナラ

ナラの無垢フローリング
画像引用:ナラ 床暖房対応 無垢フローリング 75mm巾 柾目【数量限定品】|マルホン

ナラは一見落ち着いた表情に見えますが、よく見ると虎斑(とらふ)と呼ばれる独特のしま模様があり、個性的な表情を持っています。

バーチ

バーチの無垢フローリング
画像引用:バーチ 床暖房対応 無垢フローリング 75mm巾 熱処理|マルホン

バーチはうっすらとやさしい木目を持ち、波状に縮んでしわが寄ったように見えるます。蜜蝋樹脂ワックス(浸透するタイプ)を塗装すると、さらっとした質感に仕上がります。

アルダー

アルダーの無垢フローリング
画像引用:アルダー 無垢フローリング 90mm巾【数量限定品】|マルホン

アルダーは、大らかな木目の中に小さな節があり、鉛筆で書いたような線やスジがところどころに入っているのが特徴的。時間とともに少しずつ色味の変化を味わえます。広葉樹には他にもオークやサクラ、メープルなどがあります。

針葉樹の種類

比べて針葉樹の木材は軽くて柔らかいため、木の温かみや香りを感じやすいのが特徴です。木材として使えるようになるまで40年から60年ほどと短いため、生産量が多く価格が低い傾向にあります。

ヒノキ

ヒノキの無垢フローリング
画像引用:ヒノキ 無垢フローリング 108mm巾 国産材|マルホン

ヒノキは、最高級の建築材として構造や内装に使われてきました。表面をカンナで削ると表情はつややかになり、よい香りがします。

シルバーパイン

シルバーパインの無垢フローリング
画像引用:シルバーパイン 無垢フローリング 111mm巾|マルホン

シルバーパインは、節が等間隔に並び、白味と赤味が混在している木目でナチュラルな印象です。表面は年月を経て飴色に変化します。質感が柔らかいため、素足でぬくもりと心地よさを感じやすいです。

キリ

キリの無垢フローリング
画像引用:キリ 無垢フローリング 150mm

キリは、調湿作用や断熱性に優れているため、古くからタンスや貴重品の箱などに使用されています。冬は暖かく夏はさらっとした肌触りなため、温度差を感じにくいです。

ハードサイプレス

ハードサイプレスの無垢フローリング
画像引用:ハードサイプレス 無垢フローリング 110mm巾|マルホン

ハードサイプレスは、シロアリを寄せ付けない成分を持ち、水に強いのが特徴。はっきりとした色味が印象的ですが、経年変化によって落ち着いた色合いに変化していきます。

これまで、広葉樹と針葉樹のおすすめ樹種を紹介しました。気になる無垢材は見つかりましたでしょうか。 ご紹介した無垢材はほんの一部で、他にもいろいろな無垢材があります。

また、同じ樹種でも木目や色味が異なるものもあるので、ぜひ自分好みの無垢材を見つけてみてくださいね。

参考 新築の注文住宅で失敗しない無垢フローリングの選び方と16の特徴ONE PROJECT

無垢材の楽しみ方

つぎに、無垢フローリングの楽しみ方をいくつかご紹介します。

無垢材の種類は豊富にありますが、無垢フローリングならではの楽しみ方も色々あります。「せっかく無垢材を使用するのだから人と被らない床をつくりたい!」という方は参考にしてみてください。

