新築ガス工事ガイドブック|都市ガスとLPガスの工事手順を解説

お家において重要なインフラのひとつである“ガス”。
新築のお家づくりでは、ガスの種類やガス業者さんの選び方がとても重要になります。
しかし、お家そのものの建築と違い、ガスは普段意識することが少ないもの。
うまく新築で行うガス工事のイメージができず、
「具体的にガス工事はどうやって進められるの?」
「ガスにはいつから気を配っていればいい?」
というお悩みをお持ちの方も多いはず。
そこで今回は、“新築のお家づくりでガス工事がどのように進められるか”を都市ガスLPガスのそれぞれで解説させていただきます。
現在新築住宅をお考えの方は是非参考にしてくださいね。

都市ガスとLPガスの違い

現在住宅で使われるガスには、前述の通り都市ガスLPガスの2種類が存在します。

都市ガス

日本の道路の下を中心に敷設されたガス本管からガス管をお家まで伸ばし、家にガスを供給する方式が都市ガスです。
対応地域に偏りがあり、また近くにガス管があるか否かで導入費用が大きく変化しますが、導入した後のランニングコストかかりづらく安定しているというメリットが存在します。


出典:電力及びガスの小売全面自由化について|経済産業省 電力・ガス取引監視等委員会

LPガス

お家にガスボンベを設置し、ガス会社さんが定期的にガスを配送し供給されるLPガス。
ガス会社さんが多いためやや一人では選択しづらく、また配送のための人件費・配送料がガス代に加算されますが、都市ガス非対応の地域や導入コストが大幅にかかるような地域でも安定してガスを利用できます

より細かな違いが気になる方は

こちらがおおまかな違いとなりますが、都市ガスとLPガスは工事の仕方や供給方法以外にも契約の方式や料金の計算方法、地域による向き不向きなどが大きく異なります。
「うちはどっちのガスがいいんだろう……?」と悩まれた方は、ぜひふたつのガスの違いをチェックしてみてください。
新築で選べるガス2種類|都市ガスとLPガスって何が違うの?

今ではオール電化住宅も
また、現在ではガスに頼らず電気エネルギーのみで火力を賄う“オール電化”の住宅も一般的になりつつあります。
オール電化や電気ガス併用の住宅は、ガス住宅には存在しないメリットを持っています。第三、第四の選択肢として一度検討してみるのもよいでしょう。
all-electric新築にオール電化を導入?利点や欠点、後悔しないためのポイント解説

実際の工事工程

都市ガスはガス本管からお家まで配管を行う性質上、やや大掛かりな工事が必要とされます。反面、LPガスはお家にガスボンベを設置できるため工事の規模は小さめ。
新築工事にあたって、どのようなポイントでガス工事が携わるのか、申し込みから引き渡しまでを確認してみましょう

工程表の例
引用:木造住宅の標準工程表|株式会社QTmedia
大まかな工事の流れ。下から2番め、「ガス工事」が細かく挟まれていることがわかります。

新築が建つまでの工程をやさしく解説|新築工事の工程は全部で5つ新築が建つまでの工程をやさしく解説|新築工事の工程は全部で5つ

01.申し込み

ハウスメーカーさんや工務店さんなど建設会社さんとの打ち合わせの半ば、施工がはじまる前までがガス会社さんへの申し込みのタイミングです。
新築では、ほとんどの場合建設会社さんから「ガス会社はこちらの会社をおすすめします」という営業をもらうことになります。
都市ガスでもLPガスでもこのタイミングまでにガス会社さんを選び、建設会社さんに「このガス会社さんを利用します」と伝え、地域のガス会社さんにガス工事の申し込みを行いましょう

02.設計打ち合わせ

こちらもお家の施工前の工程。利用するガス設備の選択、ガスメーターなどの設置場所、ガス管からお家までの配管ルートなどを決定します。
お家の図面ができあがっている場合、図面を持って打ち合わせにのぞむとお話がスムーズに進みます

