マイホームの維持費は年30万円以上!維持費を節約できる家造りのポイント

ついに念願のマイホームを購入!
「コツコツ貯めてきた頭金もあるし、住宅ローンの審査が通ったら、あとは毎月ローンを返済するだけだ!」とお考えの方は、少しだけ注意が必要です。

マイホームに住んで毎月出ていくお金は、住宅ローンだけありません。税金・保険料・修繕費といった維持費が年間で30万円以上も必要となるのです。

そこでこの記事では、マイホームを建てたあとにかかる維持費や、維持費を抑えられる家造りのポイントについて解説していきます。
これからマイホームを建てたいとお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

マイホームに必要な3つの維持費

マイホームを建てると、必ず必要となるのが「①税金」と「②保険料」です。
さらに、建物の経年劣化を見越した「③マイホームの修繕費用」もあらかじめ積み立てておくとなると、マイホーム全体にかかる維持費は年間30万円以上にものぼります。

戸建て

そこでこのトピックでは「①税金」「②保険料」「③修繕費用」について、順番に解説していきます。

①税金

税金

マイホームに必要な税金は「固定資産税」と「都市計画税」の2つです。

固定資産税

固定資産税は「建物」や「土地」といった不動産を所有している人に課される税金です。

毎年4月~6月に各自治体(東京23区は東京主税局)から「課税明細書」が送付されますので、具体的な金額は課税明細書で確認しましょう

固定資産税の相場 10万円30万円/年
支払いのタイミング 年4回(東京都では6月、9月、12月、2月)の分割払い、年払いも可

固定資産税は、地価の変動や建物の構造・設備等によって大きく異なるため、場合によっては10万円未満になったり30万円以上になったりすることもあります。

固定資産税の計算方法

あらかじめ金額を把握しておきたい方は、以下の方法で概算を計算できます。
なお、土地と建物は別々に計算してください。

固定資産税」=「固定資産税評価額」×「標準税率(1.4%)

固定資産税評価額とは、各自治体によって算定された、土地や建物の評価額です。
しかし正確な評価額を求めるには、土地の場合は「路線価」等を、建物の場合は「再建築費評点」や「経年減点補正率」等を考慮しなければならないため非常に複雑です。

そのため、目安として、土地の評価額は公示地価の70%、建物の評価額は購入金額の70%で計算するのが一般的です。

また税率は各市町村によって異なりますので、詳しくはお住まいの自治体に確認してみてください。

固定資産税の軽減措置

土地や建物の固定資産税には、負担を減らすための軽減措置が設けられています。

土地 小規模住宅用地(200㎡以下の土地) 評価額が1/6になる
一般住宅用地(200㎡を超えた部分) 評価額が1/3になる
建物 戸建て 評価額が1/2になる(3年間のみ)
マンション 評価額が1/2になる(5年間のみ)

なお、建物の軽減措置は、令和4年3月31日までに建てられた新築が対象です。そのため、中古住宅の場合は土地の軽減措置のみが対象です。

固定資産税の具体的な計算例

軽減措置を踏まえて、実際にマイホームの固定資産税を計算してみましょう。

例:公示地価3000万円の土地(200㎡以下の小規模住宅用地)と、購入金額2000万円の新築住宅の場合

  • 土地
  • 評価額:3000万円×70%=2100万円
    軽減措置:2100万円×1/6=350万円
    固定資産税:350万円×1.4%=4万9000円

  • 建物
  • 評価額:2000万円×70%=1400万円
    軽減措置:1400万円×1/2=700万円
    固定資産税:700万円×1.4%=9万8000円

  • マイホームの固定資産税
  • 4万9000円(土地)+9万8000円(建物)=14万7000円

なお、固定資産税は3年に1度見直しがあります
その際に、地価の変動や、建築資材の物価変動(再建築費評点補正率)等を考慮して、新たな評価額が算出されます。

都市計画税

都市計画税は、道路建設や上下水道の整備などに充てられる税金で、マイホーム が「市街化区域」内にある人に課せられます。あなたのお住まいが市街化区域かどうかは自治体に確認してみてください。