張り方を変えて楽しむ

流し張り
スタンダードな張り方「流し張り」

画像引用:無垢フローリングの張り方|マルホン

フローリングの張り方は、部屋の方向に沿ってストレートに配置する「流し張り」が最もスタンダードですが、他にも色々な張り方があります。

無垢フローリングの色々な張り方
画像引用:無垢フローリングの張り方|マルホン

無垢材の木目や色味によって室内の印象は異なりますが、張り方によっても空間の印象が大きく変わります。

表面加工をして楽しむ

無垢材の表面を加工し、無垢材の表情を変えて楽しむのもおすすめです。

無垢材の表面加工
画像引用:選べる表面加工|マルホン

木目を立体的に見せられ、足の裏の感触を楽しめるところが表面加工の魅力です。

参考 表面加工(なぐり加工)無垢フローリングMOKUZAI.COM

フローリング以外で無垢材を楽しむ

床材として使われることの多い無垢材ですが、床以外で無垢材を楽しむこともできます。

室内の窓枠として

室内の窓とは、間仕切りの壁につける窓のことです。

室内の窓枠
画像引用:無垢フローリング材を、床以外でたのしむ5つの活用法|株式会社大忠

壁にこのような窓を設けることで、光や風が通り抜けやすくなり、開放感のある空間に仕上げられます。

壁材や天井材として

室内のアクセントとして、壁材や天井材など一部分に張ることもできます。

廊下の壁の一部に無垢材
画像引用:無垢フローリング材を、床以外でたのしむ5つの活用法|株式会社大忠

床材と比べると、木の風合いを感じられる場面は少ないかもしれませんが、汚れやキズがつきにくくなるなど嬉しいメリットもあります。他にも、無垢材でつくられた家具や飾り棚などで天然木の風合いを楽しむなど、工夫次第でいろいろな楽しみ方があります。

「気軽に天然木の風合いを味わいたい」「床以外でも無垢材を取り入れたい」とお考えの方はぜひ検討してみてくださいね。

参考 無垢フローリング材を、床以外でたのしむ5つの活用法株式会社大忠

無垢材の種類や選び方のまとめ

無垢材には、様々な種類があり、特徴もそれぞれ異なります。また、家の中の面積を多く占める床材は、内装の印象や住み心地、使い勝手に大きく影響するものです。

そのため、新築で生活したときのことを考えながら、自分に適した無垢材を選ぶことがおすすめです。

また、無垢材の楽しみ方は床だけではありません。部屋のアクセントとして、壁や天井の一部など部分的に取り入れることで気軽に楽しむこともできます。

ぜひ、お気に入りの無垢材で豊かで楽しい生活を叶えてみてください。

今回ご協力頂いた家づくりの専門家

この記事は、100%天然由来の建材だけを使って調湿効果の高い家をつくられている、「TH健康住宅株式会社」さんにご協力をいただいて作成しています。

著者情報

コノイエ編集部

コノイエは、東京都港区に本社を置く株式会社アールアンドエーブレインズが運営するオウンドメディアです。累計80,000人以上が利用する「解体無料見積ガイド」の姉妹サイトとして、住宅関連コンテンツを発信しています。人が生活する基本となる「衣・食・住」の中でも、コノイエでは「住」にフォーカスして独自の情報をお届けします。

監修

中野達也

一般社団法人あんしん解体業者認定協会 理事
解体工事業登録技術管理者
公益社団法人 日本建築家協会(JIA)研究会員
一般社団法人東京都建築士事務所協会 世田谷支部会員

静岡県出身。日本全国の業者1,000社超と提携し、約10年間で数多くの現場に関与。自身でも解体工事業登録技術管理者としての8年間の実務経歴を持つ。現在では専門家として、テレビ番組をはじめとする多数メディアに出演。これまでに一般家屋はもちろん、マンション、ビルなど様々な建物の取り壊しに従事し、工事を行いたい施主、工事を行う業者の双方に精通している。また、大手から中小まで様々な規模の住宅メーカーへの販促支援、コンサルティング事業に携わり、住宅購入者心理の理解を深める。家を「壊す」ことと「作る」ことの専門家として、全国の提携パートナーと共に家をとりまく様々な問題に取り組んでいる。

出演メディア
ひるおび!(TBS系列)、情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系列)、バイキングmore(フジテレビ系列)、他多数...

当協会の運営サイト「コノイエ」は、工務店・ハウスビルダー・建築家・建築設計事務所等の500以上のインタビュー記事を掲載。また、新築・建て替えを検討中のユーザーにとって有益となる情報を発信しています。
当協会は、建て替えに伴うお住まいの取り壊しのご相談を年間で2,500件ほど承っており、各地域の住宅関連会社の情報が集まります。今後も「コノイエ」では、新築ユーザー様の発注先や評価、住宅関連会社様への独自インタビューといった当協会ならではの独自のリアルな情報をお届けします。


新築・建て替え時の
解体費用ぐっと安く
6社無料一括見積り

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で無料相談(フリーダイヤル)

0120-978-124

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)