03.見積書

打ち合わせで生まれた要望や見積りをもとに見積書が完成。お客様のもとに届けられることとなります。

ガス本管延長工事について
都市ガスの場合、お家の目の前の道路の地下などすぐ近くにガス管がない際は、遠くのガス管からお家まで配管を行うため、ガス本管延長工事を行うこととなります。
通常のガス管工事に比べ見積り額が増加するため、打ち合わせや見積書のタイミングで確認しておきましょう。
参考 ガス本管延長工事のしくみ東京ガス ガス本管埋設状況確認サービス

04.契約、施工の開始

見積書に問題がなければ、ガス会社さんと契約し新築工事にガス会社さんが携わることとなります。

05.配管スリーブ工事

お家の施工にとりかかるとまず現場で始まるのが、お家の土台をつくる“基礎工事”。
この時「スリーブ」と呼ばれる空の管を通し、コンクリート基礎の中に配管のスペースを確保する必要があります。
参考 新築工事に伴うガス給排水配管工事有限会社スドウ工営 参考 スリーブってなに?梁のスリーブ位置や間隔、孔径、スリーブ補強建築学生が学ぶ構造力学

配管スリーブ工事はガスや水道など、生活インフラを家中に張り巡らせるために必要不可欠な工事となります。

06.内部配管工事

お家の内装工事中、ガス管をお家の中に張り巡らせる配管工事が行われます。
お風呂の給湯器やキッチンのコンロなど、ガスが必要な場所へ配管される工事ですね。

07.ガス管引き込み工事

都市ガスの場合、お家の施工とは別に、ガス会社さんたちが道路などにあるガス本管からお家までガス管を引き込みます
前述のガス本管延長工事もこのタイミングで行われます。工期の長さは本管からお家までの距離におおむね比例すると言ってよいでしょう。

07.ガスボンベ設置工事

LPガスの場合、お家に隣接する場所にガスボンベを設置します。

  • 風通しがよく、損傷を受けづらい
  • 火気から2メートル以上離れており、日常的に40℃以上に暑くならない
  • 排水機能が整っており、容器が腐食されづらい
といった条件をクリアした場所が設置場所となります。
参考 場所や構造・寸法などLPガスの設置基準を教えてください岡谷酸素株式会社

08.器具付け

お家がほぼすべて完成し、竣工(できあがり)目前となったタイミングで、お家にガスメーターなどの器具が取り付けられます。

09.開栓

お家が完成し、入居初日。電気や水道と同じく必要不可欠なインフラであるガスは、お客様立ち会いのもと開栓作業が行われます。
ガス会社の方と一緒にガスメーターの栓を開き、コンロやヒーターなどのガス機器をガス栓と接続します。ガス機器が正常に動作するか確認を行いましょう

以上が申し込みから開栓までの一連の流れとなります。

引っ越し前後にはガス会社に連絡をしよう

引っ越しをする際、必要になるのが閉栓と開栓に必要となる「利用停止」と「利用開始」の手続きです。
お家でガスが使えない、ということが起こるととても不便なため、特に利用開始の手続きはなるべく早く連絡をしておきましょう。
利用停止は3~4日前利用開始は余裕をもって2週間以上前に連絡をしておくことが好ましいです。
参考 引越しのガス利用開始・停止の連絡は何日前まで?前日や当日でも可能?電気・ガス・ネットの引っ越し手続きなら引っ越しサポートNAVI

まとめ

新築のガス工事の手順や、その中で起こる都市ガスとLPガスの差異について説明させていただきました。
家づくりもガス工事も、どちらも人生でそう何度も起きる機会ではない珍しいもの。
事前に段取りややるべきことを確認して新築を進めていきましょう
わからないことや不安をひとつずつ取り除いていけば、携わる建築会社さんやガス会社さんとも連携を取ってよいお家がつくれますよ。