また「課税明細書」は、固定資産税とひとまとめにして毎年4月~6月に各自治体(東京23区は東京主税局)から送付されます。

都市計画税の相場 1万円5万円/年
支払いのタイミング 年4回(東京都では6月、9月、12月、2月)の分割払い、年払いも可
都市計画税の計算方法

都市計画税は、以下の方法で概算を計算できます。

都市計画税」=「固定資産税評価額」×「制限税率(0.3%)
都市計画税の税率も一律ではなく、0.3%を上限に各市町村で設定しています。詳しくはお住まいの自治体に確認してみてください。

都市計画税の軽減措置

固定資産税と同様、都市計画税にも軽減措置がありますが、対象は「土地」のみとなります。

土地 小規模住宅用地(200㎡以下の土地) 評価額が1/3になる
一般住宅用地(200㎡を超えた部分) 評価額が2/3になる
都市計画税の具体的な計算例

では、実際にマイホームにかかる都市計画税を計算してみましょう。

例:公示地価3000万円の土地(200㎡以下の小規模住宅用地)の場合

  • マイホームの都市計画税
  • 評価額:3000万円×70%=2100万円
    軽減措置:2100万円×1/3=700万円
    都市計画税:700万円×0.3%=2万1000円

②保険料

保険料

マイホームに必要な保険は、「火災保険」と「地震保険」の2つです。

火災保険

住宅ローンを利用する場合、原則として火災保険への加入が必須です。

火災保険は、火災だけでなく、必要に応じて「落雷」「破裂・爆発」「風災」「ひょう災」「雪災」「水災(台風・暴風雨)」「家の損傷・汚損」「水濡れ」「外部からの衝突・落下・飛来」「盗難」等も補償対象にできます。

火災保険の相場 5,000円50,000円/年
支払いのタイミング 長期一括払い(契約期間分の一括払い)、年払い、月払い

なお、火災保険の保険料は「保険の補償範囲」「建物の構造(木造なのかマンションなのか)」「お住まいのエリアが災害が多いかどうか」等の条件によって大きく異なります。

SBI

例えば、SBI損保では「火災」「落雷」「破裂・爆発」を基本補償とし、必要に応じて他の補償内容も選べるようにしています。繰り返しになりますが、補償範囲が広くなるほど保険料も高くなります。
引用:火災保険|SBI損保

火災保険の保険料は「価格.com」や「i保険」といったサイトで見積もり比較ができますので、希望条件に合わせて確認してみてください。

地震保険

地震保険は、地震に起因して発生した「家の損壊」「火災」「津波」「家財の損壊」等を補償する保険です。

地震保険単独での加入はできず、火災保険とセットで加入する必要があります。なお、火災保険と違って地震保険の加入は必須ではありません。

地震保険の相場 (保険金額1000万円あたり)7,100円38,900円/年
支払いのタイミング 長期一括払い、年払い、月払い

地震保険はどの保険会社でも金額は同じで、「お住まいのエリア」「建物の構造」によって算定されます。

地震保険

引用:地震保険とは?補償内容から必要性、選び方まで徹底解説!|保険相談ナビ

例えば東京都の木造住宅の場合、保険金額1000万円あたりの年間保険料は38,900円です。もし保険金額を倍(2000万円)にしたい場合は、保険料も2倍になります。

③修繕費用

修繕費

マイホームに住み始めて10年を過ぎた頃から、徐々に家の傷みが目立ち始め、リフォームが必要になってきます。
そのために、あらかじめ積み立てておきたいのが「修繕費用」です。

修繕費用の相場 550万円600万円
年間の積み立て目安 35年住み続ける場合、17万円/年

アットホーム株式会社の調査によると、「平均築年数35.8年の木造一戸建てで、これまでに使った修繕費用は、平均556万円」というデータが出ています。

つまり、20年30年と長くマイホームに住み続ける予定の方は、住宅ローンや税金・保険料の支払いとは別に、修繕費用も計画的に積み立てておく必要があると言えます。

修繕が必要な場所・時期

下の表は、30年以上マイホームに住み続けている人を対象に実施した、マイホームの修繕に関する調査結果です。

修繕場所 修繕した人の割合 修繕時の築年数 修繕費の合計平均
外壁 84.4% 20.1年 135万円
給湯器 83.2% 19.1年 49万円
トイレ 76.0% 23.3年 51万円
風呂 76.0% 24.7年 107万円
屋根 74.5% 23.3年 137万円
キッチン 64.6% 25.2年 131万円
洗面台 64.2% 23.4年 30万円
壁紙・内壁 62.8% 22.2年 74万円
53.1% 24.4年 65万円
ベランダ・バルコニー 39.8% 21.1年 47万円
玄関 39.0% 24.3年 53万円
シロアリ関連 37.8% 18.3年 40万円
給水管 34.3% 23.6年 54万円
床下 17.2% 23.8年 48万円

引用:「一戸建て修繕の実態」調査|アットホーム株式会社

このデータを見てみると、雨風に曝される「外壁」や「屋根」を修繕した人が多いことが分かります。
また、給湯器・バス・トイレ・キッチン・洗面台といった、使用頻度の高い水回り設備も、修繕した人の割合が多くなっています。

修繕の時期が重なると出費も大きくなりますので、将来を見越して毎月少しずつ積み立てておくと安心です。

マンションに必要な維持費

次に、マンション独自の維持費を確認していきましょう。

マンションの維持費は、これまで解説してきた税金・保険料・修繕費用以外に、「管理費」と「修繕積立金」の2つが必要になります。

マンション

管理費

管理費とは、以下のようなマンションの共用部分を維持・管理するための費用です。

  • 管理人の人件費
  • 共用部分の保守点検費用
  • 共用部分の保険料
  • 共用部分の水道光熱費
  • 定期的な補修費用
占有面積が広い部屋や、設備が充実したハイグレードなマンションになるほど、管理費も高額になります。

管理費の相場 1万円2万円/月

修繕積立金

修繕積立金とは、以下のようなマンションの共有部分を維持・修繕するための費用です。

  • 一定年数ごとに定期的・計画的に行う修繕費用
  • 不測の事故その他特別の事由によって必要となる修繕費用
  • 敷地及び共用部分等の変更(共用部のリフォーム等)や処分に必要な費用
管理費が「日常的に必要な費用」であるのに対し、修繕積立金は「将来の大規模修繕に備えた積立金」という違いがあります。

修繕積立金の相場 1万円2万円/月

維持費を抑えられる家造りのポイント

マイホームに住み始めると、住宅ローン以外にも多岐にわたる費用が必要となることが分かりました。
しかし、「税金」や「保険料」はマイホームに不可欠な費用のため節約は難しいものの、「修繕費」は工夫次第で抑えることができます

そこでこのトピックでは、当サイト「コノイエ」でインタビューした建築家たちの意見を交えながら、維持費を抑えられる家造りのポイントについて解説していきます。

建材に無垢材を使用する

無垢材とは、一本の木から切り出し、ほぼ加工をしていない天然の木材のことです。

建材に無垢材を使用することで、調湿効果・断熱性能が高くなるほか、強度が高いため地震に強い家になるというメリットがあります。

松本さん

無垢の木は強度が高く、地震にも強く長持ちするという特徴があります。さらに、湿度が高いときは湿気を吸収し、空気が乾燥したら放湿してくれる効果もあるため、快適で健康的な空間を作り出してくれます。
(松本さんのインタビュー記事はこちら

関口さん

時間とともに風味を帯びてくる無垢材を、耐震性・耐久性・安全性に優れた在来工法で組み上げれば、何十年と長持ちする家になるんです。
(関口さんのインタビュー記事はこちら

戸田様

(寺社などの古い建物が長持ちする理由について)
やっぱり良い部材を使っているからでしょう。古い建物に使われている部材は、みんな無垢材でできていますからね。
(戸田様のインタビュー記事はこちら

外壁・内壁に漆喰を使用する

漆喰とは、水酸化カルシウムを主原料とした自然素材の塗り壁材です。

漆喰は調湿効果・デザイン性に優れているほか、耐久性が高いという特徴があります。そのため、家の外壁や内壁に漆喰を使用することで、長く住み続けられる家になるのです。

嘉藤所長

最近の住宅は、外壁にはサイディング、内壁にはビニールクロスが一般的ですよね。サイディングはコーキングが長くは持たないので、約10年ごとに葺き替えが必要です。ざっと計算して一度の葺き替えに100万円ほどかかります。
それに対して漆喰は少なくとも30年ほどは持つんですよ。
(嘉藤所長のインタビュー記事はこちら

波多様

例えば新建材だらけの家のような、完成した時が頂点の家はオススメしていませんね。ビニールクロスや塩ビのシートはその時が一番良い状態なので、暮らしていくうちに色褪せたり剥がれたりと汚くなる一方です。
それに対して木材や漆喰などは、暮らしていくうちにどんどん落ち着いた色になっていきます。
(波多様のインタビュー記事はこちら

外断熱にする

断熱方法には、建物の内側に断熱材を入れる「内断熱」と、家全体を断熱材で包む「外断熱」の2種類があります。

外断熱にすることで、家の気密性が高くなるほか、結露が発生しにくくなり家が長持ちするというメリットがあります。

澤畑社長

他社の建てた家が湿気や結露の問題に悩まされるのは、内断熱にしているケースが多いからです。内断熱にすれば費用が抑えられますからね。
一方で弊社は、建物全体を発泡スチロール系の断熱材で包み込む、外断熱を採用しています。ですから、結露が生じにくく湿気で木材が腐る心配はないのです。
(澤畑社長のインタビュー記事はこちら

須田代表

一番厄介なのは目に見えない箇所で結露することですね。壁内結露というのですが、カビが発生しやすい夏を何度も繰り返すことで壁内がカビだらけになってしまうんです。
だから皆さんには外断熱住宅をおすすめしています。
(須田代表のインタビュー記事はこちら

シンプルな設計にする

複雑な形の住宅は、雨漏りなどのトラブルの原因になるほか、修繕をする場合の費用も割高になります。
そのため、将来的な修繕費用をできるだけ抑えたい方は、できるだけ家はシンプルな設計にしたほうがいいでしょう。

鈴木様

特に木造の場合は、複雑な形にすればするほど雨漏りなどのトラブルの原因を多く抱えることになります。時間が経てばさらに変形によるすき間も生じやすくなりますから。
どんなに素晴らしいデザインでも、心地よく住めなければ元も子もありません。シンプルな設計で、長く暮らせる家にしたいと考えています。
(鈴木様のインタビュー記事はこちら

中野さん

住宅造りには、雨や風土の問題が付き纏うので、デザインを優先し過ぎないことが大事だと思います。
例えば屋根ひとつとっても、デザインを優先した場合、いくらお洒落な屋根でも、水が溜まって不具合が起きたりします。
(中野さんのインタビュー記事はこちら

藤島社長

まずは、「家の形」をなるべくシンプルに、凹凸を減らすことです。
家の形が複雑だと、メンテナンスの際の足場代がすごく高くなります。
それから「3階建ての家」と「急勾配の屋根」は、通常のハシゴだけで作業ができないので、やめた方がいいですね。
(藤島社長のインタビュー記事はこちら

まとめ

この記事では、マイホームを建てたあとに必要となる維持費や、そんな維持費を抑える家造りのポイントについて解説しました。

マイホームの維持費は、大きく「税金」「保険料」「修繕費」の3つに分けられます。このうち、「税金」と「保険料」の節約は難しいものの、「修繕費」は工夫次第で抑えられます。

修繕費を抑えられる家にするには、家造りの段階で「無垢材を使用すること」「漆喰を使用すること」「外断熱にすること」「シンプルな設計にすること」が大切です。
マイホームに長く住み続けたい方は、ぜひ検討してみてくださいね。